海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ その他 ]
スカイ・クロラ
スカイ・クロラシリーズ
森博嗣 出版月: 2001年06月 平均: 7.42点 書評数: 19件

書評を見る | 採点するジャンル投票


中央公論新社
2001年06月

中央公論新社
2002年10月

中央公論新社
2004年10月

No.19 7点 Tetchy 2017/07/12 23:13
何処とも知れない、しかし世界のどこかであることは間違いない場所でいつの頃なのかも解らない時代を舞台にいつも以上に仄めかしが多い文章で、世界観を理解する説明めいた文章はなく、主人公カンナミ・ユーヒチの一人称叙述で物語は断片的に淡々と進んでいく。
その内容はまさに空を飛んでいるかのように掴みどころがない。それぞれが何か秘密を抱えているようだが、カンナミ・ユーヒチの一人称叙述で進むこの作品では全てが雲を掴んでいるかのようになかなか手応えが感じられない。それは主人公のカンナミをはじめ各登場人物たちがあまり人に関心を持たない性格だからだ。戦時下の前線にいるパイロットや整備士などにとって今いる仲間はいつ死んでもおかしくない、つまり今日は逢えても明日は逢えるか解らない境遇であるため、他人と距離を置き、ほどほどに付き合う程度の人間関係を構築しないからだろう。だからカンナミが色々質問しても「それを知って何になる?」と云わんばかりに沈黙で応える。しかし日数が経つと次第に打ち解けて断片的に自分のことや他人のこと、そして過去のことが断片的に語られていく。まあ、現代の人間関係と非常に似通っていてある意味リアルでもあるのだが。

そんな独特の浮遊感を持ちながら進む作品はしかし、カンナミたちが飛行機に乗って空を飛ぶとたちまち澄み渡る空の青さと雲の白さとそして眩しい太陽の日差しの下で自由闊達に躍動する飛行機たちの姿とカンナミ・ユーヒチが機体と一体になって空を飛ぶ描写が瑞々しいほど色鮮やかに浮かび上がる。そして敵と相見える空中戦ではコンマ秒単位に研ぎ澄まされた時間と空間把握能力が研ぎ澄まされた皮膚感覚を通じて語られる。それは人の生き死にを扱っているのになんとも美しく、空中でのオペラを奏でているようだ。飛行機乗りでしか表現できないようなこの解放感と無敵感をなぜ森氏がこれほどまでに鮮やかに描写できるのか、不思議でならない。

淡々と進む物語は随所にそんな美しい飛行戦をアクセントに挟みながら、カンナミ・ユーヒチの日常と彼の仲間たちの日常、そして変化が語られ、そして徐々に物語が形を表していく。
カンナミの前任者クリタ・ジンロウは果たして本当に上司の草薙水素が殺したのか?カンナミ、そして草薙が属するキルドレとは一体何なのか?

地面から5センチほど宙に浮いたような感覚で読み進めた本書だったが、最後になってどうにかその世界へと着陸することが叶った。森氏が開いた新たな物語世界。次作からじっくり読み進めていくことにしよう。

No.18 4点 smk 2013/10/21 20:55
リーダビリティは高いが世界観には入り込めなかった。
飛行用語もあるのでとっつきにくいのかな。
ミステリではないので△1点でこの点数。

No.17 2点 daiki 2009/06/02 00:39
ミステリではないと思う。「クール」で面白いけど。

No.16 6点 vivi 2008/08/30 20:25
映画化ということで、映画は見ないけど原作読みたい気に。
で。ミステリではないと思うので、点数は高くないけれど、
楽しめました☆

心情を吐露している主人公が、「人間」くさくないので、
作品世界が、めちゃくちゃ透明です。
何かが指の間からすべり落ちていくのにも気づかないくらい。

物事に価値をつけたり、理屈をつけたり、理由をつけたりすることを、
全て否定してみると、こんな作品が出来るのでしょうね。
小さな子供の頃は、皆そうだったんだよな~・・・

No.15 5点 VOLKS 2007/08/05 10:44
ふんわりとした感覚に包まれる感じ。
読後感も悪くない。
ただ、理解するのに時間がかかった。
何度か読み終えた今になっても、きちんと理解出来ているか不安な作品。
映像化前に一読しておくべき。

No.14 9点 ルルファー 2005/03/29 17:37
確かに村上春樹からジョークのセンスを無くして、クールさを増させたような印象を受ける。そのせいで、春樹作品からは感じられない自己中心主義的なものを感じてしまうのが残念だ。あんた何様よ?って言いたくなるんだよね。
まあ、それでもこの作品は十分に良い出来だろう。
宮崎駿にアニメ化させたら面白そうだな。

No.13 9点 Pj 2005/02/20 19:08
ミステリィよりもこちらの方が良い。これほどの作品には、なかなか出会えない。

No.12 9点 SD 2004/05/09 08:23
「平和」というものをさめた目で描いているところが好きです。

No.11 10点 なな さんいち 2003/09/21 18:32
これほどの小説に出会えたことを、神に感謝!

