海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 短編集(分類不能) ]
灰色の動機
ベストミステリー短編集
鮎川哲也 出版月: 2012年04月 平均: 6.00点 書評数: 4件

書評を見る | 採点するジャンル投票


光文社
2012年04月

No.4 6点 2020/11/10 13:20
ちょっと変わった鮎川短編集。
表題作は、他の短編にくらべ最も長く、登場人物も多い。
長編にもできそうなところを、ぜい肉を削ぎ落してスリムにしたという感じ。
物足らないともいえるが、上手いと評価すべきだろう。

いちばんの好みは、処女作品の超掌編「ポロさん」。
本格推理小説とはいいがたいが、オー・ヘンリー的ミステリーっぽさがあり、読み終わって、真相にじーんとくるところが良い。
斎藤警部さんがおっしゃるように、ホヮットダニットでもあるし、どのようにして調達したのかというハウダニットでもあり、なぜ○○したのかというホワイダニットでもある。
これはもしかして鮎川本格推理の原点なのかもw

「人買い伊平治」「死に急ぐもの」「蝶を盗んだ女」は、まずまずの出来。
「結婚」は、なんとSF設定だった。

「ポロさん」が秀逸、「灰色の動機」が次点、「結婚」「蝶を盗んだ女」がまあまあ、といったところか。
ミステリーとしてはまずまずだが、個人的にはかなり嗜好にマッチした短編集だった。

No.3 6点 sm556s 2019/03/20 08:40
ネタバレあり:作者としては異色の作品がまとめられてある短編集。それぞれ異なったテイストがあって面白い。表題作がやはりベスト。うるう年の誕生日をうまく使っている。但し、中盤で被害者の婚約者が独自捜査を行い被害者の田舎で被害者の友人と合流して色々と調べるあたりは不要な気がした。最後に結局は探偵が登場するのだから。ポロさんも超短編ながら味わいがあった。一読の価値あり。

No.2 6点 sm556s 2019/03/20 08:40
ネタバレあり:作者としては異色の作品がまとめられてある短編集。それぞれ異なったテイストがあって面白い。表題作がやはりベスト。うるう年の誕生日をうまく使っている。但し、中盤で被害者の婚約者が独自捜査を行い被害者の田舎で被害者の友人と合流して色々と調べるあたりは不要な気がした。最後に結局は探偵が登場するのだから。ポロさんも超短編ながら味わいがあった。一読の価値あり。

No.1 6点 斎藤警部 2016/09/22 18:03
人買い伊平治/死に急ぐもの/蝶を盗んだ女/結婚/灰色の動機/ポロさん
(光文社文庫)

割と気軽い作品が並ぶ「其の他」系短篇集。鮎川ファンなら読んでみたいところ。「結婚」はレアなSFです。

推理小説ではないけど、氏の処女作でしたっけ掌編「ポロさん」。ちょっと泣けるサドゥン・エンドにはうっすらとミステリの薫りも漂います。言ってみりゃ日常のホヮットダニット。


