海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ サスペンス ]
漂流者
別題『セーラ号の謎―漂流者―』
折原一 出版月: 1996年09月 平均: 6.50点 書評数: 6件

書評を見る | 採点するジャンル投票


角川書店
1996年09月

角川書店
1999年10月

文藝春秋
2011年01月

No.6 6点 ミステリ初心者 2020/06/10 01:29
ネタバレをしています。
 
 500ページを超える力作です。風間と美智代の漂流の件はやや長いと感じることもありましたが、サスペンス色の濃く、全体的にはすいすい読めました。とくに風間が三田村夫妻と佐伯と美智代をあつめた、そして誰もいなくなった風復讐劇が始まってからは先の展開が気になって仕方がなかったです(笑)。

 推理小説的には、しょっぱなから風間の口述テープから始まり、三田村の復讐ノートという作中作のような複雑な構造でいろいろ妄想させられます。しかし、肝心の叙述トリックの肝が、真っ先に思いつく類のものであり、やや拍子抜けしました。推理小説的にはいまいちな印象です。

No.5 7点 蟷螂の斧 2012/08/15 08:18
復讐劇とサバイバルもので読みごたえがありました。氏ならこう来るのではと確信しながら読んでいるうち、やはり違っていたかと思わせたり、また途中で予想外の人物が殺害されたりし、多少混乱しました(笑)。二つの物語(野獣死すべし・そして誰もいなくなったのオマージュ)がうまく絡まっていて、良い出来だと思います。

No.4 7点 E-BANKER 2012/07/31 21:21
文春文庫で折原といえばこの「~者」シリーズ。
本作はもともと「セーラ号の謎」というのがメインタイトルだったが、サブタイトルだった「漂流者」を正タイトルとして文庫化。

~妻と担当編集者の3人でダイビングに出掛けた人気推理作家・風間春樹。潜水中の事故で助けを求めたが、不倫関係にあった2人に見捨てられる。風間は流れ着いた島から自力で無人ヨットに辿り着いたが・・・。航海日誌、口述テープ、新聞記事等に仕組まれた恐るべき騙しのプロットとは? 叙述ミステリーの傑作長編~

なかなかの力作ではある。
映画「シーラ号の謎」をメインのバックボーンに据え、N・ブレイク「野獣死すべし」さらにはA.クリスティ「そして誰もいなくなった」までもモチーフに加えるというところが、いかにも折原らしい。
ミステリーファンなら「ニヤリ」とするようなプロットだが、普通の作家なら消化不良を起こしかねないように思うが、そこはさすが! 
終盤に向かうにつれて、徐々に混迷の度合いを増していく複雑なプロットをうまい具合に処理している。

まぁ、折原を読み慣れた読者なら、それ程のサプライズは感じないかもしれないが、ヒネリ具合は他作品と比べても高いレベルではないか?
最終章(エピローグ)を前に事件の構図が明かされるが、最初は別々だったはずの2つの大きな流れが徐々に絡み合い、もつれていくところが読者の眼前で展開されるが、実はその裏で巧妙な叙述トリックが仕掛けられているのだ。
この辺りは、ちょうど脂の乗った頃の作品ということだろう。

難を言えば、詰め込み過ぎたためにやや中途半端になっているところか。
あとは、ある人物に仕掛けられた「欺瞞」なのだが、これはちょっと卑怯な気がする。ネタバレになるが、○田○と□原はかなり人物像が違うはずなのだが・・・(「それくらい気付けよ!」ってことなのかな?)

トータルで評価すれば、折原作品としては「中の上」というのが妥当な線。

No.3 4点 つよ 2011/05/02 23:54
すらすら読めるけど。
ご都合主義すぎる展開で興覚め。

No.2 7点 こう 2009/11/14 02:23
 チャールズ・ウィリアムズの「絶海の訪問者」と洋画の「シーラ号の謎」をモチーフとしていると思われる漂流物で更に「そして誰もいなくなった」のパロディでもある意欲作だったと思います。ただ叙述トリック物としてはそれ以前の作品ほど特長は出ていないとは思います。「絶海の訪問者」はサスペンス色が強い作品ですが同じようなシチュエーションでも折原一が書くとこうも違うのが面白いです。
 漂流物は日本ではこの作品と泡坂妻夫の「迷蝶の島」がお気に入りです。

