海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

HORNETさん
平均点: 6.27点 書評数: 849件

プロフィール高評価と近い人 | 書評 | おすすめ

No.849 5点 お孵り- 滝川さり 2021/10/21 19:58
 橘佑二は、婚約者・乙瑠の結婚のあいさつのため、乙瑠の故郷である「冨茄子村」に行く。乙瑠の親族に挨拶をし、結婚を認めて貰えた佑二だったが、同時にその村の異様な風習、氏神信仰を知り戦慄する。それは、「太歳様」と呼ばれる氏神が村の新生児に宿り、村人たちの「生まれ変わり」を司るという狂信的なものだった。

 良くも悪くも、この類のホラーのテンプレートのような標準的出来栄え。だからそれなりに楽しいが、読み慣れている者にとっては意外性も弱い(太歳様の正体や、乙瑠の正体なども…最も「それらしい」オチ)。「リング」のような、ちょっと前の映像作品のようなイメージ。
 まぁ楽しめた。

No.848 6点 The Best Mysteries 2019- アンソロジー(出版社編) 2021/10/21 19:42
「学校は死の匂い」澤村伊智…比嘉姉妹シリーズ短編。一時期問題になった、学校の組み立て体操を題材にしたホラーミステリ。
「埋め合わせ」芦沢央…「汚れた手をそこで拭かない」に収録。その中で一番面白かった印象。
「ホームに佇む」有栖川有栖…心霊探偵・濱地健三郎シリーズの短編。そこそこ。
「イミテーション・ガールズ」逸木裕…森田みどりシリーズの過去話。標準的出来栄え。
「クレイジーキルト」宇佐美まこと…奥田英朗や桐野夏生、貫井徳郎もかな?の作品のようなイメージ。面白い。
「東京駅発6時00分 のぞみ1号博多行き」大倉崇裕…殺人犯が、犯行後の新幹線で刑事と隣席に。古畑任三郎みたい。
「くぎ」佐藤究…前半の話と後半の急展開があまりつながってないような。
「母の務め」曽根圭介…仕掛けは面白かった。が、結局「姉」はどこにいるのかという疑問が残ってやや消化不良。
「緋色の残響」長岡弘樹…同名の短編集に収録。シリーズとして通して読むのがオススメ。

No.847 4点 不可逆少年- 五十嵐律人 2021/10/20 19:15
 ある少女が動画チャンネルで、4人の人間を順に殺害する様子を生放送。そんな衝撃的な事件が人々を震撼させる世の中で、主人公は家庭裁判所調査官として過ちを犯した少年たちの処分判定に携わっている。原則的に、教育的手段によって更生を促すことを旨とする職。しかしながら、ある女性上司は「生物学的要因によって非行に走る人間」がおり、その子たちには更生教育ではなく生物学的治療が必要だという。教育でやり直すことができないそれらの少年を、「不可逆少年」と彼女は呼んだ。

 魅力的な冒頭から始まり、「フォックス事件」に関わった少年たちの物語も興味深く、中盤まではかなり楽しんで読めた。ただ、この作者の特徴なのか、物語の核心に迫るあたりになってくるとだんだん情緒的な(不確定要素の)論理が入り込んできて、「こういう言動をしたから…こうなった」という帰結が素直にうなずけない。その因果関係もさながら、それを推理する側も、さも当然の帰結のように推理しているのがしっくりこない。辿っている道すじが、ほとんど「未必の故意」のような偶然に頼ったものというか…
 ひっくり返すことを狙いすぎると、糸のような頼りない道筋が「当然起こり得たこと」のように描かれることになっちゃうのかな。

No.846 7点 護られなかった者たちへ- 中山七里 2021/10/20 15:32
 生活保護の受給、それを取り扱う福祉保険事務所と行政をテーマにした社会派ミステリ。
 全身をガムテープで拘束されたまま、放置されて餓死させられるという事件が連続して発生。手口は同一犯を思わせる共通したものだが、被害者のつながりが見出せない。しかし、被害者の過去を洗っていくうちについに、ある福祉保険事務所で同時期に勤務していたという共通項が見つかる。犯行は、生活保護対象者の逆恨みなのか―?

