海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ その他 ]
可愛い悪魔
別題「かわいい悪魔」
ジョルジュ・シムノン 出版月: 1958年10月 平均: 6.50点 書評数: 2件

書評を見る | 採点するジャンル投票


早川書房
1958年10月

集英社
1970年01月

No.2 6点 クリスティ再読 2021/11/25 07:14
シムノンで一人称独白体、って結構珍しいと思う。限定三人称は多いんだけどね。
主人公は「有罪ならゴビヨーに相談しろ!」という評判の辣腕弁護士。でもブ男、父もハンサムな有名弁護士だが、主人公は庶子。自分の師匠に当たる大物弁護士から妻を奪って自分のものにする....なんてハナレ技を演じた過去があるが、実はその妻の自己実現が、オトコをプロデュースして出世させること! 主人公の一見「成り上がり」の順風満帆人生も、本人にすればなかなか外見どおりではない屈折の人生だったりする....

いや、たぶんシムノン、自分を重ねたと思うよ。そういうリアリティ。

友達と組んで宝石店強盗を働いた小娘イヴェットが、警察に追われてゴビヨーの元に飛び込んできた。事務所で股を開くイヴェットに、なぜかゴビヨーは執着し始める。強引な弁護でイヴェットを無罪にすると、イヴェットをアパルトマンに囲って、二重生活を始めることになる....妻はゴビヨーのキャリアを支配さえできればいい、と超母性的とでもいうような夫婦関係でもあり、ゴビヨーの浮気には寛容なのだが、イヴェットへの溺れ具合には内心ヤキモキしているようでもある....

つまり、こういう三角関係がすべて。映画に合わせて「可愛い悪魔」なんてイヴェットを呼びたくなる(バルドーだ)のかもしれないのだけど、実のところこのイヴェット、そんなに大した女でもないんだと思う。

人間は時として動物として行動したいという欲求がある

というゴビヨーの「自身の成功に反逆したい!堕落したい!」という欲求がイヴェットに投影されて、こんな愛欲にのめり込んでいるのだろう...自分には別な人生もあったのでは?という自分への懐疑が、こんなドラマを引き起こす。
そういう興味の作品だから、「こういう状況から何が起こるのか?」実際、何が起きても全然不思議じゃないのだけども、何かが起きざるを得ない。それを甘んじて待ち受けるのが、この作品の醍醐味。

No.1 7点 2010/04/02 21:37
本作もハヤカワ・ミステリのシリーズから出ていたので評価対象にしていますが、ミステリ度は非常に希薄です。それでもあえて評価対象とした以上、ミステリ度がどうであれひとつの作品そのもの(エンタテインメントあるいは芸術)として評価すれば、この点数になります。
主人公悪徳辣腕弁護士(ペリー・メイスンのような意味で)の一人称覚書スタイルで書かれた作品です。しかし裁判でのスリリングなかけひきもありませんし、最後に起こる殺人にしても、その結末に向かっての伏線を張った収束感はありません。それでも、弁護士の独白の味わいには、何とも言えないうまみがあるのです。
発表2年後の1958年に映画化され、本のタイトルも映画邦題のままです。原題は「もしもの場合」「緊急時のために」といったような意味合い。
映画版は見ていないのですが、可愛い悪魔という言葉が似合うブリジット・バルドーとは、原作から受けるイヴェットの印象はかなり違い、むしろみすぼらしい感じがします。弁護士も自分でガマガエルみたいだと言うのですから、ジャン・ギャバンのかっこよさはありません。しかし、そこが味なんですねぇ。


