海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
壁の男
貫井徳郎 出版月: 2016年10月 平均: 4.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


文藝春秋
2016年10月

文藝春秋
2019年11月

No.1 4点 人並由真 2017/03/03 19:35
(ネタバレなし)
 栃木県北東部にある高羅(こうら)町。「私」ことルポライターの鈴木は、そこにある奇妙な人物がいると知り、取材に赴く。彼の名は伊苅重吾。東京で大学生活と勤め人生活を送ったのち、故郷のこの町に帰省した彼は、依頼を受けた町の家々の壁に、絵を描き続けていた。技法的にも芸術的にも特に優れたわけでもない絵だが、それはすでに町の名物になっていた。鈴木は伊苅本人の、そして関係者への取材を重ね、その心に分け入るが…。

 伊苅の過去と内面を浮き彫りにしていく人間ドラマが語られ、それがどのようにミステリに転調するのかと期待していると……。うーん(汗)。
 ストレートに語ったらまっとうなヒューマンドラマになる(ただしそれ以上のものにはならない)話を、作劇のパーツを入れ替えることで相応にトリッキィかつ印象的なものにした感じというか。だから自分が読み終えて何を連想したかといえば、(たぶん大方の人は呆れるとは思うが)夢野久作の『瓶詰地獄』であった(苦笑)。

 狭義のミステリとしては完全にアウトだし、広義のそれならどうにか、という内容の作品。ただすみません。作者が何を言いたいかはわかるつもりだけど、私の心にはそれほど響かなかった(小出しに明かされる過去の事実が、悪い意味で定型すぎる)。いつか読み返してみたら、印象は変わりそうなところはあるけど。  


貫井徳郎
2022年07月
紙の梟 ハーシュソサエティ
平均:6.00 / 書評数:1
2021年02月
悪の芽
平均:7.50 / 書評数:2
2019年09月
罪と祈り
平均:6.50 / 書評数:2
2017年05月
宿命と真実の炎
平均:7.33 / 書評数:3
2016年10月
壁の男
平均:4.00 / 書評数:1
2015年03月
女が死んでいる
平均:6.75 / 書評数:4
2015年01月
我が心の底の光
2014年04月
私に似た人
2013年10月
北天の馬たち
2013年06月
ドミノ倒し
平均:4.75 / 書評数:4
2012年08月
微笑む人
平均:5.40 / 書評数:5
2012年04月
新月譚
平均:6.00 / 書評数:1
2010年10月
灰色の虹
平均:5.67 / 書評数:3
2010年05月
明日の空
平均:5.67 / 書評数:3
2009年10月
後悔と真実の色
平均:7.50 / 書評数:8
2009年02月
乱反射
平均:5.83 / 書評数:6
2007年05月
夜想
平均:6.50 / 書評数:4
2007年02月
ミハスの落日
平均:5.50 / 書評数:4
2006年08月
空白の叫び
平均:7.00 / 書評数:2
2006年03月
愚行録
平均:5.73 / 書評数:11
2005年09月
悪党たちは千里を走る
平均:5.00 / 書評数:3
2004年07月
追憶のかけら
平均:7.00 / 書評数:4
2004年03月
さよならの代わりに
平均:5.00 / 書評数:3
2003年05月
被害者は誰?
平均:6.14 / 書評数:21
2002年01月
殺人症候群
平均:6.80 / 書評数:5
2001年11月
連鎖する数字
平均:8.00 / 書評数:1
2001年09月
神のふたつの貌
平均:6.14 / 書評数:7
2000年10月
迷宮遡行
平均:4.44 / 書評数:9
1999年12月
妖奇切断譜
平均:6.70 / 書評数:10
1999年10月
プリズム
平均:6.20 / 書評数:25
1999年06月
転生
平均:4.67 / 書評数:3
1998年08月
光と影の誘惑
平均:6.20 / 書評数:5
鬼流殺生祭
平均:5.45 / 書評数:11
1998年03月
誘拐症候群
平均:7.00 / 書評数:4
1997年07月
崩れる 結婚にまつわる八つの風景
平均:5.00 / 書評数:8
1997年02月
修羅の終わり
平均:5.12 / 書評数:8
1996年11月
天使の屍
平均:6.36 / 書評数:14
1995年11月
失踪症候群
平均:6.09 / 書評数:11
1994年10月
烙印
平均:7.00 / 書評数:1
1993年10月
慟哭
平均:6.54 / 書評数:87