海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

邪魅さん
平均点: 7.05点 書評数: 57件

プロフィール高評価と近い人 | 書評 | おすすめ

No.57 3点 手紙- 東野圭吾 2017/03/25 07:42
うーん、誰かこういう作品は書くべきだろうし考えるべき題材ではあるんだろうな、というのは分かるんですが
如何せん重いというか暗いというか、あまりに救いが無さすぎる、というのは現実的ということなのでしょうか

しかし作中の人物には今一つ感情移入できなかったのがその最たる理由かもしれませんね

No.56 8点 秘密- 東野圭吾 2017/03/25 07:33
東野圭吾の作品だとこの作品が一番好きかな、という気はします
両者が両者、ともに胸に秘密を抱えるラストは感動、というと安っぽい感じがするのでそうは書きませんがほろ苦い感じがしました

ミステリと言われるかと微妙ですが、それでもやっぱり最後に明かされる真相は秀逸です

No.55 6点 ハサミ男- 殊能将之 2017/03/25 07:23
色物揃いのメフィスト賞の中ではかなり正統派ミステリという感じがしますね

叙述トリックの見本ともいうべき作品
個人的な感想を言うなら、好きな作品ではないです傑作であることは間違いないでしょうね

No.54 8点 Another- 綾辻行人 2017/03/25 07:20
綾辻行人氏の作品にはじめて触れたのはこの作品でしたね
あまりミステリに詳しくなかったその頃は、ただその雰囲気が好きなだけでしたが、ある程度詳しくなってから読むと本格ミステリとしても良く出来ているなと感心させられました

ホラー的解決と、ミステリ的解決を両立させたその手法にはやはり脱帽するしかないでしょう
超常現象を扱ったホラー小説でありながら、全編をしっかり読んで合理的解釈を加えていくなら死者はあの人でしか有り得ない、というのは十分に分かるところ
それが素晴らしいとただ感動させられました
叙述トリックも初期の作品を彷彿とさせますしね

No.53 6点 覆面作家- 折原一 2017/03/25 07:14
趣向としては倒錯のロンドにかなり近いものがあり、あの作品が好きならこの作品も恐らく楽しめるでしょう

現実と虚構が入り交じる奇妙な感覚、凄く好きです
落としどころとしては確かに考えればこういう風にするしかない、ということで説得力はかなりあるでしょう

しかしこういったものを両立するにはやはり信頼できない語り手に頼るしかない、というのは分かりますが少々残念な部分はありました

No.52 8点 メルカトルかく語りき- 麻耶雄嵩 2017/03/25 07:09
流石麻耶雄嵩氏ともいうべき怪作
どの短編も好きですね
やはり氏の作品は良い

一番好きなのは収束と答えのない絵本の二作ですね
収束はまずその企みに驚かされます
全てが明らかになって分かる最初の不可解とも言える殺害シーン、その意味が分かるところはまさに圧巻、凄まじいです

答えのない絵本も秀逸ですね
どの推理にも説得力があり、最終的に行き着いた答えは前代未聞ながらに説得力は抜群です

密室荘もにやりとさせられました
最後まで楽しむことが出来ました

No.51 7点 ミステリー・アリーナ- 深水黎一郎 2017/03/25 07:03
良くもまあこれだけ考えたものです

いずれも叙述トリックとしてはごくごく有り触れたものですがこれだけ詰め込まれるとまさに圧巻、ただただ呆れるばかりです
呆れるというのは勿論褒め言葉ですが

いくつか怪しい解決がないでもないですが
それにしてもたまは流石に笑いますね
状況を想像してみるとシュール過ぎると言いますか

しかし面白かったです

No.50 6点 フリークス- 綾辻行人 2017/03/25 06:46
設定が設定なだけに信頼出来ない語り手であることはかなり見え見え、であるにも関わらず騙されましたね
特に二本目は中々秀逸です

表題作も変則犯人当てとして、単純ながら良く出来ています
良く考えるとそうなんですね、いや分からなかったのが悔しいですが
全編を通して綾辻行人の幻想的な文章が本作の雰囲気とマッチしていて非常に良かったです
特に第二作の狂気の描写は秀逸

