海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格 ]
ヒッコリー・ロードの殺人
エルキュール・ポアロ
アガサ・クリスティー 出版月: 1956年01月 平均: 5.22点 書評数: 9件

書評を見る | 採点するジャンル投票


早川書房
1956年01月

早川書房
1978年09月

早川書房
2004年07月

No.9 5点 レッドキング 2020/04/15 17:12
下宿館を舞台にした男女青春群像ミステリ・・と思わせて、アガサ・クリスティーにも「旧体制社会」以降を舞台にしたの書けるんだ・・と思わせて、ホワイダニット、ちとずっこける。最後になって、結局は「旧世界」ミステリの匂いが・・。まーた、あの手の犯人キャラトリックなのが、いかにもアガサ・クリスティーらしい。でも、あの婆さん、新世代の、60年代以降の若者文化にさえも、きっと「寛容」(ちと皮肉を含めながらも)な人だったんだろうな。ドロシー・セイヤーズみたいな気持ち悪い通俗的保守派臭がないのがいい。ので、点数オマケ付き。
※こういうマザーグース童謡の使い方はよいな。

No.8 6点 E-BANKER 2018/12/10 22:06
エルキュール・ポワロを探偵役とするシリーズとしては26作目に当たる作品。
(ポワロ物はだいぶ未読作品が少なくなってきたなぁー)
1955年の発表。

~外国人留学生が多く住むロンドンの学生寮で盗難騒動がつぎつぎと起き、靴の片方や電球など他愛のないものばかりが盗まれた。だが、寮を訪れたポワロは即刻警察を呼ぶべきだと主張する。そして、その直後、寮生のひとりが謎の死を遂げる。果たしてこれらの事件の裏には何が・・・。マザーグースを口ずさむポワロが名推理を披露する~

マザーグースは特段関係なかったな・・・
で、大ミステリー作家・クリスティ女史としては、本作程度の作品なら赤子の手を捻るほどに簡単にできたのではないか?
そう思わせる出来栄え。
別に酷いレベルというわけではないのだ。十分に旨いし、これを老練と言うのかもしれない。

紹介文のとおり、「不思議な盗難事件の裏側に隠された悪意」というのが本作を貫くプロット。
で、その悪意の隠し方が、もうさすがクリスティ。
何気なく書かれた物証や登場人物の台詞に伏線がふんだんに撒かれている・・・感じ。
中盤以降、伏線がつぎつぎに回収され、「悪意」が徐々に明らかになるやり方。
うん。やっぱり老練。その言葉がピッタリくる。

でもやっぱり他の方と同様、高い評価はできない。
登場人物が多すぎてごちゃごちゃしてるとか、終盤の盛り上がりが足りないとか、ポワロが軽すぎるとか、細かい点ももちろんあるんだけど、それ以上に作品の熱量の少なさがなぁ・・・
これがどうしても「小手先感」を出してて、イマイチ読む方も盛り上がらない結果になっているのだろう。
(ラストのサプライズも唐突で??だし・・・彼女と彼女が・・・関係ってね)
楽しめるか楽しめないかと問われれば、「楽しめる」と答えられる出来ではあるけど、評価はこんなもんかな。

No.7 6点 nukkam 2016/10/03 01:36
(ネタバレなしです) 1955年発表のポアロシリーズ第26作の本格派推理小説です。学生寮を舞台にした作品で、私はエリザベス・ジョージの「名門校殺人のルール」(1990年)を思い出しましたが描かれている世界が全然違いますね。暗く重いジョージに比べて本書はいかにもクリスティーらしく明るく読みやすい作品です。今回の犯罪の影にはぞっとするような悪意が隠されているんですが、それでも全体の雰囲気がさほど陰湿にならないのは(むしろユーモア溢れる場面さえあります)クリスティーならではです。そういうところが非現実的だと批判する人がいるのもまあわかりますけど、これがクリスティーの世界的な人気の秘密の一端ではないでしょうか。

No.6 3点 クリスティ再読 2016/01/02 22:12
一言でいうと「らしくない作品」。ミス・レモンに役が振られてるあたり、ドラマかなんか絡んだ企画物?とか疑いそうだ。クリスティだとさすがに戦後世代の風俗などまったく理解不能な世代だろうから、そもそもキャラ描写にリアリティを求めるのは無理ではあるが...なんで外人多数の学生下宿なんて設定を考えたんだろう??
まあ昔からクリスティっていうと男性キャラが下手で女性キャラが無類に上手な作家だけど、本作みたいなのは男性キャラが描けてないと面白みが薄いんだよね。コリンくんとかレンくんに至っては中盤から非常に影が薄いわけだし(クリスティって若い男キャラに萌えて書く人じゃないからねえ...ライバルのセイヤーズがウィムジー卿に明白に萌えてたけど、そういうのないでしょ。)。
ミステリとしては「こんな真相だったらイヤだな...」と第一感で思うようなのが真相(背景事件も殺人も)。なので評者は読後果てしなく盛り下がっていた。数少ない未読作品だったんだよ。
どうでもいい話:評者年末なので帰省したんだが、ふと見つけたアパートの名前が「グリーンウッド」。女性作家でも男性描写の上手い人は結構いるんだけどなぁと愚痴。

