海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格 ]
もの言えぬ証人
エルキュール・ポアロ
アガサ・クリスティー 出版月: 1957年01月 平均: 5.33点 書評数: 9件

書評を見る | 採点するジャンル投票


早川書房
1957年01月

早川書房
1977年02月

早川書房
2003年12月

No.9 5点 レッドキング 2021/02/21 21:28
ヴィクトリア朝の生き残りの様な狷介だが情誼あふれる大富豪老女。莫大な遺産を巡る遺族達・・小賢しい甥、傲慢な姪、いじけた姪、温柔な外国人医師の婿、無垢で鈍重なメイド・・。事故死と判断された老女の怪死と書き換えられた遺言。配達の遅れたポアロへの事件解明依頼の手紙。最小限の容疑者で老女殺害フーダニットを引っ張るが、ちとズッコケるハウダニット小粒ネタ・・ヒモと燐光って・・のオマケが付く。ポワロのポロリ「スタイルズ荘」「アクロイド」等ネタバレおまけも付く。老女の友人の毒舌老婆の諧謔が実にいい。「当たり前の事でしょ。誰か死んだら必ずゴタゴタがあるに決まってますよ。死人が棺桶の中で冷え切らないうちに、生き残った連中はお互いに爪を立てて財産争いさ」 ※ところで、あの犬、ヘイスティングスに貰われるんだね。

てことで、アガサ・クリスティー30年代の長編ミステリ全17作の採点修了したので
私的「30年代アガサ・クリスティー」ベスト5(6)

  第一位:「ポワロのクリスマス」
  第二位:「シタフォードの秘密」
  第三位:「メソポタミヤの殺人」
  第四位:「そして誰もいなくなった」
  第五位:「死との約束」
  同五位:「ABC殺人事件」

No.8 6点 E-BANKER 2021/01/28 22:39
だいぶ少なくなってきたポワロもの未読作品のひとつがコレ。
著名作の間に埋もれた佳作なのか、はたまた埋もれるべくして埋もれた駄作なのか?
原題は“Dumb Witness”(そのままだね) 1937年の発表。

~ポワロは巨額の財産を持つ老婦人エミリイから、命の危険を訴える手紙を受け取った。だが、それは一介の付添い婦に全財産を残すという問題のある遺言状を残して、彼女が死んだ二か月後のことだった。ポワロとヘイスティングズは、死者からの依頼に応えるとともに、事件に絡む愛すべきテリア犬「ボブ」の濡れ衣も晴らす~

これ、設定だけを取り上げると“いかにもクリスティ”のように見える。
「悪意のある遺言状」や「五指に余る疑わし気な親族=容疑者たち」。「容疑者ひとりひとりの証言の齟齬、心理を読み、真相に迫るポワロ」などなど、数多の彼女の佳作と比べても遜色ない“枠組み”だと思った。
最終的にはミスリードが見事に嵌まり、斜め上から抉るような真相が語られるに違いない・・・
その筈だった。

実際は・・・やや微妙か。
他の方も書かれてますが、特に中盤の展開がモヤモヤしていて、すっきりしない。確かに伏線は張られてるし、ポワロの推理にも一定のキレはある。ただ、どうもね・・・
序盤での不穏な空気間から醸し出される私の期待感からすれば、この真相はちょっと龍頭蛇尾に思えた。そういう意味では、本作が「埋もれてる」のもむべなるかな、ということなんだろう。

でも、日本国内でこの設定(上に書いた「悪意のある遺言状」など)なら横溝正史辺りが思い浮かぶけど、それならおどろおどろしい、血みどろの惨劇なんていう作風になっちゃうんだろうな。
これがクリスティにかかれば、英国の伝統的な田園風景のなかで、牧歌的とさえ言えそうな作風になるんだもんね・・・やっぱり違うよなぁと思った次第。
ちょっと辛口に書いてしまったけど、別に駄作というわけではない。水準給の面白さは十分備えてるし、何より「ボブ」が愛らしい。犬の言葉が理解できたら、こんな感じなのかな?

