海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト


金田一耕助の新たな挑戦
金田一耕助
アンソロジー(出版社編) 出版月: 1996年02月 平均: 4.00点 書評数: 2件

書評を見る | 採点する


角川書店
1996年02月

角川書店
1997年09月

No.2 5点 メルカトル 2021/03/27 22:48
ぼさぼさの髪、よれよれの袴、人なつこい笑顔が印象的な、色白で内気な好青年…。横溝正史が生んだ日本を代表する名探偵『金田一耕助』が歴代の横溝賞作家たちの手によってよみがえる―。戦後の混乱時に起こった哀しき犯罪をあざやかに解決する金田一耕助。海外で初の難事件に挑む金田一耕助。そして、現代まで生き、八十歳で事件に遭遇してしまう金田一耕助など様々なトリックが仕掛けられた事件に新たに挑戦!横溝ワールドへの入門書としても役立つベストアンソロジー。
『BOOK』データベースより。

横溝正史賞作家九名による、金田一耕助が活躍する短編パスティーシュ集。
亜木冬彦の『笑う生首』、姉小路祐の『生きていた死者』、藤村耕造の『陪審法廷異聞―消失した死体』以外は正直箸にも棒にも掛からない出来の作品ばかりです。とはちょっと言い過ぎかも知れませんが、まあ誉められたものではありません。それだけ横溝正史賞のレベルが低いって事でしょうかね。

霞流一の『本人殺人事件』は『本陣殺人事件』のトリックや犯人のネタバレを派手にしていますので、未読の方は要注意です。他作品にも『本陣殺人事件』に関する記述が多いですね。金田一耕助の人物像の描き方は、各作家により微妙に違っており、中には最後の事件と称するものや渡米してからの事件を描いたものもあり、枯れてちょっと不遜な感じの言葉遣いをしている金田一もいたりします。
それはまあ良いとして、全体的に探偵金田一の個性に頼った物語が多く、読み物として面白味のない作品が目立ちます。凝ったトリックもなく、猟奇事件の動機がありきたりだったり、ミステリとしてあまり感心しないですね。

No.1 3点 大泉耕作 2012/06/14 23:14
 横溝正史賞受賞作家達が新たな視点から描く金田一耕助の探偵譚と・・・。

 自分のなかでは横溝正史賞受賞作のほとんどは、社会派に偏ったものが大半を占めるという印象があります。なのでガチガチの本格物である金田一耕助シリーズを社会派が書くということで、読む前からあまり期待はしていませんでした。
その予想は当たったと言えます。三百ページに九作品も収録されているわけですが、少なくとも六作品に登場する金田一は、「金田一耕助」という同姓同名の、『本陣~』や『獄門島』という同じ名のつく殺人を解決したまったくの別人。

亜木冬彦「笑う生首」
 読後にも?を残してしまう。設定に矛盾がありすぎる。
姉小路祐「生きていた死者」
 文書は安定していて、トリックもこの頁数(約三十頁)なら頷けるシンプルさです。
五十嵐均「金田一耕助帰国す」
 著者は『Wの悲劇』の著者である夏樹静子の実兄とからしく、エラリー・クイーンと親交をもちその没年までミステリの指導を受けていたそうな・・・。どうでもいい。ミステリ的には非常弱い。
霞流一「本人殺人事件」
 『本陣殺人事件』のパロディ。横溝正史賞や金田一耕助像の登場など、メタミステリの形式。ミステリとしては断然弱い。本陣のトリックの使い回しのようで、新鮮味が感じられません。
斎藤澪「萩狂乱」
 著者は角川映画でも知られている『この子の七つのお祝いに』で第一回横溝正史賞を受賞した方らしい。僕もあの作品は好きですが、この作品は評価するに値しない。自分の推理は絶対だ、などと振りまく金田一を見たらマイナス点数さえやりたくなる。そして真相も御都合主義と強引に尽きる。
柴田きよし「金田一耕助最後の事件」
あとから思えば設定こそ滅茶苦茶ですが、この作家が最も横溝正史の世界に近いものを演出しています。トリック、奇っ怪な証拠の提示の流れがテンポ良く、それも大分スマートな作りになっているので割合好感は持てました。
五十嵐均「髑髏指南」
結局意味のわからん事件で終わった。文章が上手かったら冒頭の奇っ怪な出来事も上手く描けただろうに・・・。
羽場博行「私が暴いた殺人」
 ミステリとしては水準地点に達していると言える。きっちりフェアにおさまっています。しかしながら、これのどこか金田一シリーズなんだ? 舞台がアメリカなだけに、台詞の使いまわしを見るとまるでハードボイルドだ。
藤村耕造「陪審法廷異聞━━消失した死体━━」
 台詞の描き方がこの短編集でも秀逸していると言えます。トリックも横溝正史らしいかといったら、らしいです。