 相変わらず読ませる文章で、ノンストップで読破してしまうリーダビリティ。前半部で犯人も明らかにされ、両者のせめぎ合いが並行的に描かれていく倒叙形式かと思いきや…まぁ、ある意味想像の通り。
 ミステリとしては、登場の仕方や描き方で、真犯人もほぼ透けて見えるものだったが、生活保護問題というテーマ小説としての面白さがあるので、全体的には〇。

No.845 6点 The Best Mysteries 2021- アンソロジー(出版社編) 2021/10/20 15:22
 活躍中の新人~中堅どころ作家たちの短編集。「2021」という年号を関するにふさわしく、SNSやコロナ禍などの世相を反映したものが揃っている。

結城真一郎「#拡散希望」…YouTubeを題材にしたいかにも旬のネタ。そのことを上手く使った仕掛けも◎
青崎有吾「風ヶ丘合唱祭事件」…裏染天馬シリーズの学園短編。日常の謎。
芦沢央「九月某日の誓い」…超常的な力を題材にした特殊設定ミステリ。筆者の作にしてはいまひとつ。
一穂ミチ「ピクニック」…ワンオペ育児を題材にしたちょっとダークな話。
乾くるみ「夫の余命」…いかにもこの作者らしい仕掛け。
北山猛邦「すべての別れを終えた人」…コロナ禍が生んだ排他的な世相を映し出した良作。
櫻田智也「彼方の甲虫」…魞沢泉シリーズ。「蝉かえる」に収録。
降田天「顔」…学生が巻き込まれた電車での事件。結末の収斂ぶりはなかなか。

No.844 7点 ヨルガオ殺人事件- アンソニー・ホロヴィッツ 2021/10/16 12:11
 「カササギ殺人事件」から2年、編集者の職を辞したスーザン・ライランドは、クレタ島に移住して彼氏とホテルを共同経営していた。そんなスーザンのもとに、英国から夫妻が訪ねてくる。夫妻が言うには、経営するホテルで8年前に起きた殺人事件の真相を知ったらしい娘が行方不明になった。娘はある小説を読んで、真相に気付いたという。その小説こそ、かつてスーザンが編集に携わった故・アラン・コンウェイのミステリ「愚行の代償」だった。
 報酬を払うので、謎を解き、娘の行方探しに手を貸してほしいという夫妻。スーザンは再び英国に戻り、独自で調査を始める。

 前作同様、今回も「作中作」が挿入される二重構造で、上下巻合わせて800ページ以上の厚み。これも前回同様、作中作の「愚行の代償」は小説がまるまる一本入っていて(!)、氏の創作力には舌を巻くばかりだ。
 謎の中心はもちろん、コンウェイの「愚行の代償」に、真犯人を明らかにする何が隠されているか。当小説は英国夫妻が経営するホテルをモデルにして書かれたものということで、その作中作の登場人物と、実際の現実の人物の照応を考えながら読み進めることになり、外国人の名前を覚えるのが苦手な人はやや苦労するかも。
 とはいえラストには、そうした照応にはあまり意味はなかったことに気づかされるのだが―(笑)仕掛けは全く別のところにあり、そのことに気が付いても真相看破はなかなかできない仕組みだった。
 しかし、読みがいがある作品だった。

No.843 4点 ぬばたまの黒女- 阿泉来堂 2021/10/16 11:12
 懐かしい同窓生たちに会うため、12年ぶりに故郷・皆方村に里帰りした井邑陽介。思い出話に花を咲かせる面々だったが、その中で陽介が村を出た後に皆の憧れの少女・三門霧絵が火事で亡くなっていたことを知らされる。さらに村では最近、全身の骨を砕かれるという異常な殺人事件が起こっていた。故郷の村で何が起こっているのか。疑心にかられる陽介たちの前に現れたのは、怪異譚を集めて回っているという変り者のホラー作家・那々木悠志郎だった。

 雰囲気はあって読み進めるのはそれなりに楽しかったのだが…村の怪異を解き明かす論理(?)がなんだが無理筋な気がして、なんとなくすっきりはしなかった。
 前作の方がよかったな。

