海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト
皆さんから寄せられた5万件以上の書評をランキング形式で表示しています。ネタバレは禁止 していません。ご注意を!

[ サスペンス ]
サン・フォリアン寺院の首吊人
メグレ警視/別題『サン・フォリアンの首吊りの男』『サン=フォリアン教会の首吊り男』
ジョルジュ・シムノン 出版月: 1950年08月 平均: 7.20点 書評数: 5件

書評を見る | 採点するジャンル投票


雄鶏社
1950年08月

角川書店
1957年05月

中央公論社
1962年11月

グーテンベルク21
2013年03月

早川書房
2023年05月

No.5 6点 レッドキング 2023/11/20 22:10
意味不明の自殺と大量の首吊り画。怪奇にして貧寒、神秘にして俗臭の謎を追うメーグレ(メグレでなく)警部。行き着いたのは、浪漫的ニヒリスト、ボヘミアン気どりだった嘗ての若者達。残酷な青春の支配から卒業できなかった彼らの、「超俗的行為」の明かされた真相は・・・「ところが、ただの子供だったのさ」 ※「幽鬼の塔」の方は、「青春」ではなく「カルト」だったな。でも、同じ様なもんか、「カルト」と「青春」。それを喝破した「夏と冬の奏鳴曲」は見事だった。

No.4 7点 虫暮部 2023/07/20 12:41
 主人公はメグレなる警察官。大金を普通小包で送る男を自殺に追い込む。その不可解さに金のニオイを嗅ぎ付けたか、上司に報告もせず非正規な捜査を進める。と案の定、近寄って来る謎の男達。
 そこで部下には手紙を送る。脅迫者の常套手段、こっちの身に万一のことがあれば然るべきスジに……と言う奴だね。
 秘密に迫るメグレに対して “五万フラン、十万、二十万でどうだ!” と交渉を試みる男。こういう物言いは悪手であって、もっとふんだくれると踏んだメグレは相手にしない。
 ところがいよいよ事の次第が語られるに当たって力関係は一変。あと一ヶ月で時効成立とあってはネタも期限切れ、しかも多勢に無勢。相手方は告白にかこつけて “きみには人を殺す勇気があるのか?” “あるにきまってるだろう” とメグレに脅しをかける。こうなっては、せいぜい友好的な顔で撤退するしかない。
 骨折り損のメグレ。最後のページで痛飲したのもむべなるかな。秘められた内心をわざわざ想像するのは野暮だが、“あの二十万で手を打っときゃ良かった” であろう。

 てな感じで、悪徳警官ものの佳作。
 読者に対してもメグレの真意が巧みに隠蔽されている為、漫然と読むと彼が使命感や好奇心で行動しているようにも思えてしまうところが面白い。
 自殺誘発の件は結局最後まで御咎め無しで腹立たしい。“鞄のすり替え” って、単なる窃盗じゃないか。

No.3 8点 クリスティ再読 2017/01/29 22:09
本作は特に日本人好みのせいか、いろいろと影響絶大な作品なんだけど、あれ、昔角川文庫で出てたっきりで、現在入手困難な本みたいだ...これ本当にもったいないよ。シムノンはファンは厚いから、数がハケて損しないと思うんだけどな(角川の水谷準の訳は格調も高く、読みやすいイイ訳だが、論創社から新訳で出るうわさがあるようだ)。
影響は、というと乱歩はこれを翻案して「幽鬼の塔」にしているし、本作の冒頭を角田喜久雄は複数作品でパクってるし...で近いところだと「マークスの山」が本作をイタダキしていて鼻白んだオボエがある。そのくらい日本人好みの、「無残な青春」の話である。
がまあ、今の若い人が読めば「黒歴史」な話でもある...昔っからこういうの、あるんだよ。まあ評者だとわが身を顧みてあまり他人様のこと言えない立場にあるから、まさに身の置き場もないな。本作の一番悲惨な自殺者のように、恐喝した金を一銭も使わずすべて燃やし尽くして、元の仲間を夢に強引に縛り付けようとする...そういう立場にはならずに済んだことを、感謝したいくらいのものである。
そんな無残な夢のかたみに。

