海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
異邦の騎士
御手洗潔シリーズ
島田荘司 出版月: 1988年04月 平均: 7.78点 書評数: 131件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
1988年04月

講談社
1990年10月

講談社
1991年12月

原書房
1997年09月

講談社
1998年03月

No.131 7点 じきる 2020/12/26 20:37
ドラマティックなラブストーリーが素敵です。
ミステリ部分はやや弱いか。

No.130 9点 葉月 2020/09/06 20:30
他の方も書かれていることですが、本格というよりはサスペンスとして楽しみました。 序盤から緊迫感があり楽しめました。

No.129 9点 雪の日 2020/04/10 14:38
とても読みやすく、トリックも最高でした。

No.128 4点 レッドキング 2020/02/20 18:53
島田荘司では「眩暈」と並んで好きな小説だ。個人経歴の改竄と記憶操りトリックが実にミステリアス。
ただ、メインのオチ「僕ってだれ?」種明かしが、御手洗潔シリーズ読んでないとインパクトない。残念!

No.127 10点 mediocrity 2020/01/29 04:41
あとがきによると、ファンの選ぶ島田作品人気NO.1を争う作品とのことですが、これは納得です。
完全版でどのくらい改訂したのかは知らないけれど、文句を付けたい所がありませんでした。
ミステリ部分が弱いとの評価もあるようですが、個人的には全く先を読めなかったので減点部分がありません。

No.126 6点 ミステリ初心者 2019/04/17 19:08
 改訂版です。御手洗潔シリーズは、この作品から読まないほうが楽しめます。
 以下、ネタバレをしています。

 犯人当てやアリバイ崩しを楽しむ類の小説ではありませんが、物語の結末をあれこれと予想し、どんでん返しがあり、読み返すもの楽しい良い作品でした。また、最後にわかる大きな仕掛けがすばらしいです。
 この作者の作品で、"斜め屋敷"や"占星術"を持っていますが、斜めは個人的に好きではなく、占星術は文章の相性が悪いのか手記の段階で読むのを諦めました。しかし、この作品は読了まですぐでした。

 好みでは無かった部分。
 中盤ぐらいで、そこそこ物語の結末が読めてしまったため、驚きがありませんでした。鏡を見られない主人公。すぐに親しくなる怪しい良子。日記。そこまで来ると、免許証を頼りにたどり着いたアパートに住む中年女性の正体も読めてしまいます。本物の益子が兄だったのはわかりませんでしたが・・・。
 真の益子側の計画が成功するかは微妙じゃないでしょうか? ひょんなことで主人公の本当の記憶が戻ったら終わりです。日記をみた主人公が、日記に書いてあることを確かめようとすればすぐに嘘だとバレれます。
 主人公がベンチで起きるところから始まり、それ以前の記憶が一切無いのですが、たしか事故後は病室にいませんでした? ずっと昏睡状態なら、たか子が記憶障害と確かめるすべが無いのだし・・・。すると、病室での記憶はどうやって消したんでしょうか? (顔がメロンみたくなる描写があるので、薬物か?)
 この小説を成立するためには、主人公が自分の顔を確かめない→鏡を見ないことが必須で、ここが少々難しい点かもしれません。物語上では、主人公が鏡を見られないとわかってから、偽益子にすると計画修正したようですが。

 と、いろいろ難癖をつけていますが、作者あとがきでも"ミステリーではない"的なことが書いてあったため、的外れな意見かもしれません。

No.125 7点 風桜青紫 2016/07/13 00:47
トリックについては、最近では珍しくもないタイプのバカミスで、『占星術』と『斜め屋敷』には遠く及ばない。現実味うんぬんで騒ぐほどのものでもないし、多く語る必要もないだろう。本作の魅力といえば、やはり御手洗潔のかっこよさに尽きる。変人で、はちゃめちゃをやらかすが、いざというときは頼りになるいい男。作者の願望つめあわせだろうが、ここまで演出してしまえばいいではないか。御手洗潔という名探偵を確立させた作品として、やはり、『占星術』と『斜め屋敷』に並ぶ資格のある作品なのだと思う。