 編集者の作家選択が誤っているのか、あるいは受賞した作家たちの実力の低さが表れているのか・・・。横溝ファンは買うべきじゃないと思います。


アンソロジー(出版社編)
The Best Mysteries 2020
ステイホームの密室殺人 2 コロナ時代のミステリー小説アンソロジー
事件の予兆 文芸ミステリ短篇集
ステイホームの密室殺人 1 コロナ時代のミステリー小説アンソロジー
平成ストライク
忍者大戦 赤ノ巻
忍者大戦 黒ノ巻
新鮮 THE どんでん返し
謎の館へようこそ 黒
謎の館へようこそ 白
7人の名探偵
宮辻薬東宮
ベスト本格ミステリ2017
殺意の隘路
10分間ミステリー THE BEST
5分で驚く!どんでん返しの物語
このミステリーがすごい! 三つの迷宮
多々良島ふたたび ウルトラ怪獣アンソロジー
「このミス」が選ぶ!オールタイム・ベスト短編ミステリー 黒
ベスト本格ミステリ 2014
2014 The Best Mysteries
もっと厭な物語
厭な物語
5分で読める!ひと駅ストーリー 降車編
0番目の事件簿
2012 The Best Mysteries
探偵Xからの挑戦状!3
しあわせなミステリー
10分間ミステリー
Mystery Seller
2011 The Best Mysteries
探偵Xからの挑戦状!Season2
放課後探偵団
51番目の密室
ミステリ魂。校歌斉唱! メフィスト学園
蝦蟇倉市事件2 
蝦蟇倉市事件1
Anniversary50
探偵Xからの挑戦状!
9の扉 リレー短編集
7days wonder
本格ミステリ09
天外消失
学び舎は血を招く
エドガー賞全集 1990~2007
本格ミステリ08 
マイ・ベスト・ミステリー<5>
マイ・ベスト・ミステリー<4>
マイ・ベスト・ミステリー<3>
マイ・ベスト・ミステリー<2>
マイ・ベスト・ミステリー<1>
本格ミステリ07
川に死体のある風景
本格ミステリ06
気分は名探偵 犯人当てアンソロジー
夜明けのフロスト
本格ミステリ05
赤に捧げる殺意
青に捧げる悪夢
本格ミステリ04
七つの危険な真実
本格ミステリ03
金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲
本格ミステリ02
密室レシピ
「ABC」殺人事件
ミステリー傑作選・特別編6 自選ショート・ミステリー2
ミステリー傑作選・特別編5 自選ショート・ミステリー
本格ミステリ01
「Y」の悲劇
大密室
不透明な殺人
あなたが名探偵
’98本格ミステリ’10
密室
日本探偵小説全集<11>名作集 1
短篇集〈3〉日本推理作家協会賞受賞作全集
金田一耕助の新たな挑戦
復刻 エラリイ・クイーンズ・ミステリ・マガジン No.1-3
賭博師たち
誘拐
密室殺人事件
クリスマスに捧げるミステリー
私だけが知っている 第2集
前代未聞の推理小説集
私だけが知っている 第1集
競作 五十円玉二十枚の謎
フィリップ・マーロウの事件
日本探偵小説全集(1)黒岩涙香・小酒井不木・甲賀三郎 集
ホシは誰だ?
怪奇小説傑作集2
怪奇小説傑作集3
怪奇小説傑作集1