No.10 8点 バナナフィッシュ 2002/09/20 13:46
SFだと思う 森博嗣氏のプラモマニアとしての要素が
かなり入っているのだろうか 世界観は良いですね

No.9 6点 由良小三郎 2002/09/03 20:04
印象としては、少年ジャンプの劇画原作という感じです。
メカ用語は、それなりの効果ですが、サンテクジュペリの人間の土地だとかの世界のリアリズムはないような気がしました。または松本零士の戦場マンガと比べてどうなんだろうと思いました。

No.8 10点 ぷー 2002/08/16 15:10
すごく良かったと思います。ガンパレちっくで。

No.7 6点 一千花 2002/08/16 14:59
皆さん高得点をつけていらっしゃるので
期待していたのですが なんか村上春樹みたいだ
と思いました いや「〜みたい」というのは
誉め言葉として失礼ですが うーん評価しづらいです
わかる人にはわかるのでしょうが スロットルとか
不明な単語がたくさんで難儀しました

No.6 9点 高柳光臣師父 2002/08/05 13:54
単純に楽しめましたよ。これわ。
登場人物の個性溢れるところがまた最高!
あと、難点をいえば、最後がどうなったかよくわかりませんでした。設定もよくわからなかったし。

No.5 9点 あこ 2002/06/24 01:52
飛行気乗りという一般には現実感のない視点の設定でありながら、その切実な絶望感には共感をおぼえる現代人が多いのでは?息を詰めて目をつぶって駆け抜ける感じ。装丁も良い。

No.4 10点 G?予想家K 2002/03/20 16:11
作者の「飛行機とハードボイルドを書きたい欲」が炸裂してますね。青空が見え滑走路を吹く風の音が聞こえてきそうな作品。一方で、説明しないことを不親切と感じる人は楽しめないかも。