No.124 10点 Mr.dragon 2016/04/30 00:08
占星術、斜めを読んでからの異邦だったのですが、前2作を読んでおいた分なおさら読後並々ならぬ感動を受けました。
このシリーズ、いや島田荘司作品の最高傑作と言っても過言ではないと思います

No.123 8点 パンやん 2016/04/04 09:38
さすが島田御大、実に面白く、時を忘れて一気読み、ただこれは推理を楽しむというよりは、この記憶を失った男と共に、物語の渦中に飛び込み、唯々翻弄され、ラブストーリーをも眼にすることとなるのである。このトリックの凄さ、古さも無く、洗練!

No.122 9点 青い車 2016/01/25 00:12
リアリティに関して言えばかなりやりすぎでありえません。それでも読んでる間はまったく気にならず最後まで一気読みしてしまうほどの面白さ。間違いなく『占星術殺人事件』と双璧をなす傑作です。今更言うことではないかもしれませんが、このとんでもない発想に説得力を付加して夢中で読ませる小説に仕立ててしまうあたりが、作者が大家とされる所以だとわかりました。

No.121 7点 パメル 2016/01/18 19:17
陰謀に巻き込まれた男をめぐるサスペンスであり
悲劇的なロマンスであり
大掛かりなトリックの仕掛けられたミステリ

No.120 9点 斎藤警部 2015/06/04 15:28
長い長い恋愛ストーリーは最後に熱い友情物語の裏打ちとなり、また自らの輝きを留めました。でもやっぱりこれは、ひどくトリッキーでスリルに満ちた本格推理小説。 ある「ゼロ時間へ」向かって進んで行く救済と出逢いの物語でもありますね。。

No.119 6点 CHABI 2015/03/21 23:24
小説としてはなかなか面白かったです。
ミステリとしてはあまり好きではありませんが、ストーリーは好きなのでこの点数。

No.118 6点 take5 2015/01/24 04:59
「スラムダンクの1.2巻を読んでいるようだった。」
分かります?分かりませんよね…ここで漫画をもって喩えるのは間違っているのかもしれませんが、まあお許しください。
ミステリーとして不完全で、青春小説としても不完全で、でも作者の人物や小道具に対する愛情にあふれていて、後の大作良作はこういうものを経ているのだと思い、評価が甘くなる作品という事です。

No.117 8点 アイス・コーヒー 2014/10/06 10:59
「占星術殺人事件」以前に書かれた著者の実質的な処女作。記憶を失った男の過去を巡る、御手洗潔最初の事件。やはり、御手洗シリーズを何作か読んでからこちらに来るのがお勧め。

「占星術」や「斜め屋敷の犯罪」のような大掛かりなトリックは仕掛けられず、ストーリーを重視した本作だがその面白さはかなりのもの。記憶喪失の男と良子の恋愛、御手洗との友情、そして中盤からのサスペンスと終盤の感動まで、どこか青臭い内容ではあるが私は本作が好きになった。
一方で推理小説としても興味深い点は数多くあり、例の読者に対するサプライズはもちろんのこと、記憶喪失の設定を見事に扱った真相やそこに至るまでの伏線なども十分評価に値する。特に「○○の××が非常に似ている」ことを応用した一連のトリックは流石としかいいようがない。
物語のテンポも心地よいもので、かなり楽しい読書体験となった。

No.116 9点 sophia 2014/04/13 18:48
間違っても最初に読んじゃいけない作品。
改訂完全版と両方読みましたが、さすがに改訂完全版の方が読みやすかったですね。

No.115 4点 ボナンザ 2014/04/08 00:31
ストーリーはともかくミステリとしては他の代表作に激しく劣る。
御手洗作品をある程度読んでから読むべし。

