海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ サスペンス ]
殺戮にいたる病
我孫子武丸 出版月: 1992年09月 平均: 7.57点 書評数: 194件

書評を見る | 採点するジャンル投票


講談社
1992年09月

講談社
1994年08月

講談社
1996年11月

講談社
2017年10月

No.194 6点 人並由真 2020/11/27 05:38
(ネタバレなし)
 旧版の(初版が96年の)講談社文庫版、その状態が良い古書(帯付き)を購入して読了。
 あろうことか(?)これが初読で(汗)、しかも幸いネタは最後まで知らないで読めた。これは本当にラッキーであった。
(というか、最近になって「ああ、そろそろこの作品はネタバレされないうちにさっさと読んでしまおう」と思いたち、web経由で安く古書を購入したのだが。)

 でもって、その旧・文庫版の帯にも「衝撃のラストシーンが語り継がれる傑作ミステリー」とかある。だから、やはりこれは(中略)なのだろうと予見。
 最初の3分の1くらいまではスナオに読んでいたが、途中で、ならばこれしかないだろう、と大ネタを予想。結果、完全に正解でした。

 そもそもこの作品での残虐&変態描写、グロ趣味の<用法>は、70年代後半に翻訳紹介された某・海外ミステリでの猥雑な小説のまとめかたと、まんま同様だよね?

 まあもう30年近くも前の作品なのだから、(中略)がアタリマエに氾濫した国産ミステリの現状のなかでは、さほど価値がなくなってしまった大技……というのが、現時点での妥当な評価じゃないでしょうか。
 最後のページを閉じて気がつけば、評者自身も、この仕掛けのバリエーションみたいなものをすでにいくつか読んでしまっているような思いも生じる。

 ただし、あえて正直に、あからさまな伏線を随所に張っておいたフェアプレイぶりには好感は抱いた。
 とはいえそれだけ正々堂々と勝負した分、くだんのキモとなる仕掛けが、途中で見え見えになったんだけれど(汗)。

No.193 7点 じきる 2020/08/23 20:22
たしかに騙されはしたけど、評点はこんなものかな。

No.192 3点 SU 2020/08/02 18:51
気持ち悪い。エログロ描写に耐性のない人には、とてもオススメ出来ない。叙述トリックとして優れていることは認めます。しかし、もっとやり方あっただろう。

No.191 9点 まつまつ 2020/05/05 23:13
ミステリを愛する者にとって、この作品は日本のミステリ界の金字塔である。好き嫌いはあるだろうが、避けては通れない作品。エログロなど、どうでもいい。日本のミステリベスト10には、欠かせないクオリティーだと思う。

No.190 6点 Gorgonzola 2020/05/05 12:56
読んでる最中は苦痛だったが、ラストは衝撃的だった

No.189 8点 雪の日 2020/04/14 16:11
お手本のような叙述トリックでした。
作品全体としては、過激な描写が多すぎるので減点しました。

No.188 10点 ボナンザ 2020/01/14 20:01
15年ぶりに新装版で再読。
当時小学生だった私にとって十角館と並んで叙述トリックのすばらしさを教えてくれた作品。
あれから色々と読んだが、叙述トリックを使いさえすればいいと思っているような駄作が乱立する中、この作品の価値は全く衰えていないと再認識。
伏線の張り方、隠した真相のおぞましさ、ラスト一本勝負の潔さとやはり神がかっている。

例の曲の使い方は時計仕掛けのオレンジとかの影響ですかね・・・?

No.187 3点 mediocrity 2019/10/18 03:20
<ネタバレあり>
ミステリであるからには、どこかに読者には見えていない「落とし穴」があります。99%読み終わった時点で、それがまだ出てきていません。このまま終わるはずがないので、最後に落とし穴が仕掛けてあるのは間違いありません。となると、残りページもないし、一気にひっくり返すとなると、十中八九、人物誤認の叙述トリックだろうな。

というのが私の思考回路でしたので、オチはあまりにも予定調和すぎました。しつこく出てくるブリーフに違和感がありすぎて、稔は絶対大学生じゃないだろと思っていたので余計にそう感じました。1992年は大学生がブリーフでもおかしくなかったのかな?

<追記>
このジャンルの本をこの作品の後も何冊か読みましたが、この作品がなんというか一番一発狙い感が強く、ホームランと感じる人もいれば私のように三振に感じる人も多いのでしょう。発売当時に読んでいれば印象は違ったのかもしれませんが、時代の流れに耐えられない作品のような気がします。

No.186 8点 sophia 2019/07/21 23:35
十数年ぶりの再読です。タネが分かっていると再読にはあまり堪えないですかねえ。点数は初読時の衝撃に対する点数です。娘の名前は軽いミスディレクションですよね?しかし岡村孝子はこんな内容の作品に散々引用されて迷惑じゃなかったんでしょうか(笑)

No.185 8点 レッドキング 2018/05/20 19:43
ミステリたるものは密室・不可能犯罪の表現とその種明かしの驚きがなくとも 読者を驚かせばそれで良いのだ と初めて思い知らされた作品 その後はそうした物にはほとんど出会えないが