ジョルジュ・シムノン
2018年11月
十三の謎と十三人の被告
平均:6.00 / 書評数:1
2015年02月
紺碧海岸のメグレ
平均:6.75 / 書評数:4
2011年02月
青の寝室
平均:7.00 / 書評数:1
2010年12月
ブーベ氏の埋葬
平均:7.00 / 書評数:1
2009年10月
倫敦から来た男
平均:6.33 / 書評数:3
2008年07月
ちびの聖者
平均:8.00 / 書評数:1
2008年04月
証人たち
平均:7.00 / 書評数:1
2005年12月
Les sept minutes
平均:6.00 / 書評数:1
1999年12月
Les complices
平均:6.00 / 書評数:1
1998年12月
Le suspect
平均:7.00 / 書評数:1
L'assassin
平均:9.00 / 書評数:1
1998年10月
O探偵事務所の恐喝
平均:6.00 / 書評数:1
丸裸の男
平均:5.00 / 書評数:1
1998年08月
老婦人クラブ
平均:6.00 / 書評数:1
ドーヴィルの花売り娘
平均:6.00 / 書評数:1
1997年07月
メグレ警視
平均:6.00 / 書評数:1
1992年05月
仕立て屋の恋
平均:6.00 / 書評数:4
1988年08月
メグレ激怒する
平均:6.00 / 書評数:3
1986年08月
メグレと死体刑事
平均:5.00 / 書評数:2
1985年08月
妻は二度死ぬ
平均:6.00 / 書評数:1
1985年01月
平均:7.67 / 書評数:3
1984年04月
メグレとワイン商
平均:5.50 / 書評数:2
1983年12月
メグレと善良な人たち
平均:5.50 / 書評数:2
1983年04月
メグレと殺された容疑者
平均:4.00 / 書評数:1
1982年12月
メグレと幽霊
平均:6.50 / 書評数:2
1981年07月
メグレの退職旅行
平均:6.00 / 書評数:2
1981年01月
メグレ警視と生死不明の男
平均:6.50 / 書評数:2
1980年03月
メグレ再出馬
平均:5.33 / 書評数:3
1980年01月
メグレと老外交官の死
平均:5.00 / 書評数:2
ゲー・ムーランの踊子/三文酒場
平均:6.50 / 書評数:2
1979年11月
メグレの失態
平均:4.00 / 書評数:1
1979年10月
メグレ推理を楽しむ
平均:6.00 / 書評数:2
1979年09月
メグレを射った男
平均:4.00 / 書評数:1
1979年08月
メグレとかわいい伯爵夫人
平均:5.50 / 書評数:2
1979年07月
メグレ保安官になる
平均:5.50 / 書評数:2
1979年06月
メグレの拳銃
平均:6.00 / 書評数:3
1979年05月
メグレとルンペン
平均:5.50 / 書評数:2
1979年04月
メグレと賭博師の死
平均:6.00 / 書評数:2
1978年11月
メグレ警視のクリスマス
平均:6.00 / 書評数:5
1978年10月
メグレの幼な友達
平均:5.00 / 書評数:1
1978年09月
メグレと匿名の密告者
平均:4.00 / 書評数:2
メグレ最後の事件
平均:5.50 / 書評数:2
1978年08月
メグレと殺人予告状
平均:6.00 / 書評数:3
1978年07月
メグレと老婦人の謎
平均:6.00 / 書評数:3
メグレとリラの女
平均:6.00 / 書評数:2
1978年06月
メグレ夫人の恋人
平均:6.50 / 書評数:2
メグレと録音マニア
平均:5.00 / 書評数:3
メグレとひとりぼっちの男
平均:6.00 / 書評数:1
1978年05月
メグレの財布を掏った男
平均:6.00 / 書評数:1
メグレと田舎教師
平均:6.00 / 書評数:3
1978年04月
メグレの打明け話
平均:5.50 / 書評数:2
メグレ夫人のいない夜
平均:5.67 / 書評数:3
1978年03月
メグレと妻を寝とられた男
平均:5.67 / 書評数:3
1978年02月
メグレと宝石泥棒
平均:5.67 / 書評数:3
1977年12月
メグレと優雅な泥棒
平均:5.50 / 書評数:2
メグレとベンチの男
平均:5.33 / 書評数:3
1977年10月
重罪裁判所のメグレ
平均:5.00 / 書評数:2
1977年09月
メグレと政府高官
平均:6.00 / 書評数:3
1977年08月
メグレと消えた死体