No.842 6点 嗤う淑女二人- 中山七里 2021/10/16 10:53
 「嗤う淑女」の蒲生美智留と、「連続殺人鬼カエル男」の有働さゆり、希代の悪女二人が夢の(?)共演。
 ホテルでの同窓会で起きた大量毒殺。ツアーバスの爆発事故。深夜の中学校での放火殺人。何の脈絡もないいくつもの事件だが、それらをつなぐのは被害者が身に付けていた「番号札」。
 2人の目的は何なのか。なぜ、タッグを組んでいるのか。
 別々の作品をまたいで登場する人物により展開される「中山七里ワールド」を楽しめる。

No.841 6点 隣はシリアルキラー- 中山七里 2021/10/16 10:37
 毎晩アパートの隣室から、浴室で何かを解体しているような音が聞こえてくる…警察に知らせても本気で取り合ってもらえず、日に日に募る恐怖。並行して近隣で連続して起こっている女性のバラバラ殺人。隣人はシリアルキラーなのか―

<ネタバレ含む>
 主人公の妄想なのか、それとも本当に行われていることなのか。てっきり真実は前者で、それがどんでん返しになるのかと思ってたけど違ってた。その点では逆の意味で「裏切られた」かも。
 どんでん返しはちょっと変化球。でも、服装のことがさり気なく描写されている時点で何かあるとは思っていたので、予想の範疇だった。
 

No.840 8点 ヒポクラテスの悔恨- 中山七里 2021/09/26 17:27
 斯界の権威・浦和医大法医学教室の光崎藤次郎教授がテレビ番組に出演。歯に衣着せぬいつもの物言いで、司法解剖についての現状を痛烈に批判した。すると、ネットを介してある犯行予告が届く。「あなたの死体の声を聞く耳とやらを試させてもらう。自然死にしか見えない形で一人、人を殺す」―疑わしい案件を全て解剖に回す羽目になった埼玉県警は大わらわ。果たして光崎はこの犯行を見抜けるのか―?

 相変わらず無駄なく、とはいえ物語性も損なわない絶妙のストーリーテーリング。氏は小説の執筆にあたって取材活動等は一切行わないそうなのだが、それでなぜこのような専門的な題材を克明に描写できるのか、本当に不思議(ご本人はこれまで読んだ膨大な書籍と、映画鑑賞とですべて賄えるとおっしゃっていた)
 連作短編の形になっており、全編を通して最後はネットで犯罪予告をした犯人解明に辿り着くのだが、登場人物が限られていることもあってその予想はだいたいついてしまう。しかしながら事件を事故に見せかける「ハウダニット」の解明部分が本作(本シリーズ)の幹なので、そのことによって魅力は損なわれない。
 光崎教授、キャシー、古手川のキャラクター造形の上手さが、飽きさせないシリーズとして続く大きな要因になっていると感じる。「御子柴シリーズ」と並ぶくらい、安定的に高いクオリティを提供してくれる。

No.839 8点 硝子の塔の殺人- 知念実希人 2021/09/26 16:55
 遺伝子工学の分野で大きな功績と富を為した学者・神津島太郎。重度のミステリマニアとしても知られる神津島は、自身が建てた山奥の円錐形のガラスの塔に、名探偵、刑事、霊能力者、小説家などの面々を招待した。「今夜、重大な催しをする」―ところがその晩に、神津島は何者かに毒殺される。事件の真相解明に、招待客の一人、名探偵・蒼月夜が立ち上がった。

 異形の館、集められた客人、閉ざされた空間で起きる連続殺人、真相解明に乗り出す「名探偵」。この令和の時代にコッテコテの本格ミステリ、好きな人には諸手を挙げて歓迎されるだろう。
 内容も、密室、ダイイングメッセージ、さらには名探偵・月夜により披露される本格ミステリ薀蓄と、多少やり過ぎかと思うくらいの徹底度。ただ、それぞれの殺人のトリックは特に目を見張るものはなく、良くも悪くも「今さら…」と思えるような代物だったのだが……そのこと自体がラストの仕掛けの伏線となっていたという仕掛けには、素直に舌を巻いた。
 一旦解決を見たようにしておいて、その実さらにその裏側がある…という展開になるのは十分に予想できた(これ自体が最近ちょっとパターン化してないか?)し、真犯人自体もほぼ見当がついていたが、そこにもっていく全体の構成は非常に秀逸だった。
 ただ一つ、真犯人がこういうパターンのある意味「王道」だったので、逆に意外ではなくなってしまった。そこを外すと最高だったのに…という気もした。

