海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 日常の謎 ]
花の下にて春死なむ
『香菜里屋』シリーズ
北森鴻 出版月: 1998年11月 平均: 7.00点 書評数: 25件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
1998年11月

講談社
2001年12月

No.25 6点 ボナンザ 2021/12/26 20:45
いわゆるバーものの安楽椅子探偵だが、話は結構多様ながら、ミステリとして唸ったかというと・・・。

No.24 5点 虫暮部 2020/01/30 12:29
 表題作と「魚の交わり」で描かれた哀切な人生と謎の絡みはなかなか読み応えアリ。この2編だけなら高評価出来た。
 しかしそれ以外は、ミステリとしても人情話としても中途半端。文章力がその不足を充分補えたとも言い難い。“わいわい語り合う推理クラブもの”と言う形式を、上手く使いこなせていない気がした。

No.23 5点 ボンボン 2017/01/28 17:32
哀愁漂う大人の、ささやかな人生を切り取る短編集。ビアバーのマスターが、カウンターの中で客の話を聞いて様々な謎を推理するのが基本だ。
謎のネタを提供する常連客達は、結構な事件に直面したり、実際に探索に出かけたりもするが、解決編は、ビアバーで交わされる会話の中で終始するので、別にコトの真相が確認されるわけではない。あくまでも、こんな解釈もあるのでは、と人生を見つめ直す感じ。
見事なまでにフワッとした中途半端さで、一般人の域を決して踏み越えないのだ。大がかりな殺人系を含む、謎解きをメインにした作品でありながら、そこがなんとも新鮮だった。
ひねり過ぎがあったり、短い話の中に詰め込んだ複数の筋を強引につなげたりと、ぎこちない部分もあるが、全体に渋い雰囲気で読ませるので気にはならない。
自分としては、あまり共感するような事件はなかったが、全編を通し、客がマスターの人柄に頼り、癒されていく様子に心和んだ。

ああ、そんなことより、とにもかくにも、今すぐ冷えたビールが飲みたいな。

No.22 6点 いいちこ 2016/03/14 18:46
叙述が高度に洗練されている一方、登場人物に際立った個性がないことも相まって、ストーリーテリングは淡々とした印象が強く、評価が分かれそうなところ。
ミステリとしては、真相解明時の反転の手際が光る一方、真相を捻り過ぎ、推理のプロセスに大きな飛躍が感じられるなど、短編・安楽椅子探偵の限界を感じさせた

No.21 7点 まさむね 2015/07/12 21:52
 日本推理作家協会賞短編および連作短編集部門受賞作。
 表題作「花の下にて春死なむ」の美しさにまずは魅せられました。次作の「家族写真」の転換も見事。やや技巧に走り過ぎた感の短編もあるものの、全体的に綺麗で心地よい作品集でしたね。
 ちなみに、ビアバー「香菜里屋」の料理&ビールのシーンが良いですねぇ。マスター作のツマミを前に、4種類のビールを制覇してみたいものですね。

No.20 5点 蟷螂の斧 2013/03/30 15:19
日常の謎は、どうも苦手で何冊かトライしているのですが、やはり肌に合わないですね。緊迫感がないことと、安楽椅子ものは、推理が想像でしかないような気がして駄目なのでしょう。本作の雰囲気は良いと思いました。

No.19 7点 isurrender 2012/02/25 22:20
連作短編集ですが、どれも高水準
日常の謎のジャンルに入るのだと思いますが、それにしては殺人事件を扱ったものが多いのも特徴だと思います

No.18 7点 メルカトル 2010/05/22 23:59
格調高い文体、尚且つスタイリッシュ。
いわゆる日常の謎を扱った連作短編集だが、どこか一味違うのは、やはり表題作で人間の悲哀が嫋々たる文体で綴られている故だろう。
それに特筆すべきはなんといっても、バーで出される旨そうな料理の数々だ。

No.17 7点 simo10 2010/04/26 00:12
マスター工藤哲也が営むビアバー「香菜里屋」シリーズ。6つの短編で構成されています。

①「花の下にて春死なむ」:句人片岡草魚の静かな最期に秘められた過去に迫る。作中の句「人のいぬ道選びて繰り返すその町の名」が良かった。
②「家族写真」:駅の本棚の各本に挿まれている白黒の家族写真の謎に対して「香菜里屋」の客達が推理を披露。ちょっと皮肉な作品。
③「終の棲み家」:多摩川沿いの小屋に住む老夫婦の弱々しさが非常に切ない。綺麗な作品で好きです。
④「殺人者の赤い手」:推理クラブ化した雰囲気が好かない。いくら赤いっつっても限度があるでしょう、と言いたくなる。
⑤「七皿は多すぎる」:これまた推理クラブ化現象。提示された謎のインパクトの割りにイマイチな真相。
⑥「魚の交わり」:①の続編。再び草魚の悲しい過去に迫るが予測もつかなかった恐ろしい推理が…。