平均:6.00 / 書評数:3
1977年07月
メグレ式捜査法
平均:5.00 / 書評数:2
1977年06月
メグレ夫人と公園の女
平均:6.00 / 書評数:1
1977年05月
メグレの初捜査
平均:6.50 / 書評数:2
1977年04月
メグレ、ニューヨークへ行く
平均:6.67 / 書評数:3
1977年03月
メグレたてつく
平均:7.00 / 書評数:2
1977年02月
メグレと首無し死体
平均:6.25 / 書評数:4
1977年01月
モンマルトルのメグレ
平均:6.75 / 書評数:4
1976年12月
メグレと口の固い証人たち
平均:5.25 / 書評数:4
1976年10月
メグレと火曜の朝の訪問者
平均:6.00 / 書評数:5
メグレの途中下車
平均:5.00 / 書評数:3
1976年09月
メグレと殺人者たち
平均:7.00 / 書評数:4
1973年04月
メグレの回想録
平均:5.67 / 書評数:3
1972年11月
メグレと若い女の死
平均:7.00 / 書評数:3
1970年04月
ドナデュの遺書
平均:5.00 / 書評数:1
1970年03月
日曜日
平均:6.00 / 書評数:1
1970年02月
港のマリー
平均:6.00 / 書評数:1
1969年10月
片道切符
平均:6.00 / 書評数:1
1969年08月
ストリップ・ティーズ
平均:6.00 / 書評数:1
1967年01月
メグレ間違う
平均:5.50 / 書評数:2
1963年08月
La maison du canal
平均:6.00 / 書評数:1
13の秘密
平均:6.67 / 書評数:3
1961年11月
娼婦の時
平均:6.50 / 書評数:2
1961年08月
メグレと死者の影
平均:6.00 / 書評数:3
1961年07月
死んだギャレ氏
平均:6.00 / 書評数:1
1961年04月
港の酒場で
平均:6.00 / 書評数:2
1961年01月
メグレ警部と国境の町
平均:7.00 / 書評数:1
ベベ・ドンジュの真相
平均:7.00 / 書評数:2
メグレと老婦人
平均:6.00 / 書評数:3
1960年11月
アルザスの宿
平均:6.50 / 書評数:2
1960年09月
オランダの犯罪
平均:6.67 / 書評数:3
1960年05月
怪盗レトン
平均:6.00 / 書評数:3
1960年04月
サン・フィアクル殺人事件
平均:5.33 / 書評数:3
1958年11月
上靴にほれた男
平均:5.50 / 書評数:2
1958年10月
可愛い悪魔
平均:6.50 / 書評数:2
1958年07月
死体が空から降ってくる
平均:6.00 / 書評数:1
1958年05月
メグレ罠を張る
平均:7.33 / 書評数:6
1957年10月
カルディノーの息子
平均:6.00 / 書評数:1
1957年05月
ベルの死
平均:6.50 / 書評数:2
1957年01月
メグレと無愛想な刑事
平均:6.00 / 書評数:4
1956年12月
リコ兄弟
平均:7.33 / 書評数:3
1956年06月
帽子屋の幻影
平均:6.50 / 書評数:2
1955年11月
メグレのバカンス
平均:6.67 / 書評数:3
1955年03月
家の中の見知らぬ者たち
平均:7.00 / 書評数:1
1955年02月
雪は汚れていた
平均:9.00 / 書評数:3
1955年01月
メグレとしっぽのない小豚
平均:7.00 / 書評数:1
1954年12月
霧の港のメグレ
平均:6.00 / 書評数:1
1954年03月
汽車を見送る男
平均:8.00 / 書評数:1
1953年10月
メグレと深夜の十字路
平均:6.75 / 書評数:4
1952年09月
メグレと運河の殺人
平均:5.50 / 書評数:2
1950年08月
サン・フォリアン寺院の首吊人
平均:7.67 / 書評数:3
1950年05月
男の首
平均:6.29 / 書評数:7
黄色い犬
平均:6.12 / 書評数:8
不明
北氷洋逃避行
平均:6.00 / 書評数:1
メグレと超高級ホテルの地階
平均:7.00 / 書評数:1
死の脅迫状
平均:3.00 / 書評数:1
メグレと奇妙な女中の謎
平均:7.00 / 書評数:2
メグレと謎のピクピュス
平均:7.50 / 書評数:2
猶太人ジリウク
平均:7.00 / 書評数:1
ダンケルクの悲劇
平均:6.00 / 書評数:1
下宿人
平均:8.00 / 書評数:1