海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
倒錯のロンド
倒錯シリーズ/「完成版」は部分的に改訂の新装版
折原一 出版月: 1989年07月 平均: 6.31点 書評数: 49件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
1989年07月

講談社
1992年08月

講談社
2021年01月

No.49 7点 パンやん 2021/07/12 04:54
完成版が出たというのになんとも旧文庫版の感想ですが、もう30年以上も前につくられていた驚きの叙述ミステリーである。倒錯の盗作というダジャレから生まれたかのような作中作の入れ子構造、その手記の記述に振り回される快感に酔いしれよう。夢か狂気か、息の詰まるブラックな味わいがとってもいいですなあ。

No.48 4点 ことは 2019/11/17 01:35
叙述トリックは大好きです。
しかし、これはだめだった(面白く感じられなかった)もののひとつ。
なにがだめかって、叙述トリックが明かされるまでのストーリーが全くのれない。陰鬱なサイコ風の話で、仕掛けだけを楽しみに読みましたが、だめでした。仕掛けは悪くないんだけど、仕掛けだけのために(私の好みでは)つまらない話を読まされても、なんだかなぁという感じです。
ううむ、折原一は何作か読んでいるけど、こっち系(サイコ系)の話はまったく相性が悪くて、楽しめないなぁ。パロディ色の強い密室ものは楽しめるんだけどなぁ。

No.47 5点 take5 2018/08/22 17:21
叙述トリックは、読み終わった時に読者が
読者論に起因する偏見の内省なり、
霧が晴れるような爽快感なりを
さりげない筆者の文体から感じ入る物が上等と考えますが、
これは騙すぞーが強すぎて…
文中に登場するアイリッシュやバリンジャーの作品の方が好みです。

No.46 6点 邪魅 2017/03/02 18:50
色んな幻の女が入り交じり大混乱ですよね
しかし複数のトリックを用いて真相を隠しながら最終的に繰り出されるどんでん返しは氏の真骨頂ですね
素晴らしい

No.45 4点 斎藤警部 2015/08/11 20:44
最後、そこまでナニを連発されたら滑っちゃうばかりよ醒めるよ詰まらんよ。
そこまでは結構愉しく読んでたんだ。

現実世界の「乱歩賞獲り」を取り込んでいるのは面白いと思います。 乱歩自身が「陰獣」で試みた悪戯をうっすらと連想させるってなイメージ重層具合で。

No.44 6点 CHABI 2015/08/06 22:42
叙述に期待しすぎていた為か思っていたほどの驚きはありませんでした。
読みやすいところは高評価です。
先入観を持って読むのもよくないですね。

No.43 7点 文生 2015/03/08 14:43
推理小説の新人賞原稿が盗まれ、その犯人を捜すという設定がユニーク。
本格ミステリーとしては結末にいささか無理があるが、多少の無理は強引にねじ伏せる勢いと熱にうなされているような異様なテンションに引っ張られ、真相の不自然さはさほど気にならなかった。

No.42 5点 測量ボ-イ 2014/07/21 11:48
叙述トリックといえば、まあその部類なんでしょう。
でもこのオチは正直好きではありません・・・綾辻氏の某作品
を彷彿させますね。
従い辛めの採点となります。
乱歩章に応募する作品の原稿が盗難にあって・・・というプロ
ットは非常に面白く、期待感があっただけに残念。

No.41 6点 メルカトル 2013/09/17 22:15
再読です。
いかにも折原氏らしい作品。しかもまだ若い頃なので脂が乗っているのが筆の勢いで感じ取れる。
終盤で「これからどんでん返しが起こります」と宣言しているが、私にはそれ程のものかという印象だった。勿論叙述トリックが仕掛けられているのだが、これがそんなに鮮やかに決まっているとは言い難いと思う。
やられた感がないんだよね、ああそうなの、って感じで。
一番の謎は、この作品で作者が乱歩賞を受賞できる自信がどこから来ていたのかに尽きる。
どう考えても、こうした作風は乱歩賞にふさわしくないでしょう。
残念ながら、最終選考に残っただけでも大したものだと納得するしかないのではないだろうか。
まあでも、サクサク読めるし、それなりに楽しめるのは確か。ではあるが、ちょっと捻くりまわしすぎの感は否めない。

No.40 7点 mohicant 2013/08/05 22:14
 良質の叙述トリックだった。反則技のような気もするが、楽しめたのでよかった。

No.39 8点 (^^) 2013/02/14 22:12
最後はどんでん返しに次ぐどんでん返し。怒涛という言葉がしっくりくる。
まさか我々が生きている”こっちの世界”にリンクさせてしまうとは。着想が面白いし、これを実際に書いてしまうところが凄い。

No.38 5点 いいちこ 2012/03/14 20:20
折原作品で手記が登場するとなれば叙述トリックと宣言しているも同然。
それでも読ませるだけのプロットの面白さ、巧妙なストーリーテリングが光る。
しかし明かされた登場人物のほとんどが●●という真相は、ご都合主義そのものであり、背景・人物造形の観点からも合理的な説明が付けられたとは言えない。
テクニックは認めてもこの評価

No.37 6点 蟷螂の斧 2012/02/09 15:00
折原作品は初めてです。最初から叙述物とわかりながら読んでも楽しめました。題名と物語がうまくマッチしていていると感心しました。

