海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト
皆さんから寄せられた5万件以上の書評をランキング形式で表示しています。ネタバレは禁止 していません。ご注意を!

take5さん
平均点: 6.52点 書評数: 276件

プロフィール高評価と近い人 | 書評 | おすすめ

No.276 8点 バールの正しい使い方- 青本雪平 2024/02/18 13:39
周りに擬態して生きる
礼恩の小学生からしばらくの物語
、、、の物語。

繊細な感性、
みずみずしい表現。
新聞の書評をきっかけに読みましたが
これは私には大当たりです。
心に残る力強い読後感。
ミステリの枠におさまらず
読書っていいなと思います。

No.275 7点 ヨモツイクサ- 知念実希人 2024/02/18 10:46
ネタバレあります。

リーダビリティ高し。
200ページほどまでで
完全に荒唐無稽の世界観を構築する筆力。
最近アイヌの伝承に関わるミステリを
凍てつく太陽で楽しみましたが
そちらは文化へのリスペクトを感じ
こちらは不思議さしか感じない
完全にプレデター扱いなのがある意味清いです。
35?ページの反転にはびっくりしました。
あれだけ字がでかいので。
そしてフォントも怖かったですw
ゾンビ系って流行ってるんですかね。
古い人間で7点以上つくイメージが
湧かずファンの方すみません。
小学生の息子が同じ部屋でかがみの孤城を読んでいますが
次にヨモツイクサは勧めないなあ~と。

No.274 7点 満願- 米澤穂信 2024/02/12 21:23
齋藤警部さんが書いてらっしゃるのですが、
連城節を感じさせる作品がちらほら。
短編集としてはまぁまぁよかったです。

夜警   
警察小説。 困り者の部下の見え方が反転

死人宿
これから自殺する犯人捜しの末、反転

柘榴
家族愛憎系、事件を捉える視点で反転

万灯
バングラデシュ経済サスペンス、
すごく良く描けていると思います。
しかし日本に帰ってからが淡白。

関守
峠の茶屋のおばあさんがよい味出してます。

満願
下宿でお世話になった奥さんは殺人犯となり、
弁護士になった主人公と再会。
怪しい雰囲気がよいです。

No.273 5点 汚れた手をそこで拭かない- 芦沢央 2024/02/10 15:56
息子が友達に進められて読み
私も読みましたが
これ小学生が読む本ではないでしょうw
前2つはまぁまぁ反転ミステリで
後ろの方はイヤミスです。

No.272 6点 そして扉が閉ざされた- 岡嶋二人 2024/02/04 11:04
フーダニット、ハウダニットを
カットバックで追いかける
大変リーダビリティの高い作品。
真相は普通の衝撃度ですが、
The本格ミステリといった趣き。
あまり人物に感情移入できずこの評価。
文庫の割に字が大きくて目に優しいです。

No.271 6点 さよなら妖精- 米澤穂信 2024/01/27 10:19
青春小説であり
戦争小説である
このギャップが
本の力です。
ユーゴスラビア紛争下で
飛び交う砲弾と
弓道の高校生大会で
放たれる矢との
切ない対比です。

No.270 7点 雪は汚れていた- ジョルジュ・シムノン 2024/01/22 20:21
連合軍占領下のフランスで、
淫売屋を営む娼婦崩れの母を持つ
若者の無軌道な行動を描く。
彼は結局占領軍の調査部局に捕まる。
ある種強靭な彼は尋問を耐えてゆく。
占領軍は愛国主義者などの政治性を犯行動機と疑ったが、
そこは本質ではない。
一旦は裏切った若い娘の感情を知るクライマックス、
彼は従容として死に赴く。

戦争とは様々な顔をしているものですね。

No.269 8点 凍てつく太陽- 葉真中顕 2024/01/14 18:24
blueでもそうでした。
作者が表現する
歴史に翻弄されながらも
生きていく登場人物が魅力的です。
太平洋戦争の時代、
室蘭での軍部と警察、
アイヌと内地と朝鮮から連れてこられた人々
混在する混沌が見事に書かれていて、
500ページ以上一気に読ませます。
5時間以上がかかりましたが満足!
凍てつく太陽
タイトルもいいし、
表紙の鳥たちも効いています。

