海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ サスペンス ]
仮面劇
折原一 出版月: 1992年02月 平均: 4.71点 書評数: 7件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
1992年02月

講談社
1995年03月

No.7 4点 ボナンザ 2019/10/12 15:34
毒殺者で読了。折原にしてはこのシリーズはシリアス寄り。とはいえ叙述トリックの使い方もとってつけたようで微妙。

No.6 5点 haruka 2015/10/09 00:26
わりとよくまとまっている感じです。びっくりするほどのどんでん返しはありません。

No.5 6点 E-BANKER 2015/01/11 21:09
1992年に発表された本作(「仮面劇~MASQUE」)。
今回、文藝春秋社が「~者シリーズ」として「毒殺者」のタイトルへ改題し再刊行。
「仮面劇」では既読なのだが、改題に当たって直しが入っているとのこと・・・

~妻に五千万円の保険金をかけたMの殺人は大成功のはずだった。だが、謎の脅迫者の電話に悩まされることになる・・・。一方、五千万円の保険金をかけられた妻は夫の行動に不信を抱いた。もしかして・・・? どんでん返しにつぐドンデン返し。実際の事件に想を得た「・・・者」シリーズの原点となった「仮面劇」を改訂改題して復刊~

比較的初期の折原らしいテイストを感じる作品。
この頃は生真面目に叙述トリックに取り組んでいたよなぁーということを強く感じた。
(この生真面目さが吉と出るか凶と出るかが問題なのだが・・・)

ただ、佳作レベルの作品に比べると叙述の切れ味は今ひとつという印象。
三章立てになっており、さらに「入れ子」構造となっているのが最後に判明するのだが、この「入れ子」が全く活かされていないのだ。
ということで、読者が「あっ」と思わされるのはラスト近くのワンセンテンスのみ。
ただし、この仕掛けも伏線があからさまな分、ちょっとサプライズ感に欠けるんだよなぁー

本作が過去に起こった「トリカブト殺人事件」に発想を得ているのは周知の通り(?)。
まぁ「・・・者」シリーズは全て新聞社会面のB級ニュースに着想を得ているのだが、巻末解説でその辺に作者が触れているのが興味深かった。
ただ、「冤罪者」「失踪者」頃のクオリティが徐々に落ちている感が強いので、そろそろ「これぞ折原!」という作品を期待したい。
(やっぱり「仮面劇」というタイトルの方がベターだと思うけどなぁ・・・)

No.4 6点 メルカトル 2014/01/14 22:34
再読です。
第一幕から第三幕までの三部構成で繰り広げられるサスペンス。取り敢えず全編を通して、トリカブトによる保険金殺人事件を扱ったものだが、それぞれ少しずつ味付けが異なっており、スパイスがピリッと効いてはいるものの、やや小粒な印象を受ける作品である。
まあ折原氏らしい仕掛けが各所に見られて、ファンにとってはそれなりに楽しめるとは思う。みなさん、結構厳しい採点になっているけれど、私はそれほど悪くない出来だと感じた。
勘のいい読者には真相を見破るのはそれほど難しくはないかも知れないが、二度目なのに、私は騙されるべきところでもれなく綺麗に騙された。それにしても結構あっと驚くような仕掛けが施されているのに、これほど内容を忘れてしまうものだろうか。普通、読んでいる途中で、ここはこうなって、あれはああで、という具合に部分的にも思い出してくるものだが。
まあいい、それだけ初読の時同様楽しめたわけなので、良しとしよう。

No.3 4点 蟷螂の斧 2012/10/07 13:21
叙述トリックは、まあまあです。しかし、ストーリーがトリカブト事件になぞった保険金目当てのもので、完全犯罪には程遠く、面白みが感じられなかった。後半、話の展開がガラッと変わるのですが、サスペンス感や深みがなかったのが残念です。

No.2 4点 spam-musubi 2009/07/29 17:49
淡々と進んで、淡々と終わった印象。
(以下、ネタバレ)
第1章はある男性の名前がわからず、Mというイニシャルで表記あれている。
第2章の頭で、Mというイニシャルの男性が出てくるが「こいつがMなら
わざわざイニシャルにする必要はないよな」と思えば、この後の展開は読めてしまう。

最後にもう1段階どんでん返しが待っているが、まぁ「ふーん」といった程度。イマイチでした。

No.1 4点 vivi 2008/05/27 18:41
これは、何だかイマイチでしたね(^^;
折原もののパターンで身構えながら読んでいたので、
途中までの展開は予想範囲。

