海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ ホラー ]
あやし~怪~
別題『あやし』
宮部みゆき 出版月: 2000年07月 平均: 8.09点 書評数: 11件

書評を見る | 採点するジャンル投票


角川書店
2000年07月

KADOKAWA/角川書店
2003年04月

角川書店
2007年11月

新人物往来社
2012年07月

No.11 6点 蟷螂の斧 2022/02/21 15:13
ホラー、短編のオチを期待すると裏切られるかも。幽霊や鬼を絡めた人情噺が多い。
①居眼り心中 5点 女中は若旦那の子を孕んだため店を追い出される・・・凶事の前兆
②影牢 6点 息子夫婦に座敷牢に閉じ込められた母親は・・・呪い
③布団部屋 5点 酒屋は代々の主が短命であった。布団部屋に魔物が・・・怨念
④梅の雨降る 7点 大凶のおみくじを引いた娘・おえんはある願い事を・・・精神衰弱
⑤安達家の鬼 5点 嫁には鬼が見えないが、姑には見えるらしい。その鬼の秘密とは・・・鬼は鬼でも
⑥女の首 7点 口をきかない太郎は奉公先で女の首を見た・・・口を聞かない原因
⑦時雨鬼 5点 女将は娘と付き合っている男はごろつきというが・・・恋は盲目
⑧灰神楽 4点 女中が死ぬとき、口から灰のようなものを吐き出した・・・憑き物
⑨蜆塚 5点 10年おきに同じ人間が現れる。名前も出身も違うのだが・・・不死?

No.10 9点 ALFA 2022/02/15 10:40
イヤーいいなあー
宮部みゆきは時代物が特にいい。妙に生真面目なメッセージ性が目立つ社会派物と違って、時代物はとてもこなれている。深川生まれで代々続く江戸っ子の血だろうか。
9編からなる短編集。タイトル通りいずれもホラー風味だが、話法や構成がそれぞれに違っていて工夫がある。一人称の叙述はやや現代的だが三人称の地の文は纏綿たる江戸情緒。

お気に入りは対照的な鬼二つ、「安達家の鬼」と「時雨の鬼」。「安達家の鬼」はホラー風味の人情噺。ホラーというのはそもそもロジックが通っていなければならない。そのロジックが現世の秩序と断絶したり微妙にずれたりするところが怖いのだ。ここでは見る側の性根にふさわしい姿の「もの」が見えるという点でロジックが通っている。そしてそれが現世の「もの」ではないという断絶が怖い。ホラー風味とはいえ、ほの明るい人情噺になっている。
一方「時雨の鬼」。こちらは心に住む鬼だからホラーではない。サスペンス風味の極辛口の人情噺。モヤっとしたエンディングがよく似合う。
もう一つのお気に入りは「蜆塚」。世間にまれに見かける年を取らないヒト(らしきもの)。こちらがあえて騒ぎ立てない限り何も悪さはしない(はず?)。妙に美人やイケメンで人柄もよさそうなのが可笑しい。気の利いたエンディングなので当方も引用させてもらう「やっぱり、知らん顔しておくのがいいんじゃねぇかな」

No.9 9点 ボンボン 2016/11/27 23:32
鬼になってしまった人、或いは何食わぬ顔で人の間にいるモノを垣間見る九つの噺。密やかに、早口の小声で語られるような雰囲気を持った時代物の短編集だ。
最後の2話に政五郎親分が登場するので、宮部さんの本所深川の世界では、回向院の茂七親分の次の世代、『ぼんくら』シリーズのあたりのお話になる。
同じ怪談奇談の短編(連作含め)でも、宮部さんの最近の作である『三島屋変調百物語』シリーズだと一話一話がかなり壮大な展開になるが、比べて、初期の『本所深川ふしぎ草子』から本作くらいまでは、小さく引き締まった作風。そのなかでも研ぎ澄まされた緊張感と怪異度では、本作が頂点ではないかと思う。
怖ろしいものが直撃してしまうと惨劇になるが、遠目にぽつりと視えたり、すれ違いざまに自分だけ気付いてしまったり、というのも相当怖い。そんなときは・・・・。
「やっぱり、知らん顔しておくのがいいんじゃねえかな」(最終話『蜆塚』より)

※再読

No.8 7点 メルカトル 2016/11/16 21:55
江戸の怪談話(勿論フィクション)を集めた短編集。全体的に暗い。怪談だから当然かもしれないが、その分雰囲気としては最高。ところが人間が生きている。生き生きしているわけではないのだが、ほとんどの登場人物に存在感があり、それはほんの端役に関しても言える。
江戸時代だからと言って、妖怪や幽霊の類はほぼ出てこない。やはり怖いのは人間そのものということだろう。
個人的にベストは『女の首』。この作品が最もミステリ的趣向が盛り込まれているからである。ホラーだけど話が理路整然としており、起承転結もしっかりしているので、読んでいて一番気持ちがよかった。主人公の太郎にもなんとなく感情移入できるところもお気に入り。

No.7 6点 TON2 2012/12/04 20:13
角川書店
 江戸の市井を舞台とした、不思議で怪奇な物語の連作短編集。

No.6 8点 itokin 2011/07/18 09:14
宮部さんは時代物もいいですね、文章の言い回し、表現の仕方が抜群です。いずれも秀逸ですが、前半の5作は特に気に入りました。

No.5 8点 VOLKS 2008/08/23 19:43
鬼がどうとか、霊がどうとか、そんなものよりやっぱり怖いのは人。
でも、あたたかいのも人なんだなということを痛感できる一冊。

