海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト
皆さんから寄せられた5万件以上の書評をランキング形式で表示しています。ネタバレは禁止 していません。ご注意を!

[ 社会派 ]
理由
宮部みゆき 出版月: 1998年05月 平均: 6.46点 書評数: 35件

書評を見る | 採点するジャンル投票


朝日新聞社
1998年05月

新潮社
2004年06月

No.35 6点 ひとこと 2023/06/08 23:26
「火車」と「理由」どっちも好きだけどやっぱり火車の方が良いなあ…

No.34 5点 いいちこ 2021/11/16 20:14
本作は、当時社会問題化していた住宅ローンによる破綻と占有屋を主題に、それにまつわる人々の生き様を掘り下げつつ、1個の殺人事件に収斂させていく構成をとっている。
視点人物が刻々と変化するものの、そのプロットは単純で、骨格は一本道であり、そして何より真相がチープすぎるがゆえに、そうしたエピソードの数々が夾雑物と映り、読後に強く冗長さを感じさせるのである。
この内容で、この長尺をもたせ切る筆力はさすがだが、よく比較される「火車」には遠く及ばないと言わざるを得ない

No.33 5点 じきる 2020/08/23 21:31
リーダビリティは流石なんだけど、あまり残るものがなかったからこの点数。

No.32 4点 レッドキング 2019/06/27 22:27
むかし、中古マンションを購入しようと、あっちこっちの部屋を内覧したことがあった。その中に、未だ家族が住んでいて、父親の恨めしそうな視線や女の子の淋しそうな表情の方が印象に残ってしまった部屋があった。人生ってキツイな、お互いに・・・と、あまり関係のない話になってしまった。

No.31 7点 バード 2018/11/24 13:07
先が気になり一気に読んでしまった。それは700ページ近い作品をわずか2日で読みきったという点から間違いない。読んでる間は面白かった。しかし、月日がたつと忘れてしまいそうな作品という気がする。

つまり何が言いたいのかというと、話は良かった(8-9点)が、ミステリとしてガツンとインパクトのある何かはない(5-6点)という印象で、脳に衝撃を与えるタイプの作品ではない。(別作者だが、ゴールデンスランバーを読んで受けた印象に似ている。)

具体的に良かった点を挙げると、被害者らの身元に関する謎をひっぱることで緊張感をなくさずに読ませたという点かしら。それらが明らかになる中盤が一番読んでて盛り上がったね。

No.30 6点 E-BANKER 2018/02/10 21:05
第120回直木賞受賞の長編。
「火車」や「模倣犯」などと並び、作者の代表作といって差し支えないだろう大作。
1997年の発表。

~事件はなぜ起こったのか。殺されたのは「誰」で、いったい「誰」が殺人者であったのか?・・・。東京都荒川区の超高層マンションで凄惨な殺人事件が起きた。室内には中年男女と老女の惨殺体。そして、ベランダから転落した若い男。ところが、四人の死者はそこに住んでいるはずの家族ではなかった・・・。ドキュメンタリ的手法で現代社会ならではの悲劇を浮き彫りにする、直木賞受賞作~

テーマは当然「家族」ということなのだろう。
本作では事件を深掘りするなかで、さまざまな家族の姿が出現する。
「小糸家」をはじめ、事件に巻き込まれた家庭は、どの家庭も望ましいものではなく、それぞれが互いにいがみ合ったり、すれ違ったりと暗い影を引きずってしまう。
そして、事件の舞台となる超高層マンションこそは、作中の登場人物が言及するとおり、『バベルの塔』なのだ。
天に昇りたいという思いで、人がこしらえた「バベルの塔」・・・
しかし、皮肉にもその「塔」が家族に不幸をもたらすことになる。

作者は現代社会が抱えている病巣を炙り出し、描きたかったのか。
「欲」や「見栄」や「プライド」・・・
人間誰もが持っている負の部分。当然、犯罪はそういう感情が温床となり生まれることとなる。
うーん。重いしやりきれないね。

直木賞受賞を持ち出すまでもなく、本作のレベルは通常のミステリーを超えている。
ただ、ミステリー的な観点からすると、いろいろ言いたいことはあるだろう。
冗長だ! ロジカルな部分が皆無! サプライズがない!etc
それはそのとおり。
ただ、本作が“宮部みゆき”という作家を完成させた作品なのは確かだという気はした。
(勘違いかもしれませんが・・・)

