海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

レッドキングさん
平均点: 5.25点 書評数: 520件

プロフィール高評価と近い人 | 書評 | おすすめ

No.520 4点 カインの娘たち- コリン・デクスター 2021/11/27 08:32
デクスター(長編)第十一作。前作から分量長めのモース警部後期シリーズ。ミステリの肝は、相も変わらずのアリバイトリック・・凶器盗難と殺人の時間トリック見事・・だが、小説としては、主役モースと三人の女たち・・余命僅かな女教師、DV被害者妻、屈折した娼婦娘・・の情念劇の方が骨格。元々、たそがれ感あふれるモース警部だが、心身ともさらに深く暗き黄昏へ近づき・・・。

No.519 7点 引き潮の魔女- ジョン・ディクスン・カー 2021/11/21 07:23
ディヴァインやデクスターばかりを読んでると、ディクスンの有難みが良く解る。やはり、本格ミステリには「密室」出てこないと・・・しかも、二つも出て来て嬉しくなっちゃう。特に二つ目のやつ、「白い僧院の殺人」より好きだ。不可能幻影よりも、カーの場合、そのタネ明かしが大好物。

No.518 6点 森を抜ける道- コリン・デクスター 2021/11/18 14:32
デクスター第十作。オックスフォード界隈の森で、異国の娘が行方不明となって一年、娘の殺人を暗喩するかの如き詩が投書される。だが、再捜査に乗り出したモース警部の勘で発見されたのは男の遺骨だった。いったい森で何が起きたのかWhatダニット。入代りトリックにアリバイトリック、相変わらず引出しは乏しいが、何故あえてリュックが放置されたかロジックは見事。前作同様に今回は二つの森の地図が巻頭掲載されるが大した効果は果してない。

No.517 4点 消えた装身具- コリン・デクスター 2021/11/13 11:41
デクスター第九作。巻頭に市内地図が載り、ん?前回が歴史ミステリなら今回は地理ミステリ?と、川を利用した不可能トリック期待したが、人間関係アリバイトリック付きの「オックスフォード観光ミステリ」であった。
※ミステリの舞台が、館から街や村にまで広がると、どうしても緊密構成が緩まり、緊張感も薄まる。せめて密室代わりに、入り組んだ川や道の地理を利用したトリック、背景にしたロジックの出番を期待したく。

No.516 3点 オックスフォード運河の殺人- コリン・デクスター 2021/11/08 19:03
デクスター第八作。今回は安楽椅子探偵回。大酒がたたり入院療養する羽目になるモース警部。女ざかり看護婦達へのスケベ心だけでは満足できず、差入れ本の19世紀犯罪記録の再検討に熱中し、業務でもないのに相棒ルイス刑事まで動員して「歴史ミステリ」パズル組み直しに床上邁進。記録上の船上女性殺人事件裁判が、誤審冤罪であったろう事までは突き止められるが、真相解明については「その可能性もある」の解釈で終わる。そりゃあ、百年以上も前の話だし、遺骨や丈比べの「物証」があっただけでもモウケもの。歴史とは終わることなき解釈で、歴史=ミステリだから、当然、歴史ミステリが面白くないわけがなく・・・ただミステリ作品として優れてるかどうかは、また別な話で。

No.515 4点 別館三号室の男- コリン・デクスター 2021/11/07 17:11
デクスター第七作。ホテルの年越し仮装パーティー撲殺殺人事件。東野圭吾「マスカレードホテル」三谷幸喜「有頂天ホテル」のタイト(=貧乏)バージョンてとこかな。一捻りWhoWhomダニットに保険付きアリバイ時間トリック絡めた人間関係トリック・・チト切れが悪い・・が肝のシンプルミステリ。
「推定年齢は30~40歳、あるいは29歳もしくは41歳」「あるいは42歳・」「あるいは28歳・」ところどころ笑かしてくれるモース&ルイス。