No.1 8点 アデランコ 2002/04/01 14:57
復讐話が好きなので、どんどんページをめくれました。
ただ、途中はダラダラ感があり、疲れてしまいました。


折原一
2020年11月
傍聴者
平均:6.00 / 書評数:1
2018年06月
ポストカプセル
平均:4.50 / 書評数:2
2017年10月
双生児
平均:4.00 / 書評数:1
2016年04月
死仮面
平均:5.00 / 書評数:2
2014年09月
侵入者 自称小説家
平均:4.80 / 書評数:5
2013年05月
グランドマンション
平均:5.50 / 書評数:6
2012年12月
潜伏者
平均:5.75 / 書評数:4
2011年11月
帝王、死すべし
平均:4.67 / 書評数:6
2010年11月
追悼者
平均:6.40 / 書評数:10
2010年04月
赤い森
平均:5.50 / 書評数:2
2010年02月
放火魔
平均:6.00 / 書評数:5
2009年08月
逃亡者
平均:6.17 / 書評数:6
2008年07月
クラスルーム
平均:4.00 / 書評数:2
2007年11月
黒い森
平均:3.43 / 書評数:7
2007年06月
疑惑
平均:5.67 / 書評数:3
2007年03月
タイムカプセル
平均:4.40 / 書評数:5
2006年08月
行方不明者
平均:4.40 / 書評数:5
2005年11月
グッドバイ 叔父殺人事件
平均:5.25 / 書評数:4
2005年04月
黙の部屋
平均:6.33 / 書評数:3
2004年09月
叔母殺人事件 偽りの館
平均:4.60 / 書評数:5
2004年03月
チェーンレター
平均:5.00 / 書評数:3
2003年12月
鬼頭家の惨劇
平均:2.67 / 書評数:3
2003年09月
被告A
平均:5.00 / 書評数:3
2003年05月
模倣密室
平均:5.00 / 書評数:5
2002年10月
天井男の奇想 倒錯のオブジェ
平均:6.14 / 書評数:7
2002年06月
樹海伝説―騙しの森へ
平均:5.00 / 書評数:1
2001年11月
沈黙者
平均:4.67 / 書評数:3
2000年10月
倒錯の帰結
平均:4.54 / 書評数:13
2000年02月
耳すます部屋
平均:4.00 / 書評数:4
1999年09月
暗闇の教室
平均:5.00 / 書評数:2
1998年11月
失踪者
平均:5.20 / 書評数:5
1998年03月
黄色館の秘密
平均:4.50 / 書評数:6
1997年11月
冤罪者
平均:7.33 / 書評数:15
1997年05月
遭難者
平均:4.20 / 書評数:10
1997年02月
101号室の女
平均:5.00 / 書評数:4
1996年10月
二重生活
平均:6.00 / 書評数:4
1996年09月
漂流者
平均:6.50 / 書評数:6
1996年01月
ファンレター
平均:5.83 / 書評数:6
1995年10月
幸福荘の秘密―新・天井裏の散歩者
平均:6.75 / 書評数:4
1995年08月
黒衣の女
平均:4.67 / 書評数:6
誘拐者
平均:6.00 / 書評数:6
1994年08月
望湖荘の殺人
平均:4.17 / 書評数:6
1994年04月
沈黙の教室
平均:6.94 / 書評数:18
1994年02月
「白鳥」の殺人
平均:4.17 / 書評数:6
1993年12月
天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記
平均:6.18 / 書評数:11
1993年08月
水底の殺意
平均:6.14 / 書評数:7
1993年01月
異人たちの館
平均:6.10 / 書評数:10
1992年11月
七つの棺
平均:6.21 / 書評数:14
蜃気楼の殺人
平均:4.50 / 書評数:4
1992年02月
仮面劇
平均:4.71 / 書評数:7
1991年10月
覆面作家
平均:5.67 / 書評数:6
1991年03月
丹波家の殺人
平均:4.86 / 書評数:7
1990年08月
灰色の仮面
平均:6.14 / 書評数:7
1990年06月
猿島館の殺人~モンキー・パズル~
平均:5.08 / 書評数:13
1990年01月
螺旋館の殺人
平均:5.91 / 書評数:11
1989年07月
倒錯のロンド
平均:6.31 / 書評数:49
1989年03月
鬼面村の殺人
平均:6.38 / 書評数:16
1988年10月
倒錯の死角−201号室の女−
平均:6.25 / 書評数:24