No.2 7点 mini 2015/02/05 09:56
論創社からジョルジュ・シムノン「紺碧海岸のメグレ」が刊行された
戦前にアドア社から「自由酒場」の題名で抄訳で刊行されたまま、邦訳が過去に有ったものの中では初期作の中でも最も入手が難しいものの1つだっただけに今回の完訳はシムノンファンならずとも嬉しいところだ
シムノンは中後期作なら比較的に入手容易だが、初期作は創元の「男の首/黄色い犬」以外は入手し難いものが多いだけに初期の作の復刊など各出版社に御願いしたい

「紺碧海岸のメグレ」はメグレシリーズ第17作目で1932年の作である、メグレが初登場したのが「死んだギャレ氏」で1931年作、おぉ!という事は初期には僅か2年で17作以上もシリーズ長編を書いていた事になる、しかもその間にノンシリーズも2作ほど有る、シムノン恐るべし
「死んだギャレ氏」と同年発表のシリーズ第2作が初期の代表作の1つ「サン・フォリアン寺院の首吊人」である、多作だったシムノンの本当に初期中の初期作である
中後期ではゆったり感と言うかちょっと作風が明るめになるシムノンだが、「サン・フォリアン寺院」は初期の特徴である暗く緊迫した雰囲気で、これぞシムノンというようなイメージ通りな作だ

No.1 8点 2008/12/24 21:46
メグレ警視シリーズ中、最初に読んだ作品であり、今なお最も好きな作品でもあります。
シムノンは自分の作風を印象派になぞらえたことがあったはずですが、国境の小さな駅や夜の街角の情景は、まさにルノワールなどの絵のタッチを思わせる雰囲気があります。
メグレの執拗な捜査に追い詰められた男たちがついに過去の事件の告白を始めるところから、静かな感動がじわじわ広がっていきます。ラスト、立ち去って行くメグレの後姿も印象に残ります。