鮎川哲也
2017年07月
鮎川哲也探偵小説選
平均:6.00 / 書評数:1
2013年05月
完璧な犯罪
平均:5.67 / 書評数:3
2012年11月
崩れた偽装
平均:5.50 / 書評数:2
2012年04月
灰色の動機
平均:6.00 / 書評数:4
2012年02月
この謎が解けるか?鮎川哲也からの挑戦状2
平均:5.00 / 書評数:2
この謎が解けるか?鮎川哲也からの挑戦状1
平均:6.00 / 書評数:2
2011年10月
謎解きの醍醐味
平均:5.67 / 書評数:3
2011年05月
アリバイ崩し
平均:5.75 / 書評数:4
2007年12月
わるい風
平均:5.33 / 書評数:3
2007年08月
白昼の悪魔
平均:7.00 / 書評数:4
2007年06月
悪魔はここに
平均:7.60 / 書評数:5
2007年04月
消えた奇術師
平均:6.75 / 書評数:4
2006年10月
二つの標的
平均:7.00 / 書評数:2
2006年08月
白馬館九号室
平均:6.50 / 書評数:2
2006年06月
山荘の死
平均:7.50 / 書評数:2
2003年04月
クライン氏の肖像 三番館の全事件(3)
2003年03月
マーキュリーの靴 三番館の全事件(2)
平均:7.00 / 書評数:1
2003年02月
竜王氏の不吉な旅 三番館の全事件(1)
平均:7.00 / 書評数:1
2002年04月
鮎川哲也名作選―冷凍人間
平均:6.50 / 書評数:2
1999年10月
夜の訪問者 鬼貫警部全事件(3)
1999年07月
不完全犯罪 鬼貫警部全事件(2)
平均:8.20 / 書評数:5
碑文谷事件 鬼貫警部全事件(1)
平均:6.33 / 書評数:3
1999年03月
下り”はつかり”―鮎川哲也短編傑作集〈2〉
平均:9.25 / 書評数:4
1999年02月
五つの時計―鮎川哲也短編傑作集〈1〉
平均:8.00 / 書評数:8
1996年08月
青い密室 名探偵星影龍三全集(2)
平均:8.00 / 書評数:6
赤い密室 名探偵星影龍三全集(1)
平均:7.89 / 書評数:9
1992年12月
モーツァルトの子守歌
平均:5.75 / 書評数:4
1988年09月
葬送行進曲
平均:7.00 / 書評数:1
1988年04月
透明な同伴者
平均:4.50 / 書評数:2
1987年10月
硝子の塔
平均:9.00 / 書評数:1
1987年09月
クイーンの色紙
平均:4.00 / 書評数:1
1987年02月
西南西に進路をとれ
平均:6.00 / 書評数:1
時間の檻
平均:8.33 / 書評数:3
1986年12月
しぶとい殺人者 鬼貫警部と四つの殺人事件
平均:8.00 / 書評数:1
1986年08月
材木座の殺人
平均:5.33 / 書評数:3
1984年01月
ブロンズの使者
平均:6.00 / 書評数:3
1983年12月
死びとの座
平均:5.62 / 書評数:8
1981年12月
王を探せ
平均:5.50 / 書評数:6
1979年07月
朱の絶筆
平均:7.00 / 書評数:21
1979年04月
自負のアリバイ
平均:6.00 / 書評数:3
1979年03月
沈黙の函
平均:5.89 / 書評数:9
1979年02月
囁く唇
平均:7.00 / 書評数:1
蝶を盗んだ女
平均:6.00 / 書評数:2
密室殺人
平均:6.33 / 書評数:3
1978年12月
呼びとめる女
平均:5.50 / 書評数:2
1978年11月
金貨の首飾りをした女
平均:5.00 / 書評数:1
1978年10月
死が二人を別つまで
平均:5.00 / 書評数:1
裸で転がる
平均:5.33 / 書評数:3
1978年04月
企画殺人
平均:6.25 / 書評数:4
1978年01月
ヴィーナスの心臓
平均:6.75 / 書評数:4
1976年01月
サムソンの犯罪
平均:6.00 / 書評数:3
戌神はなにを見たか
平均:6.83 / 書評数:6
1974年01月
太鼓叩きはなぜ笑う
平均:6.75 / 書評数:4
1971年01月
風の証言
平均:6.40 / 書評数:10
1969年01月
鍵孔のない扉
平均:7.18 / 書評数:11
1966年01月
準急ながら
平均:5.76 / 書評数:17
積木の塔
平均:6.80 / 書評数:10
1965年01月
宛先不明
平均:5.83 / 書評数:6
死者を笞打て
平均:5.71 / 書評数:7
死のある風景
平均:7.00 / 書評数:11
1963年01月
偽りの墳墓
平均:6.89 / 書評数:9
砂の城
平均:7.42 / 書評数:12
1962年07月
翳ある墓標
平均:6.00 / 書評数:5
1961年01月
人それを情死と呼ぶ
平均:7.35 / 書評数:20
1960年01月
ペトロフ事件
平均:6.00 / 書評数:16
黒い白鳥
平均:7.50 / 書評数:22
1959年01月
白の恐怖
平均:5.62 / 書評数:8
憎悪の化石
平均:7.00 / 書評数:17
1958年01月
りら荘事件
平均:7.50 / 書評数:64
1956年01月
黒いトランク
平均:7.50 / 書評数:38