海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ サスペンス ]
異人たちの館
折原一 出版月: 1993年01月 平均: 6.10点 書評数: 10件

書評を見る | 採点するジャンル投票


新潮社
1993年01月

新潮社
1996年01月

講談社
2002年07月

文藝春秋
2016年11月

No.10 6点 邪魅 2017/02/27 02:39
折原さんの作品は結構読みやすくて好きです
今回は、騙された!!というような作品ではないです

まあ氏の場合かなり身構えてしまうので、ある程度は予測出来てしまうのが残念でしょうか
完璧には看過出来ませんでしたが

No.9 6点 haruka 2017/02/19 23:09
自作ベストというだけあってよくまとまっている作品だとは思うが、結果、わかりやすいオチだなあ。

No.8 8点 パメル 2017/02/09 11:57
一人称・三人称・インタビュー・作中作・モノローグ等いくつものかたちで描き分けられている
最後の最後に世界がひっくり返るようなどんでん返しというような叙述トリックでは無い
小さな仕掛けがいくつもあり物語は二転三転し(いや四転五転ぐらい?)その度に一体どうなってるんだ?という感覚にさせられ捲るページが止まらない
騙される快感を味わいたいと思っている方は楽しめる作品だと思います

No.7 9点 斎藤警部 2015/07/06 19:39
バカ叙述に墜ちない、硬質な読み応えを感じます。振り返れば中身が有って無いような不可思議な感覚と構造の物語ですが、読んでいる間はひたすら楽しめる。めくるめく謎の旋回と増殖を目の当たりにして、ロジックを追うとはまた異なる知的興味がぐいぐいと引っ張られ続けるのです。最後の叙述ギミックたたみかけは途中からやり過ぎと感じましたが、、それでも読了後もあのざわついた感触と不可解なきらめきは記憶の尾を引く。素晴らしいエンタテインメントでしたね。。

No.6 8点 蟷螂の斧 2013/01/04 12:45
著者の自薦ベスト3の一冊ということで、叙述の折原らしさが発揮されていて楽しめました。リーダビリティもあり、代表作のひとつになると思います。「モノローグ」が何回も挿入されていますが、その扱い方(特に時間軸)が秀逸でした。

No.5 8点 E-BANKER 2011/08/20 16:59
折原叙述作品の1つの完成型といってよい作品ではないでしょうか。
久々に再読。
~富士の樹海で失踪した息子・小松原淳の伝記を書いて欲しい。売れない作家・島崎に舞いこんだゴーストライターの仕事・・・。依頼人の広大な館で、資料の山と格闘するうちに島崎の周囲で不穏な出来事が起こり始める。この一家にはまだまだ秘密がありそうだ。5つの文体で書き分けられた折原叙述ミステリーの最高峰!~

やはり作者の「代表作」といえるでしょう。
看板に偽りなしで、それまでに培った作者の叙述テクニックが惜しげもなく挿入されてます。
折原作品といえば、日記やら手記やら、作中作などを使い分けて読者を煙に巻いていきますが、本作では『地の文+インタビュー形式の挿話』をメインとして、そこにモノローグやら作中作が織り込まれ、徐々に騙されていくことに・・・
冒頭から「異人」を巡って不可思議な事件が起こり、メタミステリー的な雰囲気になりますが、ラストでは一応すべてが解決に導かれます。
まぁ、「脂の乗り切った」頃の作品ですねぇー
これでもかという勢いで叙述トリックを仕掛けられ、作品自体に何ともいえないエネルギーを感じさせられました。
本作が、「沈黙の教室」や「~者シリーズ」など作者の代表作の基盤になっているように思えますし、長いですが十分読み応えのある作品ではないかと思います。
(モノローグはちょっとズルイよねぇー。その共通項には気付かなかった・・・)

No.4 2点 りんちゃみ先輩 2009/10/10 18:05
何とか読み切った感、今まで読んだ折原作品で一番つまらなく感じた。文章に流れがなく、五つの文体で書いてあることが話を分かりづらくしていると思う。登場人物の名前だけはみょうに頭に残っている。

No.3 4点 ざき 2004/07/09 23:10
期待していたほどではなかったのが残念。仕掛けが見破れたわけではないのだが、倒錯のロンドや死角に比べて、トリックが暴かれた時に世界が一変する、という衝撃がなかったような気が・・・。

No.2 6点 ギザじゅう 2004/03/30 12:00
今までのような一発どんでん返しでなく、様々な箇所に二重三重と罠を張った作品。さらに通常の三人称、インタビュー、創作小説、謎のモノローグ等々の文体を使い分け、今までの作品より上手いと感じた。
最後の真相が大体予想していたことの範疇内だったので驚きは感じられなかったが、楽しめることは間違いない。