No.49 10点 さよなら神様- 麻耶雄嵩 2017/03/14 19:56
今まで読んだ短編集の中でも過去最高クラスに好きな作品でした

少年探偵団と神様は、少々無理があるかなと思います
事実完成度という点ではこの作品が一歩劣るでしょう
しかし丁寧に張り巡らせた伏線は悪くないです

アリバイ崩しは、これは凄いと言わざるを得ません
被害者の行動の一つ一つを丁寧に説明し、鉄壁とも思えるアリバイを崩す
被害者の習慣をも利用した素晴らしい作品です

ダムからの遠い道は個人的にはベストかなと思います
恐らく美旗先生は、死んだままの被害者を車に乗せていたことに大した意味なんかなかったのでしょう
アリバイ工作の為とかではなく、恋人との最後のドライブ、そんなものを感じさせます
しかしそこに偶然に偶然が重なって、鉄壁なアリバイが作られていった

バレンタイン昔語りでは主人公が女性であることが初めて明かされます
まあ、最初の作品から伏線は張ってありましたが気付きませんでした
一応叙述トリックでしょうが、作者はこのトリックはさほど重要視していなかったでしょう
それにしてもこの作品のオチは凄まじいです
神様ならでは、これは脱帽せざるを得ません

比土との対決は、成程
無差別だとすれば、アリバイは無くなるわけです

そして最終章、さよなら神様
これも強烈なオチでしたね
大好きです、今更多くは語りません

No.48 7点 エコール・ド・パリ殺人事件- 深水黎一郎 2017/03/13 12:25
以下ネタバレを含みます

読者への挑戦状それ自身が、ミスリードを誘うものという作者の発想は面白いです

確かにそもそも海埜の推理が間違っている、と作者自身に宣言されてしまってはそうなのだろうと結論付けるしかないでしょう
そういう意味ではこれは神様ゲームとも似た性質を持っていますね
海埜の推理を否定するだけの材料はあの時点ではありませんでしたから

しかしそれが作者によって否定されてしまった、では新しく考える必要があります
となるならば、密室を作りうる手法は一つに限定されてしまう
すなわち、被害者自身である

では自殺ということになり、第一の問の答はは宏之でしか有り得ない、と結論付けるしかなくなってしまうのです、一見すると
何故なら裏の事件は読者には巧妙に隠されているからです

しかし作中作と、宏之の体調不良から鑑みると、裏の事件に気付くことも不可能ではないでしょう

No.47 7点 世界で一つだけの殺し方- 深水黎一郎 2017/03/13 12:10
不可能アイランドは結構お気に入りです

次々に起こる不可解な出来事の謎解きが楽しめました
そしてそこから今作のトリックが科学的なものであるということは十分予測できますし、一見すると不可解な論文があからさますぎる手がかりとなっているところが面白かったです
科学トリックはフェアであることを両立するのが難しいのですが、こうした形でそれを成し遂げる手腕には脱帽でした

そういう意味ではもう一作のインペリアルと像は、少々アンフェア気味ですから少し評価を下げるでしょうか

No.46 7点 美人薄命- 深水黎一郎 2017/03/10 23:15
カエ婆さんと主人公のやりとりが大層面白く、ミステリ小説の側面だけでなくユーモア小説としても充分読み応えのある話だったのではないでしょうか

ミステリーとしてはやや謎が弱いきらいはありますが、丁寧に読み進めていけばある程度、までは想像できるという点では評価に値します
ただし、書かれている手がかりから全てを読み解くのが不可能だった、というのが少し評価を下げてしまっているのが残念ではあります

でも結末はやはり鮮やかと言いますか、心動かされるものがありました

No.45 8点 ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ!- 深水黎一郎 2017/03/08 10:15
意欲作であることを認めつつ

確かに、このトリックだと読者が犯人になるでしょう
殺すつもりが無かろうとも、読者が犯人であるという香坂の弁に興味を持ち、そして終盤にかけてひょっとして死ぬのは香坂ではないのだろうかという予感を持ちながらも読むことを止めなかった

