海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
ネジ式ザゼツキー
御手洗潔シリーズ
島田荘司 出版月: 2003年10月 平均: 6.05点 書評数: 20件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
2003年10月

講談社
2006年10月

No.20 7点 斎藤警部 2021/07/21 23:23
螺旋が、物理的に心理の大罪を犯した話。 “私は、このセリフを言いたかったのだ。うっかり言わないで、この世界を去るところだった。” ファンタジーのドレスを纏い、自由奔放過ぎるが要所でクイーン張りに論理の閃きで崩しに掛かる御手洗。目を覆わんばかりだった奇想の群舞も折り目正しく着地。音楽の力がシビアに威力を発揮するシーンは強力だ。 死体にネジを嵌めた理由、見事な隠匿ぶり。「首を斬る理由」の凄い応用編、巧妙な広域目眩し付き。 或る人物の職業遍歴に微妙な唐突感があったのは、その、どこか笑ってしまうトリックのためだったのか。。 或る人物の正体バラシはもう少し勿体ぶってというか、重みを持たせても良かったんじゃないか。。? 或る人物の、告白に至る条件と経緯、これが熱い。。。そこがこの物語成立の肝なわけだ。。

最終地点へ近づくにつれ、じわじわ小波で押し寄せる感動と、やっぱり出て来たバカ要素への苦笑との、小さなせめぎ合いが。。外連味たっぷりの構成で壮大なバックグラウンドを匂わせつつ、終わってみれば当初の予感よりこじんまりとした収束。。ハナッカら大風呂敷を拡げなければ。。という気もしたが、んーー、それだとこの不可解な事件の猟奇性とバランス取りづらいよな。 出来れば、もっとスケールの大きいバカと感動のアウフヘーベン体験の渦の中に投げ込んで欲しかったものです(島荘さんなら出来る!)。 でもまあ、この人の作品世界はやっぱり特別に好きですよ。異物感無くスゥッとはまれます。

ビートルズの歌詞の記憶の件は、まあ装飾ですよね。これがたまたま、たとえばキンクスの「ローラ」だったらどんな不思議な童話が生まれたものかと妄想したりして。。 ところでスペース◯◯◯◯のアレはどうなったんだっけ? あのへん、一番あがる推理だったのに。。。 あとまあ、途中危惧したほどレペゼン反日でもなくてほっとしました。 ちょっと意味不明なタイトルが実は、、という大胆さにも拍手です!(つげさんは関係無かった) にしても、陰の主役、キーマンは天災か。。。(そいつが●●に運命のいたずらを。。)

No.19 5点 ボナンザ 2021/03/13 20:01
眩暈に味を占めた幻想と奇想の入り乱れた一作。犯人の狙い通りにやった方が島田荘司らしさはあるかもしれないが、こうゆうしっとり系の話にするのも悪くない。

No.18 8点 青い車 2017/01/13 22:22
 ロジックを第一に考えると、犯人のやったことは合理性を欠いていて無理筋なのは否めないのですが、島田荘司の醍醐味は別にあります。とにかく荒唐無稽なホラ話をリアルに語ってしまう剛腕ぶりだけで8点は堅いです。ひとつの童話をあの名曲にリンクさせたことに始まり、どんどんスケール感を増していく展開には興奮を覚えました。御手洗潔が初期と比べ大人しいキャラクターに落ち着いてしまっても、根幹はブレていないことがわかります。

No.17 6点 いいちこ 2015/04/03 11:20
本格ミステリとしての核は小粒であり、かつ強引さとアラが目立つので5点の評価。
ただ、冒頭に示される謎(タンジール蜜柑共和国への帰還)の壮大さ・不可解性と、それを生々しいリアルな犯罪に落とし込むプロット、物語世界に力強く引き込んでいく求心力の強いストーリーテリング、島田作品に特有の不幸な境遇に翻弄されながら懸命に生きる登場人物の生き様に好感。
以上、本格ミステリとしては評価し辛いものの、読物としての抒情性を買ってこの評価。
キライな作風ではないのだが、著者に求めているものはこれではない。