ミステリ的には普通ですが、非常に「綺麗な作品」という印象があり、質の良い文学作品を読んでいるかのような心地良さを覚えました。(セリフ部分がちょっとぎこちないところもあるけれど。)
次に読む作品を探して、作者の訃報を知りました。非常に惜しまれます。

No.16 6点 E-BANKER 2010/03/12 22:13
香菜里屋シリーズの連作短編集。
作者の急死を悼み、手に取る方も増えているのではないでしょうか。
①「花の下にて春死なむ」:表題作であり本書の白眉。本名も本籍も分からない老人”草魚”の生き方に悲哀を感じます。
②「殺人者の赤い手」:ラストで一気に真犯人に迫るところが良い。
③「七回は多すぎる」:暗号モノかと思いきや・・・
④「魚の交わり」:再び”草魚”の謎に迫ります。
あとの2作はいまいち印象に残らず。
主人公のマスター工藤をはじめ、すべての登場人物がどこか文学的で、たいへん品の良い作品に仕上がっています。
ただ、ミステリー的には高い点数は付けづらいですねぇ・・・

No.15 6点 こう 2010/03/08 01:14
 このサイトで評判が良かったので手にとってみました。個人的には同作者のメイン・ディッシュ の方が好みですがこの作品の読み心地も良かったです。ただこういう作風と強烈な謎を両立するのは難しいのだろうなと感じました。表題作以外はミステリとしては少し物足りなく感じます。遅らばせながら作者の訃報を知り読み心地のいい作品がもう読めないのは残念です。
作者の御冥福を謹んでお祈り申し上げます。

No.14 5点 abc1 2010/02/22 06:17
玉石混交という印象。表題作は良かったが、中盤中だるみ。特に回転寿司の話は、登場人物の一人が聞いた話をさらに又聞きで聞かされる構成なので緊張感がなく、結末も期待はずれ。

No.13 5点 touko 2010/02/15 20:18
隠れ家的ビアバーのわけ知り顔のバーテンが、常連客の持ち込む謎や人生相談を解決するという連作集。

バーテンもの、それも隠れ家的バーというジャンルは、この作品に限らず、あまり得意ではないので、ムーディでナルシスティックでキザなところが個人的には鼻にきました。
とはいえ、ミステリとしてはまあまあ楽しめました。

No.12 9点 makomako 2010/01/13 21:49
短編連作推理ものは謎解きにかけるスペースが少ないのでどうしても問題と回答といった小説となりがちであまり好みではなかったが、この小説はとても切れ味がよくしかもかくし味も効いていて作者の力量が並々ならぬものであることを知らされた。

No.11 6点 2009/08/13 10:21
謎解きロジックはしっかりしているし、安楽椅子探偵のマスターの推理は冴えてるし、格調も高く、料理も美味しそう。ところが、ぐいぐい引き込まれるという感じではなく、なにか欠けているように思えます。いや欠けているのではなく、逆に詰め込みすぎなのでしょう。謎解きがくどすぎて、わずか50ページの短編なのにストーリーが歪んでしまってるように思いました。短編の安楽椅子探偵ものの宿命かもしれませんね。それと、会話文にぎこちなさが感じられました。ある意味、純文学的なのかもしれませんが、慣れていないので抵抗がありましたね(笑)。
でも、「殺人者の赤い手」のラストの少し前ではホロリとさせられたし、連作のラストつまり最終話「魚の交わり」も展開が良かったので、満足はしました。それに、食事の場面のある小説は基本的に好きですね。

No.10 6点 ロビン 2009/08/09 21:41
良作揃いの短編集。哀愁漂う物語世界は、読み手をホンワカとした気分にさせてくれる。反面、切れ味のあるロジックでピリッと引き締めてもくれる。
安楽椅子探偵的な存在がいるおかげで、とりあえず構成のフォーマットが見えて安心感はあるが、、逆にいえば突出した部分がなく、平坦というか起伏がない。登場人物に個性が感じられないのが欠点。

