海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト
皆さんから寄せられた5万件以上の書評をランキング形式で表示しています。ネタバレは禁止 していません。ご注意を!

[ 本格/新本格 ]
嘘をもうひとつだけ
加賀恭一郎シリーズ
東野圭吾 出版月: 2000年04月 平均: 6.09点 書評数: 32件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
2000年04月

講談社
2003年02月

No.32 4点 ボナンザ 2022/08/29 22:09
シンプルながら東野らしい多角的な動機を盛り込んだ短編集。

No.31 6点 zuso 2022/02/13 22:46
加賀恭一郎シリーズ。バレエ団をめぐる殺人事件の顛末を描いた表題作・他五編は、謎解きよりも人間洞察に長けた加賀のキャラクター造形や、嘘をモチーフにしたドラマ演出が味わい深い。

No.30 6点 風桜青紫 2016/01/15 02:53
トリックは小粒ではあるものの、なかなか楽しめる短編集。ワンアイデアの短編書かせれば、演出力もあって、島田荘司や有栖川有栖より質がいいんじゃないだろうかと思えてくる。その代わり島田や有栖川のようなインパクトのある仕掛けの短編はなく、適度にうまい作品が固まっていた印象。話し運びの上手さと妙にデカダンな後味が余韻を残す『冷たい灼熱』が印象に残った。それにしても『友の助言』に限らずどうも東野圭吾の書く人妻には悪どいのが多い(笑)。東野圭吾にとって別れた奥さんは雪穂のようにでも見えていたのだろうか。加賀さんを結婚させないのもそんなところにあるんじゃないかと妄想してみる……。

No.29 7点 斎藤警部 2015/11/08 08:33
頭の表題作がどことなく長篇小説のムードなんですよねえ、だもんで長篇のつもりで読んでいるといきなり結末が来てびっくり、というか結末だと気付かなかった、私は、事件も一応の解決を見てこれからいよいよ本番か面白い構成だなあ、第二章上等! てなもんで期待して二作目(第二章と思い込み)を読み始めたらどうも勝手が違うぞ、とw でも良作揃いで良かったですよ。どの作も、まさかの機微から嘘が見破られるスリルは「刑事コロンボ」の哀愁面をぐっと前面に出した様な感触だね。

No.28 6点 simo10 2012/11/10 11:01
加賀シリーズ短編集を再読。以下の五話で構成されます。

①「嘘をもうひとつだけ」:「眠りの森」以来のバレエもの。バレリーナの習慣、心理を活かしたハウダニット、ワイダニットが特徴的。
②「冷たい灼熱」:例の社会問題をはっきり書かないのが印象的な作品。遺族に気を遣ってるのかなとも思います。
③「第二の希望」:さらっと解説されたが、本当にそんな大技が可能なんだろうか?ガリレオ系トリックに属すると思います。
④「狂った計算」:加賀の推理した通り程の悲惨な結末でなくて良かった。最低の旦那だが、実際いるんだろうな、こういうの。
⑤「友の助言」:未必の故意という言葉は初めて知りましたが、その内容は聞いたことあります。「死んでくれたらラッキー」て、恐ろしい…。ラストの夫妻のやり取りがブラックでしびれる。

基本的にどれも語り手が犯人または事件の真相を知る者で、倒叙に近い形です。そんな語り手に対して加賀刑事が古畑任三郎よろしく、しつこくまとわりついてボロを出させます。どれも安定してよくできているが、突出して面白いのもないかな。

No.27 7点 Tetchy 2012/10/13 19:45
現時点で唯一の加賀恭一郎シリーズの短編集。
執念深い捜査が持ち味の加賀の切れ味鋭い捜査が味わえる。

加賀刑事は現場や関係者の言動から違和感を掴み取り、そこから推理を組み上げ、被疑者が自己崩壊するように誘導する。これが実にネチッこく、読んでいるこちらでさえ「ああ、また来たの、この刑事・・・」とため息つかせるほどうんざりするのに、なぜか加賀シリーズとなると「待ってました!」と思ってしまうのが不思議。

個人的ベストは「狂った計算」。夫婦仲がしっくりいかない者同士の計画的犯行を扱ったものと内容としてはオーソドックスなのだが、東野圭吾ならではの実にトリッキーな計画である。小説が文字で表現される物語であることを最大限に利用した内容である。さらにすごいのはそのトリッキーな計画のさらに上を行く真相が用意されていることだ。計画的な犯行が偶然によって瓦解することの皮肉が上手く語られている。

またみなさんおっしゃるように加賀の活躍は倒叙物ではないが刑事コロンボを彷彿とさせる。読者があらかじめ犯人が誰かわかっているわけではないのに、味わいは倒叙物のよう。これはもしかして半倒叙物とでも呼ぶべき新しい叙述形式なのだろうか?

