海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 冒険/スリラー/スパイ小説 ]
ドイル傑作集Ⅱ 海洋奇談編
アーサー・コナン・ドイル 出版月: 1958年01月 平均: 5.00点 書評数: 2件

書評を見る | 採点するジャンル投票


新潮社
1958年01月

新潮社
1958年08月

No.2 5点 Tetchy 2022/01/15 00:51
近代ミステリの祖としても名高いドイルだが、何故かこのようなホームズ以外のアンソロジーには秀作が少ない。
海洋奇談編と名付けられた本書は、その名の通り海や航海に纏わる話(小噺?)が集められている。ホームズ譚では見られなかった海洋物を6編とは云え、物していたとは不思議な感じがし、昔は1つのジャンルを成していたのだろうと推測する。
さて個々の作品についての詳細については措いておくとして、全般的には小粒な印象。『恐怖の谷』、『緋色の研究』などの長編にエピソードとして添えられる冒険譚のようなものは『ジェ・ハバカク・ジェフスンの遺書』ぐらいなもので、最後の『あの四角い小箱』なぞはしょうもないオチの小噺でこれが棹尾を飾るとは何とも情けない。文章も現在ではかなり読みにくく、日本語の体を成してないとも思える。我慢を強いられる読書だった。

No.1 5点 レッドキング 2022/01/07 11:43
「縞のある衣類箱」 無人の漂流船に残された死体と謎の箱。新しい船でも同様な殺人が起きて・・(ミステリしてる)
「ジェランドの航海」 幕末日本が舞台だが「幕府=トーリー党、維新=ホイッグ党」って・・(ミステリとは言えん)
「ジェ・ハバカク・ジェフスンの遺書」 黒人伝承の「黒石」をめぐる航海冒険譚。(ミステリと言ってもいいかな)
「あの四角い箱」 疑惑の箱をめぐる船上サスペンスのオチは・・てっきり通信機器(外れとは言えず)の類かと・・
※その他、「北極星号の船長 」「樽工場の怪」の二作は別本に収録あるので割愛。


アーサー・コナン・ドイル
2011年12月
ラッフルズ・ホーの奇蹟
平均:7.00 / 書評数:1
2008年04月
陸の海賊
平均:7.00 / 書評数:1
2007年05月
クルンバーの謎
平均:7.00 / 書評数:1
2004年07月
まだらの紐 ドイル傑作集1
平均:5.00 / 書評数:6
2000年02月
北極星号の船長
平均:5.67 / 書評数:3
1982年11月
ササッサ谷の怪―コナン・ドイル未紹介作品集1
1971年09月
霧の国
平均:2.67 / 書評数:3
1971年02月
毒ガス帯
平均:4.33 / 書評数:3
1971年01月
勇将ジェラールの回想
平均:7.00 / 書評数:1
1960年08月
シャーロック・ホームズの回想
平均:6.50 / 書評数:20
1960年07月
ドイル傑作集Ⅲ 恐怖編
平均:4.00 / 書評数:1
1958年01月
ドイル傑作集Ⅱ 海洋奇談編
平均:5.00 / 書評数:2
1957年01月
ドイル傑作集1 ミステリー編
平均:5.00 / 書評数:3
マラコット深海
平均:5.33 / 書評数:3
1955年04月
シャーロック・ホームズ最後の挨拶
平均:4.80 / 書評数:15
1955年01月
シャーロック・ホームズの叡智
平均:6.33 / 書評数:3
1954年05月
バスカヴィル家の犬
平均:6.41 / 書評数:27
1954年01月
勇将ジェラールの冒険
平均:7.00 / 書評数:1
失われた世界
平均:6.60 / 書評数:5
1953年10月
シャーロック・ホームズの事件簿
平均:5.29 / 書評数:14
1953年08月
恐怖の谷
平均:6.79 / 書評数:14
1953年06月
緋色の研究
平均:6.44 / 書評数:25
1953年04月
シャーロック・ホームズの帰還
平均:7.06 / 書評数:17
シャーロック・ホームズの冒険
平均:8.18 / 書評数:39
1952年01月
四つの署名
平均:5.29 / 書評数:21