海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ SF/ファンタジー ]
人格転移の殺人
西澤保彦 出版月: 1996年07月 平均: 7.25点 書評数: 36件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
1996年07月

講談社
2000年02月

No.36 5点 ボナンザ 2019/11/16 22:18
西澤らしく面白い試み。ただ、意外な結末にするにはそれしかないか、と読めてしまったのがやや残念。

No.35 5点 haruka 2017/02/19 13:01
設定が説明される序盤は興味深く読んだが、中盤からは読むのが辛くなるほどややこしく、事件はあっという間に終わってしまった。明かされる真相も今一つ。

No.34 7点 sophia 2016/06/04 15:53
真相の性質は「七回死んだ男」と似通ったところがありますが、こちらはややアンフェアかもしれませんねえ。
逃げ込んだメンツや(=誰)の部分を客観的事実と捉えて読んじゃいましたから。
「七回死んだ男」を超えられないのはやはりその辺りでしょうか。
文庫本裏表紙のあらすじの「6人が逃げ込んだ先」もギリギリの表記ですね。

No.33 8点 パンやん 2016/04/04 09:04
面白い。ほぼSF感の無い西澤ワールド炸裂の仰天ミステリーといえようか。そのめまぐるしい展開に中盤からは一気に読ませる手腕は確かで、人格転移で混乱するかと思いきや、案外きっちり整理されていて、犯人とその動機探しに夢中となる。

No.32 6点 パメル 2016/02/06 11:46
西澤流奇抜な設定SFミステリ
設定自体は非常に面白い試みだと思う
ただ人格転移が次から次へと起こり現在誰が誰の中に
入っているのか混乱してくる
もっとわかりやすかったら楽しめたかも
犯人は意外性があり驚かされるが殺害動機が納得出来ない
この動機で人を殺してしまうなら世の中殺人者だらけになってしまう

No.31 8点 ロマン 2015/10/24 23:03
人格が入れ替わるという複雑なSF設定ながらも思っていたよりも登場人物達が描き分けられているので読みやすかった。とはいえ、事件が起きてからの展開は素早く、マスカレードという人格の入れ替えが頻繁に起こるのでやはり複雑ではあるけれど。その後に登場人物が推理を繰り広げるのは西澤保彦らしい。そして、最後の最後に明らかになる設定を巧く活かした真相は秀逸。ある程度予想できる部分もあるが、それらを成立させるための構成や伏線が「七回死んだ男」と同様に素晴らしい。動機の歪みも西澤保彦らしく、結末についても絶妙。傑作。

No.30 8点 ミステリ初心者 2012/06/20 11:10
ネタバレあります


 この人の作品には、読みやすいものとそうでないものがあるようですが、この作品は最高に読みやすいです。クローズドサークルに連続殺人は永遠です。

 人格転移という設定が面白いのですが、あまり転移せずに終わってしまいます。ミステリにするには、人格転移にルールが必要ですが、それによってあまり転移せずに終わってしまいます。蛇足になるかもしれませんが、小説としても面白かったので、もっと人格転移してほしかったです。

 ちょっとミステリ部分ではないことですが、ラストでなぜ主人公は殺されなかったのか?は、かなり好きな部分です。もしかしたら、こっちの謎のほうを書きたくて、人格転移の設定にしたんではないか?と思ってしまう。

 森さんのあとがきがなぜかムカつきましたw

No.29 8点 りゅう 2011/12/28 19:23
 「七回死んだ男」と同様、設定のアイデアがすばらしく、ストーリー展開にもこの特殊な設定が十分に活かされていると思います。人格転移のルールはシンプルですが、それによって引き起こさる結果がややこしく、読んでいると混乱しそうです。私はこういったややこしい話が大好き(笑)なので、人格転移の過程を追いかけながら楽しく読むことが出来ました。江利夫とジャクリーンとの間で交わされる議論も論理性があって、楽しめました。「フィードバック<修正>」の章までの展開はほぼ推測どおりで、江利夫がこの章で気付いた事項や江利夫が〇〇されそうになる展開も予想どおりだったので、完全正解かと思いましたが・・・・・・。しかしながら、真相は意表を突くもので、最後にうっちゃられてしまいました。最終章で、江利夫がある事実からこの真相に気付いているのですが、その根拠にはあまり説得力を感じませんでしたが。真相を知ると、登場人物の顔ぶれや前半のエピソードなどが緻密に計算されていることがわかります。ややこしい設定にも拘らず、辻褄がきっちりと合っていて矛盾がありません。細部までよく練られた佳作だと思います。


(ネタバレをしています。注意!)
 連続殺人の犯人はジャクリーンで、動機は人格転移を止めて自分の肉体に戻るためだと思っていました。「ジャクリーン(=ジャクリーン)」が「僕(=僕)」を殺そうとした瞬間に、再びマスカレードが起こり、最終的には「ジャクリーン(=僕)」が生き残ると予想していました。

