海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト


夜想
貫井徳郎 出版月: 2007年05月 平均: 6.50点 書評数: 4件

書評を見る | 採点するジャンル投票


文藝春秋
2007年05月

文藝春秋
2009年11月

No.4 8点 ごんた 2014/11/10 22:48
この作品はミステリではありませんので普通の文芸作品としての評価になりますが、とても感動的な傑作です。
妻子を失って絶望に打ちひしがれた男の、超能力美少女との出会い、宗教っぽい団体の立ち上げ、教祖を失ってからの絶望と混乱など波乱万丈の物語が描かれます。
読んでる途中は善意の団体が徐々に悪い宗教団体に堕ちて行くダークな話になるのかなぁと予想しましたが、最後はハートフルな結末になっていて救われます。
そしてこの作品の一番の見どころは何と言ってもヒロイン天美遙の人間的魅力。最初から最後まで終始一貫して、裏表のない聖母のような人物として描かれており、ハッピーエンドを願ってやまない気持ちになります。

No.3 7点 ウィン 2010/09/25 12:30
宗教団体の形成をテーマに書かれた本書。
宗教とは言っても、ホニャララ真理教みたいに明らかにインチキじゃねぇか、という宗教団体とは違う。
そもそも、宗教団体と呼ばれることを教祖的存在である者が嫌い、崇められるのも拒む。あくまで一人の女性として悩める人の相談役でありたいのだという意思を貫くのである。
その女性はものに触ることにより、そこから何らかの意思を汲み取ることができるという能力があり、その点でも、インチキなことをして「教祖様は浮遊できる」などといった某宗教団体とは違うのである。
宗教団体と言えば嫌なイメージしか沸かないのだが、本書ではあまり嫌悪感を抱かなかった。しかし、教祖のような存在である女性を取り巻く人々に、団体が有名になるにつれて少しずつ、団体として更に高みを目指すという、いわゆる出世欲のようなものが出てくるあたりはなかなかリアル。
こうして宗教団体は出来上がっていくのだなあ、と思った。
結局、ことは上手く運ぶものの、主人公たちが救われた印象はいまいち感じられず、俺の心は暗いまま終わった。
素晴らしい出来である本書だが、少々中だるみした印象があるので、マイナス一点。
ただ、ミステリとは言えない作品なのであしからず。

No.2 6点 シーマスター 2009/12/15 22:58
本作はミステリではありません。(ソレっぽい部分もあるにはあるが)

超常能力も出てきますが端的に言えば「ある新興宗教ができる過程」と纏めてしまえるかもしれない。
もしその宗教が現実にあるとしたら、本作はこのままその布教小説になりうるでしょう。

【余談】かなり以前にある宗教、〇〇〇会(伏字にする意味ありませんね)刊行の小説を読んだことがあります。(もちろん買ったりなどしていません、貰いものです・・多分会員の方から)・・その内容を思いっきり概略すると・・・
悲運に見舞われ続け、堕落し荒んだ生活に身を浸す主人公が敬虔な信者に出会い、紆余曲折の末ついには心を開かれ、その道に生きていく・・・
というベタな話だけど、読み物として結構面白い上、途中「闇が深ければ深いほど夜明けは近い」みたいな件(くだり)に至ったときには少し感動してしまったものですよ。【余談終わり】 

本作は(他の作品からも窺われるように)宗教に関して中立のスタンスでありながらも強い関心を抱いている作者が、その意義を掘り下げて宗教の枠を超えた救済論を考察した書であると同時に、「絶望的な悲しみを背負った人々」に向けた作者なりの優しい眼差しとささやかなメッセージが込められた作品だとも思います。

No.1 5点 いけお 2009/05/16 01:36
らしさはあるが雰囲気だけで緻密さに欠けるという印象でいまいち夢中になれなかった。
トリックというかラストの部分も伏線がなく、どうにでもできる感じなので完成度の点で疑問。


貫井徳郎
2022年07月
紙の梟 ハーシュソサエティ
平均:6.00 / 書評数:1
2021年02月
悪の芽
平均:7.50 / 書評数:2
2019年09月
罪と祈り
平均:6.50 / 書評数:2
2017年05月
宿命と真実の炎
平均:7.33 / 書評数:3
2016年10月
壁の男
平均:4.00 / 書評数:1
2015年03月
女が死んでいる
平均:6.75 / 書評数:4
2015年01月
我が心の底の光
2014年04月
私に似た人
2013年10月
北天の馬たち
2013年06月
ドミノ倒し
平均:4.75 / 書評数:4
2012年08月
微笑む人
平均:5.40 / 書評数:5
2012年04月
新月譚
平均:6.00 / 書評数:1
2010年10月
灰色の虹
平均:5.67 / 書評数:3
2010年05月
明日の空
平均:5.67 / 書評数:3
2009年10月
後悔と真実の色
平均:7.50 / 書評数:8
2009年02月
乱反射
平均:5.83 / 書評数:6
2007年05月
夜想
平均:6.50 / 書評数:4
2007年02月
ミハスの落日
平均:5.50 / 書評数:4
2006年08月
空白の叫び
平均:7.00 / 書評数:2
2006年03月
愚行録
平均:5.73 / 書評数:11
2005年09月
悪党たちは千里を走る
平均:5.00 / 書評数:3
2004年07月
追憶のかけら
平均:7.00 / 書評数:4
2004年03月
さよならの代わりに
平均:5.00 / 書評数:3
2003年05月
被害者は誰?
平均:6.14 / 書評数:21
2002年01月
殺人症候群
平均:6.80 / 書評数:5
2001年11月
連鎖する数字
平均:8.00 / 書評数:1
2001年09月
神のふたつの貌
平均:6.14 / 書評数:7
2000年10月
迷宮遡行
平均:4.44 / 書評数:9
1999年12月
妖奇切断譜
平均:6.70 / 書評数:10
1999年10月
プリズム
平均:6.20 / 書評数:25
1999年06月
転生
平均:4.67 / 書評数:3
1998年08月
光と影の誘惑
平均:6.20 / 書評数:5
鬼流殺生祭
平均:5.45 / 書評数:11
1998年03月
誘拐症候群
平均:7.00 / 書評数:4
1997年07月
崩れる 結婚にまつわる八つの風景
平均:4.86 / 書評数:7
1997年02月
修羅の終わり
平均:5.12 / 書評数:8
1996年11月
天使の屍
平均:6.36 / 書評数:14
1995年11月
失踪症候群
平均:6.09 / 書評数:11
1994年10月
烙印
平均:7.00 / 書評数:1
1993年10月
慟哭
平均:6.54 / 書評数:85