海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

いいちこさん
平均点: 5.76点 書評数: 459件

プロフィール高評価と近い人 | 書評 | おすすめ

No.459 5点 狐火の家- 貴志祐介 2021/07/30 21:02
表題作のみが及第点のデキ。
「黒い牙」のフィージビリティは相当に疑問であり、強く不満が残る。
「盤端の迷宮」「犬のみぞ知る」は平凡な作品

No.458 4点 ソロモンの犬- 道尾秀介 2021/07/30 21:00
著者らしからぬ凡作であり、読後の印象も薄い

No.457 5点 華麗なる誘拐- 西村京太郎 2021/07/30 20:59
アイデアの独創性は抜群であり、その点は高く評価する。
しかしながら、プロットは平凡で、かつ著者の作品は総じてそのような傾向が強いが、実証的な検討を経ておらず、フィージビリティがまるでない。
その点を大きく減点してこの評価としたが、もったいない作品

No.456 5点 寝台特急「出雲」+-の交叉- 深谷忠記 2021/07/30 20:55
真相の骨格はよくできているにもかかわらず、トラベルミステリというプロットを選択した結果、そのよさが半減。
そのうえ、アリバイ崩しとしては標準的な水準を脱しておらず、もったいない作品

No.455 6点 柳生忍法帖(上・下)- 山田風太郎 2021/05/26 11:33
プロットの完成度は高く、冒頭・前半部分で読者を引き込んでいく力はさすが。
ただ後半に至って、幾何級数的に、ドラゴンボール的に風呂敷が拡げられた結果、面白さが半減しており、竜頭蛇尾の作品

No.454 6点 十字屋敷のピエロ- 東野圭吾 2021/03/26 13:25
毀誉褒貶がわかれるであろうが、野心的な取り組みが一定の効果を発揮しており、好意的に評価したい

No.453 4点 女囮捜査官 2 視姦- 山田正紀 2021/03/26 13:23
犯行の態様が全体としてリアリティを欠き、捜査のプロセスも合理性を欠いている等、高く評価することはできない

No.452 4点 人間の証明 21st Century- 森村誠一 2021/03/26 13:19
リアリティに乏しく、凡作の域を出ない

No.451 8点 模倣犯- 宮部みゆき 2021/03/26 12:53
力作であり、よく書けている点は、掛け値なしに認める。
ただ、犯行計画にフィージブルでない、ご都合主義的な点が見受けられる点、犯人の行動が犯行動機に対して合理性を欠く点が見受けられ、その点を減点

No.450 6点 終わりなき夜に生れつく- アガサ・クリスティー 2021/01/04 10:50
一人称での叙述も含めて、よく考えられた作品ではあるのだが、騙しの手数が少なすぎる。
この舞台設定・登場人物であれば、読者が客観的・合理的にさえ考えれば、この真相に辿り着いてしまう。
演出の工夫次第で、より大きなサプライズを生み出せたように感じる点で、もったいない作品

No.449 3点 寝台特急(ブルートレイン)殺人事件- 西村京太郎 2021/01/04 10:49
これは厳しい。
正直に言って好意的に評価できる点がない。
特に犯人がこれほどに大掛かり、かつリスキーな犯行計画を策定してまで、寝台特急での犯行にこだわる合理的な理由が見当たらない点は最大の問題。
本作プロットの根本的な欠陥と言わざるを得ない。
犯人が初手から半ば特定されているにもかかわらず、犯人が唐突に自供を開始して真相が解明するというプロセスもいただけない。
3点の最下層

No.448 6点 ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女- スティーグ・ラーソン 2020/12/28 16:01
「未解決殺人事件の解明」と「ヴェンネルストレムの打倒」が本作の骨格を形成している訳だが、それらが有機的に連結しておらず、プロットの完成度は至って低い。
結果として、前者を描いた長編作品に、後者を描いたサイドストーリーを追加したかのような構成となっており、そもそも作品の構想自体に大きな欠陥が存在。
また、前者は犯行を解明するプロセスがほぼすべて犯人の自白であり、後者は相手のPCを丸ごとハッキングするという、ほとんど冗談としか思えない展開。
中盤あたりまで読者をグイグイと引き込んでいく、筆力の高さは抜きんでており、その点では確実に楽しめるが、それを最大限に評価しても、ミステリとしては及第点の域を出ない

No.447 5点 戦争の犬たち- フレデリック・フォーサイス 2020/12/11 20:28
襲撃を準備するプロセスにおけるペーパーカンパニーの創設、武器・船舶の調達等に関する描写があまりにも冗長で、ジェームズ・マンソン卿の娘とのエピソードも、その必然性が感じられない。
それが結果として筆者の持ち味であるサスペンスを著しく殺いでおり、ラストシーンも強い感慨を残すものではない。
筆力の高さはさすがだが、これまでに読了した「ジャッカルの日」「オデッサ・ファイル」には遠く及ばない

No.446 5点 殺しのコツ、教えます- 蒼井上鷹 2020/12/11 20:27
趣向・作風ともに好感が持てる作品だが、その骨格は至って軽量コンパクトであり、これ以上の評価は難しい

No.445 6点 王とサーカス- 米澤穂信 2020/11/17 17:51
ジャーナリズムのあり様に対する問題認識には賛同できるが、それとミステリとしてよくできているかどうかは別の話。
非常に世評の高い作品であるが、1個のミステリとして評価すると、この程度

No.444 2点 新・寝台特急殺人事件- 西村京太郎 2020/11/17 17:44
E-BANKERさんの書評のとおり。
ミステリとは言えないし、サスペンスと解しても最低ランクの評価にならざるを得ない

No.443 7点 カササギ殺人事件- アンソニー・ホロヴィッツ 2020/11/05 08:49
高い構想力を感じる意欲的な作品であり、一定のサプライズを演出できているものの、ご都合主義と推理プロセスにおける論理性の欠如が目に付く。
7点の下位

No.442 4点 あいにくの雨で- 麻耶雄嵩 2020/10/20 19:20
そもそも本作を執筆した趣旨・意図が不明。
ミステリとしての本質・骨格を考えれば、高い評価を献上することはできない

No.441 5点 片眼の猿- 道尾秀介 2020/10/20 19:18
社会正義の王道を往くテーマ設定だが、裏を返せばそれだけの作品。
ミステリとしても、ミスリードとしても、物足りなさが強く残り、5点の最下層

No.440 6点 屍人荘の殺人- 今村昌弘 2020/10/20 19:17
意欲は買うし、特殊過ぎる舞台設定は目を瞑ってもいいのだが、犯行のフィージビリティが低すぎる点を大きく減点して、この評価

いいちこさん
ひとこと
評価にあたっては真相とトリックの意外性・納得性を最重視しつつ、プロットの構想力・完成度、犯行のフィージビリティ・合理性に重点を置いています。
採点結果が平均6.0点前後となるよう意識して採点するととも...
好きな作家
東野圭吾、麻耶雄嵩、京極夏彦、倉知淳、奥田英朗。次点として島田荘司、有栖川有栖、法...
採点傾向
平均点: 5.76点   採点数: 459件
採点の多い作家(TOP10)
東野圭吾(29)
島田荘司(19)
麻耶雄嵩(19)
倉知淳(15)
京極夏彦(13)
奥田英朗(12)
有栖川有栖(11)
アガサ・クリスティー(11)
法月綸太郎(11)
宮部みゆき(11)