No.514 5点 謎まで三マイル- コリン・デクスター 2021/10/31 17:07
デクスター第六作、モース警部オックスフォードサーガ第六弾。頭と両手首、両脚が切断された着衣のトルソー死体。大学教官どうしの怨念と小半世紀前の戦時下譚がからみ、Whom:誰を殺した?超えてWho:この死体誰?のパズル。該当可能性4人がバタバタ死者となり、え?もう該当いねくね?思わしといて意表突くWhom出て来て、いきなりそんな奴持ち出して反則じゃ?と読み返したら、あらら、序盤にそいつが出づっぱりの一章あったわ、見事。頭と手首切るのは誰の死体か不明にするため、服を着せるのはある人物に見せかけるため、でバラバラにして服着せるのはパズル解読者を悩ませるため・・斬新なロジック。

No.513 7点 からくり砂絵- 都筑道夫 2021/10/28 18:40
砂絵師はじめ江戸の異形非人達が探偵役のミステリ短編集第三弾。
・「花見の仇討」 仇討の二重茶番劇に本物の人斬りが起きてしまうWhoHowそしてWhomダニット。6点
・「首つり五人男」 一本の木に二度つるされた五人の屍体・・驚きのWhatダニットが見事に解明。7点
・「小梅富士」 四畳半離れ寝たきり隠居の巨大庭石による圧死事件。隠し財宝奇譚をおまけに巻き込んで・・6点。
・「血しぶき人形」 からくり人形に刺殺された質屋旦那の事件。登場人物達の「役割」解明鮮やかに。5点。
・「水幽霊」 ロウソク屋大店の娘と大工の男を襲った水びたし幽霊事件のWhyダニット。6点
・「粗忽長屋」 砂絵師探偵と宿敵同心を巡る江戸町サスペンスツイスト。3点
・「らくだの馬」 グロテスクをぎりぎりにカスる屍体冒険爆笑ミステリ。4点
現代ならばチト失笑物であろう「不思議」絵図が、江戸が舞台だと彩り鮮やかに生きて、ロジカルな解決がストンと決まる。※採点は最後2作除いた5作平均プラスおまけ1点で。

No.512 5点 ジェリコ街の女- コリン・デクスター 2021/10/25 19:03
デクスター第五作、かつモース(&ルイス)オックスフォードミステリサーガ第五弾。女盛り(アラフォー)いい女の首吊り自殺と目撃者殺害事件をめぐる老若男女のWhoダニット。シンプルにして巧みなアリバイ時間トリック付き。たーだ、ダミー解決の「オイディプス王」ネタの方が断然よかったなあ、あっちでもこのトリック使った展開できたじゃない。
※シリーズ主役モース警部に「夕暮れ感」出て来てなかなかよく1点オマケ。トレヴェニアン「夢果つる街」レベルにまで黄昏たら2点オマケしちゃう!

No.511 6点 死者たちの礼拝- コリン・デクスター 2021/10/23 22:41
デクスター第四作。牧師はじめ教会関係者5連続殺人事件。姦通・献金横領にカインとアベル・少年愛ネタのパズル断片散りばめて、「顔無し死体もの」の意表突く応用・・WhoHowからWhatへの・・転生応用。こんな手があんだな、面白い。ただ、楽屋(What)によって仮象された舞台がカー風不思議だったら・・7点・・まあ、やめとこ。

No.510 3点 ニコラス・クインの静かな世界- コリン・デクスター 2021/10/18 18:19
デクスター第三作。試験委員会の委員連続殺人事件。難聴(ほぼ聾啞)者の読唇述ネタや英文縦読みネタ(「文を縦に書くおかしな民族」・・我が国バカにしとる!)、狙いは面白いのに驚きがイマイチ。非英語国民にはチト響きづらかろう。ディヴァイン同様、この人のトリックの肝は、どうやらアリバイ時間トリックのようね。それはよいが、最後の半どんでん返し、一つ前のせっかくの「人間関係トリック」がチャラになり、冒頭の伏線が無意味になるじゃん・・1点減点。

No.509 5点 キドリントンから消えた娘- コリン・デクスター 2021/10/16 17:52
デクスター第二作。引続き主人公にはモース警部。平凡な探偵にして密かに不可能犯罪に心躍らせる独身のワーグナーマニア。「女が生きてちゃつまらない・・私は、不自然な死体を前にした方が力が発揮できるんだ」・・なんとナイスな不謹慎セリフ。ある女学生の失踪から二年、娘から両親に無事の手紙が届き、モースに調査の命が下る。パズル断片として、いかにもな怪しさで描写される容疑者・・校長夫妻、独身教頭、教師夫妻、娘両親、男友達・・たち。刺殺と娼婦、恐喝と梅毒、失踪と入代り、ロジックと妄想・・不器用に繰り返されるパズルのはめ直し。「~から二度消えた娘」事件は見事解明するが、殺人事件の方は多重解決風にぼやかして終わる。※多重解決よいが、あの「書類とホコリ」のロジックはもっとキチンと「多重」に記述してほしかった、「陰獣」みたいに。

