海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
名もなき毒
杉村三郎シリーズ 2
宮部みゆき 出版月: 2006年08月 平均: 5.64点 書評数: 11件

書評を見る | 採点するジャンル投票


幻冬舎
2006年08月

光文社
2009年05月

文藝春秋
2011年12月

No.11 2点 makomako 2021/07/20 21:24
 宮部氏の初期の小説は好きでした。どれも興味深く面白かった。
 過去形で書いているのはこのシリーズの「誰か」もかなりいやな感じであったが、本作品は私にとってとても耐えられないほど嫌なやつが出てくるのです。
 途中でやめようかと思ったが我慢して読んでいるとこいつはさらにサイコパスの本領を発揮してますます嫌がらせをしてくる。勿論反省などまるでなし。
 こういった人に実際に悩まされたことがあるため、読んでいて不快なことこの上なかった。
 私にとって読書は最高の楽しみの一つなのですが、こんなに読んで苦痛を味わわされるなんてやってられません。
 もう当分宮部さんの作品は読みたくないな。

No.10 5点 あびびび 2015/11/09 16:59
いろいろな毒が盛り込まれていて、興味深い立ち上がりだったが、後半は尻すぼみの感じがした。特に原田と言う女性。どんな形で暴走するのだろう…と期待?したが、誰もが考えそうな結末になった。

その点が物足りなかった。主人公も、もう少し毅然とした方が、話がまとまりやすいような気がした。

No.9 5点 白い風 2013/07/28 00:02
「誰か」の続編の杉村三郎シリーズですね。
続編だけに人間関係は把握し易かったけど、原田いずみの存在はどうなのかな。
きっと色んな”毒”を表現したかったと思うけど、メインと思う連続無差別毒殺事件の印象が薄れちゃった気がする。
ちょっと詰め込み過ぎた気がするんだよね。
杉村家族もギクシャクして私には後味が悪かったです。

No.8 6点 ayulifeman 2012/02/20 23:12
淡々としていて読みやすい。毒殺の犯人探しよりも原田いずみのおっかなさが気になって仕方がなかった。
最後に役者が主人公宅に大集合。とんでもない結末が・・・おこらなかった。

No.7 7点 ボンボン 2012/01/29 22:52
"毒"なので変に広がって、犯人とその恨みの対象と実際の被害者がずれていく。
犯人たちの心情が、どこまでも憐れで救われない。
理屈どおりに「こうだから、こうなった」という単純明快なことは一つもなく、地味だけれど恐ろしい、思うに任せない日常の現実が書かれている。

No.6 4点 HORNET 2011/01/16 13:25
 これまでの氏の作品を読んでいて,この厚さを見ると,「何かがあるんだろう」と期待して読んでしまいますが,正直,何ということはない作品でした。作品の質としては可も不可もないですが,この長さということを合わせて考えると,マイナス評価になってしまいました。

No.5 5点 isurrender 2009/07/22 01:57
初めて読んだ宮部作品ですが、期待した割に・・・って感じでした

No.4 8点 daiki 2009/07/14 20:59
さすが、と感じました。けど昔の作品(『火車』『理由』)の方が僕は好きです。

No.3 6点 itokin 2008/09/21 09:00
前半の展開から後半の盛り上がりを期待したがしりすぼみ。
宮部さんにしては平凡・・・。

No.2 7点 VOLKS 2008/07/22 11:32
久しぶりに宮部作品を読んだが、身近な問題や近年の社会事象、そして事件・・・いくつもの事柄を上手く絡め合わせて仕上げてあり、さすがだと痛感した。また、その割りに読みやすい文体で作られているということも、宮部作品の特筆すべき事だと感じる。
ただ、あまりにも悲しい事件の背景が辛い。

No.1 7点 akkta2007 2007/10/03 12:57
初めての宮部作品であったがとても楽しめた。
どんな作品だろうかと思いつつ読み始めたが・・・満足であった。
現代社会における問題点を巧みに小説の中に取り入れ、最近あちらこちらで耳にするような事件をも思わせる雰囲気の中で、ミステリーを構成し、犯人を追い詰めていく・・・
納得の出来る内容であった。


