海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 社会派 ]
海の墓標
水上勉 出版月: 1965年01月 平均: 5.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
1965年01月

日本文華社
1967年01月

実業之日本社
1978年03月

No.1 5点 2019/07/29 23:29
北海道根室半島の突端にある珸瑤瑁の村に住む男が、コンブ採りに出てソ連に拿捕されるという事件がプロローグに置かれています。地方の村、特に海浜の寒村を描くのが巧みな水上勉らしい雰囲気のある作品です。昭和37年11月から翌年12月まで雑誌掲載されたもので、この時期は作品内容と密接な関係を持っています。ソ連との間に漁業協定が結ばれたのが昭和38年6月で、連載中だったわけです。犯人逮捕に向かうラストはこの協定を受けて、当初の予定に変更を加えたものでしょう。小説のテーマとしてはうまく結びついていますが、そのため警察が多少間抜けな感じになり、また警察に協力した被害者の友人の存在意義が希薄になってしまっているとも言えます。
真相の大まかな部分は途中で見当がつくものの、証拠不足がネックという展開ですが、十善警部補がいつの間にか事件全容を解明してしまい、捜査過程が描かれていないのはいただけません。


水上勉
1985年04月
修験峡殺人事件
1982年12月
蟲の宴
平均:5.00 / 書評数:1
1976年08月
ヨルダンの蒼いつぼ
平均:5.00 / 書評数:1
1965年01月
海の墓標
平均:5.00 / 書評数:1
1964年01月
吹雪の空白
平均:6.00 / 書評数:1
1963年01月
薔薇海溝
平均:6.00 / 書評数:1
死火山系
平均:6.00 / 書評数:2
飢餓海峡
平均:8.50 / 書評数:8
1962年01月
平均:6.00 / 書評数:1
若狭湾の惨劇
平均:6.00 / 書評数:1
海の葬祭
平均:4.00 / 書評数:1
死の流域
平均:6.00 / 書評数:1
1961年01月
野の墓標
平均:5.00 / 書評数:1
雁の寺
平均:3.00 / 書評数:1
1960年01月
火の笛
平均:6.00 / 書評数:1
平均:5.00 / 書評数:1
巣の絵
平均:6.50 / 書評数:2
海の牙
平均:6.33 / 書評数:3
平均:5.00 / 書評数:1
1959年01月
霧と影
平均:8.00 / 書評数:1