海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ サスペンス ]
黒い森
折原一 出版月: 2007年11月 平均: 3.43点 書評数: 7件

書評を見る | 採点するジャンル投票


祥伝社
2007年11月

祥伝社
2010年08月

No.7 4点 名探偵ジャパン 2020/05/16 15:57
折原一はときどきこういうことをやりますね。
本の前後がそれぞれ「生存者」「殺人者」というタイトルになっていて、その両方を読み終えたら、いよいよ完結編ともいうべき「206号室」に進みます。この「206号室」は袋とじになっていて、否が応でも期待を高まらせます。ですが……
完全な「ギミック負け」の一作になってしまった感があります。「前後どちらから読んでもよい」と言いながらも、「なるべく「生存者」のほうから読んでくれ」とも書いてあるので、こんなことなら普通に前後編にしたほうがよかったのでは。
作中の「ミステリーツアー」の目的も早々に察することができますし、ラストも特に意外性のあるものでもなく、「インパクトがあったのは本のギミックだけ」という作品になってしまったと思います。
折原一は多作ゆえか、当たりはずれの落差が他の作家よりも激しいように感じます。

No.6 4点 蟷螂の斧 2013/05/16 06:06
サスペンスとしては、そんな悪い出来ではない(普通に面白い)のですが、本の構成から期待したほどの結末(オチ)が得られなかったというところですね。

No.5 5点 E-BANKER 2011/06/05 20:20
表からも裏からも、どちらからも読める。その上、袋綴じあり!
折原らしい、というか折原しか書かないんじゃないか? そんな作品!
~「ミステリーツアーの目的地で待っている」。駆け落ちする2人の恋人に同じ内容のメールが届いた。行き先は樹海の奥、作家が家族を惨殺したと伝えられる山荘。ツアー客が1人、また1人と樹海の闇に消えていくなか、恋人が待つ目的地へ辿り着けるのか。そして、山荘の固く閉ざされた1室で待つものとは?~

「倒錯の帰結」で1度仕出かした失敗をまた繰り返してる?
確かに趣向、技巧としては相当の高レベルの筈です。
何しろ、前からも後ろからも読め、2つのストーリーのオチが「袋綴じ」の中に待ち受けているわけですから・・・
でもねぇ、いかんせん内容が趣向に追いついていないとしか言いようがない!
他の方の低評価も分かる気もします。
ただ、これこそが「折原!」というのもまた事実。叙述トリックとは、詰まるところ読者をいかに欺けるかということですから、こういう趣向にチャレンジしていくという姿勢も第一人者としては必要なのかも?(ホントか?)
相変わらず、話の盛り上げ方は巧みですし、そんなに「ヒドイ」こともないと思うんですけど・・・
(いかんせん、オチに捻りがなんだよねぇー)

No.4 5点 メルカトル 2011/01/21 23:52
ミステリ・ツアーと称しての、樹海を彷徨う独特の雰囲気はなかなか楽しめた。
全体を覆う陰鬱なムードは、まさに折原氏の独壇場で、サスペンスとしての出来は悪くないと思う。
しかし、袋とじの必然性がまったくないと感じるのは、決して私だけではあるまい。
あまり意味のない、凝った構成はほとんどその効力を発揮していない。
全体的に内容が薄いし、ミステリとしてはかなり弱いと感じられるのは残念な限りだが、個人的にはそこそこ楽しめた。

No.3 1点 ムラ 2010/12/16 02:53
何がしたかったのか本気でわからない作品でした。
両方から読める、だからどうした? という感想。
これほど中身の無い袋とじも虚しい。
犯人やトリックがわかっても、ああそうですか、としか言えないです。

No.2 2点 ぶん太 2010/12/15 23:48
両側から読める!という本を作ってみたかっただけ、
としか思えない内容。
相変わらず袋とじの意味が分からない。
叙述風な描写や、伏線っぽい描写が悉くそのままの意味でした。

No.1 3点 まさむね 2010/07/05 21:33
両面から(表からも裏からも)読み進められる設定。そしてどちらから読み進めても最後(つまり本の中心部なのですが)には「袋とじ」が!
ってなれば,内容も期待するってモノですよね。
「袋とじには,どんなどんでん返しが待ってるのか?」と引っ張っておいて…あれれ?犯人はじめ,すべてが完全に想定どおりじゃないか!分かりやすすぎる!
サスペンスとして読めということなのかもしれません。では,なぜ「袋とじ」が?いろんな意味で消化不良です。