No.28 4点 いいちこ 2011/12/22 19:15
導入部、プロットの説明にかなりの紙数を割く反面、肝心のマスカレードを急ぎすぎ。
人格転移という奇想天外な異常事態をもっと盛りあげるべきではなかったか?
それが緊張感・臨場感の低迷につながったように思う。
明かされた真相も想定の範囲内

No.27 7点 好兵衛 2011/11/15 02:32
面白かった!!話が。
推理小説にしては、
文体が読みやすくスラスラ読める。

ので、トリックのほうがお座なりになっていないかと
不安だったのですが。
しっかりした作りになっていると思います。

ミステリ読み始めの方だと更におすすめできます。
最初の方に読むのが吉、です。

No.26 6点 E-BANKER 2011/06/05 20:24
作者お得意のSFミステリー。
相変わらず奇妙奇天烈な設定によるミステリー。
~突然の大地震でファーストフード店にいた6人が逃げ込んだ先は人格を入れ替える実験施設だった。法則にしたがって6人の人格が入れ替わり、脱出不能の隔絶された空間で連続殺人事件が起こる。犯人は誰の人格で凶行の目的は何なのか?~

変な「設定」です。
他の方も書評でもありますが、正直ややこしい! 
「見た目」と「精神?」が別人格になっているだけでなく、しかもそれが超頻繁にマスカレード(転移)していくわけで、読んでいるうちに訳が分からなくなってしまいます。
事件もアッという間に進行して、アッという間に終わるので、「何が何だか・・・」って思っているうちに終局へなだれ込むという印象。
メインの「謎」については、伏線がはっきりしているのでちょっと分かりやすいかもしれないですねぇー。
まぁでも、これはアイデアの勝利としか言いようがない!
動機にしろ、最終的な真相にしろ、凝った設定の割には正直ショボイかなという気もしますが、まずはこんなアホなことを考える作者に敬意を表したくなります。
たまには変わったミステリーを読みたいという方は1度手にとってみてはいかかでしょうか?
(せめて、関係者を日本人にして欲しかった。ただでさえ複雑な設定で、しかも名前が覚えにくいのがツライ!)

No.25 5点 メルカトル 2011/01/02 22:36
正直なところ、事前に危惧していた嫌な予感が当たってしまった。
それは、「人格転移」による混乱と煩雑さである。
余程注意深く読まないと、個々の人格と身体の識別が難しい。
その辺りは出来る限り平板に分かりやすく描いているつもりだろうが、個人的にはやや難解な部分があったことは否定できない。
また、真犯人は予想通りだったし、オチも思っていた通りで逆に驚いた。
残念ながら、驚愕を味わう事はできなかった。

No.24 8点 E 2010/03/28 22:26
展開が早い早い・・・!
早く人物名と"人格"覚えないと追いつけないですよ(笑)
事件進行は早いしとんでもない設定ですけど、面白い!!

No.23 9点 T.shimizu 2009/10/04 01:44
「死者は黄泉が得る」より、こっちの方が好き
サバイバルっぽい感じにして
もっと長い小説になっても良いんじゃないかな

コンパクトなので読み足りないような気持ちにも。
それが面白い小説ってことでもあるかも知れない。

最後のトリックは、まあ予想がついたけれど
深く考えないようにして楽しみました^^。
動機は、共感できる(笑)

No.22 9点 okutetsu 2009/09/30 07:16
「七回死んだ男」に続き2冊目の西澤本ですが負けず劣らず楽しませてもらいました。
設定もおもしろくオチも完全にやられました。
途中のサスペンス的なハラハラ感も良かったです。
現在の人格関係がどうなってるのか把握するのが大変でしたがあれを完全に理解しながら読めるとかなりおもしろいことは間違いないと思います。

No.21 7点 touko 2009/07/18 01:46
SFというよりシチュエーションコメディ。
ミステリとしては、真犯人の設定に不満が残るものの、読み物として楽しめたのでOK

No.20 7点 白い風 2009/05/24 12:58
前回「七回死んだ男」に次いで2作目でした。
異端だとは思うけど、楽しめました。
ただ、動機を含め犯人等を推理するのには限界がある気もしないではないけど…。
でも、たまにはこんな作品を読むのもいいと思いますね。

No.19 9点 kowai 2008/11/09 13:18
SF要素があるので何でもありと言いながらちゃんと条件制限もしており、その範囲内でのパズルは良くできてる思いますね。超能力系よりはミステリとして楽しめました。

No.18 7点 spam-musubi 2008/05/23 16:52
相変わらず、とにかくスピーディ。
相関図を睨みながら脳みそをフル回転させながら
読み進めました。

No.17 5点 ElderMizuho 2008/01/19 18:12
設定や展開自体は面白いのですが、オチにあまり魅力を感じません。
ロジックが理路整然なのは真に結構ですが、そのロジック自体が魅力に欠ける(というか、蛇足)ため、あ、そうなの?で終わってしまいました。
心の中で期待していた展開では全くありませんでした。
西澤作品にしては珍しくテンションの落ちるラストでした。