No.36 4点 じのびりさん 2011/11/21 08:16
読みやすかったけど面白くなかった

No.35 7点 haruka 2011/09/01 23:42
メイントリックは早い段階で分かってしまったが、テンポの良い展開で一気に楽しく読めた。

No.34 9点 3880403 2011/05/21 18:02
テンポもよくて面白いしやられた。
終盤の畳み掛ける展開がいい。
折原一は初読みだったが、他の作品も読んでみたい。

No.33 6点 ムラ 2011/04/15 18:57
叙述トリック抜きでも展開そのものが楽しめた。
トリックは第一部読み終わったあたりでなんとなく気がついてしまったけど、作者の技巧までは読みきれなかったので十分楽しめる。
さすがに二つ目のトリックまではわからなかったけれども。
しかし、叙述トリックをやるぞー!とわざわざハードルを高くした上できちんと楽しませてくれる作品は本当に尊敬できる。

No.32 8点 seiryuu 2010/07/16 17:04
展開が面白かった

No.31 7点 こう 2010/03/19 22:13
 折原作品らしい狂人のお話ですし楽しい内容ではないですが発売順に読んでいたので個人的には楽しめました。
 読んでいて「しつこい作品」だなあと思いますがここまで徹底すれば大したものと当時は思いました。ただ加筆したあとがきは別にいらないなあと思いました。
 再読して楽しめるかはわかりませんが。

No.30 4点 2010/02/12 21:43
もやもやとした気分が最期まで残った作品
私には、生理的にあわない。


折原一
2020年11月
傍聴者
平均:6.00 / 書評数:1
2018年06月
ポストカプセル
平均:4.50 / 書評数:2
2017年10月
双生児
平均:4.00 / 書評数:1
2016年04月
死仮面
平均:5.00 / 書評数:2
2014年09月
侵入者 自称小説家
平均:4.80 / 書評数:5
2013年05月
グランドマンション
平均:5.50 / 書評数:6
2012年12月
潜伏者
平均:5.75 / 書評数:4
2011年11月
帝王、死すべし
平均:4.67 / 書評数:6
2010年11月
追悼者
平均:6.40 / 書評数:10
2010年04月
赤い森
平均:5.50 / 書評数:2
2010年02月
放火魔
平均:6.00 / 書評数:5
2009年08月
逃亡者
平均:6.14 / 書評数:7
2008年07月
クラスルーム
平均:4.00 / 書評数:2
2007年11月
黒い森
平均:3.43 / 書評数:7
2007年06月
疑惑
平均:5.67 / 書評数:3
2007年03月
タイムカプセル
平均:4.40 / 書評数:5
2006年08月
行方不明者
平均:4.40 / 書評数:5
2005年11月
グッドバイ 叔父殺人事件
平均:5.25 / 書評数:4
2005年04月
黙の部屋
平均:6.33 / 書評数:3
2004年09月
叔母殺人事件 偽りの館
平均:4.60 / 書評数:5
2004年03月
チェーンレター
平均:5.00 / 書評数:3
2003年12月
鬼頭家の惨劇
平均:2.67 / 書評数:3
2003年09月
被告A
平均:5.00 / 書評数:3
2003年05月
模倣密室
平均:5.00 / 書評数:5
2002年10月
倒錯のオブジェ 天井男の奇想 
平均:6.14 / 書評数:7
2002年06月
樹海伝説―騙しの森へ
平均:5.00 / 書評数:1
2001年11月
沈黙者
平均:4.67 / 書評数:3
2000年10月
倒錯の帰結
平均:4.54 / 書評数:13
2000年02月
耳すます部屋
平均:4.00 / 書評数:4
1999年09月
暗闇の教室
平均:5.00 / 書評数:2
1998年11月
失踪者
平均:5.20 / 書評数:5
1998年03月
黄色館の秘密
平均:4.50 / 書評数:6
1997年11月
冤罪者
平均:7.44 / 書評数:16
1997年05月
遭難者
平均:4.20 / 書評数:10
1997年02月
101号室の女
平均:5.00 / 書評数:4
1996年10月
二重生活
平均:6.00 / 書評数:4
1996年09月
漂流者
平均:6.50 / 書評数:6
1996年01月
ファンレター
平均:5.83 / 書評数:6
1995年10月
幸福荘の秘密―新・天井裏の散歩者
平均:6.75 / 書評数:4
1995年08月
黒衣の女
平均:4.67 / 書評数:6
誘拐者
平均:6.00 / 書評数:6
1994年08月
望湖荘の殺人
平均:4.17 / 書評数:6
1994年04月
沈黙の教室
平均:6.94 / 書評数:18
1994年02月
「白鳥」の殺人
平均:4.17 / 書評数:6
1993年12月
天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記
平均:6.18 / 書評数:11
1993年08月
水底の殺意
平均:6.14 / 書評数:7
1993年01月
異人たちの館
平均:6.10 / 書評数:10
1992年11月
七つの棺
平均:6.21 / 書評数:14
蜃気楼の殺人
平均:4.50 / 書評数:4
1992年02月
仮面劇
平均:4.71 / 書評数:7
1991年10月
覆面作家
平均:5.67 / 書評数:6
1991年03月
丹波家の殺人
平均:4.86 / 書評数:7
1990年08月
灰色の仮面
平均:6.14 / 書評数:7
1990年06月
猿島館の殺人~モンキー・パズル~
平均:5.08 / 書評数:13
1990年01月
螺旋館の殺人
平均:5.91 / 書評数:11
1989年07月
倒錯のロンド
平均:6.31 / 書評数:49
1989年03月
鬼面村の殺人
平均:6.38 / 書評数:16
1988年10月
倒錯の死角−201号室の女−
平均:6.25 / 書評数:24