No.838 5点 原因において自由な物語- 五十嵐律人 2021/09/26 16:15
 二階堂紡季は、恋人の想護にプロットを書いてもらい、それを原稿に起こすことで作品を書いている作家。そのプロットは章ごとに順次もらっており、書いている紡季自身も物語の結末を知らない。今回のプロットは、「ルックスコア」という、顔写真で顔面偏差値を出すアプリが蔓延する世の中で、容姿が原因でいじめに遭っている男子高生が廃病院の屋上から飛び降りるシーンから始まっていた。ところがこれを原稿にして編集に渡したところ、編集者から「これって、フィクションなんですか?」…何と想護が書いたプロットは、1年前実際にあった事件を完全に再現した内容だった。恋人の真意を測りかねていたその矢先、その想護が当の廃病院屋上から転落したとの一報が入る―

 アプリや写真加工などの現代的なアイテムや、テンポの良い文体により、エンタメとしては面白かった。
 ただ、後半の真相に深く関わってくる、高校生や想護ら各人物の行動動機が多分に観念的・叙情的で、あまりすっきりしなかった。私はどちらかというとミステリの謎には論理性を求める方で、死生観や人の深層心理といった観念的要素が真相に深く関わってくると冷めてしまうところがある。まぁ好みの問題だと思う。
 プロットの作り手である想護が意識不明の重体になったことで、その先に書かれることになっていたであろう事件の真相を、恋人の主人公と弁護士が追うという大掛かりな仕組みだったが、行き着くところは学園で起きたいじめ事件の捜査であり、内容的には平均的だった。

No.837 5点 見知らぬ人- エリー・グリフィス 2021/09/12 20:48
 バツイチで一人娘をもつ45歳のクレア・キャシディは、中等学校タルガース校の英語教師。ある日、同僚で親友のエラが殺害される事件が起きる。警察は内部犯を疑い、同校の教師や生徒を調べ始めるが、犯人はなかなか明らかにならず、そんな中第2の殺人が。事件現場に残されたメモや、関係者の言動にたびたび現れる、往年の作家・ホランドの作品「見知らぬ人」からの引用は何を意味するのか。女性刑事ハービンダー・カーは独自の感性から事件の真相を暴きにかかる。

 現校舎に住んでいたという地元作家の、代表作からの不気味な引用句、学校に流れる霊のうわさ、バツイチ女性の母娘関係、閉鎖的な教師の職場関係、などいろんな要素が織り込まれて退屈しない展開ではあるのだが、ミステリとしては平均水準かな。

No.836 8点 蝶として死す 平家物語推理抄- 羽生飛鳥 2021/09/11 12:23
 時は平安時代末期。最高権力者・平清盛の異母弟である平頼盛は、朝廷の職を剥奪され、不遇をかこつていた。自らが率いる一家郎党を守るためにも、政界で再び浮上しなくてはならない。そんな折、清盛が都中に放った使いの者の一人が殺害されたとの報せが入る。一族きっての知恵者と言われる頼盛は、その下手人を突き止めることで、朝廷復帰への足掛かりにしようと目論むが―
 平家全盛の平安末期から、源氏によって滅ぼされるまでの時代を、類まれな頭脳を武器に生き抜いた、一人の平家武士の物語。

 史実を下敷きとし、当時の社会状況、文化風俗、武士の生き方を優美に描きながら、その舞台設定を生かした謎解きが巧みに仕組まれていて非常に面白い。謎は歌、香(こう)、薬などの時代的な道具立てにより彩られ、動機には武士の価値観が通底する。
 歴史ミステリの魅力を体感できる快作。