No.5 6点 了然和尚 2015/05/09 15:21
最初に提起される謎が短編的内容で、トリックも少なく全体に小粒ですが、楽しめました。複数犯人で組織犯罪っぽいところは少し残念です。黄金期の本格を読むと度々思うことですが、70年ぐらい前でも、世相的な物は変化してないなと感心します。(古臭く感じない)本作の犯人の青年のどうしょうもない感は、宮部みゆきの作品の犯人を思い出させたりしますね。
ところで、本作の興味深い小ネタとして、ミス・レモンの事件簿クロスリファレンスはその後完成したのでしょうか? 私も乱歩に習いトリック分類などやってみたいのですが、システム名は「レモンシステム」と命名したいです。

No.4 6点 あびびび 2014/04/05 19:52
学生中心の下宿屋で盗難事件が頻発。ミス・レモン(ポアロの秘書)の姉がそこに勤めており、ポアロは講演と言う形で様子を見に行くが、その後2度の殺人事件が起こり、事態は一挙に緊迫する。

確かに登場人物か多く、何度も登場人物の欄を見返したが、警察が個人面談をするようになってから人物像が明らかになり、事態が呑み込めてきた。最後の犯人のアリバイ作りは良くある手ではあるが、ある意味虚を突かれて感心した。

No.3 5点 HORNET 2011/01/09 18:20
<ネタバレありです>
 不可解な盗難事件からやがて物語は殺人事件へ。そうではないと思わせて最期に戻ってやっぱりそうだったパターン。筋書き的にはよいと思いました。

No.2 5点 りゅう 2010/03/05 17:25
 ポアロ登場作品としてはマイナーな作品。
 確かに登場人物が多すぎると思います。巻頭の登場人物一覧表に記載されている寮生だけでも11人(それ以外にも寮生が登場する)。外人の名前は憶えにくいので、頻繁に登場人物一覧表を見返しました。
 雑多な品物の盗難事件、モルヒネの入った瓶の移動、背後にある大きな謎などプロットは結構面白いと思います。しかし、盗難事件の動機、特に電球の盗難理由はいただけません。
 ちょっとしたトリックも使われているのですが、小粒感は否めません。

No.1 5点 2009/11/17 20:50
本作については、登場人物が多過ぎるという意見がよくあるようです。学生相手中心の下宿屋が舞台ということで、同じ環境、同年代の登場人物が多いため、名前とキャラクターを一致させるのが困難になるのでしょう。確かにわかりにくいです。
最初の奇妙な連続盗難事件の大部分についての真相は、ポアロが現場に乗り込むとすぐ決着が付いてしまいますが、この部分は書き方によってはパーカー・パインものの短編にもなりそうな感じです。
クリスティーにしては珍しく、全体の7割程度のあたりで、事件の裏に潜んでいたからくりを明かしてしまいますが、その後起こる第3の殺人でもう一ひねり犯人隠匿の工夫をしているところはさすがです。しかし解決部分については、推理そのものはきっちりしていてそれなりに意外なのですが、派手好みのポアロにしては犯人指摘に至る演出がずいぶん地味な感じがしました。


