海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
邪魅の雫
百鬼夜行シリーズ
京極夏彦 出版月: 2006年09月 平均: 5.60点 書評数: 15件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
2006年09月

講談社
2006年09月

講談社
2009年06月

講談社
2009年06月

No.15 6点 雪の日 2022/03/30 18:45
楽しく読ませていただきました。
絡新婦の下位互換感が否めませんが、それでも面白いです。
早く、新刊出ないかなぁ

No.14 7点 HORNET 2021/11/30 20:17
 江戸川川べりで毒殺された会社員の男。大磯で発見された若い女性の毒殺死体。偽名で住宅を借りていた女性の毒殺死体。離れた場で起こる毒殺事件を、警察はなぜか「連続殺人事件」と断定。諸所で目にする公安の姿。事件の裏にはいったい何があるのか?
 一方、元刑事の探偵見習い益田は、事務所の主・榎木津礼二郎の縁談が悉く破談となった裏を探るよう、榎木津の親族に依頼される。すると、連続毒殺事件の被害者と、見合い相手とのつながりが明らかになっていく―
 その間も次々と起こる毒殺事件。警察も関係者もお手上げの中、ついに中禅寺が立ちあがる。

 本サイトや各レビューでも、百鬼夜行シリーズの中では評価の低い傾向にある作品。その要因は「憑き物落とし」の色が薄かったり、榎木津の出番が少ないうえ、傲岸不遜ないつものキャラクターから外れた一面を見せていたりと、「らしくない」という感じを受けるからかもしれない。が、それは「ミステリ色が強い」という受け取り方もできるような気がして、結論から言えば私はかなり面白かった。
 ちょっと仕掛けが複雑すぎて、誰が誰やら混乱してくるきらいはあったが、丁寧に読んでいけば見事に筋道立ててあることが分かり、読みごたえは十分にあった。仕組みが複雑で、時が経つと忘れてしまいそうではあるが、読んでいる最中はかなりのめり込んで読むことができた。

No.13 8点 じきる 2020/11/13 00:57
あまり世評はよろしくないが、個人的には好きな作品だったりする。
細かな視点の切り替え、どこかシリアスな榎木津、薄められた妖怪成分など、このシリーズでは異色作と呼んでもいいだろう。
良くも悪くもオーソドックスな大河ミステリなんだけど、事件の全体像の組み方なんかは京極らしい巧さを感じた。

No.12 5点 ボナンザ 2019/12/01 09:56
長さの割に内容が薄いと思う。前作では榎津が最初からいたのに役に立たなかったのに対し、今作では最後まで出てこないせいで止められなかったというのは皮肉。

No.11 5点 いいちこ 2017/08/08 16:49
本シリーズは、これまで「やたら長いが無駄はない」計算された構築美に見どころがあったが、近作はいずれも完成度が低下し、「やたら長くて無駄が多く感じる」。
とりわけミステリとしては、真相解明が論理的とは言えない点に加え、その核が小さい割りには事件・登場人物のいずれもが、余りにも多すぎる。
読物としての主題のまとめ方には唸らされる面もあるが、真犯人(?)の人物造形が魅力に乏しい点も大きな減点材料

No.10 5点 羊太郎次郎吉 2016/10/19 07:16
女性人気ナンバーワンの榎木津の元カノなんて出しちゃって良いのかしら。これからの売り上げに支障が出るんじゃないの…ってこの巻以降百鬼夜行シリーズは出版されていないのだけど。

元カノも榎木津が惚れるような良い女とは思えなくて不満。努力家で負けず嫌いなのは認めるけど、嫉妬深いわ他人に対して上から目線で偉そうだわ自分のやったことを「貴方達だって邪悪な部分を持ってるでしょ?!」とか言って正当化しようとするわ…人間らしいと言えばそうだけどある意味シリーズ史上最も邪悪な犯人。自分の手は汚さず人の弱みにつけ込み被害者達に危害を加える理由も嫉妬以外に特になかった…ってもう最悪じゃん。

No.9 5点 TON2 2012/12/10 18:07
講談社NOVELS
 待望の妖怪シリーズですが、京極堂が妖怪についての長い薀蓄をたれる場もなく、榎木津の破天荒な行動や、木場の活躍場面もないなど、不満がいっぱいです。
 今までのシリーズのような、あっと驚くような発想の転換というものもなく、普通のミステリーになってしまいました。
 この作品の世界が大好きなだけに、残念です。次回作に期待します。

No.8 6点 mohicant 2012/10/24 23:24
榎木津の恋愛話が見れて良かった。

No.7 6点 ムラ 2011/10/21 02:45
絡新婦の劣化と言ってはそれまでだが、それでも今回の作品は楽しめた。
久しぶりに関口さんを見れたのもあれだが、複雑な人物関係が最後の京極の話ですっきりするのがいい。真相はなんとなくわかったが、最後まで見れた。
個人的には山下さんが随分親しみやすいキャラに変わってたのが驚き。
そしてなにより最後の榎さんがかっこいい。
ただ妖怪話が無かったのは、今回はミステリに重点をおきたかったのだろうか。

