海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ SF/ファンタジー ]
クロスファイア
宮部みゆき 出版月: 1998年10月 平均: 7.09点 書評数: 22件

書評を見る | 採点するジャンル投票


光文社
1998年10月

光文社
2002年09月

No.22 4点 もち吉 2019/07/11 08:14
楽しめたかどうか?で評価するとこの点数だが、決してそこまで悪い作品と思っているわけではない。好みの話だ。
女性作家にありがちな、人間の感情の機微まで事細かに逃さず描いていくスタイルというのが、自分はどうも苦手だ。ファンタジーにリアリティは求めない。人間の醜い部分は必要以上に見たくない。これは完全に好みの問題だろう。

唯一明らかな難点を挙げるならば、「組織」がいかにも少年漫画にでも出てきそうな安っぽい感じがしてしまったことだろうか。「組織」が絡んでくるまでは結構面白かったのに・・・。最初のコンタクトが電話というのも安易だし、行動や思考もありきたりでこれは大減点。
あと、「痩せぎすの男」という表現を2人の別人に対して使っているのも、自分的にはどうかな?と思う。仮に全く同じような容姿の人間だったとしても、特に重要な意味がない限り小説的には同じフレーズを当てはめるべきではないと思うのだが。

No.21 7点 いいちこ 2018/01/06 13:52
大ヒット漫画「デスノート」と同一の主題であり、同工異曲と言うべき作品。
主人公に対する批判・悪意の反映かもしれないが、登場する悪人がチンケすぎる、主人公の行動原理が純粋な正義感ではなく恋愛感情が混入している、無関係な人間を巻き添えにするなど、主人公の行動に大義がなく、行動もあまりにも不用意である点等から、同作のような強烈な緊迫感・問題意識は伝わってこない。
そうした点から、主人公を待ち受けているラストは明々白々であるが、その着地も呆気なさ過ぎる印象を受ける。
ミステリとしての面白さ・リーダビリティは高く評価するものの、主題を十全には活かしきれていない点で画竜点睛を欠いており、消化不良と違和感が残る作品

No.20 6点 ムラ 2014/05/20 18:44
超能力でミステリってどんな感じなのかなぁって読んでいくと、なるほど宮部みゆきらしいキャラが生きている社会を掘り下げるような作品になっている。
鳩笛に引き続き銃の弾丸になった超能力者の青木が苦悩する様を描かれている。
とんとんと描写が進んで面白かったけどあえて言うなら最後のシーンをもうちょっと伸ばして見たかった。これは宮部みゆき作品でだいたい言ってるような気がする。最後に行きつくまでの道のりが濃いからどうも最後があっさりめに感じてしまう。

No.19 5点 TON2 2013/01/07 01:15
KAPPANOVELS
超能力を持つということは、一般人から見れば神の力を持っていることと同じですが、決して幸福ではないようです。その力ゆえに身近な人間を傷つけたり恐れさせ、孤独です。
 この作品に登場する物理的な超能力者でなくても、学問やスポーツの世界で飛びぬけた力を持っている人も孤独なのだろうかと考えてしまいました。

No.18 5点 touko 2010/02/15 21:12
どうしてもキングの「ファイアスターター」を思い出しますが、作者が大ファンを公言しているので、あえてオマージュとして書いるのだと思います。
こちらは超能力者が主人公のテンポのよいサスペンス。
どんなにドロドロでも基本に正義ははずさない本家キングと、どんなに陰惨でも人情の機微ははずさない宮部の日米の差を読み比べてみても面白いかも?

