海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ クライム/倒叙 ]
帽子屋の幻影
ジョルジュ・シムノン 出版月: 1956年06月 平均: 6.33点 書評数: 3件

書評を見る | 採点するジャンル投票


早川書房
1956年06月

No.3 6点 クリスティ再読 2022/06/22 16:15
タイトルがいいので昔から気になっていた作品。このサイトで内容を見たら、シムノンには珍しいシリアルキラーの話だから、ぜひ読みたいな...と思っていた作品だった。シムノンの1作品での最多の殺人数かしら。ようやくゲット。

シリアルキラーの主人公の内面描写がずっと続く作品だけど、リアルタイムでの描写が軸なので、背景とか動機とか、徐々にしか割れてこない。いろいろと考えながら読んでいく必要があるタイプの作品で、ミステリ色は強いといえば、強めの作品である。

シムノンの名犯人といえば、たとえば「男の首」のラデックが典型だけども、「絶対に捕まらない!」で頑張ったりしないんだよね。どこかしら「捕まりたがる」要素があるし、その行動も合理的というよりも、個人的なちょっとした「ひっかかり」に押されて、たまたま「してしまう」ような色合いが強い。評者のようなシムノン・ファンにとっては、そこらへんに強いリアリティを感じるわけだ。理屈で割り切れない行動をするからこそ、人間の行動として妙に腑に落ちる、とでも言えばいいのかな。

同世代の老女ばかりをチェロの弦で絞殺するシリアルキラーの帽子屋ラベ氏の隣人で、貧しい移民の仕立て屋カシウダスが、ラベ氏の犯行に気がついてラベ氏に付きまとうのだが、ラベ氏はそんなカシウダスの口を封じようとするわけでもないし、犯人告発の賞金が欲しいだろうとラベ氏は考えて、それをわざわざ病床のカシウダスに与えようとか、考えたりする...新聞社に挑戦状をラベ氏は送り付けるのだけども、その中では殺人が完全にプラン通りのものだ、と宣言したりする。でもその動機はというと...いやこれはお楽しみ。とんでもない動機で、この挑戦状にも窺われるけども、「首尾一貫し過ぎて、かえっておかしい」というような、そういう「リアルな病み方」を体感できるような面白さがある。

このラベ氏の「闇」が理解不能で、それでもそこに人間性のリアルが感じられるというキャラ設定がこの本の中心課題になる。だから、話のオチはつけようもない、といえばそうで、あまり筋道立った結末にはならない。7点をつけにくいのは、そういうところかな。「ベルの死」あたりに近い印象がある。

No.2 6点 人並由真 2020/11/07 05:11
(ネタバレなし)
 フランスはシャラント地方の中心都市ラ・ロシェル。そこでその年の11月13日からほぼひと月の間に、6人の女性が相次いでヴィオロンセロの糸(チェロの弦)で絞殺される事件が起きる。正体不明の殺人鬼「絞め殺し屋」の標的にされたのは、そろって60歳前後の老女だった。そして殺人鬼の正体は、病気の妻マチルドと同居する60歳の帽子屋の主人レオン・ラベ。だがそのラベ氏は、自分に疑惑の目を向けるような隣人の仕立屋カシウダスが気になり始めた。

 1949年のフランス作品。1948年12月にシムノンがアメリカのアリゾナで書き上げたノンシリーズのクライム・ノワール長編。
 ちなみに評者は原型の短編『しがない仕立屋と帽子商』は、まだ未読(所収の短編集『メグレとしっぽのない小豚』は持っているが~汗~)。

 当初から謎の殺人鬼=主人公と読者に明かしており、もちろんフーダニットではないし、かといっていわゆる倒叙ミステリ的なパズラーの要素もない。ラベ氏に標的にされた女たちの関係性も早めに明かされるので、ミッシングリンクの謎も成立しない。
 とはいえ人間の内面の闇とある種の情念を探る意味でのミステリとしては、それでは何故、ラベ氏が<そのグループの女性たち>に次々と凶行を働いたのか、という広義のホワイダニットの謎が最後まで残される。
 そしてもちろん、その決着については、ここでは書かないし書けないが、ラストまで読んで言いようのない思いが評者の胸に去来する。そういうことなんだろうね。そういうことなんだろうか。
 
 秘田余四郎の翻訳は個人的にはそんなに負担ではなかったが、本文中の登場人物の名前に一部表記のミスがあるようなことは気になった。それと巻頭の登場人物一覧はおそろしく丁寧だが、その分、中盤と終盤の展開(とサプライズ)を一部ネタバレしてしまっている。これからシメノン選集版で読む人(といっても邦訳は現状、これしかないが)は注意されたし。
 
 全体的に、どこかグレアム・グリーンあたりの諸作に近しい、宗教的な匂いも感じさせる作品。それがシムノンの意図かどうかはわからないが、言葉にしにくい余韻を与えるのは間違いない。
 評点は本一冊のズッシリ感から言えば7点でもよいのだが、あともうひとつ、こちらに響くものが何か欲しかったということで、この点数で。