No.6 3点 響の字 2011/08/27 03:36
陰摩羅鬼の失速から立ち直れずに墜落してしまい
(読者が)もうどうしたらいいのかわからない一冊。

問題なのは京極モノにしては珍しい
「ミステリとしての素材が面白そうなのに構成で失敗している」
の一点に尽きると思う。ちょっとショックだった。

今作に比べたら陰摩羅鬼が良作に見えてしまう。

(`・ω・´)9m 正に黒歴史。シリーズとしては読まなくて問題無い。

No.5 3点 yoshi 2009/08/07 13:13
「魍魎」や「鉄鼠」は、全然長いと感じなかったのに、これはとてつもなく長く感じ、ページをめくるのが苦痛だった。
一言で言うと「ノリが悪い」。視点が頻繁に移動し、誰のかわからないモノローグが間に挟まるというパターンにも、ルーチーン化した硬直性を感じる。このシリーズはもっとしなやかなものであった筈だ。

No.4 6点 bage 2009/07/27 00:19
憑物落としの色が薄い。このシリーズで書く必要はなかったのではないかと思う。もっと濃い憑物落としが読みたい。

No.3 7点 rintaro 2008/07/25 18:29
全体的に淡々としているし、ストーリーの起伏もあまりないので少々退屈に感じる方も多いかもしれません。京極堂シリーズ特有の、謎解きと同時に今までの読者の世界認識を揺さぶるような感じもないです。ですが京極堂シリーズの中では「妖怪」が影を潜めたぶん、最も「殺人」というものに向き合った作品だと思います。京極堂シリーズのなかでは比較的ノーマルなミステリーだと思います

No.2 6点 おしょわ 2007/10/13 23:07
確かに楽しめはしましたがイマイチ気分が盛り上がりません。
やっぱりマンネリなんですかねぇ。

No.1 6点 vivi 2007/08/04 00:12
犯人が誰?という単純な話を超えて、
このもつれた構成が、どこでどう収拾がつくのかの興味で読み進みました。
バラバラに分断された事象が、やがて1つに集まっていき、
そこで京極堂が事件をあるべき姿に戻す「憑き物落とし」を行う。
こうした手法が、作者の味になりつつありますね。

ただ初期のシリーズの恐ろしいほどのカタストロフィは無かったので、
このくらいの点数かと。


京極夏彦
2019年06月
今昔百鬼拾遺 天狗
平均:5.50 / 書評数:2
2019年05月
今昔百鬼拾遺 河童
平均:5.67 / 書評数:3
2019年04月
今昔百鬼拾遺 鬼
平均:6.00 / 書評数:3
2018年02月
虚談
平均:5.00 / 書評数:1
2018年01月
ヒトごろし
平均:7.00 / 書評数:1
2016年11月
書楼弔堂 炎昼
平均:6.00 / 書評数:1
虚実妖怪百物語 急
平均:7.00 / 書評数:1
2016年10月
虚実妖怪百物語 破
平均:6.00 / 書評数:1
虚実妖怪百物語 序
平均:5.00 / 書評数:1
2015年10月
ヒトでなし 金剛界の章
平均:7.00 / 書評数:1
2013年11月
書楼弔堂 破曉
平均:6.00 / 書評数:1
2012年03月
百鬼夜行 陽
平均:6.50 / 書評数:2
2011年10月
ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔
平均:8.00 / 書評数:3
2010年07月
西巷説百物語
平均:6.00 / 書評数:1
2010年05月
死ねばいいのに
平均:6.00 / 書評数:8
2010年01月
数えずの井戸
平均:6.50 / 書評数:2
2009年05月
厭な小説
平均:5.80 / 書評数:5
2008年07月
幽談
平均:5.00 / 書評数:1
2007年04月
前巷説百物語
平均:8.25 / 書評数:4
2006年09月
邪魅の雫
平均:5.60 / 書評数:15
2004年09月
百鬼夜行 陰
平均:6.20 / 書評数:15
2004年07月
百器徒然袋 風
平均:7.07 / 書評数:14
2003年12月
豆腐小僧双六道中ふりだし
平均:5.00 / 書評数:2
後巷説百物語
平均:8.33 / 書評数:6
2003年08月
陰摩羅鬼の瑕
平均:5.55 / 書評数:33
2002年09月
覘き小平次
平均:6.71 / 書評数:7
2001年11月
今昔続百鬼 雲
平均:6.17 / 書評数:12
2001年06月
ルー=ガルー 忌避すべき狼
平均:5.28 / 書評数:18
2001年05月
続巷説百物語
平均:7.00 / 書評数:14
2000年02月
どすこい(仮)
平均:5.31 / 書評数:13
1999年11月
百器徒然袋 雨
平均:7.77 / 書評数:44
1999年09月
巷説百物語
平均:7.45 / 書評数:20
1998年03月
塗仏の宴
平均:5.77 / 書評数:47
1997年06月
嗤う伊右衛門
平均:7.26 / 書評数:27
1996年11月
絡新婦の理
平均:7.81 / 書評数:62
1996年01月
鉄鼠の檻
平均:7.25 / 書評数:57
1995年05月
狂骨の夢
平均:6.91 / 書評数:54
1995年01月
魍魎の匣
平均:7.93 / 書評数:144
1994年08月
姑獲鳥の夏
平均:6.92 / 書評数:165