No.835 6点 死の黙劇- 山沢晴雄 2021/09/05 21:51
 アマチュア作家としてミステリファンには知る人ぞ知る、という位置づけの山沢晴雄の本格ミステリ短編集。
 おそらく総作品数がそれほど多くないためだと思われるが、刊行された作品集ではかぶっているものが多い。私は「離れた家」を読んでいたが、表題作を含めた「砧順之介」シリーズの4作品はまるかぶりだった。といっても、読んだのが随分前だったので、普通に再読して楽しめたのだが。
 著者が生前好んで用いていたのが「手品文学」というように、とにかく謎解きを主目的としたパズラーにかなり特化している。トリック重視というよりトリック主体で、複雑に仕掛けた仕組みで謎解きを楽しむ「クイズ小説」といってもいいぐらい。その嗜好に当てはまる読者にはこのうえなく楽しい一冊になるだろう。
 「京都発”あさしお7号”」などは、全く離れた事象が次第につながっていく様相が非常に面白かった(偶然要素が強いのは目をつぶろう)。ただそのような趣向であるため登場人物がすべて記号的な存在で印象に残りにくく、誰が何の人だったか、短編でありながら何度も前のページを繰ることになったが。

No.834 6点 ナキメサマ- 阿泉来堂 2021/08/30 21:04
 倉坂尚人のもとを一人の女性が訪ねてきた。女性は、高校時代に付き合った小夜子のルームメイトで、小夜子が帰郷したきり音信不通で帰って来ないので心配になり、一緒に来て欲しいという。尚人は迷いながらも「小夜子は今でも倉坂さんが好きなんだよ」という一言に魅かれ、彼女の故郷・稲守村に向かう。ところが小夜子はとある儀式の巫女に選ばれすぐには会えないと言う。村に滞在することになった尚人達だが、ある晩、神社を徘徊する異様な人影「ナキメサマ」と、人間業とは思えぬほど破壊された死体を目にすることになる…。第40回横溝正史ミステリ&ホラー大賞・読者賞受賞作。

 宗教的な儀式や、それに纏わる因習が根強く残る人里離れた村、という日本ホラーの舞台設定はどれだけ使われても飽きることはない。超常的な現象を是とした特殊設定も、本作がホラーであることを踏まえれば十分容認でき、その上でのミステリ(謎解き)も巧みに考えられていた。ただいかんせん、然り気なく示したつもりであろう伏線が結構印象深くて、ラストの「どんでん返し」が予想の範疇になってしまったのが残念。とはいえ、「ナキメサマ」を祀る所以や時差を惑わせる章立てなど、良く考え込まれた一作であることは十分に感じられ、それを堪能できた。

No.833 7点 死亡通知書 暗黒者- 周浩暉 2021/08/30 20:30
 2002年、省都A市でベテラン刑事が殺された。刑事が追っていたのは18年前に起きた爆破殺人事件で、それは〈エウメニデス〉と名乗る人物による予告殺人だった。強引に捜査に割り込んできた刑事・羅飛(ルオ・フェイ)は、その爆破事件で恋人を殺された当事者だった。羅飛と事件の専従班とともに、さらなる犯行を食い止めるべく奔走するが――中国で圧倒的な人気を誇り、世界で激賞された華文ミステリ最高峰のシリーズ第一弾。
 
 
 〈エウメニデス〉の正体を追うのが当然物語の本筋で、その本筋に対する解答も(途中から予想はできたが)面白いながら、そこに辿り着く「2分間のズレ」の推理が秀逸だった。羅飛(ルオ・フェイ)を含めた登場人物の「イッちゃってる」感じも上手く使いながら、何度も読者の想定を覆すやり口はジェフリー・ディーヴァー的なストーリーテーリングの妙を感じるところもあった。
 唯一、中国作品に読み慣れていないので、登場人物の読み方がなかなか頭に入らず…続きを読み始める度に巻頭の登場人物表を見返していた(笑)

