海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 本格/新本格 ]
碆霊の如き祀るもの
刀城言耶シリーズ
三津田信三 出版月: 2018年06月 平均: 6.14点 書評数: 7件

書評を見る | 採点するジャンル投票


原書房
2018年06月

講談社
2021年06月

No.7 6点 レッドキング 2021/08/31 13:08
「~の如き~もの」シリーズ長編第七弾。陸の孤島の様な極貧漁村に伝わる怪談伝承。四つの怪談発祥場所で起きる四つの事件・・不可思議な餓死、目撃による密室事件、足跡なき密室殺人、そして完全な密室内の死。怪談と連続事件の関係は何なのか。四つの怪談語りの冒頭と、伝承に隠された村の秘密解明は実に魅力的だが、事件の方は・・うーん、第一事件のHowが面白いかなあ。第四の完全な密室事件の真相には逆の意味で驚いたが(それをやんのか)・・

No.6 6点 じきる 2021/07/24 23:30
四つの怪談と四つの密室殺人が登場する、豪華な造りの力作です。でも、ホラー要素が薄まっているからか、どうも緊張感に欠ける気がします。
多重解決の末に明かされる真相は、悪くはないのですが想定の範囲内です。全体的に見て、素晴らしい過去作たちのレベルには達していないのではないでしょうか。

No.5 6点 好兵衛 2019/10/27 15:55
私にとっては特別な言耶さんシリーズ、毎回新作を楽しみにしています。

今回は密室4連発!最初に怪談もついており色々とボリューミーです。(評価が分かれるところかと)
1~4につれてどんどん面白さが減っていく感じ。
一番最初の密室が状況も斬新でなかなか面白かったです。
どうやったかが一番ですが、犯人当てとしても機能しているかな?

2番目は、状況がフワッとしていて緩いと言いますか。
誰がやってもできそうですし、どうやったかが重要で面白いんですが。
そのどうやったかを考えるまでの土台が緩いというか、推理するには
もう少しヒントなり、選択肢を絞れる状態まで持って行ってほしかったです。

3、4は目新しい感じはなかったです。

事件以外にも、怪談にまつわる謎や碆霊様にまつわる謎なんかもありますが。これは毎度のことで、こうじゃないかなと想像するのが楽しい程度でしっかり推理するのは事件だけかな?と思いながら楽しんでいます。それに対する言耶さんの推理ももう少し沢山見たかったです。
いつも、落ちみたいにある怪奇ですが…今回は少し投げやりでは?

それでも、この雰囲気と三津田氏の読みやすさに毎度楽しませてもらっています。

No.4 6点 HORNET 2019/03/10 10:22
 周囲を断崖に囲まれ、孤立化している4つの海辺の村。いつものように怪異譚の収集に地元民と共に訪れた言耶だったが、その地に伝わる伝説をたどるように密室状況での殺人事件が連続する。

 冒頭の4つの怪談はやや長すぎて気疲れしたが、本編に入ってからは期待通りの雰囲気。密集した竹林の中での餓死、物見櫓の張り出し板からの転落、洞窟中での刺殺…と、現代とは隔絶した世界とも言えるムラ社会ならではの、独特の三津田ワールドが今回も全開だった。

 ただ、自分に免疫ができてきてしまっているのか、過度に期待しているからなのか分からないが、本シリーズを読み始めた当初のゾクゾク感には至らなかった。祭りや伝説(唐喰舟など)の意味をどう解釈するのかとか、そこから殺人の見立ての意味をどう解釈するのかとかいった話は、理屈っぽい割には論理的ではない気がして、あまり好ましくなかった。
 連続殺人の真相も、こういうからくりは飛び道具のような印象を受けるし、最後の事件の真相に至っては肩透かしの感も否めなかった。個人的には第一の「竹林中での餓死」が一番すっきりした。

No.3 6点 ミステリ初心者 2018/11/03 18:04
ネタバレをしています。

 このシリーズは好きです。雰囲気がとても良く、すいすいページが進みます。また、今回は密室4連発であり、豪華です! いつもの多重解決→どんでん返しもあり、いままでの流れが踏襲されています。

 竹林宮の密室による餓死は好きです。偲との会話でヒント(もはや答え?)で気づきましたが、面白いですね。しかし、腕に縛り後など残らないものでしょうか?
 物見櫓のトリックも、自分は好きでした。人形的なものを使ったとばかり思っていたのですが、死後硬直は盲点でした。過去に、死後硬直を利用した作品を見ていたのに・・・ 死体が無いのもミスリードですかね。