No.1 7点 2009/07/18 17:57
短編『しがない仕立て屋と帽子商』を長編化した作品です。
メグレものはどうか知りませんが、純文学系の作品については、あらかじめ決めておくのは登場人物や舞台等の設定と最初に起こるできごとのみで、後の展開は筆まかせということが多いらしいシムノンにしては、このように最初から構成がある程度決まっているのは珍しいことです。
とは言っても、元の短編が仕立て屋の視点から書かれたミッシング・リンクの謎解きミステリであったのに対して、本作は犯人である帽子屋の視点からの話になっています。冷静な連続殺人犯であった彼が、仕立て屋に疑惑をいだかれたあたりから、しだいに精神的なバランスを失っていく様子がじっくり描きこまれていて、緊迫感充分です。
ただし秘田氏の翻訳は、古いというだけでなく妙な癖があって、閉口しました。たとえば、絞殺凶器のチェロの弦をフランス語風に「ヴィオロンセロの糸」と訳すとは!


ジョルジュ・シムノン
2022年04月
運河の家 人殺し
平均:8.00 / 書評数:2
2018年11月
十三の謎と十三人の被告
平均:6.00 / 書評数:1
2015年02月
紺碧海岸のメグレ
平均:6.75 / 書評数:4
2011年02月
青の寝室
平均:7.00 / 書評数:1
2010年12月
ブーベ氏の埋葬
平均:7.00 / 書評数:1
2009年10月
倫敦から来た男
平均:6.33 / 書評数:3
2008年07月
ちびの聖者
平均:8.00 / 書評数:1
2008年04月
証人たち
平均:7.00 / 書評数:1
2007年07月
Les rescapés du Télémaque
平均:6.00 / 書評数:1
2005年12月
Les sept minutes
平均:6.00 / 書評数:1
2000年04月
Le rapport du gendarme
平均:6.00 / 書評数:1
1999年12月
Les complices
平均:6.00 / 書評数:1
1998年12月
Le suspect
平均:7.00 / 書評数:1
1998年10月
O探偵事務所の恐喝
平均:6.00 / 書評数:1
丸裸の男
平均:5.00 / 書評数:1
1998年08月
老婦人クラブ
平均:6.00 / 書評数:1
ドーヴィルの花売り娘
平均:6.00 / 書評数:1
1997年07月
メグレ警視
平均:6.00 / 書評数:2
1992年05月
仕立て屋の恋
平均:6.00 / 書評数:4
1988年08月
メグレ激怒する
平均:6.00 / 書評数:3
1986年08月
メグレと死体刑事
平均:5.67 / 書評数:3
1985年08月
妻は二度死ぬ
平均:6.00 / 書評数:1
1985年01月
平均:7.67 / 書評数:3
1984年04月
メグレとワイン商
平均:5.33 / 書評数:3
1983年12月
メグレと善良な人たち
平均:5.50 / 書評数:2
1983年04月
メグレと殺された容疑者
平均:5.50 / 書評数:2
1982年12月
メグレと幽霊
平均:6.50 / 書評数:2
1981年07月
メグレの退職旅行
平均:6.00 / 書評数:2
1981年01月
メグレ警視と生死不明の男
平均:6.50 / 書評数:2
1980年03月
メグレ再出馬
平均:5.33 / 書評数:3
1980年01月
メグレと老外交官の死
平均:5.00 / 書評数:2
ゲー・ムーランの踊子/三文酒場
平均:6.50 / 書評数:2
1979年11月
メグレの失態
平均:4.00 / 書評数:1
1979年10月
メグレ推理を楽しむ
平均:6.00 / 書評数:2
1979年09月
メグレを射った男
平均:4.00 / 書評数:1
1979年08月
メグレとかわいい伯爵夫人
平均:5.67 / 書評数:3
1979年07月
メグレ保安官になる
平均:5.50 / 書評数:2
1979年06月
メグレの拳銃
平均:6.00 / 書評数:3
1979年05月
メグレとルンペン
平均:5.67 / 書評数:3
1979年04月
メグレと賭博師の死
平均:6.00 / 書評数:2
1978年11月
メグレ警視のクリスマス
平均:6.00 / 書評数:5
1978年10月
メグレの幼な友達
平均:5.00 / 書評数:1
1978年09月
メグレと匿名の密告者
平均:4.00 / 書評数:2
メグレ最後の事件
平均:5.50 / 書評数:2
1978年08月
メグレと殺人予告状
平均:6.00 / 書評数:3
1978年07月
メグレと老婦人の謎
平均:6.00 / 書評数:4
メグレとリラの女
平均:6.00 / 書評数:2
1978年06月
メグレ夫人の恋人
平均:6.50 / 書評数:2
メグレと録音マニア
平均:5.00 / 書評数:4
メグレとひとりぼっちの男
平均:6.00 / 書評数:1
1978年05月
メグレの財布を掏った男
平均:6.00 / 書評数:1
メグレと田舎教師
平均:6.00 / 書評数:3
1978年04月
メグレの打明け話
平均:5.50 / 書評数:2