No.16 6点 メルカトル 2014/01/02 22:40
再読です。
ファンタジー小説『タンジール蜜柑共和国への帰還』は、巨大な蜜柑の木の枝に家屋が立ち並び、通りができており、一つの小国として成り立っている。蜜柑をもぎるために妖精たちは羽根を羽ばたかせる、またその国には鼻や耳がない者もいるという、相当意味不明なものである。スウェーデンで教授をしている御手洗潔は、この小説から真実を抽出し、作者の帰るべき国を模索し、とんでもなく奇怪な殺人事件を解決に導くべく、推理を始める。
前半ではこれまでの「御手洗潔シリーズ」では見られなかった、御手洗自身の一人称を読むことができる。しかし、かつてのエキセントリックだった御手洗の姿はそこにはない、冷静で思慮深い学者然とした、それなりの年齢を重ねた落ち着いた御手洗に、なんだかしっくりこないものを感じる読者も多いのではないだろうか。
まあしかし、彼の天才ぶりは相変わらずで、この程度のからくりは大して頭脳を駆使する必要もなさそうだ。
全体的にはやや小粒な印象は受けるが、『タンジール蜜柑共和国への帰還』が思いのほか面白く、個人的にはこれがかなり気に入っている。
ミステリとしての興味は、いわゆるホワイダニットと言えるかもしれない。何故犯人は被害者の首を切り、ネジによって首と胴体を繋げるような真似をしたのか。そこには島荘がよく口にする「信念の犯罪」が執念とも言える理由をもって存在しているのだ。

No.15 6点 TON2 2012/11/26 18:27
講談社NOVELS
御手洗潔は、スウェーデンの大学の脳神経の研究者をしていて、舞台は彼の研究室だけです。
記憶の一部をなくした男が書いた奇妙な童話「タンジール蜜柑共和国への帰還」をヒントに、かつてフィリピンで起こった殺人事件の謎を解く、安楽椅子探偵ものです。
構想は「眩暈」と同じだと思います。
御手洗が天才過ぎるがゆえに、こういうとんでもない謎にしか挑戦できなくなっているように思います。
この作者らしく題名も奇抜ですが、これは御手洗ものだから、固定の読者がいることを前提にしたものでしょう。一見さんでは、この題名では手に取らないと思います。
余談ですが、この作品でヒッチコックの後期の作品が、「鳥」「マーニー」「引き裂かれたカーテン」「トパーズ」「フレンジー」「ファミリープロット」であることを知りました。全部観ています。

No.14 3点 makomako 2011/06/28 08:00
どうも雲をつかむような話で、しかも長い。御手洗もいつの間にか脳科学者となり以前のようなエキセントリックなところがほとんどみられない。好みの問題でしょうが私は退屈してしまった。

No.13 5点 好兵衛 2011/04/23 21:46
ファンタジー色強めな作品。
絵本から謎を解くという引きが面白かったです。

肝心の謎というところより、ファンタジーの話しが面白く
そちらの方に見入ってしまいました。
本当に絵本にしたら綺麗だろうなぁ。
なので、ミステリとしては不思議色つよめだなぁと思います
なので、謎解きの部分で無理がでてくるというか
あまりその部分は面白くなかったです。

あの話から真相をみちびく御手洗は凄いな
の一言でしょうか。

設定と引きに5点。ファンタジーとして読んだ方かよいです。
それにしても、御手洗は変わってしまわれた。

No.12 6点 E-BANKER 2011/03/26 23:09
御手洗潔シリーズの超長編。
プロット的には「眩暈」に似た感じですね。(ただ、「眩暈」よりは落ちる)
~記憶に傷害を持つ男、エゴン・マーカットが書いた物語。そこには、蜜柑の木の上の国、ネジ式の関節を持つ妖精、人工筋肉で羽ばたく飛行機などが描かれていた。ミタライがそのファンタジーを読んだとき、エゴンの過去と物語に隠された驚愕の真実が浮かび上がる・・・~