No.114 4点 バックスクリーン三連発 2014/01/20 08:02
これもどのミステリーランキングを覗いても必ず紹介されている
定番の小説のようです島田荘司の「異邦の騎士」
前半、公園で目覚めた男にはそれ以前の記憶がなかったことから
話が始まります
その中で知り合った女と生活を共にする生活が始まるのですが
当時来ていた服に運転免許書が入っていたことから
自分の住んでいたところが判明しますが
何故かその住所に行くことを主人公がためらうし女が行くことを
許さないという前半
ここまではこの小説にどのような秘密が隠されているのかさっぱりです
その上、男の思考が自分には以前妻子がいたのでは
ということで固定されておりそのほかの可能性について広がって
いかないことに不自然さを感じました。
そして謎解きにかかる後半ですが
こういう本格ミステリーはいちいち"?"が読んでいるうちに頭に浮かんできます
まず、主人公は本当にこんなことがあったのか確認をなぜしない?
図書館に行って当時の新聞を引っ張り出すだけで十分事足りるのに
次に代理殺人とは少々どころか大変回りくどくはないか?
医学部で秀才であるならばもっと直接的に対象を処分できる方法を
考え出すのではないかと考えるのは私だけか?
さらにかなり大がかりなトリックであると思うが
爪に火をともすほど貧乏なのにそこまでの資金があるのか
矛盾していないかと感じるのは私だけか?
なぜ主人公は自首しない?そこに立派に死体が転がっているのに
警察の手が回ってい無いようだの一言で済ます前に
日本の教育を受けているならば自首するだろうふつう。
久々に納得がいかない作品である

No.113 5点 とんぴろ 2013/10/01 22:29
まあまあ

No.112 8点 バード 2013/07/14 14:12
初期の御手洗シリーズ占星術、斜め屋敷、異邦の騎士の中で1番面白かった。トリックの鮮やかさ、大胆さでは占星術に及ぶことはないが読み物としてはこちらのほうがよくできていると思う。
普段純愛要素などミステリにおいてどうでもよいというスタンスの自分でさえ読了後は美しい話と思えた。