No.1 4点 かなかな 2004/03/06 01:39
叙述トリックって宣伝しているせいで、色々先が読めちゃいました。
あと作者が親切すぎるのか、「しかけ」がくどく感じます。現実の事件を散りばめているのも、作品に入り込めない一因かも。


折原一
2020年11月
傍聴者
平均:6.00 / 書評数:1
2018年06月
ポストカプセル
平均:4.50 / 書評数:2
2017年10月
双生児
平均:4.00 / 書評数:1
2016年04月
死仮面
平均:5.00 / 書評数:2
2014年09月
侵入者 自称小説家
平均:4.80 / 書評数:5
2013年05月
グランドマンション
平均:5.50 / 書評数:6
2012年12月
潜伏者
平均:5.75 / 書評数:4
2011年11月
帝王、死すべし
平均:4.67 / 書評数:6
2010年11月
追悼者
平均:6.40 / 書評数:10
2010年04月
赤い森
平均:5.50 / 書評数:2
2010年02月
放火魔
平均:6.00 / 書評数:5
2009年08月
逃亡者
平均:6.14 / 書評数:7
2008年07月
クラスルーム
平均:4.00 / 書評数:2
2007年11月
黒い森
平均:3.43 / 書評数:7
2007年06月
疑惑
平均:5.67 / 書評数:3
2007年03月
タイムカプセル
平均:4.40 / 書評数:5
2006年08月
行方不明者
平均:4.40 / 書評数:5
2005年11月
グッドバイ 叔父殺人事件
平均:5.25 / 書評数:4
2005年04月
黙の部屋
平均:6.33 / 書評数:3
2004年09月
叔母殺人事件 偽りの館
平均:4.60 / 書評数:5
2004年03月
チェーンレター
平均:5.00 / 書評数:3
2003年12月
鬼頭家の惨劇
平均:2.67 / 書評数:3
2003年09月
被告A
平均:5.00 / 書評数:3
2003年05月
模倣密室
平均:5.00 / 書評数:5
2002年10月
倒錯のオブジェ 天井男の奇想 
平均:6.14 / 書評数:7
2002年06月
樹海伝説―騙しの森へ
平均:5.00 / 書評数:1
2001年11月
沈黙者
平均:4.67 / 書評数:3
2000年10月
倒錯の帰結
平均:4.54 / 書評数:13
2000年02月
耳すます部屋
平均:4.00 / 書評数:4
1999年09月
暗闇の教室
平均:5.00 / 書評数:2
1998年11月
失踪者
平均:5.20 / 書評数:5
1998年03月
黄色館の秘密
平均:4.50 / 書評数:6
1997年11月
冤罪者
平均:7.44 / 書評数:16
1997年05月
遭難者
平均:4.20 / 書評数:10
1997年02月
101号室の女
平均:5.00 / 書評数:4
1996年10月
二重生活
平均:6.00 / 書評数:4
1996年09月
漂流者
平均:6.50 / 書評数:6
1996年01月
ファンレター
平均:5.83 / 書評数:6
1995年10月
幸福荘の秘密―新・天井裏の散歩者
平均:6.75 / 書評数:4
1995年08月
黒衣の女
平均:4.67 / 書評数:6
誘拐者
平均:6.00 / 書評数:6
1994年08月
望湖荘の殺人
平均:4.17 / 書評数:6
1994年04月
沈黙の教室
平均:6.94 / 書評数:18
1994年02月
「白鳥」の殺人
平均:4.17 / 書評数:6
1993年12月
天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記
平均:6.18 / 書評数:11
1993年08月
水底の殺意
平均:6.14 / 書評数:7
1993年01月
異人たちの館
平均:6.10 / 書評数:10
1992年11月
七つの棺
平均:6.21 / 書評数:14
蜃気楼の殺人
平均:4.50 / 書評数:4
1992年02月
仮面劇
平均:4.71 / 書評数:7
1991年10月
覆面作家
平均:5.67 / 書評数:6
1991年03月
丹波家の殺人
平均:4.86 / 書評数:7
1990年08月
灰色の仮面
平均:6.14 / 書評数:7
1990年06月
猿島館の殺人~モンキー・パズル~
平均:5.08 / 書評数:13
1990年01月
螺旋館の殺人
平均:5.91 / 書評数:11
1989年07月
倒錯のロンド
平均:6.31 / 書評数:49
1989年03月
鬼面村の殺人
平均:6.38 / 書評数:16
1988年10月
倒錯の死角−201号室の女−
平均:6.25 / 書評数:24