No.26 7点 HORNET 2012/10/09 22:15
 一つ一つの作品の水準が高い、良質な短編集。基本的には、犯人が概ね(はっきりとではない)明らかになっている上で話が進むいわゆる「ハウダニット」中心。短い各話の中にもきちんと材料が散りばめられ、刑事コロンボのように加賀恭一郎が謎を解き明かしていく。表題作と、「冷たい灼熱」「狂った計算」が面白かった。まぁ、多少強引さを感じる展開もあるが。

No.25 5点 nukkam 2011/10/05 18:52
(ネタバレなしです) 2000年発表の加賀恭一郎シリーズ短編集で、5つの短編のどれも完成度は高く読み応えも十分です。しかし短編集としてまとめられて通しで読むとどの作品もプロットパターンが似通っているように感じられました。最初に主人公と加賀美刑事のやり取りが続き、登場人物が極端に少ないこともあって犯人の正体は早々と見当がつく展開で共通しています。このワンパターンはもう少し工夫して変化をつけてほしかったです。どれか1つを選ぶならひねりのインパクトが大きい「狂った計算」でしょうか。

No.24 6点 haruka 2011/05/28 23:07
短編としてどの作品も良くまとまっており、加賀刑事の推理と意外な結末で楽しめた。

No.23 5点 3880403 2011/05/05 22:25
短編ですぐ読める。
面白いのだが、長編と比べると物足りない。

No.22 5点 まさむね 2011/01/09 22:58
加賀恭一郎シリーズの連作短編集。
「これは!」と膝を打つ作品もありませんが,「これは…」と首をかしげたくなる作品もない。
つまりは全作品が水準以上ということで,素晴らしい安定感ですね。
個人的には,「狂った計算」が一番良かったかなぁ…と。

ちなみに,どの短編も「夫婦」ってのがある種キーワードになってますね。
「赤い指」や「新参者」にうまいことつながってますなぁ。

No.21 4点 ムラ 2010/12/17 00:52
加賀刑事シリーズの短編物ですね
面白かったんですけど、他の東野さんの作品と比べちゃうと全然物足りない感じです。
しかしタイトルはかなり上手いと思います。
詰め将棋のように犯人に迫って行く加賀刑事はここにも健在

No.20 6点 E-BANKER 2010/10/30 22:36
加賀刑事物の短編集。
個人的には、久々に東野作品を読了しました。
①「嘘をもうひとつだけ」=まずはタイトルが秀逸。たった1つの違和感から真犯人を追い詰める加賀刑事・・・素敵です。
②「冷たい灼熱」=個人的には本作中ベスト。社会問題にもなった事件をうまく処理してますね。
③「第二の希望」=ラストでの加賀の台詞『それが・・・あなたの第二希望ですか』が見事!
④「狂った計算」=真相はやや意外。想定内だけど。
⑤「友の助言」=この中では一番落ちるかな?
以上5編。
すべての作品で真犯人はほぼ特定されており、「ハウダニット」に特化した展開。
どれも高いクオリティで「さすが!」と唸らされますが、突き抜けるほどの読後感ではないという感じ。

No.19 5点 seiryuu 2010/07/16 18:44
短編集で加賀刑事もの。
読みやすい。 でもすぐ終わる。。。

No.18 5点 江守森江 2010/02/08 22:40
「新参者」を読む前に、この作品と「赤い指」を読んで加賀刑事の変遷を知っておくべきと、どこかの書評で読んだので実践する事にした。
全編に渡り犯行描写をカットした倒叙物な趣で、細かな気付きから真相を手繰り寄せ、しつこく付きまとい犯人を落とす加賀刑事はコロンボや古畑を想わせる。
加賀刑事シリーズとしては実にオーソドックスで淡白な事に戸惑うが、各話安定して楽しめた。
※余談
「冷たい灼熱」でパチンコ屋の駐車場と明記しないのは業界団体からの抗議を気にしたからなのだろうか?

