海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ クライム/倒叙 ]
殺人症候群
症候群シリーズ
貫井徳郎 出版月: 2002年01月 平均: 6.80点 書評数: 5件

書評を見る | 採点するジャンル投票


双葉社
2002年01月

双葉社
2005年06月

No.5 5点 ayulifeman 2013/12/05 13:06
3部作の最後から読んでしまったようです。ですが違和感なくスッとお話に入っていけました。
正直この人物の、この背景、描写いるのか?という部分もあり分厚い本ですが貫井節を十分に堪能できます。

No.4 8点 itokin 2012/02/18 11:40
現在の法は被害者家族の意識から大きくずれている。法に守られすぎとの心情と無念さがよく解る力作だ。ただ少し長すぎるのと、これだけグロい殺人を見せつけられると食傷ぎみになる。最後のまとめかたに興味があったがやはりこれしかないか。最終の1ぺージはジンときた。

No.3 6点 シーマスター 2008/01/08 21:15
症候群3部作の最終章にして最重量作。

少年法の壁の前になす術がない被害者遺族は、どう生きていけばいいのか。  一生、絶望的な悲恨と鬱屈の布団に包まって生き続けるしかないのか。

法が裁かない極悪犯を駆除することは悪なのか?
悪というならそれは何故か?・・・社会秩序に反するから?
法律は誰のためにあるのか?  正義とは何か?


表面の事象の割りに長すぎる感も否めないが、殺す者、殺される者、肯定する者、否定する者・・・・それぞれの心情、人間観、生き様を渾身の筆致で描いた所産であり、この問題に対する作者の思い入れが身を切られるほどに伝わってくる大作である。
誰にでも薦められる作品ではないが、本日、飲酒運転事故の判決を下した福岡地裁の裁判官には是非読んで頂きたい。

No.2 10点 いけお 2007/10/10 12:05
重いテーマだが、引っ張られることない点がまず凄い。
以下のように貫井作品の良さが凝縮されている。
四つの視点によるリーダビリティ、それぞれの人物の業による救いのない無力感、意外なトリックとあっさりしたラスト、重く暗い雰囲気、シリーズ最終作だが安易な大団円にならない、長いが無駄がない。

No.1 5点 VOLKS 2007/07/08 23:45
症候群シリーズ三作品目・シリーズ完結。まだまだ続くのかと少し期待をしたシリーズだったが、主人公の1人が思わぬ行動をとり終了。症候群シリーズの中では一番インパクトのある作品だったが、どろどろ感たっぷりの過激な描写が過ぎ、少々オナカイッパイ気味。


貫井徳郎
2022年07月
紙の梟 ハーシュソサエティ
平均:6.00 / 書評数:1
2021年02月
悪の芽
平均:7.50 / 書評数:2
2019年09月
罪と祈り
平均:6.50 / 書評数:2
2017年05月
宿命と真実の炎
平均:7.33 / 書評数:3
2016年10月
壁の男
平均:4.00 / 書評数:1
2015年03月
女が死んでいる
平均:6.75 / 書評数:4
2015年01月
我が心の底の光
2014年04月
私に似た人
2013年10月
北天の馬たち
2013年06月
ドミノ倒し
平均:4.75 / 書評数:4
2012年08月
微笑む人
平均:5.40 / 書評数:5
2012年04月
新月譚
平均:6.00 / 書評数:1
2010年10月
灰色の虹
平均:5.67 / 書評数:3
2010年05月
明日の空
平均:5.67 / 書評数:3
2009年10月
後悔と真実の色
平均:7.50 / 書評数:8
2009年02月
乱反射
平均:5.83 / 書評数:6
2007年05月
夜想
平均:6.50 / 書評数:4
2007年02月
ミハスの落日
平均:5.50 / 書評数:4
2006年08月
空白の叫び
平均:7.00 / 書評数:2
2006年03月
愚行録
平均:5.73 / 書評数:11
2005年09月
悪党たちは千里を走る
平均:5.00 / 書評数:3
2004年07月
追憶のかけら
平均:7.00 / 書評数:4
2004年03月
さよならの代わりに
平均:5.00 / 書評数:3
2003年05月
被害者は誰?
平均:6.14 / 書評数:21
2002年01月
殺人症候群
平均:6.80 / 書評数:5
2001年11月
連鎖する数字
平均:8.00 / 書評数:1
2001年09月
神のふたつの貌
平均:6.14 / 書評数:7
2000年10月
迷宮遡行
平均:4.44 / 書評数:9
1999年12月
妖奇切断譜
平均:6.70 / 書評数:10
1999年10月
プリズム
平均:6.20 / 書評数:25
1999年06月
転生
平均:4.67 / 書評数:3
1998年08月
光と影の誘惑
平均:6.20 / 書評数:5
鬼流殺生祭
平均:5.45 / 書評数:11
1998年03月
誘拐症候群
平均:7.00 / 書評数:4
1997年07月
崩れる 結婚にまつわる八つの風景
平均:4.86 / 書評数:7
1997年02月
修羅の終わり
平均:5.12 / 書評数:8
1996年11月
天使の屍
平均:6.36 / 書評数:14
1995年11月
失踪症候群
平均:6.09 / 書評数:11
1994年10月
烙印
平均:7.00 / 書評数:1
1993年10月
慟哭
平均:6.54 / 書評数:85