No.17 9点 ある 2008/09/21 13:11
人の持つ暗さが上手く表現されていて面白かった。
超能力ものなのに,ちゃんとお話が成立しているのも凄いと思う。悲しいけど…そこがまた良い。

No.16 8点 spam-musubi 2007/08/02 10:01
最初は自分のやっていることに疑問を持たない主人公に違和感を
感じていたが、主人公の心情の変化に合わせて徐々に共感を覚え始め、
最後の展開は……、うーん、さすがに巧い。あっという間に上下巻読破してしまいました。

超能力者が大活躍という話は無数にありますが、異能の者ゆえの孤独・悲哀・悲劇を扱わせたら右に出る者がいませんね。「龍は眠る」にも通じますが。

No.15 7点 くりからもんもん 2005/06/17 13:37
超能力なんか出てきたらミステリは成り立たないだろ。
当たり前ですよね、密室もアリバイも警察も関係なくなります。って思ってたんですが、宮部氏にかかるとこんな作品になっちゃうのですね。本作品はその矛盾を合理的に現実的によくまとめたと思います。さすがの著者の力量でしょう。超能力だけで敬遠している方は読むことをお勧めします。最後が悲しすぎるのですが、それも感情移入の賜なのでしょうね。
先に鳩笛草を読むことをお奨めします。

No.14 6点 884 2004/07/23 08:18
 導入部が長めで、中盤の展開が強引な感じ。もう少し膨らませられた話だけに残念。

No.13 9点 なりね 2004/07/12 16:54
適度なブラックさで良かった。
しかし、上下巻に分けなくても良いと思う。中盤のダルさは宮部さんには珍しくさほど目立たなかった。
アクションが良く、いい作品。

No.12 8点 ばやし 2004/01/12 10:42
「うわっ、おもしろい!」って思いましたねー^^グイグイ引き込まれますね小説の中に。映画も見たんですけどなかなかでした★

No.11 10点 四季 2003/11/03 02:45
人間の「闇」の部分をうまく照らし出していると思う。
もちろん映画もみました。

No.10 8点 ろん 2003/08/22 09:53
おもしろかった。けど、人を殺しすぎじゃありませんかね。何でもかんでも焼いてしまっている感じでしたよね。
しかし、話としてはとても面白く、エンディングは切ないものでしたね。

No.9 9点 ハッチ 2003/08/12 00:01
一言「特殊能力」と言っても攻撃能力なのか否かで考えも運命も変わってしまう事にまた考えさせられた。そりゃ鳩笛草の時も随分簡単に力を使うんだな、とは思ったけれど、やっぱりラストはかなり泣いた。最高だけど悲しいのでマイナス1点。

No.8 9点 小太郎 2003/04/02 00:14
極めて私的な「好き嫌い」で言うと「かなり好き」

No.7 9点 keisuke 2002/10/10 07:07
私にとっては、宮部さんの超常現象もの(龍は〜、蒲生〜など)はいいですね。これもじ〜んときました。あ〜、言葉にならない・・・・。

No.6 7点 なかなか 2002/05/14 01:10
前作が収録されている『鳩笛草』を先に読むのは必須です。(そっちのほうがおもしろかった)
展開が偶然に頼りすぎてる気がしたけど、テーマが考えさせられました。

No.5 1点 ぼんち 2001/08/01 09:55
キングの二番煎じ。

No.4 7点 アデランコ 2001/07/30 18:55
特殊能力を備えてるがために悲劇へと向かう青木淳子。
ちょっとやりすきではないかと思うぐらいの焼殺。
だがその描写のおかげで、ラスト数ページはジーンときた。

