海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
奇術探偵 曾我佳城全集
泡坂妻夫 出版月: 2000年07月 平均: 7.83点 書評数: 12件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
2000年07月

No.12 7点 zuso 2021/07/16 23:27
本格でしか描けない面白さ、変幻自在のアイデアの多彩さを評価。シリーズの締め括り方も鮮やか。
ただ動機の点で納得しがたい作品がいくつかあった。

No.11 9点 虫暮部 2020/06/11 12:24
 なにしろ20年に亘って書き継がれたシリーズなので、こうしてまとまると、ミステリ作家としての泡坂妻夫の全盛期と低迷期が一望に収まってしまうのが罪なところ。

 “奇術は楽しんで見るのが一番いいんです。もっと上手な見方は、その場の雰囲気をもっと楽しくするように、奇術師に協力する”
 判っちゃいるけどやめられない、ネタバレしつつ揚げ足取り。
 「消える銃弾」道具まで作って、明らかに計画的犯行。なのにその道具の後始末は御粗末。持ち出して処分出来なくなった突発的事由、なんてのがあれば良かったのでは。
 「花火と銃声」解決編がちょっと説明不足。①壁の中の銃弾を見付けるのに警察は金属探知機を必要とした。事件当時には更にカレンダーが掛けられていた。それを犯人が自力で発見出来たのか? ②事前に被害者から聞き出しておいたなら、弾痕の位置・カレンダー両方について告げるほうが自然な気がする。その場合、佳城は推理で“(カレンダーは犯人が)予想しなかったもの”と述べているが、その蓋然性は高くないと思う。③犯人は前回の殺人について、死体を秘かに処分する、という方法でとりあえず隠蔽に成功している。今回その手は使えなかったのか?
 「だるまさんがころした」「浮気な鍵」で紹介される錠のマジックや“夢のエキスプレス”は、ただ単に“そういう仕掛けがある道具”ということではないのか。凄いのは作った人であって、所有者がそれを持っているおかげでマジシャンとして評価される、と言う価値観は良く判らない。

No.10 9点 青い車 2019/06/29 19:58
 マジックにも造詣が深い泡坂妻夫ならではの、さまざまな技巧が存分に詰まった大好きなシリーズです。収録作はストレートな本格もあれば奇妙な味もあり、耽美もあればコミカルなタッチもありと、幅広いものとなっています。個人的ベストは『カップと玉』と『消える銃弾』で、特に前者はマジックでお馴染みのアイテムを暗号に絡めるという冴えた発想がお気に入りです(同意する人は少なそうですが)。

No.9 9点 sophia 2019/05/30 19:41
単行本を読みました。タイトルから想像していたのとは違ってHowよりもWhyが柱になった作品が多い印象です。全22話玉石混交ではあるんですが、奇術という著者ならではのテーマでこれだけの作品を取りそろえたところは評価に値します。白眉は「ビルチューブ」です。他には「シンブルの味」「消える銃弾」「花火と銃声」「真珠夫人」も出来がいい。佳城の推理は冴えていますが、伝説の奇術師の手並みを見せてくれる話がもっと欲しかったところです。ラストはどう評価したものか。伏線となったあるエピソードもねえ。「湖底のまつり」然り、この方の叙述トリックはあざとくてどうも苦手なんですよね。

No.8 8点 あのろん 2014/03/04 16:29
めくるめく、マジックの世界…。
そこにガチガチの本格がうまく融合された作品だと思います。
ラストはすごく切なくなり、何度も読み返してしまいました。
私は好きです、このラスト。

No.7 7点 TON2 2012/11/05 21:29
22編からなる短編集です。奇術をキーにして、美貌の天才奇術師曾我佳城がおかしな事件を次々に解決していきます。
この作品を読むと、上手なテーブルマジックや壮大なイリュージョンを見たくなります。
最後は、クイーンの「レーン最後の事件」と似ています。

No.6 7点 こう 2012/02/10 00:17
 10年以上かけて完結させた作者の労作に敬意を表したいです。ラストは個人的には不満もありますが。1作1作は軽いものが多いですが一気読みする必要のない本だと思いますので個人的には気になりませんでした。この作品も泡坂妻夫にしか書けない作品だと思います。もう新作が読めないのが残念です。

No.5 7点 kanamori 2010/08/16 20:11
先に出た2冊の連作短編集「天井のとらんぷ」「花火と銃声」の収録作に未発表作品7編を加えた完全版。
比較的軽めのテイストながら、奇術ネタを絡めたミステリが満載で楽しめました。ただ、一気に読むとちょっと飽きが来る感もあるので、少しづつ味わうのが吉だと思います。
あと、読んでる途中、佳城のイメージが二代目引田天功とかぶってしまい困りました(笑)。

No.4 6点 白い風 2008/09/03 11:15
この作品も泡坂さんらしい奇術(マジック)中心の短編集です。
作品内容もショートショートって感じかな。
短くて完結は悪くないけど、私はミステリとしてはちょっと物足りない気がしましたね。
正直途中ちょっと飽きちゃいました。
皆さんがおっしゃるようにラストは「う~ん」かな。
中には面白いのもありましたが、全体評価としてはちょっと辛めにしました。

