海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ サスペンス ]
幻の女
ウィリアム・アイリッシュ 出版月: 1962年01月 平均: 7.73点 書評数: 41件

書評を見る | 採点するジャンル投票


早川書房
1962年01月

早川書房
1973年01月

早川書房
1976年04月

早川書房
2015年12月

No.41 5点 虫暮部 2021/05/12 11:56
 一人の冤罪に対して、清廉潔白ではないにせよ極悪人と言う程でもない人たちが何人も亡くなる(バーテンダーは“事故”とされているが、なかなか悪質な追い詰め方だったと思う)。数の論理で言えば、おとなしく死刑になったほうがマイナスは少なかったわけで、サスペンスと言うより、思考実験めいたブラック・ユーモアの小説。

 私は、人間関係の偶然については狭量なので、犯人があんな渡りに船の状況で事件に関わる展開には頷けない。
 裁判で検察側が示したのは状況証拠ばかり。あれで死刑判決?
 死刑囚との面会の描写(監房に直接入って二人きりになれる)は史実?

No.40 8点 猫サーカス 2020/07/24 16:41
発端の不可思議性、中途のサスペンス、結末の意外性と三拍子揃っている。大都会を背景に独特の甘美で寂しいムードを漂わせ、不可解な謎に魅了される。アリバイがないための無実の殺人罪で死刑を宣告された男が、刻々と迫る執行日を前に、友人の努力で冤罪を晴らそうとするが、果たして刑の執行に間に合うのかというところにサスペンスが生まれる。主人公の運命がどうなるか、その焦燥感や不安感が読者の気持ちを捉えてはなさない。

No.39 7点 クリスティ再読 2019/09/12 20:43
もし「名作」が後続の作家の「お手本」となるような作品のことだとしたら、本作は全然「名作」じゃない。本作は長編ミステリとしては弱点が多い作品なんだが、短編名手のウールリッチらしく、実のところ「サスペンス短編」としての珠玉の名作をいくつも「内包」した作品なんだと思う。だから本作の良さ、というのは本当に「ウールリッチだからこそ」なのであって、他の作家がやっても駄作にしかならない。ウールリッチだから、弱い部分もファンタジーみたいに許せるだけのことだ。
とくに「若い女性」の2つのパートなんて、奮いつきたくなるくらいの名作だと思う。評者なんて心臓バクバクでちょっとアテられるくらい。女性を能動的に動かしたら、ウールリッチのロマン味全開だもの。凄い。短編として独立して読んでもいいくらいだと思う。
長編として読んだときに、なかなかいいのは被害者マーセラのキャラクター。屈折した悪女、といった振舞いがいい。というわけで、やはり女性を描かせたら最強でしょう。女性は「化ける」というのをウールリッチは判っている。
あとやはりね、稲葉明雄の旧訳だけど、この人のセンチメントを隠したクールな明晰さと合った作品なのがベストマッチだと思う。というわけで、死刑ネタが「二都物語」と連続することになった。しまったな、次が「黄色い犬」の予定だったが、「男の首」にしたらよかった。
(死刑三連発は「アメリカの悲劇」になりました...)

No.38 9点 ねここねこ男爵 2017/10/29 04:11
サスペンスの大傑作。

魅力的な謎と設定、圧倒的読みやすさ、適度なミステリ要素、ロジカルな解決、どんでん返し。
導入を読むだけでワクワクし、それを裏切らない内容。
ほーんのちょっとだけ苦しさを感じる部分があるので満点にはしませんが、初読時は気にならないでしょう。

原文と翻訳が良くできていることもあって文章に古さを感じません。読まないと損です。

No.37 9点 ボンボン 2017/07/19 00:03
なんだこのカッコよさ。おしゃれだ。詩的な映画のよう。
余計なことを考えず、流れるようなサスペンスをたっぷりと堪能し、作者の思いどおりにびっくりし続けることができて幸せな読書だった。何度も上げては落とされ、また上げては落とされの繰り返しが延々と続くジェットコースター。キャロルの忍耐と献身が凄まじいのに、可愛らしさが薄れないのがお見事。
本当に詩のような、或いは芸術系の漫画(?)のような読み心地なので、どんなに突っ込みどころ満載でも、突っ込ませないコーティングがされている。傑作とは、こういうものを言うんだな、と思った。