No.7 6点 虫暮部 2020/10/27 14:53
 ボブがなんともチャーミング。“彼”と訳されているが原文も“ he ”なのだろうか。とはいえ犬が“変な音をたてて失礼。しかしこれが僕の仕事なんだよ”とか話すわけないのであって、それはみなヘイスティングズおいちゃんの脳内変換であって、ならば真にチャーミングなのはこっちか。依頼者の“何も言ってない手紙”も可笑しい。

No.6 6点 青い車 2016/07/22 17:53
 『ポアロのクリスマス』や『葬儀を終えて』『パディントン発4時50分』のような、クリスティーに数多い一族内部の描写が目立つ長篇です。ただ、内容は長さの割に淡白で、最終的な犯人にも驚きはありません。やはり問題なのは巻末の解説にもある「むつかしい説明を要する毒」です。当然それがあっては素直になるほど!とは感心できず、へえ、そうなんだ、で終わってしまいます。霜月蒼氏は高く評価していたので、意外と大人な読者には深みがわかるのかも。近いうちに丁寧に読み返したいです。

No.5 4点 クリスティ再読 2015/12/27 11:27
企画物の「カーテン」を別にすると、ヘイスティングス大尉の最後の登場作品になる。ポアロという探偵は大概「なぜ事件に介入するか」がちゃんと描かれているケースが多いんだが、心理的な理由はともかく、これは法的な介入根拠が全然ない事件のために、関係者に話を聞きにいく口実にいろいろと苦労している...でこういう場面が客観的に見ると「疑惑をネタに一稼ぎしたい小悪党」っぽいんだよね。だからヘイスティングスの今更の登場も、こういう印象を弱めるための苦肉の策じゃあなかろうか。
まあ「上から目線の名探偵様」なんて厨二もいいとこな設定だから、介入根拠に神経質なのは評者はいいことだと思う。それで言えば後年「マギンティ夫人は死んだ」みたいなハードボイルド風味とかあるわけで、いいじゃないか、少々いかがわしい感じでもね...と思わなくもないんだけど。
で二人連れでぐるぐる関係者の周りを回る小説なので、小説的に全然ヤマがかからないのが困ったものだ。まったりとテンション低く二人の漫才を楽しむくらいの気持ちで読んだらいいのかもしれないが...ミステリとしても手がかりらしい手がかりもなくて「別にこの人が犯人でもいいけどさ」という感じの真相。タイトルから期待される犬のボブくんは大した証人でもなく「犯人逮捕に大殊勲」みたいなお楽しみがあるわけでもない。また中盤で過去作品の犯人バラしてるから本作の読書優先順位は遅めで、「ポアロ物なんて大概読んじゃったよ~」なんて人だけが読めばいいくらいの作品。
あと後光の正体...だけど、どう考えてもムリだと思う。光るのは酸化されやすい猛毒の白リンだけ(マッチは光らない)だし、呼気に出るのは微量だしね。最近では人魂の正体=リンでさえ怪しいみたいですね。

No.4 6点 ミステリ初心者 2012/08/16 11:08
 かなり昔に読んだ作品のためか、この作者の作品にしては、内容を思い出すのに苦労しました。

 オリジナリティーはあると思います。

No.3 5点 りゅう 2011/03/19 08:37
 題名から、被害者の愛犬ボブが重要な役割を演じるものと思っていましたが、そうでもありませんでした。読者が合理的に犯人を推理できるような作品になっていないのが残念です。殺人に係るトリックには、ある分野の特殊知識が使われています。ポアロの犯人特定手法も、容疑者の性格分析などによるものであり、必然性が感じられません。犯人は、クリスティーの一般的傾向から推測される人物ではなかったのが意外でした。最後にポアロが犯人に対して取った措置は、これで良かったのでしょうか。

No.2 5点 seiryuu 2011/01/16 10:30
ポアロが勘で事件にしてしまったり、ポアロの想像だけで事件解決したりと
なんだか変な感じのする話でした。
クリスティーって犬好きなんだなと思いました。
ほかの作品の犯人達が堂々と書いてあったのには驚きました。

