海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ サスペンス ]
修羅の終わり
貫井徳郎 出版月: 1997年02月 平均: 5.12点 書評数: 8件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
1997年02月

講談社
2000年01月

No.8 5点 nukkam 2009/09/09 20:27
(ネタバレなしです) デビュー作の「慟哭」(1993年)からして完成度の高さに感心しましたが、1997年発表の本書はその「慟哭」をさらに発展拡大したかのような印象を受けました。強力な個性を持つ3人の主人公を軸にして複雑に絡み合うプロット、講談社文庫版で800ページ近い長大さ、それでいて文書には無駄がなくて読みやすく最後までテンションは落ちません。にもかかわらずこの採点にとどめたのは(結局は好みの問題なのですが)本格派推理小説としてはあまりにも標準型とかけ離れたからです。最後の1行で明かされる秘密にしてもそもそも謎として明快に提示されていない秘密なので謎解きのスリルを感じませんでした。汚さと卑劣さに満ち溢れたどす黒いストーリー展開も私には「やり過ぎ」にしか感じられませんでした。

No.7 10点 いけお 2007/10/10 11:44
それぞれの章ごとにも複線満載で引き込まれ、どこでどう3つの話がつながるのか、続きが気になって仕方なかった。
全体の暗く重い感じも好み。

No.6 4点 T・ランタ 2005/07/06 22:16
少し甘めの採点ですね、はっきり言ってしまえばあのトリックは評価できません。
しかし、そこに行くまでの話は、暗くて救いが無いながらも、それなりに面白く読みことができました。特に終盤で久我が藤倉に対しての行動は、多少胸がすく思いですが、そこに行くまでがあれでは・・・
さらにその後にあのラストですから・・・これ以上は何も言いません。

No.5 6点 ばやし 2004/01/11 19:42
やっぱ暗いな〜読了後の不快感は天下一品なのでは?!(言っちゃったよ私!)なんか好きになれないんだよねー貫井作品(爆)おもしろいんだけどな・・不思議だー!!

No.4 7点 ごんべ 2003/11/05 23:26
私は基本的に貫井徳郎が好きなので甘くつけているのかな。
他の採点者の方が言うほど悪い作品とも悪い文章とも思わないのですよ。
最近の書店のミステリコーナーの平積みでは「早すぎた作品」などの煽り文句の書かれたバナー等に彩られている作品なんだから、決して悪い作品ではないでしょ。
ただ、三人の登場人物(公安刑事の久我、悪徳刑事の鷲尾、記憶喪失の僕=真木)を軸として展開する。文庫本の巻末解説には「三つの時間軸に対して本格ミステリたる由縁」が説明されているが確かに今ひとつ判然とはしなかった。
ただ常々著者がいっている『ミステリの定義』からすると確かに『謎』の解明が描かれているから『ミステリ』なのである。

No.3 3点 じゅんぴた 2003/10/10 19:09
単行本で1000円もしたのにあのラスト!やっぱりこの人の文章好きになれないです。途中途中よく書けているなあと思うところもありますが、ラストに納得いきません。この小説は人に薦められないです。

No.2 2点 美来 2002/06/26 12:31
ひどい。単に読者の予想をはずしたいが為のラスト、としか思えなかった、救いがないくらい話を、最後まで読んでこれですか。。。

No.1 4点 由良小三郎 2002/06/24 20:03
3つの物語が、交互に進んでいくという構成です。3つとも救いの少ないイヤな話です。メインは記憶を失った青年が自分の過去を探す話が後の2つの話と、最後にどうつながるかというあたりが見せ所なんですが、この結末はどうなんでしょうか。ありがちを嫌って、破綻したと思います。


貫井徳郎
2022年07月
紙の梟 ハーシュソサエティ
平均:6.00 / 書評数:1
2021年02月
悪の芽
平均:7.50 / 書評数:2
2019年09月
罪と祈り
平均:6.50 / 書評数:2
2017年05月
宿命と真実の炎
平均:7.33 / 書評数:3
2016年10月
壁の男
平均:4.00 / 書評数:1
2015年03月
女が死んでいる
平均:6.75 / 書評数:4
2015年01月
我が心の底の光
2014年04月
私に似た人
2013年10月
北天の馬たち
2013年06月
ドミノ倒し
平均:4.75 / 書評数:4
2012年08月
微笑む人
平均:5.40 / 書評数:5
2012年04月
新月譚
平均:6.00 / 書評数:1
2010年10月
灰色の虹
平均:5.67 / 書評数:3
2010年05月
明日の空
平均:5.67 / 書評数:3
2009年10月
後悔と真実の色
平均:7.50 / 書評数:8
2009年02月
乱反射
平均:5.83 / 書評数:6
2007年05月
夜想
平均:6.50 / 書評数:4
2007年02月
ミハスの落日
平均:5.50 / 書評数:4
2006年08月
空白の叫び
平均:7.00 / 書評数:2
2006年03月
愚行録
平均:5.73 / 書評数:11
2005年09月
悪党たちは千里を走る
平均:5.00 / 書評数:3
2004年07月
追憶のかけら
平均:7.00 / 書評数:4
2004年03月
さよならの代わりに
平均:5.00 / 書評数:3
2003年05月
被害者は誰?
平均:6.14 / 書評数:21
2002年01月
殺人症候群
平均:6.80 / 書評数:5
2001年11月
連鎖する数字
平均:8.00 / 書評数:1
2001年09月
神のふたつの貌
平均:6.14 / 書評数:7
2000年10月
迷宮遡行
平均:4.44 / 書評数:9
1999年12月
妖奇切断譜
平均:6.70 / 書評数:10
1999年10月
プリズム
平均:6.20 / 書評数:25
1999年06月
転生
平均:4.67 / 書評数:3
1998年08月
光と影の誘惑
平均:6.20 / 書評数:5
鬼流殺生祭
平均:5.45 / 書評数:11
1998年03月
誘拐症候群
平均:7.00 / 書評数:4
1997年07月
崩れる 結婚にまつわる八つの風景
平均:5.00 / 書評数:8
1997年02月
修羅の終わり
平均:5.12 / 書評数:8
1996年11月
天使の屍
平均:6.36 / 書評数:14
1995年11月
失踪症候群
平均:6.09 / 書評数:11
1994年10月
烙印
平均:7.00 / 書評数:1
1993年10月
慟哭
平均:6.54 / 書評数:87