No.17 6点 ミステリー三昧 2009/12/22 23:07
<講談社文庫>加賀恭一郎シリーズの6作目(連作短編)です。
無難なミステリです。特に欠点がなく、5編全てが面白い。加賀恭一郎は論理派の刑事なので、シリーズ物では一番好きなキャラクターです。最近の作品では情をなるべく殺して仕事に徹する姿が印象的。短篇集ですが本格度は高めです。相変らず冴えのある推理で魅せてくれる。それを考慮すると『嘘をもうひとつだけ』がベストです。
また、私的には動機が丹念に描かれていたことにも好感が持てました。一般的に短編の本格ミステリは動機を無視する傾向が強い。ただ、東野圭吾氏の場合は短編集であれリアリティを追求する姿勢は徹底されている。まぁ正直、若干動機が弱めで納得し難い作品もあるけれど、動機があってこその殺人という点では『狂った計算』が印象深い。多分、夫は妻を愛していなかっただろう。絶対こいつは妻を使い勝手の良い道具としか思っていない。あのまま一緒にいても状況は悪くなる一方だったと思う。殺しは良くないけど、同情の余地はある。

No.16 6点 だい様 2009/09/16 09:39
加賀恭一郎シリーズ第6弾

短編の為か若干物足りなさを感じたがガリレオシリーズの短編よりは格段に楽しめた。
タイトルが秀逸。

No.15 5点 isurrender 2009/07/22 01:36
普通、という言葉で片付けられる作品
加賀刑事が好きな人は読んでも損はないけれど

No.14 6点 白い風 2009/04/01 20:22
加賀シリーズらしく細かいところを付いていく手法が好きですね。
短編集なのでちょっと淡々としたイメージは拭えませんが、東野さんの短編集では上位かも。
ただ東野作品は長編の方が私は好きですね。