No.508 4点 ウッドストック行最終バス- コリン・デクスター 2021/10/12 18:49
デクスター処女作。とある夕暮れ、ウッドストック行バスを待っていた娘二人。深夜、うち一人の性交の跡のある撲殺死体が、行先ウッドストックの酒場駐車場で見つかる・・・スーパースター探偵(ホームズ、マーロウetc.)でもアンチ名探偵(ドーヴァー、フロスト)でもない、平凡な警部(なかなかのハンサム中年と判明するが・)の地道なWhoWhatパズルロジック。「一万人」という容疑者から「一人」を絞り出す「ロジック」に大笑・・数も論拠も何たるアバウト・・でも嫌いじゃないぞ、こういうの。そこはよいのだが、犯人、キャラ的に分かり安すぎ・・驚きまったくなく・・

No.507 7点 くらやみ砂絵- 都筑道夫 2021/10/10 18:29
砂絵師はじめ江戸の異形非人達が探偵役のミステリ短編集第二弾。
・「不動坊火焔」 大店旦那と道楽息子、妾、祈禱師、賭場胴元に主役たちが入乱れての殺し合い騙し合い。4点
・「天狗起し」 通夜の「密室」の遺体が刺殺死体と入代り屋根上で見つかる。ダミーを挟んで捻り解決。8点
・「やれ突けそれ突け」 曲芸とエログロ、二つの見世物小屋を繋ぐ転落死事件の真相。4点。
・「南蛮大魔術」 大旦那衆を前に催された女奇術師の魔術。二重三重に捻ったホワイダニット。6点。 
・「雪もよい明神下」 火の見櫓から落下した刺殺死体と犯人消失トリック。ハウよりもホワットダニット。7点
・「春狂言役者づくし」 羽子板押絵の首が裂かれ、押絵モデルの役者が殺される連続事件の驚愕ホワイ。7点
・「地口行灯」 大店に押し込んだ二人組の強盗は前日に既に死体になっていた事件のホワットダニット。6点
平均6点だが、まるで鼠の様なあの連中が好きなので、1点オマケ付けちゃう。

No.506 6点 ウォリス家の殺人- D・M・ディヴァイン 2021/10/09 18:46
ディヴァイン第十三作にして遺作。ひとかどの社会的身分にありながら情緒不安定な男女、陰湿な感情起伏、緊張過多の家族・男女関係、クリスティーを三割方どぎつくしたWhoWhyパズル、ショボいアリバイ時間トリック・・ディヴァインは最後までディヴァインであった。「グリーン家」先例に従い「違うほう」を犯人と予想してしまった。
※遺作なんで点数1~2点オマケ。ただ、第八作「Death Is My Bridegroom(死は我が花婿?)」のみ未訳・・・再来年あたり翻訳でるかな。

No.505 5点 跡形なく沈む- D・M・ディヴァイン 2021/10/06 16:07
ディヴァイン第十二作。良くも悪くもディヴァイン、作品ボルテージ、上りも下がりもしない。癇癪持ち女と情緒不安定男の元恋人、直情径行気味刑事の三人視点で語られる、地方市議会と役所舞台の、男女関係に不正選挙が絡んだ連続殺人(失踪)事件。終盤サスペンス展開なかなかで、相も変わらずショボいアリバイ時間トリック付き。

No.504 6点 メルカトル悪人狩り- 麻耶雄嵩 2021/10/02 22:44
「残念ながら私は長編には向かない探偵なんだよ」・・・そりゃあ、あんたが非人間的なまでに事件を即解決しちゃうから、長編浪漫に絡めなかったからだよ。あと、キャラ的に・・・。
が、この拾遺+新作短編集のメルカトル、何か「丸くなった」は、言い過ぎだが、従来の「悪人(悪人狩りどころか)」から多少は人間的な顔を見せるようになり・・そこで、どうせなら、麻耶には是非に新作長編を期待したく。
個人的には、隻眼少女探偵(初代)過去事件帳の超ブラック物を所望。