No.9 9点 テレキャス 2009/07/16 19:17
いわゆる日常の謎となるミステリではあるけれど、純文学の赴きも感じる喪失と再生の短編たち。
心の隙間にちょっとだけヒントをくれる小料理屋の店主が素敵過ぎます。
もちろんミステリとしても複数の点から線に繋がる工夫が随所に施されているので楽しめました。

No.8 8点 itokin 2008/11/20 19:56
短編にもかかわらずどれも格調高く心に残る。きっと、2度、3度と読みたくなる数少ない作品だと思う。

No.7 10点 kowai 2008/05/31 21:11
表題作で感動を味わい、各編の料理に舌鼓を打ち、あ~、ビールが飲めない環境で読むものではありません。こんなミステリは初めてです。蓮丈那智シリーズもそうだったけど、香菜里屋シリーズも第3弾まで連読できました。ってゆーか、マスタって何者? 誰かこの謎を解いてください。。

No.6 8点 こもと 2008/04/28 22:13
 「とっておき」という言葉を口にする時、私は少しの誇らしさと、「秘密にしておけば良かった」というささやかな後悔の念、そんな二つの感情に襲われる。 そしてきっと本書を読めば、ビアバー「香菜里屋(かなりや)」に集う常連客の中にも、それは見え隠れする感情だとわかっていただけると思う。
 ビアバー「香菜里屋」を舞台に、マスター「工藤」を探偵役に配した、安楽椅子モノで構築された世界は、本当にお見事。 工藤が供する極上のメニューと、気の利いたサービス・・・一言で言えば「居心地の良い」こんな空間に身を置いて、小さな謎と向かい合うことが出来れば、それはもう至福の時と言えるでしょうね。
 度数の違う4種類のビールと、マスターの人柄、そして6つの謎・・・すべてに「酔える」連作短編集です。


北森鴻
2014年12月
天鬼越
平均:5.50 / 書評数:2
2011年10月
邪馬台
平均:5.33 / 書評数:3
2011年01月
ちあき電脳探偵社
平均:5.00 / 書評数:1
2010年04月
暁英
平均:5.50 / 書評数:2
2010年02月
うさぎ幻化行
平均:5.00 / 書評数:2
2008年09月
虚栄の肖像
平均:6.60 / 書評数:5
2008年05月
なぜ絵版師に頼まなかったのか
平均:7.00 / 書評数:1
2007年11月
香菜里屋を知っていますか
平均:7.25 / 書評数:8
2006年10月
親不孝通りラプソディー
平均:7.00 / 書評数:2
2006年04月
ぶぶ漬け伝説の謎
平均:5.33 / 書評数:3
2006年03月
深淵のガランス
平均:7.50 / 書評数:4
2005年08月
写楽・考
平均:5.00 / 書評数:1
2005年01月
瑠璃の契り
平均:7.00 / 書評数:1
2004年09月
螢坂
平均:6.25 / 書評数:8
2003年07月
支那そば館の謎
平均:5.00 / 書評数:8
2003年04月
桜宵
平均:6.92 / 書評数:13
2003年01月
緋友禅
平均:7.00 / 書評数:2
2002年08月
触身仏
平均:7.00 / 書評数:5
2002年06月
狐闇
平均:7.00 / 書評数:5
2001年10月
孔雀狂想曲
平均:6.40 / 書評数:5
2001年07月
共犯マジック
平均:5.50 / 書評数:8
2001年06月
蜻蛉始末
平均:8.00 / 書評数:2
2001年02月
親不孝通りディテクティブ
平均:6.88 / 書評数:8
2000年10月
顔のない男
平均:5.50 / 書評数:4
2000年06月
パンドラ’Sボックス
平均:6.75 / 書評数:4
2000年05月
凶笑面
平均:5.25 / 書評数:8
冥府神の産声
平均:5.67 / 書評数:3
1999年04月
屋上物語
平均:6.20 / 書評数:5
1999年03月
メイン・ディッシュ
平均:7.22 / 書評数:18
1998年11月
花の下にて春死なむ
平均:7.00 / 書評数:25
1998年09月
闇色のソプラノ
平均:6.50 / 書評数:4
1998年01月
メビウス・レター
平均:5.08 / 書評数:12
1997年05月
狐罠
平均:6.40 / 書評数:5
1995年09月
狂乱廿四孝
平均:5.50 / 書評数:2