メグレ夫人のいない夜
平均:6.00 / 書評数:4
1978年03月
メグレと妻を寝とられた男
平均:5.75 / 書評数:4
1978年02月
メグレと宝石泥棒
平均:5.67 / 書評数:3
1977年12月
メグレと優雅な泥棒
平均:5.50 / 書評数:2
メグレとベンチの男
平均:5.33 / 書評数:3
1977年10月
重罪裁判所のメグレ
平均:5.00 / 書評数:2
1977年09月
メグレと政府高官
平均:6.00 / 書評数:3
1977年08月
メグレと消えた死体
平均:6.00 / 書評数:3
1977年07月
メグレ式捜査法
平均:5.00 / 書評数:2
1977年06月
メグレ夫人と公園の女
平均:6.50 / 書評数:2
1977年05月
メグレの初捜査
平均:6.50 / 書評数:2
1977年04月
メグレ、ニューヨークへ行く
平均:6.67 / 書評数:3
1977年03月
メグレたてつく
平均:7.00 / 書評数:2
1977年02月
メグレと首無し死体
平均:6.25 / 書評数:4
1977年01月
モンマルトルのメグレ
平均:6.75 / 書評数:4
1976年12月
メグレと口の固い証人たち
平均:5.33 / 書評数:3
1976年10月
メグレと火曜の朝の訪問者
平均:6.00 / 書評数:5
メグレの途中下車
平均:5.00 / 書評数:3
1976年09月
メグレ間違う
平均:5.67 / 書評数:3
メグレと殺人者たち
平均:7.00 / 書評数:4
1975年01月
Chez Krull
平均:5.00 / 書評数:1
1973年04月
メグレの回想録
平均:5.67 / 書評数:3
1972年11月
メグレと若い女の死
平均:7.00 / 書評数:3
1970年06月
ビセートルの環
平均:6.00 / 書評数:1
1970年04月
ドナデュの遺書
平均:5.00 / 書評数:1
1970年03月
日曜日
平均:6.00 / 書評数:2
1970年02月
港のマリー
平均:6.00 / 書評数:1
1969年10月
片道切符
平均:6.00 / 書評数:1
1969年08月
ストリップ・ティーズ
平均:6.00 / 書評数:1
1963年08月
13の秘密
平均:6.67 / 書評数:3
1961年11月
娼婦の時
平均:6.50 / 書評数:2
1961年08月
メグレと死者の影
平均:6.00 / 書評数:3
1961年07月
死んだギャレ氏
平均:6.00 / 書評数:1
1961年04月
港の酒場で
平均:6.00 / 書評数:2
1961年01月
メグレ警部と国境の町
平均:7.00 / 書評数:1
ベベ・ドンジュの真相
平均:7.00 / 書評数:2
メグレと老婦人
平均:6.00 / 書評数:3
1960年11月
アルザスの宿
平均:6.50 / 書評数:2
1960年09月
オランダの犯罪
平均:6.67 / 書評数:3
1960年05月
怪盗レトン
平均:6.00 / 書評数:3
1960年04月
サン・フィアクル殺人事件
平均:5.33 / 書評数:3
1958年11月
上靴にほれた男
平均:5.50 / 書評数:2
1958年10月
可愛い悪魔
平均:6.50 / 書評数:2
1958年07月
死体が空から降ってくる
平均:6.50 / 書評数:2
1958年05月
メグレ罠を張る
平均:7.33 / 書評数:6
1957年10月
カルディノーの息子
平均:6.00 / 書評数:2
1957年05月
ベルの死
平均:6.50 / 書評数:2
1957年01月
メグレと無愛想な刑事
平均:6.00 / 書評数:4
1956年12月
リコ兄弟
平均:7.33 / 書評数:3
1956年06月
帽子屋の幻影
平均:6.33 / 書評数:3
1955年11月
メグレのバカンス
平均:6.67 / 書評数:3
1955年03月
家の中の見知らぬ者たち
平均:7.00 / 書評数:2
1955年02月
雪は汚れていた
平均:9.00 / 書評数:3
1955年01月
メグレとしっぽのない小豚
平均:7.00 / 書評数:1
1954年12月
霧の港のメグレ
平均:6.00 / 書評数:2
1954年03月
汽車を見送る男
平均:8.00 / 書評数:1
1953年10月
メグレと深夜の十字路
平均:6.75 / 書評数:4
1952年09月
メグレと運河の殺人
平均:5.50 / 書評数:2
1950年08月
サン・フォリアン寺院の首吊人
平均:7.67 / 書評数:3
1950年05月
男の首
平均:6.29 / 書評数:7
黄色い犬
平均:6.12 / 書評数:8
不明
北氷洋逃避行
平均:6.00 / 書評数:1
メグレと超高級ホテルの地階
平均:7.00 / 書評数:1
死の脅迫状
平均:3.00 / 書評数:1
メグレと奇妙な女中の謎
平均:7.00 / 書評数:2
メグレと謎のピクピュス
平均:7.50 / 書評数:2
猶太人ジリウク
平均:7.00 / 書評数:1
ダンケルクの悲劇
平均:6.00 / 書評数:1
下宿人
平均:8.00 / 書評数:1