No.3 8点 ぴあん 2008/06/25 22:17
とても好きな作家さんです。どの短編にも共通して言えることですが、“伏線の妙”これに尽きる。楽しめたけど、でも最後は・・・ねぇ?(笑)

No.2 8点 なの 2007/11/14 17:35
10年掛けた伏線にビックリ。
でもあれは読めてました、すいません。
しかし、ラストはちょっと拍子抜けです。

No.1 9点 ぷねうま 2007/11/14 10:50
各短編ともクオリティが高く、バリエーションに富んでいて楽しく読める。
長いので一気に読んで疲れてしまったが、最終章で驚愕。した後、「ミダス王の奇跡」を読み直して失禁した。
家で読んでいてよかった。


泡坂妻夫
2018年08月
夜光亭の一夜
2012年08月
泡坂妻夫引退公演
平均:5.50 / 書評数:2
2008年08月
織姫かえる
平均:4.00 / 書評数:1
2006年11月
揚羽蝶
平均:4.00 / 書評数:1
2006年04月
春のとなり
平均:3.00 / 書評数:1
2005年03月
蚊取湖殺人事件
平均:5.00 / 書評数:3
2004年08月
鳥居の赤兵衛
平均:5.00 / 書評数:1
2003年06月
奇術探偵 曾我佳城全集 戯の巻
平均:6.50 / 書評数:2
奇術探偵曾我佳城全集 秘の巻
平均:6.33 / 書評数:3
2002年10月
飛奴
平均:6.00 / 書評数:1
2001年02月
比翼
平均:5.00 / 書評数:1
2000年07月
奇術探偵 曾我佳城全集
平均:7.83 / 書評数:12
1999年10月
泡亭の一夜
1999年04月
朱房の鷹
平均:6.00 / 書評数:2
1998年11月
鬼子母像
平均:5.00 / 書評数:1
1997年12月
亜智一郎の恐慌
平均:6.83 / 書評数:6
1996年12月
砂時計
平均:6.33 / 書評数:3
1996年09月
からくり東海道
平均:6.50 / 書評数:2
1996年05月
からくり富
平均:5.75 / 書評数:4
1995年05月
凧をみる武士
平均:7.00 / 書評数:2
泡坂妻夫の怖い話
平均:7.00 / 書評数:1
1994年10月
生者と死者 酩探偵ヨギ ガンジーの透視術
平均:6.25 / 書評数:16
1994年06月
自来也小町
平均:6.50 / 書評数:2
1994年04月
弓形の月
平均:4.50 / 書評数:4
1993年10月
恋路吟行
平均:6.00 / 書評数:3
1993年08月
夢の密室
平均:4.50 / 書評数:2
1993年07月
写楽百面相
平均:4.40 / 書評数:5
1992年05月
旋風
平均:4.00 / 書評数:3
1991年01月
雨女
平均:6.25 / 書評数:4
1990年10月
砂のアラベスク
平均:4.00 / 書評数:2
1990年04月
毒薬の輪舞
平均:5.80 / 書評数:10
1990年03月
黒き舞楽
平均:7.14 / 書評数:7
1990年02月
蔭桔梗
平均:7.00 / 書評数:4
1989年02月
びいどろの筆
平均:6.75 / 書評数:4
1988年07月
斜光
平均:4.86 / 書評数:7
1988年06月
花火と銃声
平均:6.50 / 書評数:2
1988年03月
鬼女の鱗
平均:5.00 / 書評数:2
折鶴
平均:7.00 / 書評数:3
1988年02月
奇跡の男
平均:5.78 / 書評数:9
1987年07月
しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術
平均:7.56 / 書評数:66
妖盗S79号
平均:5.67 / 書評数:9
1985年12月
猫女
平均:4.75 / 書評数:4
ダイヤル7をまわす時
平均:5.50 / 書評数:8
1985年05月
死者の輪舞
平均:5.75 / 書評数:8
1985年02月
ゆきなだれ
平均:7.50 / 書評数:6
1984年12月
亜愛一郎の逃亡
平均:7.33 / 書評数:15
1984年04月
花嫁は二度眠る
平均:5.73 / 書評数:11
1984年01月
ヨギ ガンジーの妖術
平均:6.31 / 書評数:13
1983年07月
妖女のねむり
平均:5.62 / 書評数:8
1982年07月
亜愛一郎の転倒
平均:7.60 / 書評数:20
1982年05月
喜劇悲奇劇
平均:6.00 / 書評数:8
1980年12月
迷蝶の島
平均:6.57 / 書評数:7
1980年11月
煙の殺意
平均:7.40 / 書評数:20
1980年01月
花嫁のさけび
平均:6.50 / 書評数:12
1978年11月
湖底のまつり
平均:6.42 / 書評数:24
1978年05月
亜愛一郎の狼狽
平均:7.34 / 書評数:38
1977年12月
乱れからくり
平均:7.54 / 書評数:37
1976年10月
11枚のとらんぷ
平均:7.36 / 書評数:39