海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

[ 冒険/スリラー/スパイ小説 ]
三十棺桶島
怪盗ルパン/『棺桶島』
モーリス・ルブラン 出版月: 1958年01月 平均: 6.00点 書評数: 2件

書評を見る | 採点するジャンル投票


三笠書房
1958年01月

新潮社
1964年08月

偕成社
1983年03月

No.2 7点 クリスティ再読 2022/05/13 22:37
そういえばルブランやるの評者は初だった。少しやってもいいか。本作がトップなのは、実は「日本ミステリに関して、重要な作品」だから。意外、かなあ? もちろん保篠龍緒が戦前に紹介しているわけだから、大昔から親しまれてきた作品である。乱歩の「孤島の鬼」だって本作にヒントを得たのかもしれないが、それよりモロの影響が横溝正史である。
「八つ墓村」の前史になる大量殺人も、地下道をさまようエピソードも、宝探しも本作にある。さらに直接なのが「獄門島」で、こっちは島だし、「見立て殺人」が呼んだ「偶然」に狂わされる犯人やら、さらには戦争の影もきっちり再現していてほぼ元ネタ....重要、でしょう?「ルパンだから...」とか言って敬遠しなくていい。

でこの作品自体、ではやはり怪奇的雰囲気が濃厚な作品で、おどろおどろしい。怪物的な悪党なんだけども、「ババリアのルイ2世」とか言うからには、ルードヴィッヒⅡ世のご落胤設定である。まあここらへん、傲慢で狂気のドイツ人、という戦時中らしい色付けでもあるが、そういった「帝王妄想」みたいなものがこの悪党にあるわけで、演劇的な犯罪のスケールが大きい。しかも事件の背景となるケルト人が隠した秘密は歴史ネタでこれも壮大なロマンの良さもあり、さらに「神の石」の謎解きも...

いやだけど、そういったロマンに介入するルパン(というか、愛国的な冒険者のドン・ルイス・ペレンナ)が、ファンキーなドルイド僧に扮して「棺桶島のタンゴ」を踊って見せたりする(苦笑)。ここでヴァーグナーから一気に「ロッキー・ホラー・ショー」に転調してあっけにとられる(笑) でもこれが悪党の毒消しみたいなもので素敵。

本作いわゆる「カリオストロ4つの謎」の一角になるシリーズ中でも重要なポイントの作品でもある。4つの謎プラス有名作くらいはやることにしようか。

(でもポプラ社児童向け、悪人因果応報な結末が違ってた記憶がある...南洋一郎、オリジナル要素多いからねえ)

No.1 5点 Tetchy 2009/07/16 00:57
「モーリス・ルブランの手による江戸川乱歩風味」といった趣の物語。
忌まわしい伝説が伝わる島に監禁された愛息を救うべく、島に渡った母親、悪の首領が支配するその島には壮大な地下迷宮(!?)が存在し、万能の力を持つ「神の石」が眠る…。ほら、乱歩以外何物でもない!
しかも、珍しく主役のルパンは何と、物語の3/4を過ぎた辺りから登場という異例の展開。

なのに安っぽいんだなぁ、これが…。


モーリス・ルブラン
2012年09月
ルパン、最後の恋
平均:6.33 / 書評数:3
2006年12月
戯曲アルセーヌ・ルパン
1987年03月
バルタザールの風変わりな毎日
平均:7.00 / 書評数:1
三つの目
平均:5.00 / 書評数:1
1986年12月
綱渡りのドロテ
平均:7.50 / 書評数:2
1982年09月
バール・イ・ヴァ荘
平均:3.00 / 書評数:2
1974年04月
ジェリコ公爵
平均:4.33 / 書評数:3
1974年01月
赤い数珠
平均:4.50 / 書評数:2
1973年10月
特捜班ヴィクトール
平均:2.00 / 書評数:1
1973年05月
オルヌカン城の謎
平均:5.00 / 書評数:1
1973年01月
カリオストロ伯爵夫人
平均:5.00 / 書評数:2
緑の目の令嬢
平均:7.00 / 書評数:1
虎の牙
平均:5.00 / 書評数:1
謎の家
平均:6.50 / 書評数:2
1968年12月
二つの微笑を持つ女
平均:4.00 / 書評数:1
1965年10月
リュパンの冒険
平均:7.00 / 書評数:1
1961年01月
ルパンの告白
平均:5.00 / 書評数:4
八点鐘
平均:6.33 / 書評数:6
1960年01月
バーネット探偵社
平均:3.00 / 書評数:3
ルパン対ホームズ
平均:5.00 / 書評数:6
1959年09月
続813
平均:5.71 / 書評数:7
1959年01月
カリオストロの復讐
平均:3.00 / 書評数:2
水晶の栓
平均:5.00 / 書評数:4
1958年01月
三十棺桶島
平均:6.00 / 書評数:2
1957年01月
怪盗紳士ルパン
平均:5.70 / 書評数:10
奇岩城
平均:4.70 / 書評数:10
1956年01月
金三角
平均:5.00 / 書評数:1
1955年01月
813
平均:5.50 / 書評数:10