No.13 7点 VOLKS 2008/12/10 09:25
加賀刑事ファンには嬉しい短編集。


キーワードから探す
東野圭吾
2024年01月
ブラック・ショーマンと覚醒する女たち
平均:5.00 / 書評数:3
2023年09月
あなたが誰かを殺した
平均:6.60 / 書評数:5
2022年04月
マスカレード・ゲーム
平均:6.50 / 書評数:2
2021年09月
透明な螺旋
平均:4.33 / 書評数:3
2021年04月
白鳥とコウモリ
平均:7.38 / 書評数:8
2020年11月
ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人
平均:6.40 / 書評数:5
2020年03月
クスノキの番人
平均:6.25 / 書評数:4
2019年07月
希望の糸
平均:6.67 / 書評数:6
2018年10月
沈黙のパレード
平均:6.67 / 書評数:9
2017年09月
マスカレード・ナイト
平均:6.00 / 書評数:4
2017年03月
素敵な日本人
平均:6.67 / 書評数:3
2016年11月
雪煙チェイス
平均:6.00 / 書評数:2
恋のゴンドラ
平均:6.75 / 書評数:4
2016年08月
危険なビーナス
平均:5.50 / 書評数:4
2015年11月
人魚の眠る家
平均:6.88 / 書評数:8
2015年05月
ラプラスの魔女
平均:5.44 / 書評数:9
2014年08月
マスカレード・イブ
平均:6.00 / 書評数:11
2014年05月
虚ろな十字架
平均:6.43 / 書評数:7
2013年11月
疾風ロンド
平均:6.17 / 書評数:6
2013年09月
祈りの幕が下りる時
平均:6.56 / 書評数:16
2013年04月
夢幻花
平均:6.69 / 書評数:13
2012年10月
禁断の魔術
平均:5.73 / 書評数:11
2012年08月
虚像の道化師
平均:5.44 / 書評数:9
2012年03月
ナミヤ雑貨店の奇蹟
平均:7.00 / 書評数:15
2012年01月
歪笑小説
平均:5.29 / 書評数:7
2011年09月
マスカレード・ホテル
平均:6.30 / 書評数:27
2011年06月
真夏の方程式
平均:6.19 / 書評数:27
2011年03月
麒麟の翼
平均:6.08 / 書評数:24
2011年01月
あの頃の誰か
平均:4.22 / 書評数:9
2010年10月
白銀ジャック
平均:6.13 / 書評数:15
2010年07月
プラチナデータ
平均:5.14 / 書評数:14
2010年01月
カッコウの卵は誰のもの
平均:5.21 / 書評数:14
2009年09月
新参者
平均:6.70 / 書評数:33
2009年04月
パラドックス13
平均:5.77 / 書評数:13
2008年10月
ガリレオの苦悩
平均:5.71 / 書評数:17
聖女の救済
平均:6.85 / 書評数:47
2008年03月
流星の絆
平均:6.50 / 書評数:18
2007年11月
ダイイング・アイ
平均:5.62 / 書評数:16
2007年07月
夜明けの街で
平均:5.00 / 書評数:21
2006年12月
使命と魂のリミット
平均:6.43 / 書評数:14
2006年07月
赤い指
平均:6.89 / 書評数:45
2005年08月
容疑者Xの献身
平均:7.90 / 書評数:105
2005年04月
黒笑小説
平均:5.88 / 書評数:8
2004年12月
さまよう刃
平均:6.56 / 書評数:25
2004年01月
幻夜
平均:6.62 / 書評数:16
2003年08月
殺人の門
平均:4.43 / 書評数:14
2003年05月
おれは非情勤
平均:5.80 / 書評数:5
2003年03月
手紙
平均:6.63 / 書評数:38
2002年11月
ゲームの名は誘拐
平均:6.23 / 書評数:31
2002年07月
トキオ
平均:6.94 / 書評数:33
2002年03月
レイクサイド
平均:6.09 / 書評数:34
2001年06月
超・殺人事件―推理作家の苦悩
平均:6.31 / 書評数:26
2001年03月
片想い
平均:5.91 / 書評数:22
2000年06月
予知夢
平均:5.39 / 書評数:31
2000年04月
嘘をもうひとつだけ
平均:6.09 / 書評数:32
1999年08月
白夜行
平均:7.92 / 書評数:119
1999年02月
私が彼を殺した
平均:6.25 / 書評数:48
1998年09月
秘密
平均:7.14 / 書評数:78
1998年05月
探偵ガリレオ
平均:5.24 / 書評数:58
1997年02月
パラレルワールド・ラブストーリー
平均:6.89 / 書評数:36
1996年10月
名探偵の呪縛
平均:5.17 / 書評数:24
1996年09月
悪意
平均:7.79 / 書評数:110
1996年07月
毒笑小説
平均:6.12 / 書評数:8
1996年06月
どちらかが彼女を殺した
平均:5.56 / 書評数:71
1996年02月
名探偵の掟
平均:6.52 / 書評数:56
1995年11月
天空の蜂
平均:6.88 / 書評数:32
1995年10月
怪笑小説
平均:6.07 / 書評数:14
1994年08月
虹を操る少年
平均:4.94 / 書評数:18
1994年05月
むかし僕が死んだ家
平均:6.91 / 書評数:56
1994年02月
怪しい人びと
平均:6.00 / 書評数:16
1993年12月
浪花少年探偵団2
平均:6.33 / 書評数:9
1993年09月
分身
平均:6.50 / 書評数:26
1993年02月
同級生
平均:6.20 / 書評数:20
1992年10月
美しき凶器
平均:5.69 / 書評数:16
1992年03月
ある閉ざされた雪の山荘で
平均:7.07 / 書評数:88
1991年12月
天使の耳
平均:6.33 / 書評数:21
1991年07月
回廊亭の殺人
平均:5.52 / 書評数:27
1991年01月
変身
平均:6.10 / 書評数:40
1990年12月
仮面山荘殺人事件
平均:7.09 / 書評数:94
1990年07月
犯人のいない殺人の夜
平均:6.76 / 書評数:29
1990年06月
宿命
平均:6.73 / 書評数:33
1990年04月
依頼人の娘
平均:4.46 / 書評数:13
1989年10月
ブルータスの心臓−完全犯罪殺人リレー
平均:6.31 / 書評数:16
1989年07月
殺人現場は雲の上
平均:3.36 / 書評数:14
1989年05月
鳥人計画
平均:5.85 / 書評数:20
眠りの森
平均:5.88 / 書評数:32
1989年01月
十字屋敷のピエロ
平均:5.88 / 書評数:32
1988年12月
浪花少年探偵団
平均:6.00 / 書評数:10
1988年10月
香子の夢−コンパニオン殺人事件
平均:5.11 / 書評数:9
1988年07月
魔球
平均:6.52 / 書評数:40
1987年12月
11文字の殺人
平均:5.05 / 書評数:20
1987年06月
学生街の殺人
平均:6.43 / 書評数:23
1986年08月
白馬山荘殺人事件
平均:5.46 / 書評数:26
1986年05月
卒業−雪月花殺人ゲーム
平均:5.29 / 書評数:38
1985年09月
放課後
平均:5.52 / 書評数:67
不明
たぶん最後の御挨拶