海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 社会派 ]
蟲の宴
水上勉 出版月: 1982年12月 平均: 5.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


集英社
1982年12月

No.1 5点 2011/11/20 09:45
事件に巻き込まれて、その事件の裏を探っていく民間人の視点と、警察による捜査との二つの視点を交互に描いていく手法は、この作者にはよく見られますが、本作はその手法がかなり成功していると思われます。
失業中の主人公が、偶然(?)会った男から紹介された繊維会社の就職面談担当者は、実はその会社の人間ではなく、行方をくらましてしまうという冒頭の謎は、なかなか魅力的です。その会社自体なんだか怪しいというのは、誰でも考えることでしょうが、2つの殺人事件との結びつけ方はいかにも社会派的発想です。
警部補がいろいろ仮説を頭の中で立てているところなど、作者自身どう結末をつけたらいいか、悩んでいた(大雑把な構造は最初から考えていたにしても)のではないかと思えるのですが、最後に逮捕が行われる地方の奇妙な風景もうまく使われていて、味のある作品に仕上がっていると思いました。
タイトルの意味は不明ですけれど。


水上勉
1985年04月
修験峡殺人事件
1982年12月
蟲の宴
平均:5.00 / 書評数:1
1976年08月
ヨルダンの蒼いつぼ
平均:5.00 / 書評数:1
1965年01月
海の墓標
平均:5.00 / 書評数:1
1964年01月
吹雪の空白
平均:6.00 / 書評数:1
1963年01月
薔薇海溝
平均:6.00 / 書評数:1
死火山系
平均:6.00 / 書評数:2
飢餓海峡
平均:8.50 / 書評数:8
1962年01月
平均:6.00 / 書評数:1
若狭湾の惨劇
平均:6.00 / 書評数:1
海の葬祭
平均:4.00 / 書評数:1
死の流域
平均:6.00 / 書評数:1
1961年01月
野の墓標
平均:5.00 / 書評数:1
雁の寺
平均:3.00 / 書評数:1
1960年01月
火の笛
平均:6.00 / 書評数:1
平均:5.00 / 書評数:1
巣の絵
平均:6.50 / 書評数:2
海の牙
平均:6.33 / 書評数:3
平均:5.00 / 書評数:1
1959年01月
霧と影
平均:8.00 / 書評数:1