キーワードから探す
ジョルジュ・シムノン
2024年03月
ロニョン刑事とネズミ
平均:6.50 / 書評数:2
2023年10月
メグレとマジェスティック・ホテルの地階
平均:6.60 / 書評数:5
2022年04月
運河の家 人殺し
平均:8.00 / 書評数:4
2018年11月
十三の謎と十三人の被告
平均:6.00 / 書評数:1
2015年02月
紺碧海岸のメグレ
平均:6.75 / 書評数:4
2011年02月
青の寝室 激情に憑かれた愛人たち
平均:7.00 / 書評数:1
2010年12月
ブーベ氏の埋葬
平均:7.00 / 書評数:2
2009年10月
倫敦から来た男
平均:6.40 / 書評数:5
2008年07月
ちびの聖者
平均:8.00 / 書評数:1
2008年04月
証人たち
平均:7.00 / 書評数:1
2007年07月
Les rescapés du Télémaque
平均:6.00 / 書評数:1
2005年12月
Les sept minutes
平均:6.00 / 書評数:1
2000年04月
Le rapport du gendarme
平均:6.00 / 書評数:1
1999年12月
Les complices
平均:6.00 / 書評数:1
1998年12月
Le suspect
平均:7.00 / 書評数:1
1998年10月
O探偵事務所の恐喝
平均:6.00 / 書評数:1
丸裸の男
平均:5.00 / 書評数:1
1998年08月
老婦人クラブ
平均:6.00 / 書評数:1
ドーヴィルの花売り娘
平均:6.00 / 書評数:1
1997年07月
メグレ警視
平均:6.00 / 書評数:2
1992年10月
ベティー
平均:5.00 / 書評数:1
1992年05月
仕立て屋の恋
平均:6.00 / 書評数:4
1988年08月
メグレ激怒する
平均:6.00 / 書評数:3
1986年08月
メグレと死体刑事
平均:5.67 / 書評数:3
1985年08月
妻は二度死ぬ
平均:6.00 / 書評数:2
1985年01月
平均:7.67 / 書評数:3
1984年04月
メグレとワイン商
平均:5.33 / 書評数:3
1983年12月
メグレと善良な人たち
平均:5.50 / 書評数:2
1983年04月
メグレと殺された容疑者
平均:5.50 / 書評数:2
1982年12月
メグレと幽霊
平均:6.50 / 書評数:2
1981年07月
メグレの退職旅行
平均:6.33 / 書評数:3
1981年01月
メグレ警視と生死不明の男
平均:6.33 / 書評数:3
1980年03月
メグレ再出馬
平均:5.75 / 書評数:4
1980年01月
メグレと老外交官の死
平均:5.00 / 書評数:2
ゲー・ムーランの踊子/三文酒場
平均:6.50 / 書評数:2
1979年11月
メグレの失態
平均:4.00 / 書評数:1
1979年10月
メグレ推理を楽しむ
平均:6.00 / 書評数:2
1979年09月
メグレを射った男
平均:4.00 / 書評数:2
1979年08月
メグレとかわいい伯爵夫人
平均:5.67 / 書評数:3
1979年07月
メグレ保安官になる
平均:5.33 / 書評数:3
1979年06月
メグレの拳銃
平均:6.25 / 書評数:4
1979年05月
メグレとルンペン
平均:5.50 / 書評数:4
1979年04月
メグレと賭博師の死
平均:6.00 / 書評数:2
1978年11月
メグレ警視のクリスマス
平均:6.00 / 書評数:5
1978年10月
メグレの幼な友達
平均:5.00 / 書評数:1
1978年09月
メグレと匿名の密告者
平均:4.00 / 書評数:2
メグレ最後の事件
平均:5.50 / 書評数:2
1978年08月
メグレと殺人予告状
平均:6.25 / 書評数:4
1978年07月
メグレと老婦人の謎
平均:6.00 / 書評数:4
メグレとリラの女
平均:6.00 / 書評数:3
1978年06月
メグレ夫人の恋人
平均:6.50 / 書評数:2
メグレと録音マニア
平均:5.00 / 書評数:4
メグレとひとりぼっちの男
平均:5.50 / 書評数:2
1978年05月
メグレの財布を掏った男
平均:6.00 / 書評数:1
メグレと田舎教師
平均:6.00 / 書評数:3
1978年04月
メグレの打明け話
平均:5.50 / 書評数:2
メグレ夫人のいない夜
平均:6.00 / 書評数:4
1978年03月
メグレと妻を寝とられた男
平均:5.75 / 書評数:4
1978年02月
メグレと宝石泥棒
平均:5.75 / 書評数:4
1977年12月
メグレと優雅な泥棒
平均:5.67 / 書評数:3
メグレとベンチの男
平均:5.75 / 書評数:4
1977年10月
重罪裁判所のメグレ
平均:5.00 / 書評数:2