相変わらずの「島田節」が炸裂!っていうところでしょうか。
とにかく、一見しただけでは「ありえない」「単なるファンタジー」でしかないと思われたストーリーが、御手洗のロジックで解き明かされる快感!
ただ、そのロジックはいつものとおり「偶然の連続」で起こったという奴・・・
だったら、正直「何でもありじゃん」と思ってしまいますが、そこは他の作家とはスケールが違うわけです。
結局最後には「すごいねぇ・・・」と思わされてしまいます。
特に、今回は「ネジ」にすっかり騙されました。そりゃそうですよねぇ・・・単純に考えれば、そういう「カラクリ」になってるのは自明なのに、他があまりに突拍子ないため、それには気付かない・・・んですねぇ。
まぁ、島田節に酔いたい貴方にはお薦めの一冊です。
(ページ数の割にはスイスイ読めました。)

No.11 7点 seiryuu 2010/07/16 17:25
「タンジール蜜柑共和国への帰還」が意外と面白かった
トリックがゴウレム章でうまく隠してある。
ストーリーも構成も好き。

No.10 6点 touko 2008/10/29 02:16
「眩暈」の序盤部分の謎解きだけで一冊書いてしまったって感じで、やや物足りなさが残りました。
悪くはないけど小粒な印象。

No.9 8点 ロビン 2008/10/16 19:50
途中で御手洗が物凄いロジックを展開してくれるおかげで、おそらくほとんどの読者にはメインのトリックは分かってしまうだろう。それでも残る事件の不可解な点、猟奇的殺人の真相がラストに明かされ、前記のロジックでは理解し切れなかった部分がようやく把握できた。
この作品の御手洗さんはずいぶんおとなしいですね。彼の個性がほとんど出てこない。

No.8 4点 rintaro 2008/08/27 17:35
途中までは良かった。普通に小説として面白かったが、後半どんどんしりつぼみしていくのが残念だった。特にフランコのネジ事件にたどりついてからは単につまらない推理小説、肝心のネジ式の首の真相は正直氏の短編レベルのネタだった。ただ評価できる点としては作中作のエゴンの小説が幻想的で好きだったのと、不可解な銃痕の解明の論理は良かったと思う。

No.7 7点 おしょわ 2008/01/27 20:54
「眩暈」にちかい展開。やっぱり無理はあるけどスケールの大きな展開に免じて多少を目をつぶりましょう。
何と言ってもタイトルがすばらしい。

No.6 5点 マニア 2008/01/14 22:26
相変わらずスケールの大きな展開&トリック
前半のタンジール蜜柑共和国についての謎解きは面白かったが、後半のネジ事件の展開ははっきりいってそんなに楽しめなかったし、会話ばかりの文章は読みづらくもあった。

それでも、不可解な謎の数々を最後に1つのストーリーにまとめてしまうのは流石!

No.5 7点 Tetchy 2007/12/21 17:56
『眩暈』を髣髴させる悪夢のような手記が今回も論理的に明かされる!
とはいえ、ちょっと無理を感じたかなぁ。
最後の殺人事件の解明は無理が重なったような感じを受けたし。ちょっと残念。

No.4 7点 姑獲鳥 2007/08/07 23:05
ミステリーとしてはストーリーもトリックも面白かったです。ただ、御手洗さんが普通の人ですね。占星術や暗闇坂のような御手洗さんを望んでいる人には少しがっかりかも…でも作品の中のタンジール蜜柑共和国の話も面白いし作品としては完成度は高いと思います。