No.4 9点 かなかな 2004/03/06 01:43
「安達家の鬼」がお勧めです。
怖いのは「影牢」。かなり凹みました。
短編なのにぎゅっとつまってる感じです。

No.3 9点 小太郎 2003/04/02 23:47
鬼も、もののけも、ヒトの心の中に住んでいるわけで、結局一番恐ろしいのはヒトだったりするわけです。こう書くと陳腐なテーマとも思えますが、生や死が、日常生活と背中合わせで身近だった「江戸」を舞台にすることで、このあたりのテーマが上手く描かれています。宮部さんの時代物短編集の中でも良い出来だと思います。

No.2 10点 美来 2001/08/15 10:37
正直者、働き者は、分相応の幸せをつかめる。
この1冊はそんな話満載で、とても好きな1冊です。どれもきっぱりとした解決はなく、はんなりとしたものが心に残りました。
「安達家の鬼」「時雨の鬼」がいい。

No.1 8点 2001/05/23 01:26
胃がキュッとなるような、後ろからじわじわとくる恐怖。しかし宮部みゆきの持ち味である人情味や家族愛が醸し出されていて、後味は決して悪くないです。
「安達家の鬼」が一番良かった。


宮部みゆき
2020年05月
きたきた捕物帖
平均:6.50 / 書評数:2
2019年07月
さよならの儀式
平均:7.00 / 書評数:1
2018年04月
あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続
平均:7.00 / 書評数:1
2017年08月
この世の春
平均:6.00 / 書評数:1
2016年12月
三鬼 三島屋変調百物語四之続
平均:7.50 / 書評数:2
2016年06月
希望荘
平均:6.60 / 書評数:5
2015年01月
悲嘆の門
2014年08月
荒神
平均:7.00 / 書評数:1
2013年12月
ペテロの葬列
平均:7.00 / 書評数:3
2013年06月
泣き童子 三島屋変調百物語参之続
平均:7.75 / 書評数:4
2013年02月
桜ほうさら
平均:7.00 / 書評数:1
2012年08月
ソロモンの偽証
平均:6.80 / 書評数:5
2011年09月
おまえさん
平均:6.00 / 書評数:3
2011年03月
ばんば憑き
平均:7.33 / 書評数:3
2010年07月
あんじゅう 三島屋変調百物語事続
平均:6.50 / 書評数:4
2010年05月
小暮写眞館
平均:6.25 / 書評数:4
2009年02月
英雄の書
平均:5.00 / 書評数:1
2008年07月
おそろし 三島屋変調百物語事始
平均:6.60 / 書評数:5
2008年06月
チヨ子
平均:4.20 / 書評数:5
2007年08月
楽園
平均:6.00 / 書評数:5
2006年08月
名もなき毒
平均:5.64 / 書評数:11
2005年06月
孤宿の人
平均:7.00 / 書評数:2
2004年12月
日暮らし
平均:6.00 / 書評数:2
2003年11月
誰か Somebody
平均:5.56 / 書評数:9
2003年03月
ドリームバスター2
平均:7.00 / 書評数:2
ブレイブ・ストーリー
平均:6.50 / 書評数:8
2002年03月
あかんべえ
平均:6.00 / 書評数:2
2001年11月
ドリームバスター
平均:5.43 / 書評数:7
2001年08月
R.P.G.
平均:5.74 / 書評数:35
2001年03月
模倣犯
平均:7.73 / 書評数:49
2000年07月
あやし~怪~
平均:8.09 / 書評数:11
2000年04月
ぼんくら
平均:8.11 / 書評数:9
1998年10月
クロスファイア
平均:7.09 / 書評数:22
1998年05月
理由
平均:6.47 / 書評数:34
1997年11月
心とろかすような−マサの事件簿
平均:6.25 / 書評数:4
天狗風
平均:6.60 / 書評数:5
1996年10月
堪忍箱
平均:6.00 / 書評数:2
1996年09月
蒲生邸事件
平均:7.19 / 書評数:52
1996年01月
人質カノン
平均:5.00 / 書評数:9
1995年09月
鳩笛草
平均:6.40 / 書評数:10
1995年07月
初ものがたり
平均:7.56 / 書評数:9
1995年05月
夢にも思わない
平均:6.14 / 書評数:7
1994年07月
幻色江戸ごよみ
平均:7.00 / 書評数:4
1994年04月
地下街の雨
平均:6.50 / 書評数:6
1993年10月
淋しい狩人
平均:6.00 / 書評数:11
1993年09月
震える岩−霊験お初捕物控
平均:6.83 / 書評数:6
1993年03月
ステップファザー・ステップ
平均:7.21 / 書評数:34
1992年09月
とり残されて
平均:6.00 / 書評数:9
長い長い殺人
平均:6.30 / 書評数:27
1992年07月
火車
平均:7.23 / 書評数:97
1992年06月
スナーク狩り
平均:6.52 / 書評数:25
1992年02月
今夜は眠れない
平均:6.50 / 書評数:12
1992年01月
かまいたち
平均:6.00 / 書評数:10
1991年09月
返事はいらない
平均:7.00 / 書評数:13
1991年03月
本所深川ふしぎ草紙
平均:6.93 / 書評数:14
1991年02月
龍は眠る
平均:6.97 / 書評数:32
1990年09月
レベル7
平均:6.55 / 書評数:44
1990年04月
東京下町殺人暮色
平均:5.50 / 書評数:14
1990年01月
我らが隣人の犯罪
平均:7.12 / 書評数:34
1989年12月
魔術はささやく
平均:7.03 / 書評数:58
1989年02月
パーフェクト・ブルー
平均:5.89 / 書評数:19