No.184 8点 ねここねこ男爵 2017/10/04 22:03
どういったタイミングで出会うかで評価が分かれるであろう本作。

『叙述トリックって最近満ち溢れてるからソレだけだとディスられるし色々てんこ盛りしたろ!!』
『叙述トリックで得られる衝撃はサイコーゆえそれに全振りしたろ!!』

お手軽に衝撃を与えられる叙述トリックが氾濫し、それに伴って前者のスタンスの作品が支配的ですが、後者を楽しめるうちに本作に出会えるかどうか。

No.183 9点 邪魅 2017/02/26 15:35
初めて叙述トリックに触れたのはこの作品でした
だから凄く思い入れがあります

一言で言って上手いなあ、という感想
あとから読み返すと分かりますが、いやこれは上手い

いくつになっても息子は息子なんだなって

No.182 9点 mixtra 2016/08/30 23:06

 結構前に読んだ作品ですが・・・
 この話の内容に近い、自己都合で偏執的な殺人事件がある度、未だにこの作品を思い出します。
 しかも人形シリーズ読んだ直後コレいったせいで、キツかった。

 それでも我孫子作品1位、という評価はミステリもさる事ながら、内容の強烈さが優先されたのでしょうか。

 確かに、作品内容に関して面白いか、と問われたら
 面白い。
 お勧めするか、と問われたら
 勧めたくない。

 出来ればこんな作品は(世の中にとって)流行って欲しくはない、と思うのですが、無理・・でしょうね。

 

No.181 9点 ミステリーオタク 2016/03/23 17:24
こいつぁぶったまげた
ミステリーなんて所詮ヒマツブシにすぎないが、極稀に出会える衝撃を喰らったとき、何の役にも立たないミステリーの読者でいてよかったなぁと思う
殺イタはそんな一冊

No.180 3点 パメル 2016/01/21 12:53
叙述トリックに特化した作品で物語自体に面白味は感じられない
仕掛けられた罠に嵌った感はあるがそのために最後までグロテスクな描写を
我慢して読み続けなくていけないのは苦痛
●●を切り取るとか死体と●●●するとか気持ち悪すぎる

No.179 8点 ニックネーム 2015/12/20 17:09
変態好きにはたまりませんね。

No.178 7点 風桜青紫 2015/12/19 21:17
ラストは確かに驚くんだが、だからと言って、「だまされたー」と痛快な気分に浸れたわけでもなかった。真相が明らかになったところで、頭で描いていた絵の全体図が変わらなかったせいかも。どちらかといえば、違和感がすーっと解消されるので、「そっかぁ……」というような読後感。あと、蒲生稔による殺人模様が面白かった。わりと読んでいてゾクゾクする。描写が上手いというよりは、作者の楽しげな筆運びが伝わってくる感じ。我孫子らしい作品かと問われれば微妙だけど、まあ、完成度は随一だと思う。

No.177 10点 ロマン 2015/10/20 11:11
異常な愛を求める主人公のミステリー作品。凌辱による惨殺描写は途中で嫌気がさしたが、終盤は緊張感を味わえ、ラストは衝撃的だった。叙述トリックを猟奇表現で上手く包み隠した点が凄い。見事に騙された。読後は結末に唖然とし、また読み返したくなる一冊。

No.176 6点 文生 2015/10/20 08:32
あっと驚く驚愕のトリックですが、そこに至るまでがひたすら陰鬱な話が続くので読み進めるのが疲れる。

物語4点、トリック9点で総合6点というところだろうか。

No.175 8点 斎藤警部 2015/06/17 23:42
「8」と同じ作者と思えないくらい、これは良かったぜ。 前評判(ネタバレ無し)も何のその、上がりに上がったハードルをシラッとクリア。 事の真相は半分くらい進んだ所でピン!と来ましたが、では最後はどう終わらすのよ、といった興味でスリル満点のまま終結まで一直線。残虐描写はさして印象に残りませんでしたが。。 今思うとあのしつこいエログロこそ目くらましだったのか!


我孫子武丸
2020年04月
修羅の家
平均:6.00 / 書評数:2
2019年10月
監禁探偵
平均:6.00 / 書評数:1
2018年10月
凜の弦音
平均:8.00 / 書評数:1
2018年03月
怪盗不思議紳士
平均:6.00 / 書評数:2
2016年08月
裁く眼
平均:5.00 / 書評数:6
2014年09月
警視庁特捜班ドットジェイピー 特捜班危機一髪
2013年07月
狼と兎のゲーム
平均:4.33 / 書評数:3
2011年03月
眠り姫とバンパイア
平均:4.50 / 書評数:4
2010年03月
さよならのためだけに
平均:5.40 / 書評数:5
2008年06月
警視庁特捜班ドットジェイピー
平均:3.00 / 書評数:1
2007年12月
狩人は都を駆ける
平均:4.00 / 書評数:1
2005年04月
弥勒の掌
平均:5.52 / 書評数:31
2003年02月
少年たちの四季
平均:4.00 / 書評数:1
2002年06月
まほろ市の殺人 夏
平均:6.70 / 書評数:27
2001年08月
人形はライブハウスで推理する
平均:6.81 / 書評数:16
2000年07月
たけまる文庫 謎の巻
平均:7.30 / 書評数:10
2000年05月
たけまる文庫 怪の巻
平均:5.88 / 書評数:8
1999年08月
屍蝋の街
平均:6.67 / 書評数:3
1997年07月
ディプロトドンティア・マクロプス
平均:3.94 / 書評数:18
1995年11月
腐蝕の街
平均:5.40 / 書評数:5
1992年09月
殺戮にいたる病
平均:7.57 / 書評数:194
1991年09月
人形は眠れない
平均:6.00 / 書評数:14
1991年04月
人形は遠足で推理する
平均:5.35 / 書評数:20
1990年12月
探偵映画
平均:6.39 / 書評数:41
1990年08月
人形はこたつで推理する
平均:6.37 / 書評数:27
1990年02月
メビウスの殺人
平均:6.12 / 書評数:48
1989年08月
0の殺人
平均:6.39 / 書評数:51
1989年03月
8の殺人
平均:5.27 / 書評数:77