No.3 5点 氷雨 2001/09/23 21:53
爽やかに絶望感に浸れる作品。何がどうなったのかが分からないところがあるけれど、世界は綺麗だ。

No.2 9点 或る河童 2001/08/28 13:26
つかみ所のない様な世界観が非常に良いと思う。

No.1 8点 十六夜 2001/07/26 12:27
ミステリか否かは別にして、気持ちよく読めた。
単純に好きな作品。


森博嗣
2020年10月
馬鹿と嘘の弓
平均:5.00 / 書評数:1
2018年05月
ψの悲劇
平均:7.00 / 書評数:1
2018年02月
血か、死か、無か?
平均:6.00 / 書評数:1
2017年05月
ダマシ×ダマシ
平均:4.00 / 書評数:1
2016年05月
χの悲劇
平均:6.50 / 書評数:2
2016年01月
魔法の色を知っているか?
平均:4.00 / 書評数:1
2015年10月
彼女は一人で歩くのか?
平均:4.00 / 書評数:1
2015年01月
暗闇・キッス・それだけで
平均:6.00 / 書評数:1
2014年11月
サイタ×サイタ
平均:4.00 / 書評数:1
2014年06月
ムカシ×ムカシ
平均:5.00 / 書評数:1
2013年11月
キウイγは時計仕掛け
平均:3.33 / 書評数:3
2013年07月
赤目姫の潮解
平均:6.00 / 書評数:1
2013年06月
神様が殺してくれる
平均:5.00 / 書評数:3
2013年04月
スカル・ブレーカ
平均:7.00 / 書評数:1
2012年11月
ジグβは神ですか
平均:6.00 / 書評数:3
2012年04月
ブラッド・スクーパ
平均:7.00 / 書評数:1
2011年04月
ヴォイド・シェイパ
平均:8.00 / 書評数:1
2010年10月
喜嶋先生の静かな世界
平均:7.00 / 書評数:2
2009年04月
ZOKURANGER
平均:5.00 / 書評数:1
2008年09月
目薬αで殺菌します
平均:6.00 / 書評数:3
2008年08月
僕は秋子に借りがある
平均:6.00 / 書評数:1
2008年01月
タカイ×タカイ
平均:4.25 / 書評数:4
2007年09月
キラレ×キラレ
平均:5.00 / 書評数:3
2007年08月
ゾラ・一撃・さようなら
平均:7.00 / 書評数:1
2007年07月
ZOKUDAM
平均:6.00 / 書評数:1
2007年06月
クレィドゥ・ザ・スカイ
平均:5.00 / 書評数:1
2007年05月
イナイ×イナイ
平均:4.83 / 書評数:6
2007年01月
ηなのに夢のよう
平均:4.60 / 書評数:5
2006年09月
λに歯がない
平均:3.67 / 書評数:6
2006年08月
少し変わった子あります
平均:4.00 / 書評数:1
2006年06月
フラッタ・リンツ・ライフ
平均:7.00 / 書評数:1
2006年05月
εに誓って
平均:5.20 / 書評数:5
2006年01月
レタス・フライ
平均:5.00 / 書評数:3
2005年09月
τになるまで待って
平均:4.50 / 書評数:6
2005年06月
ダウン・ツ・ヘヴン
平均:7.00 / 書評数:1
2005年05月
θは遊んでくれたよ
平均:5.88 / 書評数:8
2005年04月
どきどきフェノメノン
平均:4.50 / 書評数:2
2004年12月
工学部・水柿助教授の逡巡
平均:3.00 / 書評数:1
2004年09月
Φは壊れたね
平均:4.45 / 書評数:11
人間は考えるFになる
平均:6.00 / 書評数:1
2004年06月
ナ・バ・テア
平均:6.00 / 書評数:4
2004年04月
探偵伯爵と僕
平均:5.20 / 書評数:10
2004年03月
四季 冬
平均:5.25 / 書評数:4
四季
平均:7.30 / 書評数:20
2004年01月
四季 秋
平均:6.75 / 書評数:4
2003年11月
四季 夏
平均:6.33 / 書評数:3
2003年10月
ZOKU
平均:7.00 / 書評数:2
2003年09月
四季 春
平均:6.67 / 書評数:6
2003年06月
迷宮百年の睡魔
平均:7.38 / 書評数:13
2003年01月
虚空の逆マトリクス
平均:5.30 / 書評数:10
2002年09月
赤緑黒白
平均:6.28 / 書評数:18
2002年07月
奥様はネットワーカ
平均:4.50 / 書評数:4
2002年05月
朽ちる散る落ちる
平均:5.81 / 書評数:16
2002年01月
捩れ屋敷の利鈍
平均:5.72 / 書評数:25
2001年11月
アイソパラメトリック
平均:7.00 / 書評数:1
2001年09月
六人の超音波科学者
平均:5.43 / 書評数:14
2001年06月
墜ちていく僕たち
平均:3.30 / 書評数:10
スカイ・クロラ
平均:7.42 / 書評数:19
2001年05月
恋恋蓮歩の演習
平均:6.50 / 書評数:18
2001年01月
今夜はパラシュート博物館へ
平均:6.12 / 書評数:16
2000年12月
工学部・水柿助教授の日常
平均:5.88 / 書評数:8
2000年09月
魔剣天翔
平均:6.63 / 書評数:19
2000年06月
女王の百年密室
平均:6.37 / 書評数:19
2000年05月
夢・出逢い・魔性
平均:5.70 / 書評数:20
2000年01月
月は幽咽のデバイス
平均:4.94 / 書評数:18
1999年09月
人形式モナリザ
平均:4.90 / 書評数:21
1999年06月
そして二人だけになった
平均:5.75 / 書評数:48
1999年05月
黒猫の三角
平均:5.50 / 書評数:28
1999年01月
地球儀のスライス
平均:6.94 / 書評数:16
1998年10月
有限と微小のパン
平均:7.40 / 書評数:60
1998年07月
数奇にして模型
平均:6.24 / 書評数:34
1998年04月
今はもうない
平均:6.76 / 書評数:58
1998年01月
夏のレプリカ
平均:6.43 / 書評数:35
1997年10月
幻惑の死と使途
平均:7.36 / 書評数:42
1997年07月
まどろみ消去
平均:5.36 / 書評数:28
1997年04月
封印再度
平均:6.22 / 書評数:68
1997年01月
詩的私的ジャック
平均:5.46 / 書評数:48
1996年09月
笑わない数学者
平均:6.72 / 書評数:71
1996年07月
冷たい密室と博士たち
平均:5.84 / 書評数:56
1996年04月
すべてがFになる
平均:6.73 / 書評数:178
不明
実験的経験