No.268 7点 十戒- 夕木春央 2024/01/13 16:53
300ページに全く足らないから
あっという間に読めるタイパ作品。
3時間に全く至らないで読了。

もしも、、、
この作品が「方舟」の前に書かれていたら
「方舟」がシンプル過ぎると言われてしまう
そんな感じがします。
やはり前作の衝撃は
後の作品評価に影響しますね。

この作品では「そして誰もいなくなった」への
オマージュや
プロットの精巧さが感じられて好ましいのですが
爆弾という設定が
精巧さと合っていないかなあとも思います。
すみません私見です。

唯一衝撃的と言えるのが
ある登場人物の台詞
好きになって、期待して、がっかりした人
というくだり、
やはりこの作品は
「方舟」の後に書かれるべき作品という事です。
怖すぎる、、、

No.267 7点 死者が飲む水- 島田荘司 2024/01/08 21:09
この作品で江戸川乱歩賞三度目のノミネート
しかし無冠の帝王、受賞ならず、、、

南雲堂文庫353ページにある
「適度の怠惰と、そして保身のための計算とで、
日常の正義は、そして平和は、守られている。」
牛越刑事のこの台詞は、
自嘲や犯人へのリスペクトを感じるもので
わざと言わせる島荘らしさ。
私にはここがクライマックスです。

時刻表トリックの第二弾の方は、
、、、ちょっとやり過ぎでした。
しかし事件の背景は
島荘らしい社会派で
私には好ましかったです。

飢餓海峡じゃないですが
青函連絡船の転覆事件が
伏線となっているのも感慨深いです。

No.266 6点 マチルダは小さな大天才- ロアルド・ダール 2024/01/01 05:51
ロアルド・ダールは
大人も子どもも楽しめる作家ですね。
ある道徳性について論考された本の
参考文献として用いられていた児童文学ですが
大人への皮肉が身にしみる名作です。
マチルダの担任と校長の伏線回収だけ
ちょっとしたミステリー。


新年一人目の書評でした。
昨年だけでこのサイト
3000件も紹介されていました。
2024年 謹賀新年
今年も皆さんの紹介から
良書に出会える事を願います。

No.265 9点 同志少女よ、敵を撃て- 逢坂冬馬 2023/12/30 17:55
初めて満票を得たという
アガサ・クリスティ賞受賞作
独ソ戦を描いた戦争小説であり
広義のミステリーであり、
女性視点の社会派小説であり、、、
とにかく読み応え満載でした。
戦争の大義、
それでも生きる意味とは、
弾道学からロシアの生活まで
作者の綿密な取材力が光る大作。
作者はこれがデビュー作?本当に?
あり得ない筆力です。
中盤から私の頭の中に
ノーベル賞の「戦争は女の顔をしていない」
が浮かぶのですが、最後に、、、
いやもう冬休みに大作に出会えて良かったです。

後お二人で書評10人達成、
「飢餓海峡」で潰されてしまった
高評価に新しい血を送り込み計画
8か9か迷って9点にしました。
どなたか乗りませんか。

No.264 9点 この夏の星を見る- 辻村深月 2023/12/03 15:34
小説として10点
ミステリーとして4点
その他の要素の最頻値として9点

Surges がBGMで流れてくる。
『コロナ禍』などと
私のような大人が一括りにしたら
決して見えない世界がある十代の一年間。
辻村深月さんが好きです。
これまでの作品で
一番ミステリーから遠く
一番琴線に触れました。

No.263 7点 恩讐の鎮魂曲- 中山七里 2023/11/19 11:56
御子柴シリーズ第三弾
よかった点
緊急避難をめぐる伏線回収(因果応報)が
よく描かれています。
また、特養老人ホームをめぐる
今日的課題もよく描かれています。
難点
登場人物の背景をめぐる伏線回収が
too match過ぎて
カタルシスを通り越しています。
でもお休みの午前中に
二時間ちょっとで一気読みできた
リーダビリティは高く、
よい時間を過ごせました。

