海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

いいちこさん
平均点: 5.74点 書評数: 469件

プロフィール高評価と近い人 | 書評 | おすすめ

No.469 3点 幽霊刑事- 有栖川有栖 2021/11/29 20:23
見るべきところがなく、これほど特殊な設定を導入している点を勘案すれば、さらに厳しい評価にならざるを得ない

No.468 6点 透明人間の納屋- 島田荘司 2021/11/16 20:16
これはテーマの選定と、プロットの構築力の勝利だろう。
本格ミステリとしては至ってチープであるにもかかわらず、サプライズを演出している。
こども向けミステリーとして執筆していること自体が、一種のレッドへリングとして機能している点に至っては、見事と言わざるを得ない。
これだけ内角高めのストレートを投げられると、外角低めに切れるスライダーを打つのは難しい。
小品であるがゆえに、これ以上の評価は難しいが、著者の類まれな力量が光る、一読の価値がある佳作

No.467 5点 理由- 宮部みゆき 2021/11/16 20:14
本作は、当時社会問題化していた住宅ローンによる破綻と占有屋を主題に、それにまつわる人々の生き様を掘り下げつつ、1個の殺人事件に収斂させていく構成をとっている。
視点人物が刻々と変化するものの、そのプロットは単純で、骨格は一本道であり、そして何より真相がチープすぎるがゆえに、そうしたエピソードの数々が夾雑物と映り、読後に強く冗長さを感じさせるのである。
この内容で、この長尺をもたせ切る筆力はさすがだが、よく比較される「火車」には遠く及ばないと言わざるを得ない

No.466 5点 呪われた町- スティーヴン・キング 2021/10/13 10:01
1970年代におけるアメリカの社会・風俗の描写には見どころがあるものの、ホラー作品としては小品と言わなければならない。
5点の最下層

No.465 6点 消えた巨人軍- 西村京太郎 2021/09/16 10:42
「冒頭の掴みは最高だが、ディテールの検証が甘く、かつ末尾に至ってテンションが顕著に低下する」という本著者の全盛期に典型的に見られるタイプの作品。
本作も冒頭から不可能興味が否応なく募るのだが、捜査プロセスと、それに伴う時間の進行が物理的に破綻している点、知能犯として描かれている犯人の、考えられないような不用意な行動によって、半ば自供するような形で、真犯人と特定されている点等は、決定的な欠陥と指摘せざるを得ない。
アイデアの面白さ・奇抜さの貯金だけで何とか逃げ切った作品であり、6点の最下層

No.464 5点 教場- 長岡弘樹 2021/09/16 10:41
警察学校を舞台として設定した弊害かもしれないが、各編の事件が如何にも稚拙でスケールが小さく、登場人物の造形や作風との関係で違和感が強い。
また、作品全体を通じて教官のスーパーマンぶりが浮き彫りになるだけで、本作の主題・意図が見えてこない点でも高く評価することはできない。
一定の水準に達していることは事実だが、世評ほどの傑作と評価することはできず、5点の最下層

No.463 5点 人魚の眠る家- 東野圭吾 2021/09/16 10:40
本作の主題は今日的であり、その課題認識の鋭さ・妥当性は認める。
ただ、他の作品にも強く見られる傾向であるが、読者に平易に伝えようと意識しすぎて、ストーリー、登場人物の造形・言動等を極端に紋切型に、ステレオタイプに描いている。
それが違和感となって読者の共感を削ぎ、作品の格調を毀損している点は減点せざるを得ない

No.462 6点 死ねばいいのに- 京極夏彦 2021/08/18 19:54
本作に底流する著者の問題認識は有無を言わさぬ鋭さがあり、プロットも非常によくできているが、6人の登場人物は如何にも多すぎた。
プロットのオリジナリティがもたらす衝撃・緊迫感が徐々に薄れていくなか、想定の範囲を出ないエンディングを迎える竜頭蛇尾の作品であり、その点で減点。
もっとコンパクトに作って、エッジを利かせるべきであった点で、もったいない作品

No.461 6点 中途の家- エラリイ・クイーン 2021/08/18 19:52
犯人特定のプロセスにおける論理性の高さは、相変わらず出色のデキであり、それだけなら7~8点に相当する。
ただし、こうしたプロットを成立させている舞台設定は異様であり、それに何らの説明も付けられていない点を重く見て、大きく減点