1977年09月
メグレと政府高官
平均:6.00 / 書評数:3
1977年08月
メグレと消えた死体
平均:6.00 / 書評数:3
1977年07月
メグレ式捜査法
平均:5.00 / 書評数:3
1977年06月
メグレ夫人と公園の女
平均:6.50 / 書評数:2
1977年05月
メグレの初捜査
平均:6.50 / 書評数:2
1977年04月
メグレ、ニューヨークへ行く
平均:6.67 / 書評数:3
1977年03月
メグレたてつく
平均:7.00 / 書評数:2
1977年02月
メグレと首無し死体
平均:6.25 / 書評数:4
1977年01月
モンマルトルのメグレ
平均:6.75 / 書評数:4
1976年12月
メグレと口の固い証人たち
平均:5.33 / 書評数:3
1976年10月
メグレと火曜の朝の訪問者
平均:6.00 / 書評数:5
メグレの途中下車
平均:5.00 / 書評数:3
1976年09月
メグレ間違う
平均:5.67 / 書評数:3
メグレと殺人者たち
平均:7.00 / 書評数:4
1975年01月
Chez Krull
平均:5.00 / 書評数:1
1973年04月
メグレの回想録
平均:5.67 / 書評数:3
1972年11月
メグレと若い女の死
平均:7.00 / 書評数:3
1970年06月
ビセートルの環
平均:6.00 / 書評数:1
1970年05月
フェルショー家の兄
平均:5.00 / 書評数:1
妻のための嘘
平均:6.00 / 書評数:1
1970年04月
ドナデュの遺書
平均:5.00 / 書評数:1
1970年03月
日曜日
平均:6.00 / 書評数:2
1970年02月
港のマリー
平均:6.00 / 書評数:1
1969年11月
新しい人生
平均:8.00 / 書評数:1
1969年10月
片道切符
平均:6.00 / 書評数:1
1969年08月
ストリップ・ティーズ
平均:6.00 / 書評数:1
1963年08月
13の秘密
平均:6.50 / 書評数:4
1961年11月
娼婦の時
平均:6.50 / 書評数:2
1961年08月
メグレと死者の影
平均:6.00 / 書評数:3
1961年07月
死んだギャレ氏
平均:6.00 / 書評数:1
1961年04月
港の酒場で
平均:6.00 / 書評数:2
1961年01月
メグレ警部と国境の町
平均:6.00 / 書評数:2
ベベ・ドンジュの真相
平均:7.00 / 書評数:2
メグレと老婦人
平均:6.00 / 書評数:3
1960年11月
アルザスの宿
平均:6.33 / 書評数:3
1960年09月
オランダの犯罪
平均:6.50 / 書評数:4
1960年05月
怪盗レトン
平均:6.00 / 書評数:3
1960年04月
サン・フィアクル殺人事件
平均:5.25 / 書評数:4
1958年11月
上靴にほれた男
平均:5.50 / 書評数:2
1958年10月
可愛い悪魔
平均:6.50 / 書評数:2
1958年07月
死体が空から降ってくる
平均:6.50 / 書評数:2
1958年05月
メグレ罠を張る
平均:7.33 / 書評数:6
1957年10月
カルディノーの息子
平均:6.00 / 書評数:2
1957年05月
ベルの死
平均:6.50 / 書評数:2
1957年01月
メグレと無愛想な刑事
平均:6.00 / 書評数:4
1956年12月
リコ兄弟
平均:7.33 / 書評数:3
1956年06月
帽子屋の幻影
平均:6.33 / 書評数:3
1955年11月
メグレのバカンス
平均:6.67 / 書評数:3
1955年07月
判事への手紙
平均:5.00 / 書評数:1
1955年03月
家の中の見知らぬ者たち
平均:7.00 / 書評数:2
1955年02月
雪は汚れていた
平均:8.40 / 書評数:5
1955年01月
メグレとしっぽのない小豚
平均:7.00 / 書評数:2
1954年12月
霧の港のメグレ
平均:6.00 / 書評数:2
1954年03月
汽車を見送る男
平均:8.00 / 書評数:2
1953年10月
メグレと深夜の十字路
平均:6.60 / 書評数:5
1952年09月
北氷洋逃避行
平均:6.00 / 書評数:2
メグレと運河の殺人
平均:5.33 / 書評数:3
1950年08月
サン・フォリアン寺院の首吊人
平均:7.20 / 書評数:5
1950年05月
男の首
平均:6.29 / 書評数:7
黄色い犬
平均:6.12 / 書評数:8
不明
死の脅迫状
平均:3.00 / 書評数:1
メグレと奇妙な女中の謎
平均:7.00 / 書評数:2
メグレと謎のピクピュス
平均:7.50 / 書評数:2
猶太人ジリウク
平均:7.00 / 書評数:1
ダンケルクの悲劇
平均:6.00 / 書評数:1
下宿人
平均:8.00 / 書評数:1