御手洗はいいやつだな、ただ自分みたいな人間じゃ全く興味も示してくれなさそう。


島田荘司
2019年08月
盲剣楼奇譚
平均:6.33 / 書評数:3
2018年08月
鳥居の密室 世界にただひとりのサンタクロース
平均:6.00 / 書評数:6
2016年05月
御手洗潔の追憶
平均:5.00 / 書評数:2
2016年04月
屋上の道化たち
平均:5.80 / 書評数:10
2015年09月
新しい十五匹のネズミのフライ
平均:5.80 / 書評数:5
2014年08月
幻肢
平均:5.00 / 書評数:3
2013年10月
星籠の海
平均:5.69 / 書評数:13
2012年09月
アルカトラズ幻想
平均:6.00 / 書評数:5
2011年10月
ゴーグル男の怪
平均:4.67 / 書評数:3
2011年04月
追憶のカシュガル
平均:5.14 / 書評数:7
2010年06月
写楽 閉じた国の幻
平均:7.00 / 書評数:12
2007年10月
リベルタスの寓話
平均:5.75 / 書評数:8
2006年11月
最後の一球
平均:6.00 / 書評数:10
2006年10月
犬坊里美の冒険
平均:5.25 / 書評数:12
2006年09月
光る鶴
平均:5.00 / 書評数:5
UFO大通り
平均:5.50 / 書評数:14
2006年06月
溺れる人魚
平均:4.33 / 書評数:9
2006年05月
帝都衛星軌道
平均:5.75 / 書評数:4
2005年11月
エデンの命題
平均:5.29 / 書評数:7
2005年10月
摩天楼の怪人
平均:6.07 / 書評数:15
2004年10月
龍臥亭幻想
平均:6.64 / 書評数:11
2003年10月
ネジ式ザゼツキー
平均:6.05 / 書評数:20
2003年07月
透明人間の納屋
平均:6.27 / 書評数:11
2003年03月
上高地の切り裂きジャック
平均:5.77 / 書評数:13
2002年12月
セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴
平均:6.00 / 書評数:17
2002年11月
吉敷竹史の肖像
平均:5.50 / 書評数:2
2002年08月
魔神の遊戯
平均:5.86 / 書評数:22
2001年10月
ロシア幽霊軍艦事件
平均:6.22 / 書評数:27
2001年08月
ハリウッド・サーティフィケイト
平均:6.27 / 書評数:11
パロサイ・ホテル
平均:6.00 / 書評数:2
パロサイ・ホテル 御手洗パロディサイト事件
平均:4.11 / 書評数:9
2000年06月
聖林輪舞-セルロイドのアメリカ近代史
平均:7.50 / 書評数:2
1999年11月
最後のディナー
平均:5.05 / 書評数:19
1999年10月
Pの密室
平均:6.17 / 書評数:30
1999年06月
涙流れるままに
平均:7.52 / 書評数:21
1998年10月
御手洗潔のメロディ
平均:5.23 / 書評数:30
1997年11月
三浦和義事件
平均:7.00 / 書評数:2
1996年01月
龍臥亭事件
平均:6.22 / 書評数:40
1994年10月
天に昇った男
平均:6.70 / 書評数:10
1993年11月
アトポス
平均:6.43 / 書評数:35
1992年12月
天国からの銃弾
平均:6.88 / 書評数:8
1992年10月
眩暈
平均:6.86 / 書評数:44
1991年12月
飛鳥のガラスの靴
平均:5.18 / 書評数:11
1991年10月
水晶のピラミッド
平均:5.54 / 書評数:46
1991年05月
消える「水晶特急」
平均:5.36 / 書評数:14
1991年02月
ら抜き言葉殺人事件
平均:5.07 / 書評数:14
1990年11月
暗闇坂の人喰いの木
平均:7.25 / 書評数:73
1990年09月
都市のトパーズ
平均:3.00 / 書評数:3
1990年08月
踊る手なが猿
平均:6.50 / 書評数:6
1990年07月
御手洗潔のダンス
平均:6.37 / 書評数:30
1990年02月
羽衣伝説の記憶
平均:5.62 / 書評数:13
1989年11月
御手洗潔の挨拶
平均:6.36 / 書評数:47
1989年09月
見えない女
平均:5.80 / 書評数:5
奇想、天を動かす
平均:7.88 / 書評数:66
1989年05月
幽体離脱殺人事件
平均:4.75 / 書評数:12
1988年11月
嘘でもいいから誘拐事件
平均:4.50 / 書評数:4
夜は千の鈴を鳴らす
平均:5.77 / 書評数:13
1988年08月
切り裂きジャック・百年の孤独
平均:6.96 / 書評数:26
1988年04月
異邦の騎士
平均:7.78 / 書評数:131
1988年03月
毒を売る女
平均:7.07 / 書評数:14
1987年12月
灰の迷宮
平均:5.93 / 書評数:14
1987年11月
ひらけ!勝鬨橋
平均:6.14 / 書評数:7
1987年08月
展望塔の殺人
平均:6.00 / 書評数:12
1987年05月
死者が飲む水
平均:7.06 / 書評数:16
1987年04月
網走発遥かなり
平均:6.56 / 書評数:9
1986年12月
Yの構図
平均:5.87 / 書評数:15
1986年04月
火刑都市
平均:6.67 / 書評数:12
消える上海レディ
平均:3.25 / 書評数:4
1985年10月
夏、19歳の肖像
平均:6.14 / 書評数:7
1985年09月
サテンのマーメイド
平均:6.60 / 書評数:5
確率2/2の死
平均:4.89 / 書評数:19
1985年04月
殺人ダイヤルを捜せ
平均:5.89 / 書評数:9
1985年03月
高山殺人行1/2の女
平均:5.33 / 書評数:9
1985年01月
北の夕鶴2/3の殺人
平均:7.13 / 書評数:46
1984年09月
漱石と倫敦ミイラ殺人事件
平均:7.18 / 書評数:40
1984年06月
出雲伝説7/8の殺人
平均:6.24 / 書評数:25
1984年04月
嘘でもいいから殺人事件
平均:5.50 / 書評数:10
1984年02月
寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁
平均:6.12 / 書評数:33
1982年02月
斜め屋敷の犯罪
平均:7.01 / 書評数:126
1981年12月
占星術殺人事件
平均:8.25 / 書評数:199
不明
御手洗潔と進々堂珈琲