アガサ・クリスティー
2018年07月
十人の小さなインディアン
平均:4.00 / 書評数:1
2015年01月
ポアロとグリーンショアの阿房宮
2002年02月
アクナーテン
平均:3.00 / 書評数:1
2000年09月
そして誰もいなくなった(戯曲版)
平均:6.50 / 書評数:4
1998年09月
マン島の黄金
平均:6.00 / 書評数:2
1988年05月
殺人をもう一度
平均:5.50 / 書評数:2
1985年03月
海浜の午後
平均:5.00 / 書評数:1
1984年05月
ブラック・コーヒー
平均:4.33 / 書評数:3
1982年12月
教会で死んだ男
平均:5.25 / 書評数:4
1981年10月
リスタデール卿の謎
平均:5.00 / 書評数:2
1980年10月
蜘蛛の巣
平均:6.50 / 書評数:2
1980年09月
ねずみとり
平均:5.00 / 書評数:5
1980年08月
黄色いアイリス
平均:5.33 / 書評数:3
1980年06月
愛の探偵たち
平均:5.33 / 書評数:3
1980年05月
招かれざる客
平均:6.75 / 書評数:4
検察側の証人
平均:7.26 / 書評数:19
1977年01月
ベツレヘムの星
平均:5.00 / 書評数:1
スリーピング・マーダー
平均:5.82 / 書評数:11
1976年10月
未完の肖像
平均:3.00 / 書評数:1
1976年04月
ひらいたトランプ
平均:6.15 / 書評数:13
葬儀を終えて
平均:7.15 / 書評数:26
1975年01月
愛の旋律
平均:5.00 / 書評数:1
カーテン
平均:6.78 / 書評数:18
1974年01月
暗い抱擁
平均:7.00 / 書評数:1
運命の裏木戸
平均:3.33 / 書評数:3
第三の女
平均:4.50 / 書評数:6
1973年12月
娘は娘
平均:6.00 / 書評数:1
1973年06月
愛の重さ
平均:6.00 / 書評数:1
1973年01月
春にして君を離れ
平均:7.00 / 書評数:10
象は忘れない
平均:5.25 / 書評数:12
1972年01月
フランクフルトへの乗客
平均:1.50 / 書評数:2
復讐の女神
平均:5.71 / 書評数:7
1971年01月
死の猟犬
平均:5.50 / 書評数:6
ハロウィーン・パーティー
平均:5.33 / 書評数:9
カリブ海の秘密
平均:5.89 / 書評数:9
1970年12月
親指のうずき
平均:5.50 / 書評数:4
1969年01月
バートラム・ホテルにて
平均:4.88 / 書評数:8
1968年01月
終わりなき夜に生れつく
平均:6.73 / 書評数:15
1965年01月
複数の時計
平均:3.83 / 書評数:6
1964年01月
鏡は横にひび割れて
平均:6.62 / 書評数:16
1963年01月
謎のクィン氏
平均:7.56 / 書評数:9
1962年01月
蒼ざめた馬
平均:5.11 / 書評数:9
1961年01月
クリスマス・プディングの冒険
平均:6.12 / 書評数:8
1960年09月
死人の鏡
平均:6.00 / 書評数:4
1960年01月
ポワロの事件簿1
平均:5.00 / 書評数:1
ポワロの事件簿2
平均:5.00 / 書評数:1
おしどり探偵
平均:4.88 / 書評数:8
鳩のなかの猫
平均:4.71 / 書評数:7
パディントン発4時50分
平均:4.36 / 書評数:11
無実はさいなむ
平均:6.31 / 書評数:13
秘密機関
平均:4.12 / 書評数:8
1959年11月
パーカー・パイン登場
平均:6.40 / 書評数:5
1959年01月
火曜クラブ
平均:6.42 / 書評数:12
ポアロ登場
平均:5.00 / 書評数:11
なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?
平均:5.33 / 書評数:9
邪悪の家
平均:5.74 / 書評数:19
ゴルフ場殺人事件
平均:5.39 / 書評数:18
青列車の秘密
平均:4.75 / 書評数:12
雲をつかむ死
平均:5.23 / 書評数:13
1958年04月
マギンティ夫人は死んだ
平均:6.22 / 書評数:9
1958年01月
死が最後にやってくる
平均:6.12 / 書評数:8
動く指
平均:5.64 / 書評数:11
魔術の殺人
平均:4.25 / 書評数:8
死者のあやまち
平均:6.00 / 書評数:12
1957年01月
杉の柩
平均:6.79 / 書評数:14
NかMか
平均:5.86 / 書評数:7
満潮に乗って
平均:6.55 / 書評数:11
ねじれた家
平均:6.14 / 書評数:14
殺人は容易だ
平均:6.11 / 書評数:9
もの言えぬ証人
平均:5.33 / 書評数:9
死との約束
平均:6.71 / 書評数:14
スタイルズ荘の怪事件
平均:5.92 / 書評数:37
五匹の子豚
平均:7.29 / 書評数:21
ナイルに死す
平均:7.90 / 書評数:41
ポアロのクリスマス
平均:6.55 / 書評数:22
メソポタミヤの殺人
平均:5.78 / 書評数:18
ABC殺人事件
平均:6.80 / 書評数:41
1956年01月
バグダッドの秘密
平均:5.00 / 書評数:3
ビッグ4
平均:3.80 / 書評数:15
茶色の服の男
平均:5.17 / 書評数:6
七つの時計
平均:5.29 / 書評数:7
ヒッコリー・ロードの殺人
平均:5.22 / 書評数:9
シタフォードの秘密
平均:5.42 / 書評数:12
書斎の死体
平均:5.50 / 書評数:12
1955年12月
ヘラクレスの冒険
平均:7.17 / 書評数:6
1955年11月
死への旅
平均:4.33 / 書評数:3
1955年10月
アクロイド殺し
平均:7.80 / 書評数:75
1955年07月
愛国殺人
平均:5.75 / 書評数:16
1955年06月
そして誰もいなくなった
平均:8.69 / 書評数:91
1955年04月
チムニーズ館の秘密
平均:5.43 / 書評数:7
1955年01月
エッジウェア卿の死
平均:6.22 / 書評数:18
1954年12月
ポケットにライ麦を
平均:5.93 / 書評数:14
1954年11月
アリバイ
平均:5.00 / 書評数:2
牧師館の殺人
平均:6.00 / 書評数:12
1954年10月
ホロー荘の殺人
平均:6.13 / 書評数:15
1954年03月
オリエント急行の殺人
平均:7.62 / 書評数:48
1954年01月
忘られぬ死
平均:6.00 / 書評数:9
1951年01月
ゼロ時間へ
平均:6.38 / 書評数:16
三幕の殺人
平均:6.24 / 書評数:21
白昼の悪魔
平均:7.08 / 書評数:24
予告殺人
平均:5.81 / 書評数:21