海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 冒険/スリラー/スパイ小説 ]
限界点
ジェフリー・ディーヴァー 出版月: 2015年03月 平均: 6.33点 書評数: 3件

書評を見る | 採点するジャンル投票


文藝春秋
2015年03月

文藝春秋
2018年02月

文藝春秋
2018年02月

No.3 6点 あびびび 2020/01/16 14:14
ある家族を「調べ屋」から護る連邦機関の護衛菅コルティ。調べ屋ヘンリー・ラヴィングはその道のナンバーワン的存在で、いったん標的を追うと、家族の親族、友人らへの殺人もいとわず、あるゆるところから情報を得て、標的に迫る。だからコルティには家族、友人はいない…。

追うものと逃れるもの、あらゆる駆け引きが始まるのだが、そこはジェフリーディーヴァー。小粒ながらもどんでん返しの連続で読み手を楽しませる。でも、この作家を読みなれている読者にとってはごく普通の流れかな?

自分的には最後の「エンドゲーム」がほのぼのして良かった。

No.2 6点 take5 2018/05/13 12:26
読みやすいジェフリーディーヴァーの作品で、
いつもながらのドンデン返しですが、
主人公の一人称で語られる所に、
一長一短というか好みというかが出ます。
葛藤から一番遠い所に自身を置く必要がある
主人公が、
ゲーム理論を絡めて事件にあたる訳ですが、
エピローグのエピソードが割り切ることの出来ない
矛盾をはらんでいれば尚よかったと感じます。
うまくやれていすぎという感じがします。
それよりも一人称の語りを生かす方を、
ディーヴァーが選んだという事でしょうか。
私の好みでは、『赤毛の男の妻』のように、
主人公の悲哀や矛盾を、
読者に投げかけたまま終わる事が
よりよいと思います。

No.1 7点 Tetchy 2018/04/29 00:42
久々のディーヴァーのノンシリーズ作品である本書は警護のプロと<調べ屋>と称される殺し屋との攻防を描いたジェットコースター・サスペンスだ。
主人公は連邦機関<戦略警護部>の警護官コルティ。6年前の事件で師であるエイブ・ファロウを殺害された警護のプロ。
対する敵はヘンリー・ラヴィング。凄腕の<調べ屋>でコルティの師ファロウを拷問の末に殺害した男。

そんな2人の極限の攻防はまさにターゲットの死を賭けた精緻なチェスゲームのようだ。ディーヴァー作品の特徴に専門家と違わぬほどのその分野の専門的知識が豊富に物語に盛り込まれることが挙げられるが、本書でもこの警護ビジネスに関する知識がコルティの独白を通じて語られる。
また本書がこの敵と味方の攻防をチェスゲームのように描いているのは作者も意図的である。コルティの趣味はボードゲーム。プレイのみならず古今東西のボードゲームの蒐集も行なっている。さらにコルティは大学院で数学の学位を取得中にゲーム理論をかじっており、これを自分の仕事に活かしている。本書ではこのゲーム理論がところどころに挿入され、それがさらに本書のゲーム性を高めている。

また追う者と追われる者のハンターゲーム以外にも、もう1つの謎としてライアン・ケスラー刑事を標的にした依頼人の目的が不明なことだ。金融犯罪を担当する彼が扱っている2件の事件について調べていくうちに、意外な展開を見せていくのもまたミステリの妙味となっている。
実は本書はこのケスラー一家殺害を命じた依頼人の意図がどんでん返しとなっているのだが、その内容が次第に尻すぼみしていくのだ。最近のディーヴァー作品は意外性を狙うがゆえに、結末がチープになるという、どんでん返しの「手段の目的化」が散見されるのが残念だ。

題名の『限界点』も正直何を指すのかよく解らないし、原題の“Edge”に関してはラヴィングとコルティが得意とする、目的を完遂するために利用する周囲の人々の弱みを握る、つまり打ち込む楔を指しているが、それ以外にもそのマーリーと口づけを交わした川に面する崖の縁を示しているように思われる。これの表す意味については本書を当たってもらうと実に浅薄であることが解るのでここでは敢えて書きますまい。
返す返すも残念な作品だ。


ジェフリー・ディーヴァー
2022年05月
死亡告示 トラブル・イン・マインドII
平均:7.00 / 書評数:1
2022年04月
フルスロットル トラブル・イン・マインドI
平均:5.00 / 書評数:1
2021年09月
魔の山
平均:4.00 / 書評数:1
2021年03月
オクトーバー・リスト
平均:6.00 / 書評数:1
2020年09月
ネヴァー・ゲーム
2019年10月
カッティング・エッジ
平均:8.00 / 書評数:4
2018年10月
ブラック・スクリーム
平均:6.25 / 書評数:4
2017年10月
スティール・キス
平均:6.20 / 書評数:5
2016年10月
煽動者
平均:5.80 / 書評数:5
2015年10月
スキン・コレクター
平均:6.57 / 書評数:7
2015年03月
限界点
平均:6.33 / 書評数:3
2014年10月
ゴースト・スナイパー
平均:6.00 / 書評数:6
2013年10月
シャドウ・ストーカー
平均:6.17 / 書評数:6
2013年08月
ポーカー・レッスン
平均:7.40 / 書評数:5
2012年10月
バーニング・ワイヤー
平均:7.29 / 書評数:7
2012年06月
追撃の森
平均:5.50 / 書評数:4
2011年10月
007 白紙委任状
平均:6.50 / 書評数:2
2010年10月
ロードサイド・クロス
平均:6.33 / 書評数:6
2009年10月
ソウル・コレクター
平均:6.43 / 書評数:7
2008年10月
スリーピング・ドール
平均:6.33 / 書評数:6
2007年10月
ウォッチメイカー
平均:7.55 / 書評数:11
2006年12月
死の開幕
平均:6.50 / 書評数:2
2006年09月
12番目のカード
平均:5.20 / 書評数:5
2005年12月
クリスマス・プレゼント
平均:7.75 / 書評数:8
2005年09月
獣たちの庭園
平均:6.50 / 書評数:2
2004年10月
魔術師
平均:6.09 / 書評数:11
2003年05月
石の猿
平均:6.20 / 書評数:5
2003年02月
シャロウ・グレイブズ
平均:6.00 / 書評数:1
2003年01月
ブラディ・リバー・ブルース
平均:7.00 / 書評数:1
2002年12月
ヘルズ・キッチン
平均:6.00 / 書評数:1
2002年11月
青い虚空
平均:7.60 / 書評数:5
2002年03月
死の教訓
平均:5.00 / 書評数:1
2001年10月
エンプティー・チェア
平均:7.43 / 書評数:7
2000年10月
コフィン・ダンサー
平均:7.19 / 書評数:16
2000年09月
悪魔の涙
平均:6.25 / 書評数:4
1999年09月
ボーン・コレクター
平均:5.81 / 書評数:16
1998年02月
監禁
平均:7.50 / 書評数:2
1997年06月
静寂の叫び
平均:7.33 / 書評数:3
1996年05月
眠れぬイヴのために
平均:4.33 / 書評数:3