海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト
皆さんから寄せられた5万件以上の書評をランキング形式で表示しています。ネタバレは禁止 していません。ご注意を!

[ 本格/新本格 ]
白の恐怖
星影龍三シリーズ
鮎川哲也 出版月: 1959年01月 平均: 5.62点 書評数: 8件

書評を見る | 採点するジャンル投票


桃源社
1959年01月

桃源社
1962年01月

論創社
2017年07月

光文社
2018年08月

No.8 6点 ボナンザ 2021/08/10 09:42
長らく幻の作品の代名詞のようだったもの。特に星影登場のクローズドサークルということもあって期待は高まるが芸術の域に達したりら荘に比べてしまうと・・・。
とはいえ鮎川らしく仕掛けは込み入っており、白樺荘としてのリメイクが完成していれば・・・と思わずにはいられない。

No.7 4点 斎藤警部 2018/12/30 11:45
鮎川さん、テキトーにやっつけたな(笑)! こりゃ◯●社から「ウチみたいな弱小は手を抜かれる、プンプン!」と言われても仕方なし(作家本人は否定してるらしいですが?)。 短い話の割に、真犯人が割り出されるまでの”持たせ”の微妙な時間が露骨に長くて。。。このヘンなバランスでバレないわけには行かんでしょ、アレが。。 しかしこれ本気で仕立て直せば、、 容疑者(甥姪+α+β)もう少し増やしたりして、もっともっと物語を分厚く、叙述トリックもどき(?)をこんなショボイんじゃなくてもっともっともっと巧妙に埋め込んで、出来たらもう悪魔的な領域まで。。。。 未完の「白樺荘事件」(未読です)の存在が見果てぬ夢に誘っちゃって仕方が無いってなもんですわ。 だけどまあ、作品の出来は度外視で、鮎川ファンとして妙に惹かれる所はあります(測量ボ-イさんご覧になった”眼鏡をかけていない写真”も見てみたい!)。

さて、本作に於ける星影探偵はまるでチャーチルが好んだと言う究極のドライ・マティーニに於けるベルモットのような存在ですな! こりゃァ独特過ぎて椅子から転げ落ちるわ!!

光文社文庫の復刻新刊で読みました。 併録短篇「影法師」は氏の最初期ペンネーム群に引っ掛けた異国ロマンス追想譚、の最後にミステリ要素がポテッと乗っかる小品で鮎さんらしい満州、ロシア語、声楽の趣味推し。 おまけの昭和三十年代新聞・雑誌掲載エッセイがまたよろしおす。 メモリアル写真集(全て眼鏡してる)に、山前譲氏の穏やかな解説もありがたい。

No.6 7点 makomako 2018/10/14 08:50
 鮎川氏は若い頃に推理小説の魅力を教えてくれた方で、新作が発表されるごとにほとんどの作品を読んだと思っていましたが、この作品はたまたま読む機会がなかったものです。今回新しく文庫化されたのでさっそく読みました。
 ああ懐かしいなあというのがまずの印象。
 私にとってはとても読みやすい。
 いかにもといった設定でいかにもといったお話がくりひろげられます。昔の私なら犯人は想像もつかないところですが、長く本格物を読んだひねくれものとなってしまったので、犯人は容易に推定できました。 
 当然作者もそのことは分かっているため、最後はほとんどの読者がびっくりするような仕掛けをしています。ただしこれは話の本筋から言うとおまけのようなもので、おまけで本体の評価はできないでしょう。
 懐かしい作家さんなのでちょっと評価は甘いです。

No.5 5点 nukkam 2016/10/09 10:39
(ネタバレなしです) 1959年発表の星影龍三シリーズ第2作の本格派推理小説で、雪の山荘を舞台にした連続殺人事件を扱っています。残った容疑者よりも死者の方が多いという、「りら荘事件」(1958年)の同工異曲的な作品ですが「りら荘事件」ではアリバイ成立など犯人を簡単に特定できないような難関を設定していたのに本書ではそういう工夫が足りず、まあ犯人はこの人だろうと予測しやすくなっています。星影の説明は真相はこうだという結果説明に過ぎず、江守森江さんや空さんのご講評で指摘されているように伏線を回収しての推理になっていないのが「りら荘事件」と比べて物足りません。読みやすい作品ですが荒削りな部分が多く、作者が改訂を検討していたというのも納得です(結局改訂は果たされませんでした)。

