海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 社会派 ]
海の葬祭
水上勉 出版月: 1962年01月 平均: 4.00点 書評数: 1件

書評を見る | 採点するジャンル投票


文藝春秋新社
1962年01月

日本文華社
1965年01月

春陽堂書店
1967年01月

No.1 4点 2010/12/17 21:33
水上勉は後年私小説的な作品もかなり書くようになりますが、そんなタイプの作家らしく、出身の福井県を舞台にした作品がいくつかあります。日本海沿いの村のリアリティは、作者が実際にそのような土地に育ったから出せるものなのでしょう。本作でも、冒頭三人の人物が歩いているシーンからして印象的です。
現在では、不適切と思われる表現もそのまま残しました、との注釈を入れないといけない事件です。福井県の寒村で起こったその事件は、平凡そうに見える事件から出発することの多いこの作者にしてはかなり不可解なもので、謎解きの興味が最初から感じられます。
しかし捜査小説としてはもたついた印象を受けますし、従犯者数に関して矛盾があるなど、構成は少々雑で安易です。最初の事件で自動車がどの道を通って消えたのかが問題にされていないのも疑問です。二重誘拐が別の殺人事件に結びついてくるところは悪くないと思ったのですが。


水上勉
1985年04月
修験峡殺人事件
1982年12月
蟲の宴
平均:5.00 / 書評数:1
1976年08月
ヨルダンの蒼いつぼ
平均:5.00 / 書評数:1
1965年01月
海の墓標
平均:5.00 / 書評数:1
1964年01月
吹雪の空白
平均:6.00 / 書評数:1
1963年01月
薔薇海溝
平均:6.00 / 書評数:1
死火山系
平均:6.00 / 書評数:2
飢餓海峡
平均:8.50 / 書評数:8
1962年01月
平均:6.00 / 書評数:1
若狭湾の惨劇
平均:6.00 / 書評数:1
海の葬祭
平均:4.00 / 書評数:1
死の流域
平均:6.00 / 書評数:1
1961年01月
野の墓標
平均:5.00 / 書評数:1
雁の寺
平均:3.00 / 書評数:1
1960年01月
火の笛
平均:6.00 / 書評数:1
平均:5.00 / 書評数:1
巣の絵
平均:6.50 / 書評数:2
海の牙
平均:6.33 / 書評数:3
平均:5.00 / 書評数:1
1959年01月
霧と影
平均:8.00 / 書評数:1