折原一
2020年11月
傍聴者
平均:6.00 / 書評数:1
2018年06月
ポストカプセル
平均:4.50 / 書評数:2
2017年10月
双生児
平均:4.00 / 書評数:1
2016年04月
死仮面
平均:5.00 / 書評数:2
2014年09月
侵入者 自称小説家
平均:4.80 / 書評数:5
2013年05月
グランドマンション
平均:5.50 / 書評数:6
2012年12月
潜伏者
平均:5.75 / 書評数:4
2011年11月
帝王、死すべし
平均:4.67 / 書評数:6
2010年11月
追悼者
平均:6.40 / 書評数:10
2010年04月
赤い森
平均:5.50 / 書評数:2
2010年02月
放火魔
平均:6.00 / 書評数:5
2009年08月
逃亡者
平均:6.14 / 書評数:7
2008年07月
クラスルーム
平均:4.00 / 書評数:2
2007年11月
黒い森
平均:3.43 / 書評数:7
2007年06月
疑惑
平均:5.67 / 書評数:3
2007年03月
タイムカプセル
平均:4.40 / 書評数:5
2006年08月
行方不明者
平均:4.40 / 書評数:5
2005年11月
グッドバイ 叔父殺人事件
平均:5.25 / 書評数:4
2005年04月
黙の部屋
平均:6.33 / 書評数:3
2004年09月
叔母殺人事件 偽りの館
平均:4.60 / 書評数:5
2004年03月
チェーンレター
平均:5.00 / 書評数:3
2003年12月
鬼頭家の惨劇
平均:2.67 / 書評数:3
2003年09月
被告A
平均:5.00 / 書評数:3
2003年05月
模倣密室
平均:5.00 / 書評数:5
2002年10月
倒錯のオブジェ 天井男の奇想 
平均:6.14 / 書評数:7
2002年06月
樹海伝説―騙しの森へ
平均:5.00 / 書評数:1
2001年11月
沈黙者
平均:4.67 / 書評数:3
2000年10月
倒錯の帰結
平均:4.54 / 書評数:13
2000年02月
耳すます部屋
平均:4.00 / 書評数:4
1999年09月
暗闇の教室
平均:5.00 / 書評数:2
1998年11月
失踪者
平均:5.20 / 書評数:5
1998年03月
黄色館の秘密
平均:4.50 / 書評数:6
1997年11月
冤罪者
平均:7.44 / 書評数:16
1997年05月
遭難者
平均:4.20 / 書評数:10
1997年02月
101号室の女
平均:5.00 / 書評数:4
1996年10月
二重生活
平均:6.00 / 書評数:4
1996年09月
漂流者
平均:6.50 / 書評数:6
1996年01月
ファンレター
平均:5.83 / 書評数:6
1995年10月
幸福荘の秘密―新・天井裏の散歩者
平均:6.75 / 書評数:4
1995年08月
黒衣の女
平均:4.67 / 書評数:6
誘拐者
平均:6.00 / 書評数:6
1994年08月
望湖荘の殺人
平均:4.17 / 書評数:6
1994年04月
沈黙の教室
平均:6.94 / 書評数:18
1994年02月
「白鳥」の殺人
平均:4.17 / 書評数:6
1993年12月
天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記
平均:6.18 / 書評数:11
1993年08月
水底の殺意
平均:6.14 / 書評数:7
1993年01月
異人たちの館
平均:6.10 / 書評数:10
1992年11月
七つの棺
平均:6.21 / 書評数:14
蜃気楼の殺人
平均:4.50 / 書評数:4
1992年02月
仮面劇
平均:4.71 / 書評数:7
1991年10月
覆面作家
平均:5.67 / 書評数:6
1991年03月
丹波家の殺人
平均:4.86 / 書評数:7
1990年08月
灰色の仮面
平均:6.14 / 書評数:7
1990年06月
猿島館の殺人~モンキー・パズル~
平均:5.08 / 書評数:13
1990年01月
螺旋館の殺人
平均:5.91 / 書評数:11
1989年07月
倒錯のロンド
平均:6.31 / 書評数:49
1989年03月
鬼面村の殺人
平均:6.38 / 書評数:16
1988年10月
倒錯の死角−201号室の女−
平均:6.25 / 書評数:24