No.1 5点 2009/10/04 12:33
もの言えぬ証人とは、被害者の老婦人の愛犬ボブのことです。とは言っても、ボブがドイルの『銀星号事件』のような意味で重要な証人になるわけではないので、看板に偽りありという気もします。
1937年発表の本作、ヘイスティングズの一人称形式ものとしては、『カーテン』を除くと長編では最後の作品のはずですが、最初の50ページぐらいは三人称形式という異例の構成をとっています。作者もワトソン役による手記形式の限界を感じていたのかもしれません。
三人称形式部分による登場人物紹介の後、ポアロが2ヶ月以上も前に書かれた事件依頼の手紙を受け取るという謎から始まり、捉えどころのない事件の全貌を明らかにしていく手際はさすがですが、結末の意外性はクリスティーにしてはそれほどと思えませんでした。「犯人の意外性パターン」として分類しにくい犯人像のせいか、完全にだまされたという人もいるようですが。


アガサ・クリスティー
2018年07月
十人の小さなインディアン
平均:4.00 / 書評数:1
2015年01月
ポアロとグリーンショアの阿房宮
2002年02月
アクナーテン
平均:3.00 / 書評数:1
2000年09月
そして誰もいなくなった(戯曲版)
平均:6.50 / 書評数:4
1998年09月
マン島の黄金
平均:6.00 / 書評数:2
1988年05月
殺人をもう一度
平均:5.50 / 書評数:2
1985年03月
海浜の午後
平均:5.00 / 書評数:1
1984年05月
ブラック・コーヒー
平均:4.33 / 書評数:3
1982年12月
教会で死んだ男
平均:5.25 / 書評数:4
1981年10月
リスタデール卿の謎
平均:5.00 / 書評数:2
1980年10月
蜘蛛の巣
平均:6.50 / 書評数:2
1980年09月
ねずみとり
平均:5.00 / 書評数:5
1980年08月
黄色いアイリス
平均:5.33 / 書評数:3
1980年06月
愛の探偵たち
平均:5.33 / 書評数:3
1980年05月
招かれざる客
平均:6.75 / 書評数:4
検察側の証人
平均:7.26 / 書評数:19
1977年01月
ベツレヘムの星
平均:5.00 / 書評数:1
スリーピング・マーダー
平均:5.82 / 書評数:11
1976年10月
未完の肖像
平均:3.00 / 書評数:1
1976年04月
ひらいたトランプ
平均:6.15 / 書評数:13
葬儀を終えて
平均:7.15 / 書評数:26
1975年01月
愛の旋律
平均:5.00 / 書評数:1
カーテン
平均:6.78 / 書評数:18
1974年01月
暗い抱擁
平均:7.00 / 書評数:1
運命の裏木戸
平均:3.33 / 書評数:3
第三の女
平均:4.50 / 書評数:6
1973年12月
娘は娘
平均:6.00 / 書評数:1
1973年06月
愛の重さ
平均:6.00 / 書評数:1
1973年01月
春にして君を離れ
平均:7.00 / 書評数:10
象は忘れない
平均:5.25 / 書評数:12
1972年01月
フランクフルトへの乗客
平均:1.50 / 書評数:2
復讐の女神
平均:5.71 / 書評数:7
1971年01月
死の猟犬
平均:5.50 / 書評数:6
ハロウィーン・パーティー
平均:5.33 / 書評数:9
カリブ海の秘密
平均:5.89 / 書評数:9
1970年12月
親指のうずき
平均:5.50 / 書評数:4
1969年01月
バートラム・ホテルにて
平均:4.88 / 書評数:8
1968年01月
終わりなき夜に生れつく
平均:6.73 / 書評数:15
1965年01月
複数の時計
平均:3.83 / 書評数:6
1964年01月
鏡は横にひび割れて
平均:6.62 / 書評数:16
1963年01月
謎のクィン氏
平均:7.56 / 書評数:9
1962年01月
蒼ざめた馬