No.29 9点 斎藤警部 2015/06/08 11:48
「黒死館」に寄せた乱歩の序文じゃないが、壮大なこの一篇に埋め込まれた膨大な創作ドキュメンタリー資料の数々から幾つもの硬派な社会派推理小説群が解(ほど)き出されるのではないか、とそんな愉しくも少し苦い妄想をせずにいられない市民物語の巨大集積塔。。。。 の圧倒ぶりに較べて結末だけ意外にあっさりしてしまったか。
とまれ必読の風格漂わざるを得ぬ、重みの一冊。

No.28 8点 TON2 2012/11/05 20:05
下町に突如現れた超高層マンションを舞台に、裁判所の競売物件と民事執行妨害のさまが描かれています。
一見何の関係もない人々が、物語の終末に向かって一つになっていく様子は、見事な筆力です。決して読者を飽きさせません。

No.27 7点 ムラ 2012/04/19 21:25
取材という形で物語が進んでいるのもあいまって、まるで本当の事件を扱っているかのようなリアルさがよかった。
事件自体は特に謎のある感じじゃないけど、その背景を探っていく道筋が面白い。
占有という普段みない題材を軸になっていたから興味も沸いたし、それに巻き込まれる人たちのドラマとかよく書き込んだなぁと思う。
ミステリとしては謎が無いのが残念だけど、フーダユニットを掘り下げてく内容と見れば満足。途中までの展開はまったく読めなかったし。
ただオチが微妙。メッセージ性として読むなら「こんな奴が溢れてたまるか」と思うだけだし。

No.26 7点 seiryuu 2010/08/16 00:29
ミステリーとしては?ですが ストーリーは面白かったです。

No.25 5点 りんちゃみ先輩 2009/09/08 21:18
物語としては現実に起こった不可思議事件のようで興味をそそられましたが、読み物として興奮も、感動もなく引込まれることもなかった特殊な小説でした。でも最後まで読み切れてしまうのはやはり、さすがの文章力なのでしょう。

No.24 6点 殿一気 2008/03/06 04:50
何の予備知識も持たずに読み始めたので、いつもの宮部さんとの毛色の違いに戸惑いました。ノンフィクションの体裁が自分には合いませんでしたね。「火車」で直木賞を逃した時も驚きましたが、まさかこの作品で受賞するとはもっと驚きました…。

No.23 5点 白い風 2008/02/17 17:56
宮部さんの文章力には感心するけど、ミステリとしてはどうかな。
事件の人間関係などの特異性は面白かったけど、ドラマティック性にちょっと乏しい平凡な印象を持ちました。

No.22 9点 itokin 2008/01/02 15:00
時代にあったテーマ、読めない展開、全ての面で満足。宮部みゆきのすごさを確認した一冊。直木賞も納得。

No.21 6点 vivi 2007/10/20 19:25
ミステリとしてどうなのか?と言えばこの点数ですね。
まあ、事件そのものは単純なものでしたし・・・
しかし、この作品の背後に宮部氏が書きたかったものに、
圧倒されたという感があります。

ドキュメンタリーを読むのは好きな方なのですが、
これは作為的なドキュメンタリー風ですので、
その点、ちょっとまどろっこしく感じました。
事件の全容が分かってからが、長すぎたかな・・・

No.20 9点 くりからもんもん 2007/10/02 20:02
ミステリ?どちらかと言うと文学ですね。しかし現実に起こりうる事象も具体的に絡めて、現実と虚構のバランスが絶妙です。
若干冗長な感もありますが、まず立ち読みでも良いですから最初の章だけ読んでみてください。そこでやめることができる人がいたら、お目にかかりたい。

No.19 7点 spam-musubi 2007/09/06 10:39
本格を期待して読むと肩透かしを食らいます。
宮部さんの中では非常に読みづらい部類に入る本だと思いますが、
そこを我慢していると後半ぐいぐいとひきつけられ、
最後は布団の中で夜3時に読了。1時には寝る予定だったのに(涙)

No.18 7点 VOLKS 2007/07/03 00:46
インタビュー形式という書き方が初めて読んだ当時とても新鮮に感じたのを覚えている(映画より小説の方が数倍面白い)また、読みやすい文体なので本の厚さが気にならなかった。

No.17 5点 主任技師 2007/06/02 00:05
宮部みゆきの作品は面白くて一気に最後まで読ませてしまうのは認めるがどれもラストがいまいち。

No.16 6点 2004/12/23 19:33
本の真ん中あたりまで、その錯綜するストーリーを楽しむことはできた。
ただ、終わり方が竜頭蛇尾の印象を受けた。読後、とくに何かを考えさせられるものでもなく、思い出に残らない作品。
結局なんだったんだっけ?