西澤保彦
2020年12月
偶然にして最悪の邂逅
2020年08月
夢魔の牢獄
2019年12月
逢魔が刻 腕貫探偵リブート
平均:5.00 / 書評数:1
2018年09月
幽霊たち
2016年11月
悪魔を憐れむ
平均:7.00 / 書評数:3
2015年06月
回想のぬいぐるみ警部
平均:5.00 / 書評数:1
2015年03月
さよならは明日の約束
2014年05月
下戸は勘定に入れません
2014年03月
探偵が腕貫を外すとき
2013年06月
ぬいぐるみ警部の帰還
平均:5.00 / 書評数:1
2012年10月
モラトリアム・シアター produced by 腕貫探偵
平均:6.00 / 書評数:1
2012年02月
幻想即興曲
平均:5.00 / 書評数:1
2011年10月
彼女はもういない
平均:5.00 / 書評数:1
2011年08月
赤い糸の呻き
平均:6.00 / 書評数:2
2011年05月
必然という名の偶然
平均:5.67 / 書評数:3
2010年10月
幻視時代
平均:6.00 / 書評数:2
2010年08月
からくりがたり
2010年03月
こぼれおちる刻の汀
平均:5.00 / 書評数:1
2009年09月
身代わり
平均:4.40 / 書評数:5
2009年07月
動機、そして沈黙
平均:6.00 / 書評数:1
2008年10月
スナッチ
2008年08月
夢は枯れ野をかけめぐる
平均:5.50 / 書評数:2
2008年04月
腕貫探偵、残業中
平均:6.00 / 書評数:2
2007年07月
収穫祭
平均:6.00 / 書評数:3
2006年11月
ソフトタッチ・オペレーション
平均:5.00 / 書評数:2
2006年10月
春の魔法のおすそわけ
2006年03月
キス
2005年10月
フェティッシュ
平均:4.00 / 書評数:1
2005年07月
腕貫探偵
平均:5.50 / 書評数:4
2004年12月
生贄を抱く夜
平均:4.00 / 書評数:1
2004年08月
方舟は冬の国へ
平均:6.00 / 書評数:3
2004年06月
パズラー 謎と論理のエンタテインメント
平均:7.50 / 書評数:2
2004年04月
いつか、ふたりは二匹
平均:6.67 / 書評数:6
2003年11月
黒の貴婦人
平均:5.86 / 書評数:7
2003年06月
笑う怪獣 ミステリ劇場
平均:5.00 / 書評数:4
2003年05月
神のロジック 人間のマジック
平均:6.36 / 書評数:14
2003年03月
リドル・ロマンス 浪漫迷宮
平均:6.00 / 書評数:1
リドル・ロマンス 迷宮浪漫
平均:6.50 / 書評数:2
2002年12月
ファンタズム
平均:4.22 / 書評数:9
2002年08月
人形幻戯
平均:5.00 / 書評数:3
2002年03月
聯愁殺
平均:6.60 / 書評数:20
2001年12月
両性具有迷宮
平均:5.50 / 書評数:2
2001年10月
異邦人
平均:7.25 / 書評数:4
2001年09月
夏の夜会
平均:5.57 / 書評数:7
2001年03月
謎亭論処
平均:6.18 / 書評数:11
2000年12月
転・送・密・室
平均:5.80 / 書評数:5
2000年10月
なつこ、孤島に囚われ。
平均:3.38 / 書評数:16
2000年06月
依存
平均:7.00 / 書評数:21
1999年09月
夢幻巡礼
平均:6.00 / 書評数:5
1999年03月
黄金色の祈り
平均:6.33 / 書評数:12
1999年01月
念力密室!
平均:6.50 / 書評数:8
1998年10月
ナイフが町に降ってくる
平均:3.86 / 書評数:14
1998年09月
実況中死
平均:6.57 / 書評数:7
1998年06月
猟死の果て
平均:5.38 / 書評数:8
1998年04月
ストレート・チェイサー
平均:6.00 / 書評数:10
1998年03月
スコッチ・ゲーム
平均:6.53 / 書評数:15
1998年01月
幻惑密室
平均:5.87 / 書評数:15
1997年08月
仔羊たちの聖夜
平均:6.78 / 書評数:18
1997年07月
複製症候群
平均:5.44 / 書評数:9
1997年04月
瞬間移動死体
平均:6.08 / 書評数:12
1997年01月
死者は黄泉が得る
平均:6.86 / 書評数:14
1996年11月
麦酒の家の冒険
平均:5.80 / 書評数:30
1996年08月
彼女が死んだ夜
平均:7.05 / 書評数:19
1996年07月
人格転移の殺人
平均:7.25 / 書評数:36
1996年03月
殺意の集う夜
平均:6.37 / 書評数:30
1995年10月
七回死んだ男
平均:7.41 / 書評数:83
1995年06月
完全無欠の名探偵
平均:6.50 / 書評数:16
1995年01月
解体諸因
平均:5.88 / 書評数:24