海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
猫女
泡坂妻夫 出版月: 1985年12月 平均: 4.75点 書評数: 4件

書評を見る | 採点するジャンル投票


双葉社
1985年12月

双葉社
1990年07月

No.4 5点 人並由真 2021/05/13 07:11
(ネタバレなし)
 海外にまで市場を広げる西洋磁器会社「音澄陶磁」。だがその会社の栄華は、過日の陶工・自勝院如虎(じしょういんゆきとら)男爵が復活させた平安時代からの技術「作良焼」に基づく実績を、現在87歳の会長・音澄甲六がぶんどる形で築いたものだった。そんな音澄家に対して、如虎の孫である老女・奈江は猫を使役しての呪詛をかけるが、やがて音澄家の周辺には惨劇が続発して……?

 元版のフタバノベルズで読了。3時間かけずに読み終えられる長さで内容だが、途中で、とある海外の長編ミステリが頭をよぎり(たぶんkanamoriさんがモチーフの原典だといっているのと同じ作品だと思う?)、結局は……。
 かなり強引に、大ネタの着地点だけ最初から決めて書いた感じで、ミステリとしてはあまりホメられた完成度ではない(伏線をいくつも張ろうと、苦労のあとは感じるが)。
 陶芸についての専門的な描写は、読み応えがあった。脇役の登場人物の一部のおかしなキャラづけ(主人公の同僚で友人である真野の離婚の経緯など)は、なんか泡坂妻夫作品っぽい。
 まあ読んでる間はそこそこ楽しめた。

No.3 4点 蟷螂の斧 2018/06/07 12:30
「黒猫」「モルグ街の殺人」のオマージュ作品であると思います。残念なのは、ヒロインとなるべき女性2人があまり事件に絡んでこなかった点、オカルト風味(黒猫の怨念)が伝わってこなかった点など、何かチグハグで中途半端な出来栄えという感じです。

No.2 5点 2012/05/26 19:31
泡坂妻夫が今回テーマとして選んだのは「化け猫」。当然、昔は何度も映画化された鍋島の猫騒動も言及されています。しかし本当に化け猫だったとは…
いや、もちろん合理的な説明はつけてくれるんですがね。しかし、第1章での黒猫出現によるショック死(これは本当に事故というべき偶発事です)から猫の目撃状況にいたるまで、ちょっと偶然が過ぎるように思われます。被害者たちの共通点も偶然。語りの視点は主人公の男に限定され、警察の捜査状況は最終段階に至ってやっと明らかにされるぐらいなのですが、どうもすっきりできません。それでも最初から伏線を堂々と張り巡らしているのは、いかにもこの作者らしいところではあります。
焼物の世界を舞台とし、唯一性を身上とする芸術と大量生産の製品とを比較しているところにも、紋章上絵師でもある作者らしさは表れています。

No.1 5点 kanamori 2010/08/20 19:14
大手陶芸会社の一族が、化け猫の祟りに遇った如く次々と不審死を遂げていく、猟奇的殺人を扱った長編ミステリ。
ホラー風味の本格ミステリで、不可能犯罪や細かい伏線もありそこそこ楽しめました。
著者の長編ミステリには、「アクロイド殺し」や「Yの悲劇」など古典ミステリのプロットに影響を受けたものがいくつかあるように思いますが、本書もある作品をモチーフにしているのではと思います。


泡坂妻夫
2018年08月
夜光亭の一夜
2012年08月
泡坂妻夫引退公演
平均:5.50 / 書評数:2
2008年08月
織姫かえる
平均:4.00 / 書評数:1
2006年11月
揚羽蝶
平均:4.00 / 書評数:1
2006年04月
春のとなり
平均:3.00 / 書評数:1
2005年03月
蚊取湖殺人事件
平均:5.00 / 書評数:3
2004年08月
鳥居の赤兵衛
平均:5.00 / 書評数:1
2003年06月
奇術探偵 曾我佳城全集 戯の巻
平均:6.50 / 書評数:2
奇術探偵曾我佳城全集 秘の巻
平均:6.33 / 書評数:3
2002年10月
飛奴
平均:6.00 / 書評数:1
2001年02月
比翼
平均:5.00 / 書評数:1
2000年07月
奇術探偵 曾我佳城全集
平均:7.91 / 書評数:11
1999年10月
泡亭の一夜
1999年04月
朱房の鷹
平均:6.00 / 書評数:2
1998年11月
鬼子母像
平均:5.00 / 書評数:1
1997年12月
亜智一郎の恐慌
平均:6.83 / 書評数:6
1996年12月
砂時計
平均:6.33 / 書評数:3
1996年09月
からくり東海道
平均:6.50 / 書評数:2
1996年05月
からくり富
平均:5.75 / 書評数:4
1995年05月
凧をみる武士
平均:7.00 / 書評数:2
泡坂妻夫の怖い話
平均:7.00 / 書評数:1
1994年10月
生者と死者 酩探偵ヨギ ガンジーの透視術
平均:6.25 / 書評数:16
1994年06月
自来也小町
平均:6.50 / 書評数:2
1994年04月
弓形の月
平均:4.50 / 書評数:4
1993年10月
恋路吟行
平均:6.00 / 書評数:3
1993年08月
夢の密室
平均:4.50 / 書評数:2
1993年07月
写楽百面相
平均:4.40 / 書評数:5
1992年05月
旋風
平均:4.00 / 書評数:3
1991年01月
雨女
平均:6.25 / 書評数:4
1990年10月
砂のアラベスク
平均:4.00 / 書評数:2
1990年04月
毒薬の輪舞
平均:5.80 / 書評数:10
1990年03月
黒き舞楽
平均:7.33 / 書評数:6
1990年02月
蔭桔梗
平均:7.00 / 書評数:4
1989年02月
びいどろの筆
平均:6.75 / 書評数:4
1988年07月
斜光
平均:4.83 / 書評数:6
1988年06月
花火と銃声
平均:6.50 / 書評数:2
1988年03月
鬼女の鱗
平均:5.00 / 書評数:2
折鶴
平均:7.00 / 書評数:3
1988年02月
奇跡の男
平均:5.78 / 書評数:9
1987年07月
しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術
平均:7.56 / 書評数:66
妖盗S79号
平均:5.67 / 書評数:9
1986年01月
妖女のねむり
平均:5.62 / 書評数:8
1985年12月
猫女
平均:4.75 / 書評数:4
ダイヤル7をまわす時
平均:5.50 / 書評数:8
1985年05月
死者の輪舞
平均:5.71 / 書評数:7
1985年02月
ゆきなだれ
平均:7.50 / 書評数:6
1984年12月
亜愛一郎の逃亡
平均:7.33 / 書評数:15
1984年04月
花嫁は二度眠る
平均:5.73 / 書評数:11
1984年01月
ヨギ ガンジーの妖術
平均:6.31 / 書評数:13
1982年07月
亜愛一郎の転倒
平均:7.60 / 書評数:20
1982年05月
喜劇悲奇劇
平均:6.00 / 書評数:8
1980年12月
迷蝶の島
平均:6.57 / 書評数:7
1980年11月
煙の殺意
平均:7.40 / 書評数:20
1980年01月
花嫁のさけび
平均:6.45 / 書評数:11
1978年11月
湖底のまつり
平均:6.39 / 書評数:23
1978年05月
亜愛一郎の狼狽
平均:7.34 / 書評数:38
1977年12月
乱れからくり
平均:7.50 / 書評数:36
1976年10月
11枚のとらんぷ
平均:7.37 / 書評数:38