No.4 5点 2013/02/20 23:21
江守さんが書かれている通り、改稿予定のため再版されないままで入手困難な作品として知られていますが、確かにこれは改稿されていれば、傑作になり得ていたかもしれないと惜しまれます。全体的なストーリー構成と結末の意外性には、雪の山荘テーマにあまり興味のない自分でも、感心しました。しかしこれも江守さんご指摘の通り、なんと言っても伏線が弱いのです。最終章で星影竜三と田所警部は、ほとんど事件の経緯を説明しているに過ぎず、「推理」とまで呼べそうにありません。また小説としてのふくらみに欠けるのも、プロローグで言い訳はしているのですが、だからと言って物足らなさが解消されるわけではありません。
作者が作者だけに、そのプロローグを付けたこと自体に何か意味があるのではないかと疑念を持ったのでしたが、事件が解決されてみると、なるほど、この1文を書きたかったためだったのかと納得できました。

No.3 5点 kanamori 2011/02/26 15:03
雪の軽井沢・白樺荘で遺産相続人が次々殺されていく事件を、弁護士の日記で語られるコード型の本格ミステリ。最後の解決編でいきなり登場するだけですが、いちおう星影竜三シリーズの第2弾です。
人物に関するトリックにインパクトがありますが、梗概に近い第一稿をそのまま出版してしまったような内容の薄さがあるので、作者ならずとも再販を躊躇するのは分かる気がします。
マニアにとっては、読むことよりも所持することに意義があるようなコレクターズ・アイテムの一冊。

No.2 7点 測量ボ-イ 2010/05/05 10:23
書評サイトでの評判は決して芳しくないですが、僕にとっては
十分満足できた作品です。
遺産相続を巡る連続殺人を扱いますが、あくまで本格。サスペ
ンス性も高いです。探偵役が(鬼貫警部ではなく)星影竜三な
ので、「りら荘」にちょっと雰囲気は似ていますかね。
でも水準以上の良作だと思います。

 ※余談
氏の長編で、僕が唯一未読だった作品です。地元の図書館にも
やはりなく、今回他市ル-トでようやく手に入れました。
長い間絶版状態で、氏の著作で最も入手しにくいものと思わ
れるのが今まで未読だった理由です。
手に入れた本は昭和37年製本、氏の若かりし(40台前半位?)
何と眼鏡をかけていない写真がお目にかかれます。
カバ-はセロハンテ-プで補強されてボロボロですが、これは
貴重な本です(1万円出してでも買いたい!)。

No.1 6点 江守森江 2010/03/26 04:55
詳細不明だが(不満点が多々あり)生前作者が「白樺荘事件」(予告有)として改稿を視野に入れていた為に絶版後の復刊を許可しなかった作品で、読める可能性は限定されている(所有するマニアの友人から借りるOR都内某図書館の蔵書を他地区利用する等)
閉ざされた雪の山荘での遺産相続を巡るサバイバル・サスペンスな雰囲気をミスリードにした仕掛けミステリ。
※以降、作品の狙いに触れるので要注意!!
解決編手前の章(日記形式なので最終日前日)の“終わり二行目”で驚きを得られるかが作品評価の分かれ目になる(綾辻「十角館〜」・我孫子「殺戮〜」・歌野「葉桜〜」レベルにはあると思う)
解決編(星影竜三登場は謎解きのみ)までは登場人物達も犯人に騙される究極の叙述トリックになっている。
しかし以下の点に減点要素がある(作者もこの辺りに不満だったと想像した)
1.伏線に乏しい。
2.閉ざされる以前に山荘以外の場所で最初の殺人が発見される(アリバイから作者の狙いに到達できる)
3.閉ざされた山荘に警察関係者も居て緊迫感が薄い(ミスリードとして弱くなる)
さて、改稿されていたら「りら荘〜」「黒いトランク」などに並び得る傑作に仕上がっただろうか!
※星影竜三の表記は作品上の表記に準じた。


