海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 短編集(分類不能) ]
女が死んでいる
貫井徳郎 出版月: 2015年03月 平均: 6.75点 書評数: 4件

書評を見る | 採点するジャンル投票


KADOKAWA/メディアファクトリー
2015年03月

KADOKAWA
2018年08月

No.4 8点 ミステリーオタク 2020/04/01 19:10
かなり前に『崩れる』を読んで「もうヌックの短編を読むのはやめよう」と思っていたが、ふとしたキッカケで本書を読むことになり、「食わず嫌いしなくてよかった」と感じさせてくれた一冊。

『女が死んでいる』 無理があるが設定が香ばしいし、とにかくグイグイ読ませてくれる。
身に摘まされる話でもある・・・「酒」の方だよ。(暴力沙汰は起こさないけどね)

『殺意のかたち』 いかにもヌッキーなツイストが小気味よく効いている。

『二重露出』 これもちょっとムリがあり、また既視感もあるが30ページ強に纏められていて貫井ミステリのエッセンスの一面をサラっと味わえる。

『憎悪』 貫井作品の特徴の一つに「主要人物のそれまでの人生を叙情的に生々しく描き出す」というのがあるが、本編ではそれが少々食傷気味・・・と思っていたら・・

『殺人は難しい』 これはチョットねぇ~、まぁお遊びということで。
タイトルはクリスティ作品の捩りだろうね。

『病んだ水』 トリックだけ切り取って言及すれば「え~~~」って感じだが、一応それを納得させるところまで掘り下げて書かれているのは流石。身代金の安さの理由にも舌を巻いた。(だが当たった刑事が鋭敏だったら、「それでも」違和感を抱くのではないだろうか)

『母性という名の狂気』 今度はその手か。その手はあまり好きではないが、それ以外のヒネリもあるから許せる。
平成9年の作品だが、前半の描写はいやが応でも野田の事件を彷彿させる。

『レッツゴー』 貫井のライトタッチも好きではないし、終盤まで「これはホントにミステリーになるのか」という気分で読まされるが、そこはヌック、しっかり騙してくれる。しかし平成15年頃の女子高生ってこんな感じだったっけ? それに最後のページは今では絶対書けないよね。


先述したとおり、少しムリ目な話が多い(いつものことか)が、全編貫井らしい企みが仕掛けられているハズレのない好短編集。




No.3 6点 HORNET 2018/12/15 10:04
「女が死んでいる」…酔いつぶれて眠った次の日の朝、見覚えのない女の死体が部屋にあった。
「殺意のかたち」…公園で毒物によって死んでいた男。男は少し前に、クモ膜下出血で亡くなった別の男性に30万円という少なからぬ香典を送っていた。
「二重露出」…脱サラして開業した店の前の公園に居ついたホームレス。その悪臭により経営に支障をきたしていることに業を煮やした二人の店主。
「憎悪」…女性が契約的に付き合っているのはプライベートを一切明かさない男。その素性を探ると、有名ファッションデザイナーに結び付く。
「殺人は難しい」…夫はどうやら「ミホ」という女と不倫しているらしい。その殺害を決意した妻だったが―
「病んだ水」…産廃処分場の建設を進める社長の娘が誘拐された。だが、身代金の要求額は「30万円」。場違いに少額な身代金の意味は?
「母性という名の狂気」…いけないとわかっていながら娘への虐待をやめられない。その胸の内が語られている日記の真相。
「レッツゴー」…絶えず男に恋しては振られている姉を呆れたように見ていた妹。そんな妹がついに、自身の恋愛に目覚めた。

 叙述的な仕掛けにより、すべての話にいわゆる「どんでん返し」が仕組まれている。ああなるほど、と思えるものから突飛なもの、強引なもの、よく分からないものまでいろいろだが、平均的に楽しませてくれる一冊ではある。
「病んだ水」は様態的にはクリスティの某有名作に似ているが、トリックとして一番頷けた。「殺人は難しい」は、笑ってしまうようなネタだが、発想として面白かった。

No.2 6点 E-BANKER 2018/09/29 16:13
表題作は2015年の発表だが、主に1990年代に各誌に発表された作品を集めた作品集。
「ミハスの落日」以来、作者にとっても久々の短篇集。

①「女が死んでいる」=二日酔いの朝目覚めたら、何と女の死体が転がっていた!? っていう巻き込まれ型ミステリーによくある展開。で、この真相もなぁー、旨いとは思うが、拍子抜けもするという感じ。
②「殺意のかたち」=いわゆるダブル不倫なんかが流行っていたご時世の作品。「独白」のパートがうまい具合にミスリード誘っているけど、大方の読者は途中で察してしまう気が・・・
③「二重露出」=これは単純だけど旨いと思った。途中で「えっ?」と思う読者をあざ笑うかのように決まるオチが秀逸。タバコ屋の老婆が鍵を握っていると考えてたけど、そういう役割だったのね・・・
④「憎悪」=愛人契約を結んだ謎の男から「義理の息子に殺される!」と相談を受けた女。男の謎を探っていく女にも異変が・・・という展開。仕掛けそのものはワンアイデアなのだが、見せ方がさすが。
⑤「殺人は難しい」=「問題編」と「解答編」に分かれた、いわゆる推理クイズのような一編。で、トリックもクイズレベルのもの。
⑥「病んだ水」=身代金がわずか30万円という誘拐事件が発端となる作品。当然そこには作者の仕掛けが潜んでいるわけだが、なるほど・・・玄人受けしそうな作品。
⑦「母性という名の狂気」=これこそまさに「どんでん返し」が光る一編だろう。でも、これって伏線があったのかな? 読み直してみよう。
⑧「レッツゴー」=これは・・・ミステリーじゃないよね。まさかラブストーリー?って思いながら読み進めたけど、軽~い仕掛けのあるラブストーリーだろうな。

