海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ サスペンス ]
倒錯の帰結
倒錯シリーズ
折原一 出版月: 2000年10月 平均: 4.54点 書評数: 13件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
2000年10月

講談社
2003年01月

講談社
2004年09月

No.13 8点 MS1960 2016/05/28 21:58
辻褄とか論理性はさておいて、面白かった。首吊り島は本格推理小説として十分魅力的。この作者ならではの世界だなあ。文章が平易で物語の展開で軽快でGOOD!

No.12 7点 蟷螂の斧 2012/04/11 17:41
「首吊り島」の密室トリックは斬新で拍手(思いもよりませんでした)。「監禁者」は「倒錯の死角」の舞台に戻ったようで楽しめました。この作品は二つではなく一つの物語であるので、どちらがどうこうということはなく、通してこの評価にします。また、作者の本音~叙述に関する悩みや密室が好きである等~もわかり好感が持てました。

No.11 3点 こう 2012/02/25 01:04
 構成の妙はあるかもしれませんが面白くなければ意味がないと読了当時思いました。先に文春だったかのベスト10を見ていたのでなんでこんな作品が2位(だったかな)なんだろうと非常に不満でした。
 「首吊り島」はまあまあでしたが倒錯シリーズ全体としては尻すぼみ感が強いです。倒錯シリーズファンは当時こぞって買ったんでしょうけどこれで満足できたんでしょうか。以前のキャラクターに頼った作品でしょう。

No.10 5点 ムラ 2010/12/16 02:50
突っ込みまくれる作品ですが、通しで見ればやはり面白かったです。
こんな世界なんだな、と自分を納得させれば不合理も楽しめる感じです。
首吊のほうだけでも、作品としては完成してる気もしますが

No.9 6点 seiryuu 2010/07/16 17:08
斬新だけど後味は頭の中ぐるぐるで、何かが心に残る・考えさせられるという作品ではなかった。
「倒錯のロンド」が素晴らしかったせいもあるかも。
懲りすぎたかなあ。

No.8 7点 E-BANKER 2010/05/05 13:52
「倒錯」シリーズの完結編。
本作品は「首吊り島」と「監禁者」という2作品が背中合わせになっており、2作で1作という凝った作りになっています。
いや、評判悪いですねぇ・・・
どの書評をみても、まさに「批判一色」という感じです。
確かに批判する方の気持ちはよく分かります。「首吊り島」であれだけ魅力的な謎の提示をされて、もう一歩というところで「監禁者」へ・・・そこで解決されるかと思いきや、なにやら訳の分からない展開になり、そのままラストへ・・・
数々の?に収束をつけないまま、たいへん都合のいいエンディングになってます。
まぁ、そういう批判を理解しつつ、あえて今回はこの評点としています。
何しろ、山本安雄と清水真弓と大沢芳男が出てきて、これだけ縦横無尽に(作品中で)暴れてくれれば、本望というものです。(折原好き以外には分からない感覚かもしれませんが・・・)

No.7 3点 ぷねうま 2009/03/05 17:45
このサイトでは評判が悪いようですが、僕は試み等含めて割と評価しています。
まあ、でも確かにこの手の本にしては酩酊感は薄い。袋閉じの倒錯の帰結なんか別にあってもなくてもどうでもいい感じだし。
しかも最後の最後の最後のオチが自分の〇〇のことて!
知らなかったので意味があるのかと何度も本読み返した。
お前の本読む奴が全員お前のプライベートに興味あると思うなよ!なぜかめっちゃ腹立ったので3点!どーん!

No.6 5点 いけお 2008/09/07 08:54
さすがにくどすぎて論理性にも著しく欠けると思う。
ただ、構成上の新しい試みは評価したい。

No.5 2点 なの 2008/04/15 21:11
気を衒うのは良いんですが、外した時はキッツイってのを体現してます。
「ああ、そうですか」それ以上でもそれ以下でもない感想です。

No.4 2点 くりからもんもん 2007/09/03 22:58
意味不明、すべて読んでも何がなんだか解らない。新しいアイデアを思いつき、それのためだけにつまらない二つの推理小説をでっち上げたのだろうか?
首つり島はトリックと動機に無理がありすぎ
監禁者は設定が無茶、叙述トリックもいまいち
説得力無し