宮部みゆき
2020年05月
きたきた捕物帖
平均:6.50 / 書評数:2
2019年07月
さよならの儀式
平均:7.00 / 書評数:1
2018年04月
あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続
平均:7.00 / 書評数:1
2017年08月
この世の春
平均:6.00 / 書評数:1
2016年12月
三鬼 三島屋変調百物語四之続
平均:7.50 / 書評数:2
2016年06月
希望荘
平均:6.60 / 書評数:5
2015年01月
悲嘆の門
2014年08月
荒神
平均:7.00 / 書評数:1
2013年12月
ペテロの葬列
平均:7.00 / 書評数:3
2013年06月
泣き童子 三島屋変調百物語参之続
平均:7.75 / 書評数:4
2013年02月
桜ほうさら
平均:7.00 / 書評数:1
2012年08月
ソロモンの偽証
平均:6.80 / 書評数:5
2011年09月
おまえさん
平均:6.00 / 書評数:3
2011年03月
ばんば憑き
平均:7.33 / 書評数:3
2010年07月
あんじゅう 三島屋変調百物語事続
平均:6.50 / 書評数:4
2010年05月
小暮写眞館
平均:6.25 / 書評数:4
2009年02月
英雄の書
平均:5.00 / 書評数:1
2008年07月
おそろし 三島屋変調百物語事始
平均:6.60 / 書評数:5
2008年06月
チヨ子
平均:4.20 / 書評数:5
2007年08月
楽園
平均:6.00 / 書評数:5
2006年08月
名もなき毒
平均:5.64 / 書評数:11
2005年06月
孤宿の人
平均:7.00 / 書評数:2
2004年12月
日暮らし
平均:6.00 / 書評数:2
2003年11月
誰か Somebody
平均:5.56 / 書評数:9
2003年03月
ドリームバスター2
平均:7.00 / 書評数:2
ブレイブ・ストーリー
平均:6.50 / 書評数:8
2002年03月
あかんべえ
平均:6.00 / 書評数:2
2001年11月
ドリームバスター
平均:5.43 / 書評数:7
2001年08月
R.P.G.
平均:5.74 / 書評数:35
2001年03月
模倣犯
平均:7.73 / 書評数:49
2000年07月
あやし~怪~
平均:8.09 / 書評数:11
2000年04月
ぼんくら
平均:8.11 / 書評数:9
1998年10月
クロスファイア
平均:7.09 / 書評数:22
1998年05月
理由
平均:6.47 / 書評数:34
1997年11月
心とろかすような−マサの事件簿
平均:6.25 / 書評数:4
天狗風
平均:6.60 / 書評数:5
1996年10月
堪忍箱
平均:6.00 / 書評数:2
1996年09月
蒲生邸事件
平均:7.19 / 書評数:52
1996年01月
人質カノン
平均:5.00 / 書評数:9
1995年09月
鳩笛草
平均:6.40 / 書評数:10
1995年07月
初ものがたり
平均:7.56 / 書評数:9
1995年05月
夢にも思わない
平均:6.14 / 書評数:7
1994年07月
幻色江戸ごよみ
平均:7.00 / 書評数:4
1994年04月
地下街の雨
平均:6.50 / 書評数:6
1993年10月
淋しい狩人
平均:6.00 / 書評数:11
1993年09月
震える岩−霊験お初捕物控
平均:6.83 / 書評数:6
1993年03月
ステップファザー・ステップ
平均:7.21 / 書評数:34
1992年09月
とり残されて
平均:6.00 / 書評数:9
長い長い殺人
平均:6.30 / 書評数:27
1992年07月
火車
平均:7.23 / 書評数:97
1992年06月
スナーク狩り
平均:6.52 / 書評数:25
1992年02月
今夜は眠れない
平均:6.50 / 書評数:12
1992年01月
かまいたち
平均:6.00 / 書評数:10
1991年09月
返事はいらない
平均:7.00 / 書評数:13
1991年03月
本所深川ふしぎ草紙
平均:6.93 / 書評数:14
1991年02月
龍は眠る
平均:6.97 / 書評数:32
1990年09月
レベル7
平均:6.55 / 書評数:44
1990年04月
東京下町殺人暮色
平均:5.50 / 書評数:14
1990年01月
我らが隣人の犯罪
平均:7.12 / 書評数:34
1989年12月
魔術はささやく
平均:7.03 / 書評数:58
1989年02月
パーフェクト・ブルー
平均:5.89 / 書評数:19