※黒原敏行訳の〔新訳版〕

No.36 7点 パメル 2016/10/02 12:08
死刑宣告された主人公がアリバイを証明するために一夜限りの食事を一緒に
した「幻の女」を探し出し刑の執行までに無実を証明出来るかという
タイムリミットサスペンス
全体的に緊迫感に包まれている点やスリリングな展開そして当時のニューヨークの雰囲気が目に浮かぶように描かれていて好印象
ただ見ているはずの多数の人物が誰も見ていないと証言する真相が強引さを感じる

No.35 8点 いいちこ 2016/08/20 18:42
主人公が「幻の女」の特徴を全く記憶しておらず、犯行プロセスがリスキーかつチープであるなど、プロット・真相がややリアリティに欠ける点は難点。
ただ、叙述スタイルとプロットの高い親和性等を活かして、作品世界を反転させ、鮮烈な衝撃を演出した手際は見事。
翻訳物としては異例とも言える高いリーダビリティも評価

No.34 7点 青い車 2016/05/30 22:11
 現在の読者からすれば、真相及び殺害トリックなどは特に目新しいものではありません。フーダニットととしてもある意味ではありがちな手法で犯人を隠蔽しているので、気付いてしまう人もいるかも。しかし、特筆すべきはそのプロット。妻殺しの罪で死刑執行を待つ男、男と一緒にいたはずの謎の女、そして捜査で相次ぐ関係者の死とサスペンスとして申し分のない完成度です。変な余韻を残さず爽快に締めくくっているのも高く評価します。

No.33 8点 メルカトル 2015/12/28 21:56
どこをどう取っても優れたサスペンス小説、だと思う。
しかし、囚われの身となったヘンダースンが、「幻の女」の特徴や言動などを一切思い出せないというのがいかにも解せない。一晩一緒に過ごした女の容姿すら忘れ去ってしまっているのはやはりどうかしている気がするが。それを除けば、隅々まで神経の行き届いた、端正な名作なのではないだろうか。
後半、世界が反転する展開はおそらく当時としては、今でもそうだが、かなりセンセーショナルなものだったと思う。
ま、いずれにしてもこれだけ平均点が高いのも頷ける傑作に違いないだろう。

No.32 6点 ミステリーオタク 2015/10/23 22:38
何なんだろうね
プロットだけだったら今なら全然珍しいものじゃねぇもんな
まぁこの手の先駆けということか
確かにいくつかのフレーズは心に残るけどな

No.31 9点 ロマン 2015/10/21 14:58
無実の罪で死刑を宣告された男を救うべく、真実を求めて奔走する人々。ストーリーの型も真相も、今となっては目を瞠るよう珍しさではないが、それでも最後まで惹き付ける力強さがある。何となく予想した結末だったにも関わらず、伏線を回収しながら読み返したくなる。雑然とした雰囲気の中、キャロルの凛とした、そして執念さえ感じる意志の強さが輝いて見えた。そしてちょっと気取った感じの文体や言い回しも素敵。冒頭の一文は言わずもがな、「“時”というものは、どんな男やどんな女よりも大きな殺人者なのだ。」ここも印象的だった。

No.30 7点 haruka 2015/07/23 23:56
翻訳物はあまり好きではないのだが、友人の無実を証明するために奔走するロンバードの焦燥感が伝わってくるようで惹き込まれた。それゆえにラストのどんでん返しがより効果的に決まっている。

No.29 9点 斎藤警部 2015/06/09 05:39
こりゃあもう、ヤヴァいっすよねえ。
かなり若い時節、世評にほだされて読み、最後の最後、の直前、まで騙されました。直前にピン!と来た瞬間のスリルと来たら、こりゃただものでは無かったねえ。
清張もかくやの物語吸引力は凄まじく、だからこそ容易に真相を悟らせない。
古典力爆発の必読作。

No.28 8点 アイス・コーヒー 2014/07/11 17:35
妻殺害の疑いをかけられた男が、アリバイを証明してくれるただ一人の人物「幻の女」を追っていくが…。

サスペンスとしては、ストーリーの完成度の高さ、タイムリミットが迫る中でのスピード感、そして都会的な雰囲気が調和してかなり面白いものになっていると思う。出版から半世紀以上たった今でもその魅力が褪せないというのは、一定の評価に値するだろう。
ミステリーとしての工夫は、よくあるもの。幻の女の正体も…。ただ、そこがまた皮肉の利いたラストに繋がっていて、本作の印象をより強いものにしている。
途中出てくるロジカルな推理もよく出来ていた。伏線も見事に回収され、結末にも納得。