キーワードから探す
鮎川哲也
2017年07月
鮎川哲也探偵小説選
平均:6.00 / 書評数:1
2013年05月
完璧な犯罪
平均:5.67 / 書評数:3
2012年11月
崩れた偽装
平均:5.50 / 書評数:2
2012年04月
灰色の動機
平均:6.00 / 書評数:4
2012年02月
この謎が解けるか?鮎川哲也からの挑戦状2
平均:5.00 / 書評数:2
この謎が解けるか?鮎川哲也からの挑戦状1
平均:6.00 / 書評数:2
2011年10月
謎解きの醍醐味
平均:5.67 / 書評数:3
2011年05月
アリバイ崩し
平均:5.75 / 書評数:4
2007年12月
わるい風
平均:5.33 / 書評数:3
2007年08月
白昼の悪魔
平均:7.00 / 書評数:4
2007年06月
悪魔はここに
平均:7.60 / 書評数:5
2007年04月
消えた奇術師
平均:6.75 / 書評数:4
2006年10月
二つの標的
平均:7.00 / 書評数:2
2006年08月
白馬館九号室
平均:6.50 / 書評数:2
2006年06月
山荘の死
平均:7.50 / 書評数:2
2003年04月
クライン氏の肖像 三番館の全事件(3)
2003年03月
マーキュリーの靴 三番館の全事件(2)
平均:7.00 / 書評数:1
2003年02月
竜王氏の不吉な旅 三番館の全事件(1)
平均:6.50 / 書評数:2
2002年04月
鮎川哲也名作選―冷凍人間
平均:6.50 / 書評数:2
1999年10月
夜の訪問者 鬼貫警部全事件(3)
1999年07月
不完全犯罪 鬼貫警部全事件(2)
平均:7.67 / 書評数:6
碑文谷事件 鬼貫警部全事件(1)
平均:6.00 / 書評数:4
1999年03月
下り”はつかり”―鮎川哲也短編傑作集〈2〉
平均:9.25 / 書評数:4
1999年02月
五つの時計―鮎川哲也短編傑作集〈1〉
平均:8.00 / 書評数:8
1996年08月
青い密室 名探偵星影龍三全集(2)
平均:7.71 / 書評数:7
赤い密室 名探偵星影龍三全集(1)
平均:7.70 / 書評数:10
1992年12月
モーツァルトの子守歌
平均:5.75 / 書評数:4
1988年09月
葬送行進曲
平均:6.00 / 書評数:2
1988年04月
透明な同伴者
平均:4.50 / 書評数:2
1987年10月
硝子の塔
平均:9.00 / 書評数:1
1987年09月
クイーンの色紙
平均:5.00 / 書評数:2
1987年02月
西南西に進路をとれ
平均:6.00 / 書評数:1
時間の檻
平均:8.33 / 書評数:3
1986年12月
しぶとい殺人者 鬼貫警部と四つの殺人事件
平均:8.00 / 書評数:1
1986年08月
材木座の殺人
平均:5.33 / 書評数:3
1984年01月
ブロンズの使者
平均:6.00 / 書評数:3
1983年12月
死びとの座
平均:5.62 / 書評数:8
1981年12月
王を探せ
平均:5.50 / 書評数:6
1979年07月
朱の絶筆
平均:7.00 / 書評数:21
1979年04月
自負のアリバイ
平均:6.00 / 書評数:3
1979年03月
沈黙の函
平均:5.70 / 書評数:10
1979年02月
囁く唇
平均:7.00 / 書評数:1
蝶を盗んだ女
平均:6.00 / 書評数:2
密室殺人
平均:6.33 / 書評数:3
1978年12月
呼びとめる女
平均:5.50 / 書評数:2
1978年11月
金貨の首飾りをした女
平均:5.00 / 書評数:1
1978年10月
死が二人を別つまで
平均:5.50 / 書評数:2
裸で転がる
平均:5.33 / 書評数:3
1978年04月
企画殺人
平均:6.25 / 書評数:4
1978年01月
ヴィーナスの心臓
平均:6.75 / 書評数:4
1976年01月
サムソンの犯罪
平均:6.00 / 書評数:3
戌神はなにを見たか
平均:6.86 / 書評数:7
1974年01月
太鼓叩きはなぜ笑う
平均:6.33 / 書評数:6
1971年01月
風の証言
平均:6.17 / 書評数:12
1969年01月
鍵孔のない扉
平均:7.18 / 書評数:11
1968年01月
白い盲点
1966年01月
準急ながら
平均:5.83 / 書評数:18
積木の塔
平均:6.55 / 書評数:11
1965年01月
宛先不明
平均:5.83 / 書評数:6
死者を笞打て
平均:5.71 / 書評数:7
死のある風景
平均:7.00 / 書評数:12
1963年01月
偽りの墳墓
平均:6.89 / 書評数:9
砂の城
平均:7.31 / 書評数:13
1962年07月
翳ある墓標
平均:6.00 / 書評数:5
1961年01月
人それを情死と呼ぶ
平均:7.35 / 書評数:20
1960年01月
ペトロフ事件
平均:6.00 / 書評数:16
黒い白鳥
平均:7.48 / 書評数:23
1959年01月
白の恐怖
平均:5.62 / 書評数:8
憎悪の化石
平均:6.74 / 書評数:19
1958年01月
りら荘事件
平均:7.49 / 書評数:65
1956年01月
黒いトランク
平均:7.55 / 書評数:40