No.262 5点 復讐の協奏曲- 中山七里 2023/11/18 17:06
御子柴シリーズ
キャラ設定が特殊な事に加えて
被害者関係者と加害者がシンクロするという
かなり作り物の世界を読みます。
まあ小説ですから作り物の世界でも
よいのです。
最後の法廷のくだり、
ページの制約か?と思うほど
あっけなく終わりました。
情報屋の能力高っとか、
突っ込みどころ満載ですが
リーダビリティも高っです。

No.261 7点 翼がなくても- 中山七里 2023/11/12 14:21
こちらのサイトで皆様から
中山七里を教えていただき
御子柴という極めてキャラの立つ
主人公に親しみ始めた訳ですが、

その御子柴をサブにした番外編。
私、陸上に親しむ陸上小説好きで
そのような作品をいくつか
読みましたが、青春物でもなく
しかし狂気をはらむスポーツの世界は
一定のレベルで描かれております。

ご都合主義の極致という点も幾つかあります。
殺害後の処理とか、
何と言ってもデヴィッドガーターの下りとか。
でも繰り返しになりますが
全力で走る実感がシンクロする
私には、
200mの表現だけでよい小説でした。

No.260 8点 はるか、ブレーメン- 重松清 2023/11/04 14:56
人生の最後に見ると言われる走馬灯。
その走馬灯を改変する仕事があるという。
たどり着きたくてもたどり着けない
そんな存在をブレーメンの町になぞらえて
物語は進みます。
人間の記憶こそ最大のミステリー。
いつもは解き明かしたいと思う真実、
その真実という概念にも新たな光を当てる
名作でした。

No.259 7点 成瀬は天下を取りにいく- 宮島未奈 2023/10/22 21:55
これで感想文書くのもすごいが、
小学生の知人に薦められて読み終わり、
ふとこのサイトの検索に
『成瀬』と入れてみたら登録済み!?
いやこれミステリーなら何でもあり
と思いますが、
素敵な作品なのでまあいいや。
最終章の成瀬の人間っぷりが爽やかで
全ての小中高校生に推します。
自分を貫く事が苦しい昨今、
これはファンタジーかもしれないけれど、
君の何かを肯定してくれるはず。

そして世の中の私のような父は
成瀬の魅力に鑑みて
子にスマホを買わない接し方を
ありとバイアス気味に肯定されるのでした。

No.258 7点 宵待草夜情- 連城三紀彦 2023/10/16 13:03
1983年版の、
作者自身の後書きがとてもいいです。
作品5つの中で、
個人的には四番目『花虐の賦』が一番。
かぎゃくのふ、で合ってますか?
賦って税金とかだとしたら暗喩が
効いていますね。
勘違いだとしたら恥ずかしいですが。

No.257 7点 禁断- 今野敏 2023/10/14 18:46
すらすら読めます。
典型的なやくざが出てきたり、
警察の様子は警察小説の典型で、
横浜を舞台にテレビのドラマのよう。
ただ、
中国の要人とあれほど簡単に合流して
心通わせていくのはいくらなんでも
都合がよすぎるかと。
前半の不穏な空気感はよかったのに。

キーワードから探す
take5さん
ひとこと
古今東西ミステリーは沢山ありますが、
すばらしい古典に出会った時、
人間が描かれている作品に出会った時に、
ああ読んでよかったと思います。
そういう作品に一つでも出会えればと、
このページを覗...
好きな作家
決められません
採点傾向
平均点: 6.52点   採点数: 276件
採点の多い作家(TOP10)
東野圭吾(26)
ジェフリー・ディーヴァー(16)
連城三紀彦(15)
薬丸岳(13)
道尾秀介(12)
島田荘司(8)
今野敏(8)
アガサ・クリスティー(8)
辻村深月(7)
奥田英朗(6)