No.3 3点 しゃんテン 2004/07/05 16:46
「Aの台詞」「Bの台詞」「Aの台詞」…こんな調子で対話が延々と続く。最初のほうは多少の描写があるのだけれど、途中からは台詞しか存在しないページが延々と続く。
そのためだろうか私には語り手の考えや感情も、そのほかの登場人物の表情も見えてはこない気がした。
 探偵役やワトソン役、記憶を失ったキーマンなどの登場人物にちっとも関心がもてないせいか、事件にも関心がもてなかった。
 また、御手洗の推理は薀蓄を自慢するだけのものにみえて、推理を構成する論理は凄く適当で厳密とはいえない気がした。
 『占星術殺人事件』などの作品では御手洗潔が、毒舌を吐きまくりで、性格が悪く、けれど、謎めいていて、天才で。そういった凄い人間といった雰囲気を持っていたが…この作品では御手洗潔がただの物知り的秀才といった感じがする。謎めいた感じも凄さも漂っていない気が私にはした。その点でもこの話は楽しめなかった。

No.2 8点 つっきー 2004/02/14 12:57
 御手洗ファンになったのは割と最近で、以来むさぼるように作品を読ませてもらっています。
 御手洗シリーズ最新作のこの作品は、他作品同様話の2/3までは謎が謎として提起され、まったく結果が分からずドキドキし続けます。一見ファンタジーとしかとれない作中物語の裏にこれだけの真理が隠されている・・・・「眩暈」の時もそうでしたが、相変わらずやってくれます。ま、多少強引に推理しているのはいつものこととして、この手の作品が一番おもしろいかなあ。

No.1 7点 BJ 2004/02/12 20:39
 ひさしぶりに本来の推理小説らしい小説を読んだ気分になった。
 島田荘司の長編にしては珍しい小技だったが、興味深い謎の提示で惹きつけられた。
 基本的に御手洗は嫌いなのだが、下手なバイオリンの件には人間味を感じ、好感がもてた。