No.832 9点 忌名の如き贄るもの- 三津田信三 2021/08/23 22:15
生名鳴(いななぎ)地方の虫絰(むしくびり)村に伝わる「忌名の儀礼」。8年前にその儀礼で九死に一生を得た女性・尼耳李千子と、言耶の大学の先輩が結婚することになった。二人の結婚を認めてもらうために、李千子たちの帰省に同行することになった言耶。奇しくも同じ時、虫絰村では李千子の腹違いの弟・市糸郎の「忌名の儀礼」が執り行われていた。ところが、儀式の途中に市糸郎が何者かに殺される。いったい、村では何が起こっているのか―

 刀城言耶シリーズの第11作目。
 終末にかなり近づくまで事件は1件のみで、途中も民俗学の薀蓄に多くを割き、第十五章「事件の真相」で語られる言耶の推理と真相もこねくり回したうえでの飛び道具のような着地で、正直残りのページ数を見ながら不安に思いながら読み進めたのだが・・・
 最後まで読んで、大満足!
 そういえばこうした手法こそ、三津田氏の真骨頂だった!!

 「本格ミステリ・ディケイド」(2012・原書房)というガイド本に挿入されていたエッセイで、三津田氏は、「(ミステリには)絶対に伏線は必要になる。にも拘らず伏線のない、または弱すぎる作品が増えている気がする」と、昨今(当時)のミステリ情勢に対してかなり辛辣な見解を述べ、本格ミステリの衰退に警鐘を鳴らしていたが、さすがその三津田氏である。
 上に描いた物語前半の展開も、そこに実は隠されていた伏線を最後に思い知らされ、その緻密な創作手腕に脱帽。
 シリーズ中でも強く印象に残る作品だった。

No.831 6点 復讐の協奏曲- 中山七里 2021/08/22 12:30
 少年時代に幼女誘拐殺人を犯し、「死体配達人」として世を震撼させた経歴を持つ弁護士・御子柴礼司のもとに、800人以上の一般人から懲戒請求書が届く。それは〈この国のジャスティス〉と名乗る者が、ブログで世間を扇動したためだった。対して御子柴は、すべてに損害賠償を請求し、徹底抗戦することに。事務員の日下部洋子は膨大な事務作業に追われることになった。そんな矢先、ある晩洋子が会食した男性が殺され、洋子が容疑者に。洋子の弁護を引き受けた御子柴は、いつものやり方で弁護業務を進めていく。すると、今まで知らなかった洋子の出自が明らかになり・・・

 御子柴シリーズ第5作。今回は、これまで陰で御子柴を支えてきた事務員・日下部洋子が物語の核になる。また、金と名誉だけを求める外道弁護士・宝来兼人が御子柴の事務所を手伝うという副次的な要素も加わり、シリーズを通して読んできた者には楽しめる要素が多い。
 ただ、ミステリとしては仕掛け方がやや甘く、殺人事件の犯人と凶器のトリックはある、「苗字」が出てきたときにピンときた。そもそも前半で不可解な消え去り方をしているのに、それが放置されているのがひっかかっていたのですぐに分かってしまった。
 本シリーズが好きなので、御子柴の「御子柴らしさ」を読み味わうこと自体私は楽しいが。

No.830 7点 ボーンヤードは語らない- 市川憂人 2021/08/22 11:41
 シリーズ初の短編集だが、全てフーダニットの本格ミステリで、短編であってもきちんと作りこんで質を落とさない作家さんだなぁと思った。
 どれも上質の短編だが、漣とマリアの出会いを描いた「スケープシープは笑わない」が、ミステリとしても印象に残った。
 「・・・は・・・ない」というタイトルの縛りがちょっと苦しくなってるかな?とも思うけど(「赤鉛筆は要らない」なんか特に)。

HORNETさん
ひとこと
好きな作家
有栖川有栖,中山七里,今野敏,エラリイ・クイーン
採点傾向
平均点: 6.27点   採点数: 849件
採点の多い作家(TOP10)
今野敏(43)
有栖川有栖(41)
中山七里(32)
東野圭吾(30)
エラリイ・クイーン(24)
米澤穂信(18)
アンソロジー(出版社編)(17)
佐々木譲(16)
島田荘司(16)
綾辻行人(14)