以上8編。
作品集未収録の短篇を集めましたという感じの作品集。
②~⑧は90年代から2000年代前半までに発表されたもので、何となく昭和っていうか古臭さを感じる作品が並んでいる。
それはあくまで悪く言えばということなので、普通に評価すれば、さすがに旨い作家だなという評価に落ち着く。

文庫版の帯には「必ずあなたも騙される-どんでん返し8連発」とは書かれているけど、それほどサプライズ感が高いわけではないので、そこらへんを期待しすぎない方がいいかもしれない。
(個人的には③⑦辺りがベスト。④や⑥もまずまず)

No.1 7点 メルカトル 2018/09/19 22:24
二日酔いで目覚めた朝、寝室の床に見覚えのない女の死体があった。玄関には鍵がかかっている。まさか、俺が!?手帳に書かれた住所と名前を頼りに、女の正体と犯人の手掛かりを探すが―。(「女が死んでいる」)恋人に振られた日、声をかけられた男と愛人契約を結んだ麻紗美。偽名で接する彼の正体を暴いたが、逆に「義理の息子に殺される」と相談され―。(「憎悪」)表題作他7篇を収録した、どんでん返しの鮮やかな短篇集。
『BOOK』デーベースより。

同名の初版はお笑いコンビ『ライセンス』の藤原をモデルに、グラビアと小説を合体させた単行本。
私が読んだのは同じ角川から8月に出版された文庫本で、『女が死んでいる』以外内容は全くの別物の短編集になっています。

貫井徳郎、流石だなあと思いました。一々面白く、切れ味鋭く、いずれ甲乙つけがたい秀作短編がズラリと並びます。本格度が高くなる程、トリックに関しては腑に落ちるというか、着地すべきところに着地している感じです。逆に本格から遠ざかるにつれ、意外性を発揮します。どちらが良いとも言えません、つまりはどれを取っても一級品なのではないかと。

本作のウリであるどんでん返しについては、これは凄いというのもあれば、まあそうなるだろうなというものもありますが、フェアプレイを貫いている姿勢は立派だと思います。
ミステリファンだけでなく一般読者にも広く読まれることを祈ります。


貫井徳郎
2022年07月
紙の梟 ハーシュソサエティ
平均:6.00 / 書評数:1
2021年02月
悪の芽
平均:7.50 / 書評数:2
2019年09月
罪と祈り
平均:6.50 / 書評数:2
2017年05月
宿命と真実の炎
平均:7.33 / 書評数:3
2016年10月
壁の男
平均:4.00 / 書評数:1
2015年03月
女が死んでいる
平均:6.75 / 書評数:4
2015年01月
我が心の底の光
2014年04月
私に似た人
2013年10月
北天の馬たち
2013年06月
ドミノ倒し
平均:4.75 / 書評数:4
2012年08月
微笑む人
平均:5.40 / 書評数:5
2012年04月
新月譚
平均:6.00 / 書評数:1
2010年10月
灰色の虹
平均:5.67 / 書評数:3
2010年05月
明日の空
平均:5.67 / 書評数:3
2009年10月
後悔と真実の色
平均:7.50 / 書評数:8
2009年02月
乱反射
平均:5.83 / 書評数:6
2007年05月
夜想
平均:6.50 / 書評数:4
2007年02月
ミハスの落日
平均:5.50 / 書評数:4
2006年08月
空白の叫び
平均:7.00 / 書評数:2
2006年03月
愚行録
平均:5.73 / 書評数:11
2005年09月
悪党たちは千里を走る
平均:5.00 / 書評数:3
2004年07月
追憶のかけら
平均:7.00 / 書評数:4
2004年03月
さよならの代わりに
平均:5.00 / 書評数:3
2003年05月
被害者は誰?
平均:6.14 / 書評数:21
2002年01月
殺人症候群
平均:6.80 / 書評数:5
2001年11月
連鎖する数字
平均:8.00 / 書評数:1
2001年09月
神のふたつの貌
平均:6.14 / 書評数:7
2000年10月
迷宮遡行
平均:4.44 / 書評数:9
1999年12月
妖奇切断譜
平均:6.70 / 書評数:10
1999年10月
プリズム
平均:6.20 / 書評数:25
1999年06月
転生
平均:4.67 / 書評数:3
1998年08月
光と影の誘惑
平均:6.20 / 書評数:5
鬼流殺生祭
平均:5.45 / 書評数:11
1998年03月
誘拐症候群
平均:7.00 / 書評数:4
1997年07月
崩れる 結婚にまつわる八つの風景
平均:5.00 / 書評数:8
1997年02月
修羅の終わり
平均:5.12 / 書評数:8
1996年11月
天使の屍
平均:6.36 / 書評数:14
1995年11月
失踪症候群
平均:6.09 / 書評数:11
1994年10月
烙印
平均:7.00 / 書評数:1
1993年10月
慟哭
平均:6.54 / 書評数:87