平均:5.11 / 書評数:9
1961年01月
クリスマス・プディングの冒険
平均:6.12 / 書評数:8
1960年09月
死人の鏡
平均:6.00 / 書評数:4
1960年01月
ポワロの事件簿1
平均:5.00 / 書評数:1
ポワロの事件簿2
平均:5.00 / 書評数:1
おしどり探偵
平均:4.88 / 書評数:8
鳩のなかの猫
平均:4.71 / 書評数:7
パディントン発4時50分
平均:4.36 / 書評数:11
無実はさいなむ
平均:6.31 / 書評数:13
秘密機関
平均:4.12 / 書評数:8
1959年11月
パーカー・パイン登場
平均:6.40 / 書評数:5
1959年01月
火曜クラブ
平均:6.42 / 書評数:12
ポアロ登場
平均:5.00 / 書評数:11
なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?
平均:5.33 / 書評数:9
邪悪の家
平均:5.74 / 書評数:19
ゴルフ場殺人事件
平均:5.39 / 書評数:18
青列車の秘密
平均:4.75 / 書評数:12
雲をつかむ死
平均:5.23 / 書評数:13
1958年04月
マギンティ夫人は死んだ
平均:6.22 / 書評数:9
1958年01月
死が最後にやってくる
平均:6.12 / 書評数:8
動く指
平均:5.64 / 書評数:11
魔術の殺人
平均:4.25 / 書評数:8
死者のあやまち
平均:6.00 / 書評数:12
1957年01月
杉の柩
平均:6.79 / 書評数:14
NかMか
平均:5.86 / 書評数:7
満潮に乗って
平均:6.55 / 書評数:11
ねじれた家
平均:6.14 / 書評数:14
殺人は容易だ
平均:6.11 / 書評数:9
もの言えぬ証人
平均:5.33 / 書評数:9
死との約束
平均:6.71 / 書評数:14
スタイルズ荘の怪事件
平均:5.92 / 書評数:37
五匹の子豚
平均:7.29 / 書評数:21
ナイルに死す
平均:7.90 / 書評数:41
ポアロのクリスマス
平均:6.55 / 書評数:22
メソポタミヤの殺人
平均:5.78 / 書評数:18
ABC殺人事件
平均:6.80 / 書評数:41
1956年01月
バグダッドの秘密
平均:5.00 / 書評数:3
ビッグ4
平均:3.80 / 書評数:15
茶色の服の男
平均:5.17 / 書評数:6
七つの時計
平均:5.29 / 書評数:7
ヒッコリー・ロードの殺人
平均:5.22 / 書評数:9
シタフォードの秘密
平均:5.42 / 書評数:12
書斎の死体
平均:5.50 / 書評数:12
1955年12月
ヘラクレスの冒険
平均:7.17 / 書評数:6
1955年11月
死への旅
平均:4.33 / 書評数:3
1955年10月
アクロイド殺し
平均:7.80 / 書評数:75
1955年07月
愛国殺人
平均:5.75 / 書評数:16
1955年06月
そして誰もいなくなった
平均:8.69 / 書評数:91
1955年04月
チムニーズ館の秘密
平均:5.43 / 書評数:7
1955年01月
エッジウェア卿の死
平均:6.22 / 書評数:18
1954年12月
ポケットにライ麦を
平均:5.93 / 書評数:14
1954年11月
アリバイ
平均:5.00 / 書評数:2
牧師館の殺人
平均:6.00 / 書評数:12
1954年10月
ホロー荘の殺人
平均:6.13 / 書評数:15
1954年03月
オリエント急行の殺人
平均:7.62 / 書評数:48
1954年01月
忘られぬ死
平均:6.00 / 書評数:9
1951年01月
ゼロ時間へ
平均:6.38 / 書評数:16
三幕の殺人
平均:6.24 / 書評数:21
白昼の悪魔
平均:7.08 / 書評数:24
予告殺人
平均:5.81 / 書評数:21