未読の方には是非読んでもらいたい一冊。決して損はしないはず。

No.27 5点 ボナンザ 2014/04/08 16:06
個人的には長編だとアイリッシュの持ち味が薄れてしまうと思う。
とはいえ目次立てなんかも秀逸で、乱歩が絶賛したのもわかるできではある。

No.26 8点 蟷螂の斧 2013/01/13 20:18
(東西ベスト・再読・タイトル・女④)タイトルに「女」のつくものは、書評分で①さらわれたい女②倒錯の死角~201号室の女③完全犯罪の女、「男」は①七回死んだ男②ハサミ男③脳男④連続殺人鬼カエル男⑤死体を買う男⑥二人の妻をもつ男。自分のなかで、それをシリーズ化して読んでみようと思いつき、第一弾としてこの有名作品の再読となりました。本作では、幻の女の正体が誰であるかは問題とはなっていないのでしょう。当時としては、意外性はかなりあったと思いますし、現在でもサスペンスフルな展開・文章は高い評価を与えられると思います。

No.25 8点 makomako 2012/12/02 14:54
 翻訳ものが苦手なわたしですが、この作品はとても楽しめました。さすが不朽の名作といわれているだけのことはあると思います。翻訳文もこなれていてよかった。
 読み始めるとなかなか止められない。
 最初はこんなストーリーは分かりきった話になってしまうのではと心配?もしたのですが、どうしてどうして息をのむ展開となる。 古い友人のために一肌脱ぐといった男気のある人物が登場して、大いに感激。友はこうでなくては!とお話に没頭。
 ところがところが、とんでもない方向へ話が展開していく。真相はいかに--。
 結構なトリックなども使ってあるし、わたしなど全く結末がわかりませんでした(まあだいたいわからないんだけどね)。
 ただ、本格物として読むとなんだか「あとだしじゃんけん」みたいなところはあるのですが、良しとしましょう。
 幻の女の正体は多少肩透かしのような感じはしますがこんなものでよいのでしょう。
 とにかく最近読んだ翻訳小説の中で一番熱中したものでした。

No.24 9点 HORNET 2012/04/30 09:35
 以前から本棚にあったのだが、ずっと放置していた物をやっと読んだ。感想は、「不朽の名作」といわれる評価に納得。確かに、時代を感じさせる大味な所はあるが、そんなことは気にならない。息つく暇もない展開、巧みな筆致、高いリーダビリティ、40年近く前に書かれたものなのに今でも全く色褪せない。期待させておいて振り出しに戻ることのくり返しで、やきもきする感もあったが、それがラストの仕掛けをより引き立たせた。「幻の女」の正体は(作品としての評価とは別にして)、自分は明かされたほうがスッキリするタイプ。

No.23 8点 take5 2011/08/10 23:07
「夜は若く、彼も若かった。夜の空気は甘いのに、彼の気分は苦かった。」
他の方も書いていらっしゃいますが、翻訳上の文章であるという事を加味しても、素敵だなあと思えるフレーズを数多あるミステリーの中で、こうして思い出す訳です。

No.22 7点 isurrender 2011/08/08 23:28
基本的にはサスペンスなので、トリックというよりスリルを味わう作品だと思う
そういう観点からは、読みやすいしスリリングだし面白かった
「幻の女」は誰なのかっていうわかりやすくミステリアスな謎は現在でもありがちな設定なので、それを相当昔に書いていた本作の評価が高いのは頷けます


ウィリアム・アイリッシュ
1977年12月
黒いアリバイ
平均:5.25 / 書評数:4
1977年04月
ニューヨーク・ブルース
平均:7.00 / 書評数:4
1975年01月
わたしが死んだ夜
平均:6.67 / 書評数:3
1974年03月
シルエット
平均:6.33 / 書評数:3
1973年03月
裏窓
平均:6.00 / 書評数:6
1972年01月
晩餐後の物語
平均:7.00 / 書評数:4
1963年01月
暁の死線
平均:6.31 / 書評数:13
1962年01月
幻の女
平均:7.73 / 書評数:41
1960年01月
死の第三ラウンド
平均:6.75 / 書評数:4
1959年01月
死刑執行人のセレナーデ
平均:6.50 / 書評数:2
夜は千の目を持つ
平均:4.25 / 書評数:4
1958年01月
死者との結婚
平均:7.80 / 書評数:5
黒いカーテン
平均:5.88 / 書評数:8
暗闇へのワルツ
平均:7.33 / 書評数:6
1955年02月
妄執の影
平均:6.00 / 書評数:1