海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 社会派 ]
薔薇海溝
水上勉 出版月: 1963年01月 平均: 6.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


光文社
1963年01月

光文社
2007年11月

No.1 6点 2020/06/29 23:07
水上勉については「社会派」より「人生派」と呼ぶのがふさわしいという意見は時折目にしますし、本作(カッパノベルズ版)のカバーにも書かれています。確かにそういうところはあるのですが、『飢餓海峡』と同時期に別の雑誌に連載されていた本作は、この作者にしてはかなり謎解き要素の高いものになっていました。
主役の若い歴史学者は、1年前に両親と共に姿を消した彼の恋人が自殺したとの連絡を友人から受け、伊豆の現場に急行しますが、自殺者は全くの別人だったという、謎めいた発端です。珍しい苗字なので、同姓同名の偶然とは考えられません。途中で、過去の似た事件のことが言及されるのですが、これは実際にあった事件かもしれません。犯人の計画がそのような結果を生み出した経緯は、意外というほどでもありませんが、すっきりできています。ただし、タイトルの意味は何のことだかわかりません。


水上勉
1985年04月
修験峡殺人事件
1982年12月
蟲の宴
平均:5.00 / 書評数:1
1976年08月
ヨルダンの蒼いつぼ
平均:5.00 / 書評数:1
1965年01月
海の墓標
平均:5.00 / 書評数:1
1964年01月
吹雪の空白
平均:6.00 / 書評数:1
1963年01月
薔薇海溝
平均:6.00 / 書評数:1
死火山系
平均:6.00 / 書評数:2
飢餓海峡
平均:8.50 / 書評数:8
1962年01月
平均:6.00 / 書評数:1
若狭湾の惨劇
平均:6.00 / 書評数:1
海の葬祭
平均:4.00 / 書評数:1
死の流域
平均:6.00 / 書評数:1
1961年01月
野の墓標
平均:5.00 / 書評数:1
雁の寺
平均:3.00 / 書評数:1
1960年01月
火の笛
平均:6.00 / 書評数:1
平均:5.00 / 書評数:1
巣の絵
平均:6.50 / 書評数:2
海の牙
平均:6.33 / 書評数:3
平均:5.00 / 書評数:1
1959年01月
霧と影
平均:8.00 / 書評数:1