海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ パスティッシュ/パロディ/ユーモア ]
嘘でもいいから殺人事件
嘘でもいいからシリーズ?
島田荘司 出版月: 1984年04月 平均: 5.50点 書評数: 10件

書評を見る | 採点するジャンル投票


集英社
1984年04月

集英社
1987年03月

キャリイ社
2007年03月

(株)南雲堂
2008年01月

No.10 8点 虫暮部 2020/11/05 11:42
 あはははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは。

No.9 5点 ボナンザ 2019/01/11 12:48
島田荘司にこんなコメディ調の作品が書けたとはと驚かされる一作。とはいえトリックも前例をうまく組み合わせた本格ものなのは流石。

No.8 6点 E-BANKER 2013/06/04 21:37
1984年発表のいわゆるユーモア(死語?)・ミステリー。
隈能美堂巧(くまのみどたくみ)、通称タックとターボのコンビが不可思議な事件に巻き込まれる。

~テレビ業界にこの人あり「やらせの三太郎」の異名を持つ軽石三太郎ディレクターと取材班が大胆なやらせ番組を企画して、東京湾に浮かぶ無人島に乗り込んだ。折からの台風接近で大きな密室となった島でスタッフのカメラマンが何者かに殺され、死体も消失してしまったのでサア大変(!)。根暗のパラノイア刑事が犯人探しに加わって、事件は意外な方向に・・・。恐怖と笑いの長編ミステリー~

島田荘司ってこんな作品も書いてたのね!
普通の方はそう思うんじゃないか。(個人的には再読なのだが・・・)
なにしろ主人公がヤラセ番組のスタッフ御一行という設定からして「軽~いノリ」が窺える。
登場する刑事・医師もまったく事件解決には貢献しないし、とにかくほとんどの人物は事件を引っ掻き回すだけの存在として登場する。

事件は首切り死体や人間(死体)消失など、いつもの「島荘節」全開。
特に、人間消失の方はありえない状況からの消失だし、それが「首切り」と有機的につながっている点がなかなか唸らせる。
事件現場に残された物証が探偵役となるターボが推理し、事件を解明するきっかけとなるなど、ミステリーファンにとっても十分に楽しめる内容だろう。

ただ、粗もかなり目立つ。
一番気になるのは、真犯人がアレとアレをアレに隠していたという場面・・・こりゃ無理だろ!
あと「動機」や事件の背景などは相当デフォルメされているが、その辺は確信犯ということなのだろう。

まぁ初期の「元気のよかった島荘」を味わうには適当な作品かもしれない。
粗には目をつぶって・・・
(猿島に建つお屋敷での密室殺人というと、折原の「猿島館の殺人」と完全に被ってるよなあ。こっちの方が先だけど)

No.7 6点 メルカトル 2013/03/20 22:26
再読です。
肩の力を思い切り抜いて、リラックスして読めばいいと思うよ。
もうね、さすが島荘ですよ。こんなユーモア・ミステリを書いても十分面白く読ませるとは。
全編笑いのエッセンスを散りばめて、尚且つ本格ミステリとしての骨格はしっかりとしている、意外とこういった作品は名手しか書けないものかもしれないね。
まあ、トリックはそれほど目を見張るようなものではないが、当時はこんなんでも結構驚いたものである。
それにしても、読み進んで行っても、一体誰が探偵役をするのか不思議だったが、そう来たかって感じだ。
トリックに無理はないが、そこまでする必然性が今一つ感じられなかった。犯人の心情は分かるけど。

No.6 6点 測量ボ-イ 2009/08/09 13:59
「漱石と倫敦ミイラ」より更に軽いノリでサクっと読めます。
確かに島田氏らしくない感じはしますけどね。

No.5 6点 E 2009/05/24 15:24
島田荘司氏っぽくない作品。何となく・・・緊張感が無いんですね。少し笑えます。
でもこれはこれで面白いと思いました。「軽く」読めるのではないかと。

No.4 6点 おしょわ 2008/10/20 22:52
島荘っぽくないのが結構面白いと思いましたが。

No.3 3点 spam-musubi 2008/01/31 20:26
「犯人がウソを付いてた」って何のことかわからなくて
気持ち悪いのですが…

No.2 7点 キトウY 2008/01/07 02:32
この作者にしてはめずらしく気持ち悪い思想がなくて読みやすかったんですが
もうこの作者にはこーゆうの普通に書けないんだろうなー