キーワードから探す
宮部みゆき
2023年07月
青瓜不動 三島屋変調百物語九之続
平均:6.00 / 書評数:1
2022年07月
よって件のごとし 三島屋変調百物語八之続
平均:6.00 / 書評数:1
2021年03月
魂手形 三島屋変調百物語七之続
平均:5.00 / 書評数:1
2020年05月
きたきた捕物帖
平均:6.50 / 書評数:2
2019年12月
黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続
平均:6.00 / 書評数:1
2019年07月
さよならの儀式
平均:7.00 / 書評数:1
2018年04月
あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続
平均:7.00 / 書評数:2
2017年08月
この世の春
平均:6.00 / 書評数:1
2016年12月
三鬼 三島屋変調百物語四之続
平均:7.33 / 書評数:3
2016年06月
希望荘
平均:6.17 / 書評数:6
2015年01月
悲嘆の門
2014年08月
荒神
平均:7.00 / 書評数:1
2013年12月
ペテロの葬列
平均:7.00 / 書評数:4
2013年06月
泣き童子 三島屋変調百物語参之続
平均:7.75 / 書評数:4
2013年02月
桜ほうさら
平均:7.00 / 書評数:2
2012年08月
ソロモンの偽証
平均:6.80 / 書評数:5
2011年09月
おまえさん
平均:6.00 / 書評数:3
2011年03月
ばんば憑き
平均:7.33 / 書評数:3
2010年07月
あんじゅう 三島屋変調百物語事続
平均:6.50 / 書評数:4
2010年05月
小暮写眞館
平均:6.33 / 書評数:6
2009年02月
英雄の書
平均:5.00 / 書評数:1
2008年07月
おそろし 三島屋変調百物語事始
平均:6.50 / 書評数:6
2008年06月
チヨ子
平均:4.20 / 書評数:5
2007年08月
楽園
平均:6.00 / 書評数:5
2006年08月
名もなき毒
平均:5.62 / 書評数:13
2005年06月
孤宿の人
平均:7.00 / 書評数:2
2004年12月
日暮らし
平均:6.00 / 書評数:2
2003年11月
誰か Somebody
平均:5.45 / 書評数:11
2003年03月
ドリームバスター2
平均:7.00 / 書評数:2
ブレイブ・ストーリー
平均:6.50 / 書評数:8
2002年03月
あかんべえ
平均:6.00 / 書評数:2
2001年11月
ドリームバスター
平均:5.43 / 書評数:7
2001年08月
R.P.G.
平均:5.69 / 書評数:36
2001年03月
模倣犯
平均:7.68 / 書評数:50
2000年07月
あやし~怪~
平均:7.71 / 書評数:14
2000年04月
ぼんくら
平均:8.22 / 書評数:9
1998年10月
クロスファイア
平均:7.09 / 書評数:22
1998年05月
理由
平均:6.46 / 書評数:35
1997年11月
心とろかすような−マサの事件簿
平均:6.25 / 書評数:4
天狗風
平均:6.60 / 書評数:5
1996年10月
堪忍箱
平均:6.00 / 書評数:3
1996年09月
蒲生邸事件
平均:7.19 / 書評数:53
1996年01月
人質カノン
平均:5.00 / 書評数:9
1995年09月
鳩笛草
平均:6.40 / 書評数:10
1995年07月
初ものがたり
平均:7.56 / 書評数:9
1995年05月
夢にも思わない
平均:6.14 / 書評数:7
1994年07月
幻色江戸ごよみ
平均:7.00 / 書評数:4
1994年04月
地下街の雨
平均:6.50 / 書評数:6
1993年10月
淋しい狩人
平均:6.00 / 書評数:11
1993年09月
震える岩−霊験お初捕物控
平均:6.83 / 書評数:6
1993年03月
ステップファザー・ステップ
平均:7.21 / 書評数:34
1992年09月
とり残されて
平均:6.00 / 書評数:9
長い長い殺人
平均:6.30 / 書評数:27
1992年07月
火車
平均:7.21 / 書評数:99
1992年06月
スナーク狩り
平均:6.54 / 書評数:26
1992年02月
今夜は眠れない
平均:6.50 / 書評数:12
1992年01月
かまいたち
平均:6.00 / 書評数:10
1991年09月
返事はいらない
平均:7.00 / 書評数:14
1991年03月
本所深川ふしぎ草紙
平均:6.93 / 書評数:14
1991年02月
龍は眠る
平均:6.97 / 書評数:32
1990年09月
レベル7
平均:6.55 / 書評数:44
1990年04月
東京下町殺人暮色
平均:5.50 / 書評数:14
1990年01月
我らが隣人の犯罪
平均:7.09 / 書評数:35
1989年12月
魔術はささやく
平均:7.02 / 書評数:59
1989年02月
パーフェクト・ブルー
平均:5.89 / 書評数:19
不明
三島屋変調百物語七之続