No.3 8点 ayu 2001/07/20 18:14
とても楽しくよめました〜〜。でも最後が少し悲しかったす・・・。


宮部みゆき
2020年05月
きたきた捕物帖
平均:7.00 / 書評数:1
2019年07月
さよならの儀式
平均:7.00 / 書評数:1
2016年12月
三鬼 三島屋変調百物語四之続
平均:7.00 / 書評数:1
2016年06月
希望荘
平均:6.75 / 書評数:4
2015年01月
悲嘆の門
2014年08月
荒神
平均:7.00 / 書評数:1
2013年12月
ペテロの葬列
平均:7.00 / 書評数:3
2013年06月
泣き童子 三島屋変調百物語参之続
平均:7.67 / 書評数:3
2013年02月
桜ほうさら
平均:7.00 / 書評数:1
2012年08月
ソロモンの偽証
平均:6.80 / 書評数:5
2011年09月
おまえさん
平均:6.50 / 書評数:2
2011年03月
ばんば憑き
平均:7.50 / 書評数:2
2010年07月
あんじゅう
平均:6.00 / 書評数:1
あんじゅう 三島屋変調百物語事続
平均:6.50 / 書評数:2
2010年05月
小暮写眞館
平均:6.25 / 書評数:4
2009年02月
英雄の書
平均:5.00 / 書評数:1
2008年07月
おそろし 三島屋変調百物語事始
平均:6.50 / 書評数:4
2008年06月
チヨ子
平均:4.20 / 書評数:5
2007年08月
楽園
平均:6.00 / 書評数:5
2006年08月
名もなき毒
平均:5.64 / 書評数:11
2005年06月
孤宿の人
平均:7.00 / 書評数:2
2004年12月
日暮らし
平均:6.00 / 書評数:1
2003年11月
誰か Somebody
平均:5.56 / 書評数:9
2003年03月
ドリームバスター2
平均:7.00 / 書評数:2
ブレイブ・ストーリー
平均:6.50 / 書評数:8
2002年03月
あかんべえ
平均:6.00 / 書評数:2
2001年11月
ドリームバスター
平均:5.43 / 書評数:7
2001年08月
R.P.G.
平均:5.76 / 書評数:34
2001年03月
模倣犯
平均:7.73 / 書評数:49
2000年07月
あやし-怪
平均:8.22 / 書評数:9
2000年04月
ぼんくら
平均:8.12 / 書評数:8
1998年10月
クロスファイア
平均:7.09 / 書評数:22
1998年05月
理由
平均:6.47 / 書評数:34
1997年11月
心とろかすような−マサの事件簿
平均:6.25 / 書評数:4
天狗風
平均:6.60 / 書評数:5
1996年10月
堪忍箱
平均:6.00 / 書評数:1
1996年09月
蒲生邸事件
平均:7.19 / 書評数:52
1996年01月
人質カノン
平均:5.00 / 書評数:9
1995年09月
鳩笛草
平均:6.40 / 書評数:10
1995年07月
初ものがたり
平均:7.62 / 書評数:8
1995年05月
夢にも思わない
平均:6.14 / 書評数:7
1994年07月
幻色江戸ごよみ
平均:6.67 / 書評数:3
1994年04月
地下街の雨
平均:6.50 / 書評数:6
1993年10月
淋しい狩人
平均:6.00 / 書評数:11
1993年09月
震える岩−霊験お初捕物控
平均:6.83 / 書評数:6
1993年03月
ステップファザー・ステップ
平均:7.21 / 書評数:34
1992年09月
とり残されて
平均:6.00 / 書評数:9
長い長い殺人
平均:6.35 / 書評数:26
1992年07月
火車
平均:7.23 / 書評数:96
1992年06月
スナーク狩り
平均:6.52 / 書評数:25
1992年02月
今夜は眠れない
平均:6.50 / 書評数:12
1992年01月
かまいたち
平均:6.00 / 書評数:9
1991年09月
返事はいらない
平均:7.00 / 書評数:13
1991年03月
本所深川ふしぎ草紙
平均:6.92 / 書評数:13
1991年02月
龍は眠る
平均:6.97 / 書評数:32
1990年09月
レベル7
平均:6.55 / 書評数:44
1990年04月
東京下町殺人暮色
平均:5.50 / 書評数:14
1990年01月
我らが隣人の犯罪
平均:7.12 / 書評数:34
1989年12月
魔術はささやく
平均:7.03 / 書評数:58
1989年02月
パーフェクト・ブルー
平均:5.89 / 書評数:19