島田荘司
2019年08月
盲剣楼奇譚
平均:7.00 / 書評数:2
2018年08月
鳥居の密室 世界にただひとりのサンタクロース
平均:6.00 / 書評数:6
2016年05月
御手洗潔の追憶
平均:5.00 / 書評数:2
2016年04月
屋上の道化たち
平均:5.80 / 書評数:10
2015年09月
新しい十五匹のネズミのフライ
平均:5.80 / 書評数:5
2014年08月
幻肢
平均:5.00 / 書評数:3
2013年10月
星籠の海
平均:5.69 / 書評数:13
2012年09月
アルカトラズ幻想
平均:6.00 / 書評数:5
2011年10月
ゴーグル男の怪
平均:4.67 / 書評数:3
2011年04月
追憶のカシュガル
平均:5.14 / 書評数:7
2010年06月
写楽 閉じた国の幻
平均:7.00 / 書評数:12
2007年10月
リベルタスの寓話
平均:5.75 / 書評数:8
2006年11月
最後の一球
平均:6.00 / 書評数:10
2006年10月
犬坊里美の冒険
平均:5.25 / 書評数:12
2006年09月
光る鶴
平均:5.00 / 書評数:5
UFO大通り
平均:5.50 / 書評数:14
2006年06月
溺れる人魚
平均:4.33 / 書評数:9
2006年05月
帝都衛星軌道
平均:5.75 / 書評数:4
2005年11月
エデンの命題
平均:5.29 / 書評数:7
2005年10月
摩天楼の怪人
平均:6.07 / 書評数:15
2004年10月
龍臥亭幻想
平均:6.64 / 書評数:11
2003年10月
ネジ式ザゼツキー
平均:6.05 / 書評数:20
2003年07月
透明人間の納屋
平均:6.30 / 書評数:10
2003年03月
上高地の切り裂きジャック
平均:5.77 / 書評数:13
2002年12月
セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴
平均:6.00 / 書評数:17
2002年11月
吉敷竹史の肖像
平均:5.50 / 書評数:2
2002年08月
魔神の遊戯
平均:5.86 / 書評数:22
2001年10月
ロシア幽霊軍艦事件
平均:6.19 / 書評数:26
2001年08月
ハリウッド・サーティフィケイト
平均:6.27 / 書評数:11
パロサイ・ホテル
平均:6.00 / 書評数:2
パロサイ・ホテル 御手洗パロディサイト事件
平均:4.11 / 書評数:9
2000年06月
聖林輪舞-セルロイドのアメリカ近代史
平均:7.50 / 書評数:2
1999年11月
最後のディナー
平均:5.05 / 書評数:19
1999年10月
Pの密室
平均:6.17 / 書評数:30
1999年06月
涙流れるままに
平均:7.52 / 書評数:21
1998年10月
御手洗潔のメロディ
平均:5.23 / 書評数:30
1997年11月
三浦和義事件
平均:7.00 / 書評数:2
1996年01月
龍臥亭事件
平均:6.22 / 書評数:40
1994年10月
天に昇った男
平均:6.70 / 書評数:10
1993年11月
アトポス
平均:6.43 / 書評数:35
1992年12月
天国からの銃弾
平均:6.88 / 書評数:8
1992年10月
眩暈
平均:6.86 / 書評数:44
1991年12月
飛鳥のガラスの靴
平均:5.18 / 書評数:11
1991年10月
水晶のピラミッド
平均:5.54 / 書評数:46
1991年05月
消える「水晶特急」
平均:5.36 / 書評数:14
1991年02月
ら抜き言葉殺人事件
平均:5.07 / 書評数:14
1990年11月
暗闇坂の人喰いの木
平均:7.25 / 書評数:73
1990年09月
都市のトパーズ
平均:3.00 / 書評数:3
1990年08月
踊る手なが猿
平均:6.50 / 書評数:6
1990年07月
御手洗潔のダンス
平均:6.37 / 書評数:30
1990年02月
羽衣伝説の記憶
平均:5.62 / 書評数:13
1989年11月
御手洗潔の挨拶
平均:6.36 / 書評数:47
1989年09月
見えない女
平均:5.80 / 書評数:5
奇想、天を動かす
平均:7.92 / 書評数:65
1989年05月
幽体離脱殺人事件
平均:4.75 / 書評数:12
1988年11月
嘘でもいいから誘拐事件
平均:4.50 / 書評数:4
夜は千の鈴を鳴らす
平均:5.77 / 書評数:13
1988年08月
切り裂きジャック・百年の孤独
平均:6.92 / 書評数:26
1988年04月
異邦の騎士
平均:7.78 / 書評数:131
1988年03月
毒を売る女
平均:7.08 / 書評数:12
1987年12月
灰の迷宮
平均:5.93 / 書評数:14
1987年11月
ひらけ!勝鬨橋
平均:6.14 / 書評数:7
1987年08月
展望塔の殺人
平均:6.00 / 書評数:12
1987年05月
死者が飲む水
平均:7.06 / 書評数:16
1987年04月
網走発遥かなり
平均:6.56 / 書評数:9
1986年12月
Yの構図
平均:5.87 / 書評数:15
1986年04月
火刑都市
平均:6.67 / 書評数:12
消える上海レディ
平均:3.25 / 書評数:4
1985年10月
夏、19歳の肖像
平均:6.14 / 書評数:7
1985年09月
サテンのマーメイド
平均:6.60 / 書評数:5
確率2/2の死
平均:4.89 / 書評数:19
1985年04月
殺人ダイヤルを捜せ
平均:5.89 / 書評数:9
1985年03月
高山殺人行1/2の女
平均:5.33 / 書評数:9
1985年01月
北の夕鶴2/3の殺人
平均:7.13 / 書評数:46
1984年09月
漱石と倫敦ミイラ殺人事件
平均:7.21 / 書評数:39
1984年06月
出雲伝説7/8の殺人
平均:6.21 / 書評数:24
1984年04月
嘘でもいいから殺人事件
平均:5.50 / 書評数:10
1984年02月
寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁
平均:6.12 / 書評数:33
1982年02月
斜め屋敷の犯罪
平均:7.06 / 書評数:125
1981年12月
占星術殺人事件
平均:8.26 / 書評数:199
不明
御手洗潔と進々堂珈琲