No.460 5点 ララピポ- 奥田英朗 2021/08/18 19:51
全体として軽量コンパクトな作品であるうえ、ミステリとしての性格も至って弱く、この程度の評価にならざるを得ない。
本作は、エロ描写まみれの内容や、格差社会の現実を下世話に、赤裸々に描き出しているだけで、何の主張もなく、解決も与えていないとの批判もあるようだが、人間の弱さに真正面から向き合った、著者の王道を往く作品であり、それほど批判的なスタンスに立つべき作品であるとは考えていない

No.459 5点 狐火の家- 貴志祐介 2021/07/30 21:02
表題作のみが及第点のデキ。
「黒い牙」のフィージビリティは相当に疑問であり、強く不満が残る。
「盤端の迷宮」「犬のみぞ知る」は平凡な作品

No.458 4点 ソロモンの犬- 道尾秀介 2021/07/30 21:00
著者らしからぬ凡作であり、読後の印象も薄い

No.457 5点 華麗なる誘拐- 西村京太郎 2021/07/30 20:59
アイデアの独創性は抜群であり、その点は高く評価する。
しかしながら、プロットは平凡で、かつ著者の作品は総じてそのような傾向が強いが、実証的な検討を経ておらず、フィージビリティがまるでない。
その点を大きく減点してこの評価としたが、もったいない作品

No.456 5点 寝台特急「出雲」+-の交叉- 深谷忠記 2021/07/30 20:55
真相の骨格はよくできているにもかかわらず、トラベルミステリというプロットを選択した結果、そのよさが半減。
そのうえ、アリバイ崩しとしては標準的な水準を脱しておらず、もったいない作品

No.455 6点 柳生忍法帖(上・下)- 山田風太郎 2021/05/26 11:33
プロットの完成度は高く、冒頭・前半部分で読者を引き込んでいく力はさすが。
ただ後半に至って、幾何級数的に、ドラゴンボール的に風呂敷が拡げられた結果、面白さが半減しており、竜頭蛇尾の作品

No.454 6点 十字屋敷のピエロ- 東野圭吾 2021/03/26 13:25
毀誉褒貶がわかれるであろうが、野心的な取り組みが一定の効果を発揮しており、好意的に評価したい

No.453 4点 女囮捜査官 2 視姦- 山田正紀 2021/03/26 13:23
犯行の態様が全体としてリアリティを欠き、捜査のプロセスも合理性を欠いている等、高く評価することはできない

No.452 4点 人間の証明 21st Century- 森村誠一 2021/03/26 13:19
リアリティに乏しく、凡作の域を出ない

No.451 8点 模倣犯- 宮部みゆき 2021/03/26 12:53
力作であり、よく書けている点は、掛け値なしに認める。
ただ、犯行計画にフィージブルでない、ご都合主義的な点が見受けられる点、犯人の行動が犯行動機に対して合理性を欠く点が見受けられ、その点を減点

No.450 6点 終わりなき夜に生れつく- アガサ・クリスティー 2021/01/04 10:50
一人称での叙述も含めて、よく考えられた作品ではあるのだが、騙しの手数が少なすぎる。
この舞台設定・登場人物であれば、読者が客観的・合理的にさえ考えれば、この真相に辿り着いてしまう。
演出の工夫次第で、より大きなサプライズを生み出せたように感じる点で、もったいない作品

いいちこさん
ひとこと
評価にあたっては真相とトリックの意外性・納得性を最重視しつつ、プロットの構想力・完成度、犯行のフィージビリティ・合理性に重点を置いています。
採点結果が平均6.0点前後となるよう意識して採点するととも...
好きな作家
東野圭吾、麻耶雄嵩、京極夏彦、倉知淳、奥田英朗。次点として島田荘司、有栖川有栖、法...
採点傾向
平均点: 5.74点   採点数: 469件
採点の多い作家(TOP10)
東野圭吾(30)
島田荘司(20)
麻耶雄嵩(19)
倉知淳(15)
京極夏彦(14)
奥田英朗(13)
有栖川有栖(12)
宮部みゆき(12)
アガサ・クリスティー(11)
西村京太郎(11)