以下、好みで無かった部分
・結局、四つの怪談に、何かしらの解決がなかったのは少し残念。竹林は途中会話にあった狼か何かかと思いましたw 
・リレーの様な殺人で、笹舟の理由も納得ですが、一人による犯行のほうが好み。
・絶海洞のトリックはいまいち・・・。
・他殺に見せかけた自殺→密室は嫌い。
・ラストのお決まりのホラー要素は、なぜか怖さを感じなかった。ラストの展開によって、ゲンヤの推理が破綻するようなものを期待していた。過去作品のように。

 同シリーズの過去作品に比べ、ホラー要素や意外な犯人や大どんでん返しの面でスケールダウン感は否めません。ただ、大掛かりな仕掛けがないため、逆に本格度が上がっている気もします。

No.2 6点 虫暮部 2018/09/25 11:55
 餓死の現場に於いて、排泄物に関する言及が無い。食べなくても出るんですよ。少なくとも絶食一日目には前日の分が腹の中にある。然るべき描写が為されていれば、被害者の状態ひいてはトリックを推測する手掛かりになったはず。私は、排泄の痕跡が無いのだから被害者は別の場所で死んで発見現場に運び込まれたのでは、とずっと考えていた。尾籠な話なので割愛、では済まないアンフェアな描写(の無さ)である。人間が排泄をしないパラレル・ワールドが舞台、と割り切って読むが吉?

No.1 7点 mozart 2018/08/03 10:07
久々の刀城言耶シリーズ長編で、大いに期待して読みました。過去作と比べて迫力不足の感は否めませんが、ページが残り少なくなってからの七十項目におよぶ謎の羅列とか、くどいほど謎解きを試行錯誤で繰り返しながら真相に迫っていくシーンなどは、本シリーズの「伝統」はしっかり守られていると思います。
祖父江偲については、好みが分かれるところでしょうが(世の中には偲ファンもいるのでしょうが)、今作では本筋での絡みが(一点を除けば)言耶との「掛け合い」のみだったので自分としてはまぁ許容範囲内でした。


三津田信三
2021年07月
忌名の如き贄るもの
平均:8.67 / 書評数:3
2020年09月
逢魔宿り
2019年07月
魔偶の如き齎すもの
平均:6.60 / 書評数:5
2019年04月
白魔の塔
2018年09月
犯罪乱歩幻想
平均:5.00 / 書評数:2
2018年06月
碆霊の如き祀るもの
平均:6.14 / 書評数:7
2016年09月
黒面の狐
平均:6.33 / 書評数:3
2016年07月
怪談のテープ起こし
平均:5.00 / 書評数:1
2015年07月
誰かの家
平均:5.00 / 書評数:1
2014年08月
どこの家にも怖いものはいる
平均:5.50 / 書評数:2
2014年03月
五骨の刃
平均:5.00 / 書評数:1
2012年11月
のぞきめ
平均:6.00 / 書評数:1
2012年09月
ついてくるもの
平均:5.50 / 書評数:2
2012年04月
幽女の如き怨むもの
平均:4.79 / 書評数:14
2011年07月
生霊の如き重るもの
平均:6.07 / 書評数:14
2011年03月
七人の鬼ごっこ
平均:5.50 / 書評数:4
2010年09月
災園
平均:5.00 / 書評数:1
2010年03月
六蠱の軀
平均:6.00 / 書評数:1
2009年12月
水魑の如き沈むもの
平均:6.61 / 書評数:18
2009年09月
赫眼
平均:5.00 / 書評数:3
2009年04月
密室の如き籠るもの
平均:6.29 / 書評数:14
2009年03月
四隅の魔
平均:6.25 / 書評数:4
2008年09月
凶宅
平均:5.00 / 書評数:3
2008年06月
十三の呪
平均:6.00 / 書評数:4
2008年04月
山魔の如き嗤うもの
平均:7.17 / 書評数:30
2007年07月
禍家
平均:5.71 / 書評数:7
2007年06月
スラッシャー廃園の殺人
平均:5.50 / 書評数:4
2007年04月
首無の如き祟るもの
平均:8.38 / 書評数:78
2006年09月
凶鳥の如き忌むもの
平均:6.28 / 書評数:25
2006年02月
厭魅の如き憑くもの
平均:7.20 / 書評数:41
2004年05月
シェルター終末の殺人
平均:4.67 / 書評数:3
2003年12月
百蛇堂―怪談作家の語る話
平均:5.67 / 書評数:3
2003年09月
蛇棺葬
平均:4.67 / 書評数:3
2002年08月
作者不詳 ミステリ作家の読む本
平均:6.88 / 書評数:8
2001年08月
ホラー作家の棲む家
平均:5.50 / 書評数:10