それが後半意外な展開を見せてきて「おお!?」と思ったけど、
結末があっさり普通だったので、肩透かしでした。
これも、この作者の作品を読むときに、
変にひねくれて読む癖がついちゃったからでしょうか・・・


折原一
2020年11月
傍聴者
平均:6.00 / 書評数:1
2018年06月
ポストカプセル
平均:4.50 / 書評数:2
2017年10月
双生児
平均:4.00 / 書評数:1
2016年04月
死仮面
平均:5.00 / 書評数:2
2014年09月
侵入者 自称小説家
平均:4.80 / 書評数:5
2013年05月
グランドマンション
平均:5.50 / 書評数:6
2012年12月
潜伏者
平均:5.75 / 書評数:4
2011年11月
帝王、死すべし
平均:4.67 / 書評数:6
2010年11月
追悼者
平均:6.40 / 書評数:10
2010年04月
赤い森
平均:5.50 / 書評数:2
2010年02月
放火魔
平均:6.00 / 書評数:5
2009年08月
逃亡者
平均:6.14 / 書評数:7
2008年07月
クラスルーム
平均:4.00 / 書評数:2
2007年11月
黒い森
平均:3.43 / 書評数:7
2007年06月
疑惑
平均:5.67 / 書評数:3
2007年03月
タイムカプセル
平均:4.40 / 書評数:5
2006年08月
行方不明者
平均:4.40 / 書評数:5
2005年11月
グッドバイ 叔父殺人事件
平均:5.25 / 書評数:4
2005年04月
黙の部屋
平均:6.33 / 書評数:3
2004年09月
叔母殺人事件 偽りの館
平均:4.60 / 書評数:5
2004年03月
チェーンレター
平均:5.00 / 書評数:3
2003年12月
鬼頭家の惨劇
平均:2.67 / 書評数:3
2003年09月
被告A
平均:5.00 / 書評数:3
2003年05月
模倣密室
平均:5.00 / 書評数:5
2002年10月
倒錯のオブジェ 天井男の奇想 
平均:6.14 / 書評数:7
2002年06月
樹海伝説―騙しの森へ
平均:5.00 / 書評数:1
2001年11月
沈黙者
平均:4.67 / 書評数:3
2000年10月
倒錯の帰結
平均:4.54 / 書評数:13
2000年02月
耳すます部屋
平均:4.00 / 書評数:4
1999年09月
暗闇の教室
平均:5.00 / 書評数:2
1998年11月
失踪者
平均:5.20 / 書評数:5
1998年03月
黄色館の秘密
平均:4.50 / 書評数:6
1997年11月
冤罪者
平均:7.44 / 書評数:16
1997年05月
遭難者
平均:4.20 / 書評数:10
1997年02月
101号室の女
平均:5.00 / 書評数:4
1996年10月
二重生活
平均:6.00 / 書評数:4
1996年09月
漂流者
平均:6.50 / 書評数:6
1996年01月
ファンレター
平均:5.83 / 書評数:6
1995年10月
幸福荘の秘密―新・天井裏の散歩者
平均:6.75 / 書評数:4
1995年08月
黒衣の女
平均:4.67 / 書評数:6
誘拐者
平均:6.00 / 書評数:6
1994年08月
望湖荘の殺人
平均:4.17 / 書評数:6
1994年04月
沈黙の教室
平均:6.94 / 書評数:18
1994年02月
「白鳥」の殺人
平均:4.17 / 書評数:6
1993年12月
天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記
平均:6.18 / 書評数:11
1993年08月
水底の殺意
平均:6.14 / 書評数:7
1993年01月
異人たちの館
平均:6.10 / 書評数:10
1992年11月
七つの棺
平均:6.21 / 書評数:14
蜃気楼の殺人
平均:4.50 / 書評数:4
1992年02月
仮面劇
平均:4.71 / 書評数:7
1991年10月
覆面作家
平均:5.67 / 書評数:6
1991年03月
丹波家の殺人
平均:4.86 / 書評数:7
1990年08月
灰色の仮面
平均:6.14 / 書評数:7
1990年06月
猿島館の殺人~モンキー・パズル~
平均:5.08 / 書評数:13
1990年01月
螺旋館の殺人
平均:5.91 / 書評数:11
1989年07月
倒錯のロンド
平均:6.31 / 書評数:49
1989年03月
鬼面村の殺人
平均:6.38 / 書評数:16
1988年10月
倒錯の死角−201号室の女−
平均:6.25 / 書評数:24