No.3 4点 ざき 2004/10/23 11:30
首吊り島は良かったのに・・・。監禁者で一気にトーンダウン。もっと練ったやつを期待していただけに、残念。

No.2 3点 やん 2004/05/30 23:08
つまらん。首吊り島だけでいい。

No.1 4点 BJ 2003/10/17 21:38
 造本が珍しいという所しか良い点が挙げられない。
 話の循環構成は、ドグラに到底及ばず、結局、折原はこの本で何が何がやりたかったのか?
 これで『倒錯シリーズ』完結とは悲しすぎる。
 『首吊り島』が、割と良い雰囲気だったのに、さらに、残念。


折原一
2020年11月
傍聴者
平均:6.00 / 書評数:1
2018年06月
ポストカプセル
平均:4.50 / 書評数:2
2017年10月
双生児
平均:4.00 / 書評数:1
2016年04月
死仮面
平均:5.00 / 書評数:2
2014年09月
侵入者 自称小説家
平均:4.80 / 書評数:5
2013年05月
グランドマンション
平均:5.50 / 書評数:6
2012年12月
潜伏者
平均:5.75 / 書評数:4
2011年11月
帝王、死すべし
平均:4.67 / 書評数:6
2010年11月
追悼者
平均:6.40 / 書評数:10
2010年04月
赤い森
平均:5.50 / 書評数:2
2010年02月
放火魔
平均:6.00 / 書評数:5
2009年08月
逃亡者
平均:6.14 / 書評数:7
2008年07月
クラスルーム
平均:4.00 / 書評数:2
2007年11月
黒い森
平均:3.43 / 書評数:7
2007年06月
疑惑
平均:5.67 / 書評数:3
2007年03月
タイムカプセル
平均:4.40 / 書評数:5
2006年08月
行方不明者
平均:4.40 / 書評数:5
2005年11月
グッドバイ 叔父殺人事件
平均:5.25 / 書評数:4
2005年04月
黙の部屋
平均:6.33 / 書評数:3
2004年09月
叔母殺人事件 偽りの館
平均:4.60 / 書評数:5
2004年03月
チェーンレター
平均:5.00 / 書評数:3
2003年12月
鬼頭家の惨劇
平均:2.67 / 書評数:3
2003年09月
被告A
平均:5.00 / 書評数:3
2003年05月
模倣密室
平均:5.00 / 書評数:5
2002年10月
倒錯のオブジェ 天井男の奇想 
平均:6.14 / 書評数:7
2002年06月
樹海伝説―騙しの森へ
平均:5.00 / 書評数:1
2001年11月
沈黙者
平均:4.67 / 書評数:3
2000年10月
倒錯の帰結
平均:4.54 / 書評数:13
2000年02月
耳すます部屋
平均:4.00 / 書評数:4
1999年09月
暗闇の教室
平均:5.00 / 書評数:2
1998年11月
失踪者
平均:5.20 / 書評数:5
1998年03月
黄色館の秘密
平均:4.50 / 書評数:6
1997年11月
冤罪者
平均:7.44 / 書評数:16
1997年05月
遭難者
平均:4.20 / 書評数:10
1997年02月
101号室の女
平均:5.00 / 書評数:4
1996年10月
二重生活
平均:6.00 / 書評数:4
1996年09月
漂流者
平均:6.50 / 書評数:6
1996年01月
ファンレター
平均:5.83 / 書評数:6
1995年10月
幸福荘の秘密―新・天井裏の散歩者
平均:6.75 / 書評数:4
1995年08月
黒衣の女
平均:4.67 / 書評数:6
誘拐者
平均:6.00 / 書評数:6
1994年08月
望湖荘の殺人
平均:4.17 / 書評数:6
1994年04月
沈黙の教室
平均:6.94 / 書評数:18
1994年02月
「白鳥」の殺人
平均:4.17 / 書評数:6
1993年12月
天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記
平均:6.18 / 書評数:11
1993年08月
水底の殺意
平均:6.14 / 書評数:7
1993年01月
異人たちの館
平均:6.10 / 書評数:10
1992年11月
七つの棺
平均:6.21 / 書評数:14
蜃気楼の殺人
平均:4.50 / 書評数:4
1992年02月
仮面劇
平均:4.71 / 書評数:7
1991年10月
覆面作家
平均:5.67 / 書評数:6
1991年03月
丹波家の殺人
平均:4.86 / 書評数:7
1990年08月
灰色の仮面
平均:6.14 / 書評数:7
1990年06月
猿島館の殺人~モンキー・パズル~
平均:5.08 / 書評数:13
1990年01月
螺旋館の殺人
平均:5.91 / 書評数:11
1989年07月
倒錯のロンド
平均:6.31 / 書評数:49
1989年03月
鬼面村の殺人
平均:6.38 / 書評数:16
1988年10月
倒錯の死角−201号室の女−
平均:6.25 / 書評数:24