海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 青春ミステリ ]
愚者のエンドロール
古典部シリーズ
米澤穂信 出版月: 2002年07月 平均: 6.00点 書評数: 25件

書評を見る採点するジャンル投票


角川書店
2002年07月

No.5 5点 makomako 2009/09/22 09:53
 ミステリーとして読めば「氷菓」より上でしょうが、物語の設定に違和感がありました。
 以下少しネタバレ気味
 3人のクラスメートが異なった結論を述べそれを理論的に打ち砕き画期的な結論を考え出すという本格推理の王道を踏んだところは良いのですが、問題となるビデオは高校の文化祭への作品に出すためにクラスで創作したもので出来上がるまでの時間がないという設定なのです。当然クラス内での議論は尽くされたはずでしょ。どうして時間がないのにいっぺんに3人の言う事を聞かずに1日に一人ずつの意見を検討しとのでしょうかね。こうなったら結論は無いまま発表して見た人から結論を募集するという企画にしてもよさそうだ、などと思ってしまったので評価が低くなりました。
 良い材料で味付けを間違えた料理を出されたような気分です。

No.4 7点 だい様 2009/06/24 09:32
古典部シリーズ第2弾

趣向がいいですね。
前作『氷菓』より格段に面白かったです。

No.3 7点 あるびれお 2009/06/13 04:23
いろんな可能性をこねくり回していく作品は好きなので、この作品も“好み”である。惜しむらくは、論理の飛躍の方向と距離が「素晴らしい!」とまではいかなかったことか。

No.2 5点 江守森江 2009/05/22 18:37
映画の結末をどうするのかを喧々囂々するところが読み所。
最終的な結末はテレビの推理クイズでも出題されたから・・・(綾辻の短編「意外な犯人」がオリジナルらしい)

No.1 8点 ぷねうま 2007/10/09 02:53
オマージュにあたるバークリーの『毒入りチョコレート事件』はこの作品で知った。どの推理もパターンが違って面白い。
トリックにはすぐ気付いてしまったのだが、根底にある裏テーマのおかげで救われた。
章タイトルの「味でしょう」は「アジテーション」をボキャブっていると思ったのだがどうでしょう。


米澤穂信
2021年06月
黒牢城
平均:8.00 / 書評数:5
2020年01月
巴里マカロンの謎
平均:6.83 / 書評数:6
2019年09月
Iの悲劇
平均:6.67 / 書評数:6
2018年12月
本と鍵の季節
平均:6.12 / 書評数:8
2016年11月
いまさら翼といわれても
平均:6.00 / 書評数:9
2015年12月
真実の10メートル手前
平均:6.06 / 書評数:16
2015年07月
王とサーカス
平均:6.53 / 書評数:15
2014年03月
満願
平均:6.70 / 書評数:27
2013年01月
リカーシブル
平均:5.40 / 書評数:5
2010年11月
折れた竜骨
平均:7.57 / 書評数:23
2010年06月
ふたりの距離の概算
平均:5.80 / 書評数:10
2009年08月
追想五断章
平均:6.26 / 書評数:19
2009年02月
秋期限定栗きんとん事件
平均:6.35 / 書評数:17
2008年11月
儚い羊たちの祝宴
平均:6.59 / 書評数:34
2007年10月
遠まわりする雛
平均:5.86 / 書評数:14
2007年08月
インシテミル
平均:6.17 / 書評数:47
2006年08月
ボトルネック
平均:4.23 / 書評数:22
2006年04月
夏期限定トロピカルパフェ事件
平均:5.70 / 書評数:20
2005年07月
犬はどこだ
平均:6.25 / 書評数:16
クドリャフカの順番
平均:6.50 / 書評数:20
2004年12月
春期限定いちごタルト事件
平均:5.25 / 書評数:20
2004年02月
さよなら妖精
平均:6.44 / 書評数:18
2002年07月
愚者のエンドロール
平均:6.00 / 書評数:25
2001年10月
氷菓
平均:5.10 / 書評数:29