「愛護精神」・・何故に愛犬は殺されたのかのトンデモ展開・・ブラックファルスかな。
「水曜日と金曜日が嫌い」・・長編には向かない探偵なの分るが、あの黒マント死体消失トリックメインに長編こしらえてほしかった。でも、もう一つ、中~大ネタと捻りが必要かなあ・・。
「囁くもの」・・移動した椅子とアリバイのロジックが見所。にしてもメルカトル、銘探偵どころか神探偵の可能性さえ匂わせて・・舌の火傷の仕込みネタもほしく。
「メルカトル・ナイト」・・美人作家から一夜(ナイト)の警護騎士(ナイト)依頼を受けたメルカトル。依頼者の死は防げず・・にも拘らず本来の目的は達成し・・。
「天女五衰」・・麻耶風「樽」「黒いトランク」短編版。これも長編にするには、もう一ネタ一捻り必要かな。
「メルカトル式捜査法」・・麻耶十八番のアリバイ時間ロジック。でーもメルカトル、何か心身共々弱気になり、霊の意志を受けた霊媒探偵の匂いまで仄めかし・・。

※この新作本の帯に「夏と冬の奏鳴曲」新装版の広告があった。表紙画の舞奈桐璃、おおこれだ!て久しぶりに血が沸いた。あの表紙だけのために絶対買おう。

No.503 5点 三本の緑の小壜- D・M・ディヴァイン 2021/09/28 11:39
ディヴァイン第十一作。13歳同級生少女の三連続殺人(+容疑者の怪死)事件。「五番目のコード」風○○に見せかけた~~事件でなく、ド直球のWhyダニット連続殺人物にして、実に説得力ある・・わかりやすーい・・犯人であった。
相変わらず「ブンガク」に至る程の人物描写、特に知育不全で粗暴な嫌われ者少女の一人称叙述が、魅力的。

No.502 6点 災厄の紳士- D・M・ディヴァイン 2021/09/26 11:36
ディヴァイン第十作。美形だが少しトロいジゴロ主役のピカレスク風に始まり、殺人事件ミステリへと反転し、ラストでWhoダニットパズルが見事に完成する。富豪の有名作家と二人の娘、娘婿、孫、臨家の母子、娘を慕う医師、公私にトラブルを抱えた警部、ジゴロを陰で操る黒幕・・パズルの諸破片に変に文学的なリアリティがある。「何故にハンドルの指紋だけ拭きとった?」の犯人特定ロジック付き。

No.501 6点 紙片は告発する- D・M・ディヴァイン 2021/09/24 09:44
ディヴァイン第九作。町というより小さな市の役所を舞台にした、役人の女がヒロインのWhoダニットパズル。2件の殺人事件容疑で逮捕された書記官・・実質町長・・の冤罪を救おうと奔走する愛人の副書記官。薹が立ちかかったヒロイン始め、屈折した過去と自己を持った登場人物達の描写が魅力的。私的には「二番目に怪しいキャラ」が犯人のパズル完成だった。アリバイ時間トリックくずしのネタも付いてる・・相変わらずショボいが。

レッドキングさん
ひとこと
ミステリは戦前の乱歩の様に 子供が親に隠れてコッソリ読むような、恥ずかしい存在でありたい。 ミステリ書きという驚異的な作業に神経を減らし 結果報われることの無いミステリ作家たちに心から崇敬を捧げます。 ...
好きな作家
ジョン・ディクスン・カー  PD・ジェイムズ  トマスH・クック  沼田まほかる
採点傾向
平均点: 5.25点   採点数: 520件
採点の多い作家(TOP10)
アガサ・クリスティー(66)
エラリイ・クイーン(39)
ジョン・ディクスン・カー(38)
カーター・ディクスン(25)
麻耶雄嵩(20)
ジェフリー・ディーヴァー(18)
飛鳥部勝則(13)
江戸川乱歩(13)
ヴァン・ダイン(13)
島田荘司(12)