No.1 2点 Tetchy 2007/12/10 18:12
単なるコレクターズアイテムだなぁ。
ギャグも寒かった・・・。


島田荘司
2019年08月
盲剣楼奇譚
平均:6.33 / 書評数:3
2018年08月
鳥居の密室 世界にただひとりのサンタクロース
平均:6.00 / 書評数:6
2016年05月
御手洗潔の追憶
平均:5.00 / 書評数:2
2016年04月
屋上の道化たち
平均:5.80 / 書評数:10
2015年09月
新しい十五匹のネズミのフライ
平均:5.80 / 書評数:5
2014年08月
幻肢
平均:5.00 / 書評数:3
2013年10月
星籠の海
平均:5.69 / 書評数:13
2012年09月
アルカトラズ幻想
平均:6.00 / 書評数:5
2011年10月
ゴーグル男の怪
平均:4.67 / 書評数:3
2011年04月
追憶のカシュガル
平均:5.14 / 書評数:7
2010年06月
写楽 閉じた国の幻
平均:7.00 / 書評数:12
2007年10月
リベルタスの寓話
平均:5.75 / 書評数:8
2006年11月
最後の一球
平均:6.00 / 書評数:10
2006年10月
犬坊里美の冒険
平均:5.25 / 書評数:12
2006年09月
光る鶴
平均:5.00 / 書評数:5
UFO大通り
平均:5.50 / 書評数:14
2006年06月
溺れる人魚
平均:4.33 / 書評数:9
2006年05月
帝都衛星軌道
平均:5.75 / 書評数:4
2005年11月
エデンの命題
平均:5.29 / 書評数:7
2005年10月
摩天楼の怪人
平均:6.07 / 書評数:15
2004年10月
龍臥亭幻想
平均:6.64 / 書評数:11
2003年10月
ネジ式ザゼツキー
平均:6.05 / 書評数:21
2003年07月
透明人間の納屋
平均:6.27 / 書評数:11
2003年03月
上高地の切り裂きジャック
平均:5.77 / 書評数:13
2002年12月
セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴
平均:6.00 / 書評数:17
2002年11月
吉敷竹史の肖像
平均:5.50 / 書評数:2
2002年08月
魔神の遊戯
平均:5.86 / 書評数:22
2001年10月
ロシア幽霊軍艦事件
平均:6.22 / 書評数:27
2001年08月
ハリウッド・サーティフィケイト
平均:6.27 / 書評数:11
パロサイ・ホテル
平均:6.00 / 書評数:2
パロサイ・ホテル 御手洗パロディサイト事件
平均:4.11 / 書評数:9
2000年06月
聖林輪舞-セルロイドのアメリカ近代史
平均:7.50 / 書評数:2
1999年11月
最後のディナー
平均:5.05 / 書評数:19
1999年10月
Pの密室
平均:6.17 / 書評数:30
1999年06月
涙流れるままに
平均:7.52 / 書評数:21
1998年10月
御手洗潔のメロディ
平均:5.23 / 書評数:30
1997年11月
三浦和義事件
平均:7.00 / 書評数:2
1996年01月
龍臥亭事件
平均:6.22 / 書評数:40
1994年10月
天に昇った男
平均:6.70 / 書評数:10
1993年11月
アトポス
平均:6.43 / 書評数:35
1992年12月
天国からの銃弾
平均:6.88 / 書評数:8
1992年10月
眩暈
平均:6.86 / 書評数:44
1991年12月
飛鳥のガラスの靴
平均:5.18 / 書評数:11
1991年10月
水晶のピラミッド
平均:5.54 / 書評数:46
1991年05月
消える「水晶特急」
平均:5.36 / 書評数:14
1991年02月
ら抜き言葉殺人事件
平均:5.07 / 書評数:14
1990年11月
暗闇坂の人喰いの木
平均:7.25 / 書評数:73
1990年09月
都市のトパーズ
平均:3.00 / 書評数:3
1990年08月
踊る手なが猿
平均:6.50 / 書評数:6
1990年07月
御手洗潔のダンス
平均:6.37 / 書評数:30
1990年02月
羽衣伝説の記憶
平均:5.62 / 書評数:13
1989年11月
御手洗潔の挨拶
平均:6.36 / 書評数:47
1989年09月
見えない女
平均:5.80 / 書評数:5
奇想、天を動かす
平均:7.88 / 書評数:66
1989年05月
幽体離脱殺人事件
平均:4.75 / 書評数:12
1988年11月
嘘でもいいから誘拐事件
平均:4.50 / 書評数:4
夜は千の鈴を鳴らす
平均:5.77 / 書評数:13
1988年08月
切り裂きジャック・百年の孤独
平均:6.96 / 書評数:26
1988年04月
異邦の騎士
平均:7.78 / 書評数:131
1988年03月
毒を売る女
平均:7.07 / 書評数:14
1987年12月
灰の迷宮
平均:5.93 / 書評数:14
1987年11月
ひらけ!勝鬨橋
平均:6.14 / 書評数:7
1987年08月
展望塔の殺人
平均:6.00 / 書評数:12
1987年05月
死者が飲む水
平均:7.06 / 書評数:16
1987年04月
網走発遥かなり
平均:6.56 / 書評数:9
1986年12月
Yの構図
平均:5.87 / 書評数:15
1986年04月
火刑都市
平均:6.67 / 書評数:12
消える上海レディ
平均:3.25 / 書評数:4
1985年10月
夏、19歳の肖像
平均:6.14 / 書評数:7
1985年09月
サテンのマーメイド
平均:6.60 / 書評数:5
確率2/2の死
平均:4.89 / 書評数:19
1985年04月
殺人ダイヤルを捜せ
平均:5.89 / 書評数:9
1985年03月
高山殺人行1/2の女
平均:5.33 / 書評数:9
1985年01月
北の夕鶴2/3の殺人
平均:7.13 / 書評数:46
1984年09月
漱石と倫敦ミイラ殺人事件
平均:7.18 / 書評数:40
1984年06月
出雲伝説7/8の殺人
平均:6.24 / 書評数:25
1984年04月
嘘でもいいから殺人事件
平均:5.50 / 書評数:10
1984年02月
寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁
平均:6.12 / 書評数:33
1982年02月
斜め屋敷の犯罪
平均:7.01 / 書評数:126
1981年12月
占星術殺人事件
平均:8.25 / 書評数:199
不明
御手洗潔と進々堂珈琲