海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

じきるさん
平均点: 6.76点 書評数: 229件

プロフィール高評価と近い人 | 書評 | おすすめ

No.229 7点 敗北への凱旋- 連城三紀彦 2021/12/26 17:10
暗号部分は理解不能でしたが、壮大な動機を潜ませた男女の愛憎劇が素晴らしい。

No.228 8点 オイディプス症候群- 笠井潔 2021/12/22 18:42
前作同様、思想哲学部分とミステリ部分のグルーヴ感が心地良く、作中の哲学論をクローズドサークルという舞台で演出する手腕が鮮やか。ミステリの大筋も不満点が無い訳ではありませんが、概ね満足出来るものでした。
語りがくどいのが瑕だけど、まぁ笠井潔なのでと個人的には割り切ってます。

No.227 7点 煙の殺意- 泡坂妻夫 2021/12/20 12:00
泡坂さんの持ち味である奇妙な逆説を活かした作品集。
個人的には表題作が一番面白かったです。

No.226 6点 白光- 連城三紀彦 2021/12/11 23:02
私の好みの連城ミステリからはやや外れていますが、高水準な技巧が凝らされた作品。
真犯人は存在しているのだが、各登場人物の主観を利用した多重型の要素を同居させることで、独特の味わいがあります。

No.225 6点 鵺の鳴く夜が明けるまで- door 2021/12/07 16:46
ライトノベルの皮を被ったガチガチの本格。
〇〇トリックを成立させるために、伏線の細やかな配慮が徹底されていて好印象。

No.224 5点 崩れる脳を抱きしめて- 知念実希人 2021/12/07 16:32
読みやすくてあっという間に読了してしまった。
途中の構成にやや無理を感じたのと、仕掛けの一部が透けてしまったため、世評ほどは楽しめなかったです。

No.223 6点 武家屋敷の殺人- 小島正樹 2021/12/07 16:27
数々の謎・トリックは魅力的で、水準レベルはあると思う。
登場人物にまるで魅力がないのと、詰め込み過ぎによって面白みを少し損ねているのが瑕か。

No.222 6点 風よ僕らの前髪を- 弥生小夜子 2021/12/07 16:19
文章が綺麗で、仕掛けも無理なく決まっている。
それなりに楽しめたが、もう一押し欲しいところではある。

No.221 5点 煙か土か食い物- 舞城王太郎 2021/11/11 23:40
独特の文体には小説でラップしてるような味があります。物語の疾走感やパワーは凄まじいものを感じますが、とっ散らかっていてノリきれなかった。

No.220 5点 奇想、天を動かす- 島田荘司 2021/11/09 01:20
謎はとてつもなく魅力的なんですけど、その解決は拍子抜けするものやネタが読めてしまうものが多かったです。
期待が大きかった分、少し残念な印象…。

No.219 5点 Jの神話- 乾くるみ 2021/10/30 23:29
良くも悪くもB級感が全開の怪作。終盤の展開には唖然とするしかない。

No.218 7点 真珠郎- 横溝正史 2021/10/24 23:57
中々にトリッキーな謎解きの骨格を、怪奇と耽美で存分に彩った秀作です。面白かった。

No.217 8点 ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔- 京極夏彦 2021/10/21 13:39
これは『邪魅の雫』の続編とも言える作品ですね。
前半のバラバラな伏線を活かした、後半戦怒涛のストーリー運びは前作を超える面白さです。美緒や歩未のヒーローっぷりに拍車がかかっているのも清々しくて良い。

No.216 7点 ルー=ガルー 忌避すべき狼- 京極夏彦 2021/10/21 13:28
京極風ライトノベルといった作りで、ページ数の割にはするすると一気読み出来る。
真相は百鬼夜行シリーズと繋がりがあり、その点では驚かされましたね。

No.215 7点 巷説百物語- 京極夏彦 2021/10/11 21:39
時代小説風の怪異譚ですが、ミステリに通ずる仕掛けの要素も楽しめます。又市一味のからくりに毎度唸らされました。

No.214 5点 その可能性はすでに考えた- 井上真偽 2021/10/09 16:35
着想とプロットは面白いですが、イマイチ乗り切れなかった作品。キャラクターにあまり魅力を感じられなかったのと、机上の空論を捏ねくり回すのに飽きが来てしまったからかも。

No.213 9点 瓦斯灯- 連城三紀彦 2021/09/29 19:30
連城らしい残酷な反転を見せる「花衣の客」と、ラストシーンの美しさが印象的な「炎」が素晴らしい。
その他にも美しい短編の揃った傑作作品集です。

No.212 9点 妖異金瓶梅- 山田風太郎 2021/09/29 19:20
連作短編として、類を見ない奇想とユニークなトリック、高い完成度を同居させた傑作。
終盤、怒涛の展開とともにスケールの拡がりを見せるストーリーにも満足です。

No.211 7点 火蛾- 古泉迦十 2021/09/26 04:03
イスラームの世界観ならではの論理を、上手くミステリにまとめ上げた良作です。幻想的な筆致も良かった。

No.210 6点 密室は御手の中- 犬飼ねこそぎ 2021/09/26 04:00
トリック・ロジック共によく練り込まれており、ミステリ部分の出来栄えには満足出来ました。
ギクシャクしたストーリー運びが玉に瑕か。最近流行り(?)の名探偵の苦悩も、中途半端に取ってつけたような印象を受けました。

じきるさん
ひとこと
好きな作家
採点傾向
平均点: 6.76点   採点数: 229件
採点の多い作家(TOP10)
京極夏彦(21)
東野圭吾(19)
麻耶雄嵩(17)
連城三紀彦(14)
米澤穂信(14)
三津田信三(11)
綾辻行人(9)
野村美月(7)
浦賀和宏(6)
横溝正史(6)