とは言っても万人には受け入れがたいでしょうということも良く分かります
これだと、犯人は作中の読者なのではないか、とこう思ってしまう訳です

しかし、こう考えてはどうでしょう
香坂はパラレルワールドたる我々が読むという行為にすらも感応していたのでは?
と、そう考えてみて

確かに、香坂誠一はこの世には存在しません
しかし、香坂誠一は現実世界に居るはずの我々の読書を未来に渡って感応したのだとすれば、すなわち我々が犯人ということになるのではないでしょうか

作者の意欲に敬意を示し、8点という高評価を付けたいと思います

No.44 6点 雪密室- 法月綸太郎 2017/03/07 19:06
オーソドックスな本格ミステリでした

耳栓に端を発する推理は、確かに良く考えるとそうだなとなりますね
たとえそれが起こり得ないようなことだとしても、あの描写がある以上はそうでないと説明が付かなくなってしまいます

そしてベッドの重さ、これを考慮すれば、複数犯以上であることは容易に想像が付きますからね

読者への挑戦状が示すように解くための手がかりはこれ以上ないくらい配置されていて好感が持てました
ということで、プラス一点させていただきます

No.43 9点 神様ゲーム- 麻耶雄嵩 2017/03/07 19:01
素晴らしい出来です
芳雄少年の推理には隙がなく、それを否定する根拠は作中では何もない訳ですよ
ある一点を除いては

最後に天誅を下された人物が誰であるか
そのことの意味を考え、そしてあのとき身を隠せる場所は……と考えると

と、まあ凄い作品でしたね、絶対に子供向けではありませんが

No.42 7点 頼子のために- 法月綸太郎 2017/03/07 18:43
読後感はかなり悪いですね、しかしそれが最高だとも言えるわけですが


キングを探せや頼子のために、といったように作者のミスリードを誘うかのような、しかしそれでいて作品を的確に言い表した題名のセンスには脱帽ですね

No.41 7点 貴族探偵- 麻耶雄嵩 2017/03/03 16:30
全体的に謎解きは凄く魅力的ですね
いずれの作品も良く練られていて素晴らしいと思いますが、貴族探偵のキャラがあまり好きじゃないです

以下ネタバレを含みます

こうもりは自分の中ではマイベストです
違和感は随所に見られました、が叙述トリックが使われているという前情報は得ていながらも見破られず、やっぱりこの人は上手いと思いましたね
蛍に通じるところも多かったかな

トリッチトラッチポルカのアリバイ工作は良いなあと
美容院という点を生かして、そして一見トンデモに見えるトリックですが窓の状況を推理していくとその過程に至るしかないというロジックは中々秀逸

春の声の真相も嫌いじゃないです
寧ろ好きです トンデモないですが、確かにそれ以外考えられないでしょう

それ以外の作品も良く練られていて実にレベルの高い短編集だと思いました

No.40 7点 いまさら翼といわれても- 米澤穂信 2017/03/03 01:59
自由を求める人間は多いですよね、そういう作品も多い
けれど、自由であることに息苦しさを感じる人間が居ることも事実なのでしょう
いままでの特異な環境で育ってきたが故にでしょう

謎解きとして見ても、箱の中の欠落と長い休日は中々秀逸
長い休日は結末も相まって鮮烈な印象を残してくれました

No.39 6点 ふたりの距離の概算- 米澤穂信 2017/03/03 01:55
最初に読んだときは、前作までとの差に驚きましたが、再読してみれば以外に考えられているなと反省
しかし、今までの長編とは違って論理的に解決出来ないだろうという点で見れば、本角度は少し落ちるかなといった感じでしょうか
次回の長編に期待ですね

No.38 6点 倒錯のロンド- 折原一 2017/03/02 18:50
色んな幻の女が入り交じり大混乱ですよね
しかし複数のトリックを用いて真相を隠しながら最終的に繰り出されるどんでん返しは氏の真骨頂ですね
素晴らしい

邪魅さん
ひとこと
好きな作家
綾辻行人、米澤穂信、有栖川有栖、etc
採点傾向
平均点: 7.05点   採点数: 57件
採点の多い作家(TOP10)
有栖川有栖(7)
綾辻行人(7)
米澤穂信(7)
麻耶雄嵩(6)
深水黎一郎(5)
東野圭吾(5)
貴志祐介(3)
折原一(3)
法月綸太郎(3)
青崎有吾(2)